<   2014年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
今夜のBS日テレ「大人のヨーロッパ街歩き」で紹介されたカストロヴィッラリ。
青く、どこまでも高い空と、建物とのコントラスト、そして大自然が実際と同じ美しさ、迫力で映像化されていました。
Yumiさんと一緒に歩いた場所ばかりで嬉しく拝見しましたが、、中でも嬉しかったことは!!!

カストロヴィッラリで食べた美味しいパスタの秘密が番組でわかりました♪
d0041729_21261184.jpg

スパゲッティ・フオーコ・ディ・バッコ
赤ワインで茹で上げたスパイシーなパスタですが、これがやみつきになる味。
お店の方に作り方を聞いても、企業秘密、とのことでしたので、とっても知りたかったんです。
自分でも家で作ってみましたが、どうも違っていて、どうにか再現できないかなあ、、と思っていたパスタ。

私が食べたお店の厨房で、まさにこの赤ワインパスタを作っている様子が放送されました。
テレビの中で詳細レシピは出ませんでしたが、作っている映像と、使っているワインの葡萄品種やチーズの種類など、ヒントとなる説明がありました。
よし、また作ってみよ~っと!!
ワインがね、、カラブリアの土着品種なので、ちょっと手に入れるのが高くついちゃいますが、美味しく作れるようになったら教室でも取り入れてみたい料理です。

放送の中では、甘いパプリカの素揚げ、カンカリッディ・クリュスキや、ロザ・マリーナなども試食していました。
d0041729_21335516.jpg

d0041729_21344483.jpg


カラブリアもまた行きたい、大好きな土地です。
放送の中で登場していた南條さん(Yumi)さんがコーディネートしてくれますよ。詳しくはコチラ
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-29 21:36 | Comments(2)

以前、訪れたカラブリアの小さな街、カストロヴィッラリが、今日のBS日テレで放送されます。

カストロヴィッラリに滞在した際にお世話になったYUMIさんが企画の段階から携わっている番組です。
とっても素敵なところですので、ぜひぜひご覧くださいね!!

番組名「大人のヨーロッパ街歩き」
日時 4月29日(火) 夜7:00~7:54
BS日テレ

ちょっとミステリアスな霧がかかっていますが、美しい海と、深い緑に包まれた山を持つ自然あふれる土地。そしてホスピタリティあふれる人がいっぱいのカラブリアです。
d0041729_149696.jpg

d0041729_149333.jpg

d0041729_14144852.jpg

d0041729_14151128.jpg

古くからアルバニア人が住んでいる土地では、道路標示はイタリア語とアルバニア語の二重表記です。
d0041729_1416191.jpg

この、可愛い顔のカタチをした家がある街も映るかしら?? 

YUMIさんのブログはこちら
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-29 14:16 | Comments(0)
世紀のSF(すごい風呂)超大作。
テルマエ・ロマエⅡ の初日舞台挨拶へ行って来ました。
上戸彩ちゃんは、気遣いがすごくて、本当に性格が良さそうな素敵な女優さん。
阿部寛さんはじめ、他の俳優人、そして監督、原作者のヤマザキマリさん、とても仲良さそうで、和気藹々とした撮影エピソードなどを聞くことができ、楽しい舞台挨拶でした。

古代ローマのセットは、前作にも増してスケールアップ!
ブルガリアで行われた撮影では、コロッセオまでスタジオに作ってしまったというのだから驚きです。
セット、すっごいお金かかってます~。
日本映画とは思えない壮大なスケールのロケなのに、中身はもう、真剣かつ、お腹をかかえて笑ってしまう笑いどころが満載のコメディ。
年配の方にも笑えるように、幅広い笑いが取り入れられていて、本当におもしろかったです。

テルマエ・ロマエⅠよりも数段おもしろくなっていましたので、ぜひ観に行ってみせください。大声で笑って、スッキリすること間違いなしです!
阿部寛さんの体も更にヴァージョンアップして、お尻の筋肉までちゃんと芝居していました(笑)。
上戸彩ちゃんの美しいお背中が見られる入浴シーンから、最後に流れる、日本猿たちのまったり入浴シーンまで、お風呂シーンにも癒されます。

笑ってスッキリするだけではなく、癒されたいかたにもお勧め。
近いうちにもう1回、観に行こうと思います。
テルマエ・ロマエⅡ、絶賛公開中。

[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-28 09:19 | Comments(2)
4月の基本コースは、まさに基本中の基本。
トマトソースのパスタを美味しく作るレッスンです。
家に材料が何もない~、、、という時も、乾燥パスタとトマト缶が1個でもあれば、美味しいパスタが作れちゃうので非常食としても?マスターすべき料理です。

全てのイタリアンの基本となるトマトソース。
このソースさえ押さえてしまえば、シンプルなパスタから、鶏肉のカッチャトーラ、手の込んだラザニア、、、美味しいピッツアにカツレツ、、イタリアンのほとんどを制したも同じ!!
d0041729_965377.jpg


基本のトマトソースレッスンは次回は再来年になってしまいますので、この機会にぜひお待ちしております。

このレッスンのドルチェはトスカーナの定番ドルチェ、カントウッチ(ビスコッティ)を作ります。
d0041729_0404818.jpg

カントウッチとは、トスカーナ地方でのビスコッティの呼び名。そしてトスカーナ風といえば、黄金色の聖なるワイン、ヴィンサントに浸していただきます。
d0041729_23562991.jpg

ヴィンサントもご用意しておりますよ♪ なかなか日本で購入することが出来ないワインですので、ぜひご賞味ください。(ご自宅では、手に入りやすいパッシートやアマレットなどで代用できます)

その他、前菜にはポテト入りフリッタータ(イタリア風オムレツ)、
セコンