カテゴリ:├2014春のローマ&ナポリ( 12 )
今回のイタリアは、これでお終い。あっという間の短い滞在でした。また夏に寄るね~。
・・・ローマの後はバルセロナへ4日間ほど過ごしてから帰りまーす。

ローマの空港から飛行機で移動しますが、ローマから飛び立つ時の私とシエキチのお約束。
d0041729_10562541.jpg

空港内にあるモッツアレッラバール Obika.
カンパーニャ州で作られた美味しい水牛のモッツアレラがいただけるお店です。(ミラノやローマの街中にもある人気の新鮮モッツアレラ屋さん。六本木にもありますが、、)
フィウミチーノ空港、GateDのエリアにあります。
d0041729_10575614.jpg

d0041729_10581140.jpg

今回、野菜不足な感じだったので、野菜のグリルとモッツアレラ
そしてクラテッロとモッツアレラ。

さて、空路1時間50分。バルセロナへ到着。
スペインは13年前にアンダルシアへ行って以来、久しぶりです。バルセロナは初めて。
アンダルシアでは、旅行程度ならだいたいイタリア語でなんとかなったので、スペインはちょっと安心感があります。
日本から、ワイナリーへ行く予約とか、パエリアレッスンとかいろいろ予定を入れちゃいましたが、ちゃんとたどり着けるのか。

バルセロナに到着後、荷物のピックアップをしようとしたらスーツケースが全開になったらしく、ガムテープでグルグル巻きにされた状態でターンテーブルから登場しました(汗)。
盗られるようなものは何も入っていないので、中身は無事でしたけど。。。焦りましたよ。

さて、空港からバスで6ユーロ、30分程度で街の中心、カタルーニャ広場へ到着します。空港を出てすぐのところに、空港バス乗り場があり、もう来ていました。満席になったらすぐに次ぎのバスが来る、といった感じでスムーズに乗ることが出来ました。
ホテルは広場のすぐ近くに予約してあります。
荷物を置いたら、さあ、1食目を食べに行きましょ~!!!

4月と5月のレッスンの日程&メニューをご案内中です。→ ☆☆
d0041729_13294940.jpg

カタルーニャ広場に降りてすぐ、ランブラス通りの風景。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-12 13:28 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
d0041729_21191034.jpg

料理レッスンといいつつ、、ワインの写真からスタート(笑)。ラッツイオの古い土着品種、チェサネーゼがすっかりお気に入り。
d0041729_2126169.jpg

生ハム巻きのグリッシーニにオリーブとモッツアレッラからスタート。
d0041729_21212852.jpg

ほうれん草とリコッタのトルタサラータ。。ぐるぐるが可愛い、おちゃめなミレッラ風。
d0041729_21164783.jpg

セコンドはローマ風スピエディーニ。
トスカーナ風は間にパンや野菜が入るのだけど、ローマ風はもっとニクニクしてます。
d0041729_2118515.jpg

手前にあるのはカルチョフィとポテトの炒め物。見た目は地味だけど、これが美味しくて!!
d0041729_21223232.jpg

ポモドーリ・コン・リーゾ。お米を詰めたトマトのオーブン焼き。

お昼を食べた後、夜の部までの間に近くの大きなショッピングモールへセルジョに連れて行ってもらいました。女の長い買い物に黙って付き合ってくれてありがと~。

この後、夜はカルチョーフィのパルミジャーナと肉詰めに、アマトリチャーのパスタなどをいただきました。
そしてシエキチは本日も夜の部は不参加zzzzzzzz。ごめんよ~。
d0041729_22315133.jpg


4月と5月のレッスンの日程&メニューをご案内中です。→ ☆☆
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-10 21:20 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
d0041729_2095938.jpg

翌日も生粋のローマっ子、セルジョの王道ローマ観光ですっ!!
スペイン階段~♪ いつ来ても人がいっぱい! この階段で不法滞在っぽい闇商人におもちゃを売りつけられそうになりつつ、、意外とおもしろいし、安いので毎年、イタリアのどこかで買ってしまう私とシエキチ。買っちゃおうかな~と眺めていたら用心棒のセルジョが「この子らの邪魔すんじゃねえぞ」と追い払ってくれちゃった。頼りになるわあ(苦笑)。

コンドッティにある、ローマで最古のカフェ、1760年創業の、「カフェ・グレコ」でカフェ休憩。アンデルセンにゲーテ、スタンダール、、、歴史的な著名人たちがこの店で何を語らっていたんでしょうね。
クラッシックで素敵な店内なのですが、ここでちょっと事件が発生したため、慌ててお店を出たので写真撮り忘れ。※この後、ローマの警察へ~。(私は何も被害ないんですけどね~。。停めていた車で事件発生!)、警察に一緒に行ったらなぜか尋問される私。滅多に出来ない経験です(汗)

d0041729_20441377.jpg
カフェ・グレコを出てすぐの場所からスペイン階段を見上げるとこんな感じ。用心棒セルジョから、「ここで写真を撮るといいよ」と言われたのでパチリ。

トレヴィの泉にも行きましたよ。
d0041729_20522598.jpg
トレヴィの泉に投げ入れられたコインはローマ市が回収しているらしい。儲かりますね~。なんて思ったら、、。慈善団体への寄付になるそうですよ。さすが。

トレヴィの泉以外にも、ローマってあちこちに噴水がありますよね。実は水の都。
噴水だけではなく、ローマにはあちこち、水飲み場があります。
24時間、きれいな水があちこちの街角で流れています。ジェラートを食べ歩いて、ちょっと手が汚れた、なんて時にもとっても便利。
もちろん、飲料水としても美味しいお水なのです。
蛇口をひねると、、、ではなくて、菅に小さな穴が空いているのを指で押さえると、飲みやすい角度にピューっと出てくるんですよ。
d0041729_20121240.jpg


午前中のローマ観光しゅうりょ~。

さて、今日も料理レッスンが始まるのでおうちにむかいます。
d0041729_2011282.jpg

[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-10 20:57 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
d0041729_20321748.jpg

ミレッラにローマ料理を教えていただきました。おちゃめなミレッラが、写真用に帽子をかぶってくれました。

ローマ料理って、実はトリッパとか内臓系が多いの。あと、脳ミソのフリットとかね。
宮廷の貴族が肉の良い部分を食べた後、庶民の口に入るのは、当然、内臓、脳ミソ、鶏のとさか、、、などの残り部分、貴族が食べない部位になります。昔から肉食生活を送ってきた欧米では、日本よりずっと内臓料理が発達していますよね。
古代から続く大都市ローマそして、ヴァチカンのお膝元、ローマでは庶民の味は内臓料理となって当然のことだと思います。

もちろん、ローマといえばカルボナーラにアマトリチャーナ、サルティンボッカにローマ風鶏の煮込みとかいろいろあるんですが、、、。
基本的に、色も地味でシンプルな料理が多いように思います。
それが本当のイタリア料理とも思うのですが、日本で華やかで繊細なイタリアンを見慣れている方には特に地味に映るかもしれませんね。でも、イタリア料理の真髄ってそういうものじゃないかと思うのです。

事前にメールで、「ごめんなさーい。内蔵料理、あんまり好きじゃないの。。レバーは大丈夫なんだけどね」と伝えておきました。
ローマ料理を教えて欲しいといいながら、内臓を断るとはっ!って感じだったかもしれません。一応、その土地の代表的な料理は内臓でも脳みそでもトサカでも食べることにしているので(羊の睾丸も食べたことあるの~:汗)、一通り過去に食したことはあるのですが、一度でいいかな、、と。)

内臓料理以外だと、この季節のローマでは(いや、イタリア全土か?)カルチョフィ(アーティチョーク)を食べなくてはね。
私はカリッカリに素揚げしたユダヤ風カルチョフィが大好きです。(今回、食べ損ねたけど~)

さて、本日のアンティパストは、干した豚のおつまみ。ピリカラで美味しいジャーキーです。
これ、美味しくてワインがすすむ~。
d0041729_20402663.jpg

それと、自家製ペペロンチーノジャムのクロスティーニ

ちなみに、上記2つのアンティパストは、調理中に片手でつまんでました。もちろん、ワインも片手に。。あら、やだ。両手も口もふさがって料理できなーい(笑)
d0041729_22193332.jpg

※イタリアの家の中、寒いのでミレッラの服をお借りしてますの。
d0041729_20452096.jpg

パスタはローマと言えば、のカルボナーラ。二人で仲良く取り分けてくれました。とっても優しくて素敵なご夫婦なのです。
d0041729_20471188.jpg

セコンド2種 仔牛のレバーのローマ風ソテー。とても新鮮で綺麗なレバーを使っているのでとっても美味しかったです。
d0041729_22174356.jpg

ローマ風アリスタ。野菜の甘みとお肉の塩気のバランスが絶妙。
ドルチェにはリコッタのクロスタータを用意しておいてくれたのだけど、満腹すぎて、もう無理でした。。
夜11時頃に終了。おつかれさまでした~。イタリアで料理を習うとたいていエンドレスです。

明日も午前中はローマ市内観光に連れ出してくれるそうで、その後、昼と夜、料理を教えていただきます。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-09 22:47 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
ナポリからローマに戻ると、車でお迎えに来てくれたのが、セルジョとミレッラ。
今回、「ローマのこってこて郷土料理を習いたいのだけど、料理上手な方を知らない?」、とローマに住むイタリア人の友人に紹介をお願いしたところ、ミレッラ・アルトゥージさんを紹介してくれました。

実は実は、この方、イタリア料理史上、最も重要な人物、
イタリア料理の父「ペッレグリーノ・アルトゥージ氏」の血縁関係にある方。

半年前からメールでやり取りをしてきたものの、お会いするのは初対面、どんな方かと、ドキドキしましたが、、

ミレッラはとっても可愛くておちゃめなおばあちゃん!!!
そして、とっても優しいご主人のセルジョ。

会った瞬間から親戚のように迎えてくれました。
まずは、家へ行く前に、ローマを案内するよ~、と車でローマの中心地へ。
ローマは何度も来ているけれど、もう何年も観光などしていなかったので、案外、新鮮でしたよ。
オプショナルツアーもびっくりな王道観光地めぐりに連れて行ってくれました。

まずはコロッセオへGo~!
d0041729_1403188.jpg

長蛇の列でしたので、外だけお散歩。
すると、悪名高きグラディエーター達が。
剣闘士の格好をして、観光客と写真を撮り、法外な料金を要求するというアレです。
通常なら一緒に写真を撮ろうなどと思わないところですが、

私たちには生粋のローマっ子、セルジョがついているのです~。
「オイラにまかせとけ。そんな法外な請求、オレが許さん。一緒に写真とってこ~い!」っと強気で彼らに接近。さすがに彼らもローマっ子に高い金銭は要求しないようで、一緒にパチリ。
d0041729_1435938.jpg

テルマエロマエⅡな気分です(笑)。

コロッセオの次はフォロ・ロマーノとチルコマッシモの間を通って、真実の口へ
d0041729_1463680.jpg

わ~、今って、ここに手を入れるために長蛇の列なのね! 昔は誰も並んでなかったのに~。いつ火がついたんだろう?
駐車場所を確保するのが難しいローマのこと、車を降りて散策する時はミレッラだけが車に残ってお留守番してくれました。

その後、ティベリーナ島を通り、、カンポ・ディ・フィオーリ、ナヴォーナ広場をお散歩して、、トラステヴェレを抜けて、、、。運転中も、写真スポットを見つけると、道路の真ん中でも平気で車を停めるローマっ子のセルジョ。後ろからクラクション鳴らされまくり(笑)。

定年後、ローマの観光地で市のボランティアで観光案内をしていたというセルジョが、古代の建物の建築方法や、ティベリーナ島が過去、伝染病などの隔離施設として使われていたこと、今でも病院として使われていることなどなど、細かく丁寧に説明してくれました。(料理で使うイタリア語以外の、、建築や歴史的なことなどのイタリア語はボキャブラリー少ないので説明聞くの必死です~:汗)
d0041729_14101215.jpg
d0041729_14103091.jpg
車でジャニコロの丘へも連れて行っていただきました。ローマが一望できる丘の上のビューポイントです。こちらでカッフェをいただいて休憩。
d0041729_14163943.jpg

そして、サンタンッジェロ城前の橋を通って、ヴァチカン市国、4日前にすごい人出で入れなかったサンピエトロ広場へ。
d0041729_14115198.jpg

夕暮れのヴァチカン。

こうして、ローマをばっちり、オードリーヘップバーンのように(あらら、厚かましいですね)観光するなんて、久しぶり!新鮮でした! 
トレヴィの泉やスペイン階段は明日の午前中に行くことにして、今からミレッラのローマ料理レッスンです。よろしくお願いしまーす。
今、こうしてブログに書くために改めて思い返しても、二人の優しい気遣いに感動しています。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-09 22:32 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
イスキア島から船でナポリ・ベヴェレッロ港へ戻りました。お昼にはローマへ電車で戻ります。

・・・・とその前に、忘れちゃいけないのがナポリピッツア~! 今回はまだ食べていなかったわ。
ダ・ミケーレは朝10時から開いていました。
いつもは混んで、店の前に人だかりが出来ているミケーレも、朝はさすがにガラガラ。
2番乗りの入店です。
d0041729_1585028.jpg

d0041729_159854.jpg

d0041729_1592961.jpg

生地もソースもやっぱり美味しいわ。メニューはマルゲリータかマリナーラの2種のみという潔さ。
大きさはノルマーレ(普通)とグランデ(大きいの)が選べます。
これで1枚4ユーロ(ノルマーレ)だもの、安いよね。
ナストロアズッロ(イタリアビール)は2ユーロでした。下町はこうでなくちゃ!
お会計時に「チップ」と言われたけど・・・・ちょっとお、ここ、ピッツエリアでしょっ!!払いませんよ。
でも、駅までタクシーを呼んでもらったのでチップ渡してみました(弱)。

d0041729_157191.jpg

ミケーレの近くにあったペットショップでカメちゃん発見。
うちのカメちゃん、元気かしら~?と思い出して、後で夫に「ちゃんと水換えてる?」と電話してみました(笑)。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-09 00:13 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
さて、食後は同じ通りにあるジェラート屋でジェラートを食べてから、コリチェッラ地区へ行ってみます。
こちらがね、素晴らしく良かったの!!
坂を上って・・・坂を下りてゆくと、小さな可愛い入り江が目の前に登場!
d0041729_10152831.jpg

d0041729_10162233.jpg

小さなトラットリアが2-3件、この小さな入り江に並んでいました。こういうところに来たかったの!!
d0041729_10274391.jpg


d0041729_10223877.jpg

ここは、映画「イル・ポスティーノ」の食堂だった場所。「イル・ポスティーノ」という名のトラットリアになっていました。お昼を食べたばかりだけど、、こちらでもう1回、ランチしちゃう!?
d0041729_10294728.jpg

タコのサラダ♪ そうそう、島でのランチにはこの雰囲気を求めていたの~。さっきのお店、ちょっと暗かったのよね。
d0041729_10302184.jpg

鯛のグリル。お店のおじちゃんが取り分けてくれました。シンプルな漁師料理といった感じですが、こういうお店が好きです。
d0041729_10304584.jpg

ゆったりとした時間が流れています。温かい陽射しの元での~んびりランチ。しあわせ~。
プロチダの港より、コリチェッラ地区まで来て食事した方が雰囲気はいいかも~。こちらの方が日当たりも良くて明るいんです。
d0041729_10311741.jpg

d0041729_10324425.jpg

d0041729_1033129.jpg

店内には、映画の撮影で使われた自転車や鞄、そして写真が飾られていました。
DVD借りてもう一度観たくなりました。

d0041729_10275778.jpg


d0041729_2375977.jpg


ここで夕暮れまでのんびりしたいけど、、脳みそ溶けちゃう前に、また船に乗って、今夜のお宿があるイスキア島へ30分の船旅です。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-07 10:23 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
シエキチがお腹が空いたとせかすものですから、とりあえず港にあるお店へ。
d0041729_10114325.jpg

d0041729_1095735.jpg

前菜の盛り合わせ。う~ん。メニューに書かれた文字から魚介の盛り合わせをイメージしていたんですが、野菜系にちょっと魚介が乗った程度だったわ。美味しかったんですけどね。
d0041729_1012233.jpg

魚介のフリットに雲丹のパスタに、海老とアーモンドのパスタ。
某イタリア紹介サイトで絶賛お勧めされているお店でしたが、シェフが変わったのかな?
それともメニューの選び方が悪かったのか?
美味しくないわけじゃないんですが、味も雰囲気も期待したほどでもなく、まあまあ。
う~ん・・・セコンドはとりあえず、いいかな。(辛口なコメント、お許しを)

でも、添えられていたプロチダ島のレモンがとっても美味しくて、白い部分までシエキチがモリモリ食べちゃいました。
しかも、船の時間まで1泊分の荷物を置かせていただいたので贅沢言っちゃいけません。親切なお店です。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-07 10:22 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
前日の雨とはうって変わって、スコーンと晴れた朝です!
ナポリのホテルにスーツケースを預かってもらって、プロチダ島&イスキア島に1泊しに行きました。
良かった。島へ行くのに天気が悪いんじゃ、寂しすぎます。

d0041729_0561289.jpg
(ヌオーヴォ城を後ろから見た風景)
ホテルから歩いてベヴェレッロ港へ。私たちが乗るプロチダ行きのフェリーは、そこから少し先、カラータ・ディ・マッサ港から出るのですが、ベヴェレッロ港から無料のシャトルバスが出ています。
d0041729_0575335.jpg

右の船でプロチダ島へ行ってきまーす。
d0041729_0595677.jpg

約1時間の船旅。
ヴェスヴィオ火山が見送ってくれます。
しかし、、このフェリーの揺れること。。。きっ気持ち悪いんですけど~。。ううっ。。。
この船、甲板に出られないタイプだったのですが、気持ち悪いから~、、と船員さんに行って、甲板に出してもらったら、なんと、気持ちのいいこと!! 出させてもらって良かった。船室と全然違います。(その後の船はフェリーではなく高速船だったので大丈夫でした)

d0041729_12241.jpg
プロチダ島に無事、到着~。
映画「イル・ポスティーノ」の舞台となった小さくてのどかな島。建物がカラフルで可愛いのです。
島についてすぐに、私は真っ先にテッラ・ムラータ地区へ登って、カラフルな街並みを見下ろしてみたかったのですが、、シエキチがまずご飯!と言うので、、港にあるお店でまずはランチタイムに。
d0041729_195125.jpg

[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-07 08:44 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
翌日は残念ながら朝から雨。。。
マリーサと一緒に朝から市場へ買出しに行く予定でしたが、急遽、魚屋さんから配達してもらうことになり、午前中は、お洋服に靴に、、、と別のお買い物に走っちゃいました~。
大好きなガイ・オディンのチョコレートもバッチリ買い込んで、スペイン人地区にある、とあることでご利益があることで有名な教会へ行ったり。。

そして本日も、お昼から夜まで、立ちっぱなしでエンドレスな料理レッスンです。うちの母と同じ年のマリーサ、、お疲れさまです~。ホントにありがとう。

まずは、今日は娘のルチアーナがドルチェ、デリツイア・アル・リモーネを教えてくれました。
私もレッスンで開催したことがありますが、ルチアーナのはこれまた豪快な作り方!!
d0041729_15405175.jpg

これぞ、ナポレターナな作り方!!という感じでしたが、仕上がりはアマルフィの某有名パスティッチェリアより断然美味しい仕上がりでした♪ ルチアーナ、ステキ。
マリーサの二人の娘は、上のアマリアは底抜けに明るくて優しくて、次女のルチアーナは親切で包み込むような優しさを持ったチャーミングな女性。明るくて一生懸命なお母さんを見て育つとそうなるのも納得です。
さて、続いてマリーサのお料理です。
d0041729_15373579.jpg

2日目は、ラグーナポレターノを作りましょ~。ということで、いろんなお肉を用意しておいてくれました。
ボローニャ風にミンチ肉で作るラグーとは違い、ナポリ風は塊肉を豪快に煮込むのが特徴です。出来上がったラグーはズイーティをパキパキと折ってあわせます。これも私、昨年6月のナポリ料理レッスンで使ったパスタですが、ナポリらしい一品に仕上がります。
d0041729_15445889.jpg

なんと、ラグーの一部は、贅沢にもアランチーニ用(ライスコロッケ)のソースにも一部混ぜちゃいました。
d0041729_15461794.jpg

アランチーニ用のお米をラグーで煮ています。こりゃあ美味しくないわけがありません。
d0041729_1547353.jpg

本日、ラグーも作っているのに、これでもかっ!とプリモをもう一皿!
d0041729_15473245.jpg

魚介のシャラテッリ~。 手打ちの生地がモッチモチ。ふう~。おいしすぎる~。
d0041729_1549261.jpg

出来上がった料理は、だーんとマリーサ風盛り付けで豪快に。
ワインは、ナポリらしく
グレーコ・ディ・トウーフォと、ファランギーナ、アリアニコなどを用意しておいてくれました。
夜のドルチェは昨日作って寝かせておいた生地でスフォリアテッレを。もう、お腹がパンパンなんですが、、
この後、夜9時過ぎからはナポリに住む友人、レジーナとガンブリヌスにお茶しに行きマース。お腹、、く、、くるしいいよ。盛りだくさん、詰め込みすぎなナポリ滞在です。
会いたい人がたくさんいるので毎回、ぎゅうぎゅうなスケジュール・・・(汗)

カフェ、ガンブリヌスは1890年創業の、ナポリの老舗カフェです。お菓子もカッフェも、とっても美味しいので、ナポリへ行くと一度は立ち寄ります。今回は2回行きました。
d0041729_22373844.jpg

あ、これはマリーサのレッスンの後ではなく、ローマからナポリへ到着してすぐに昼食としていただいたドルチェの写真ですよ~。
d0041729_22481326.jpg

私はナポリでホテルを探す場合、キアイア通りがお気に入りです。この通りは夜遅くまで歩いても安心なのです。カフェ・ガンブリヌスはこの通りの入り口にあります。

ナポリはここ数年、頻繁に訪れていますが、今年のナポリは街が以前より綺麗になっていました。ゴミ置き場のまわりも溢れ帰ることなく、、そして治安も悪くないように思いました。汚くなくちゃナポリらしくないわ~。。なんて。。でも嬉しい変化です。市長さんが変わったんですかね? 
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-06 15:51 | ├2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
素敵な写真から雰囲気が伝..
by akkonouta at 11:26
さすが!食べに行かれたん..
by cibiyukiko at 07:50
レッコのフォカッチャ!!..
by vicinoamare016 at 10:16
ゆみちゃん、こんにちは♪..
by cibiyukiko at 12:01
ユキキーナさん、こんにち..
by yumi_nan911 at 02:52
なおねこさんもワンコアン..
by cibiyukiko at 18:40
オストゥーニだ(๑•ᴗ•..
by なおねこ at 11:45
*ファン*
*ブログジャンル*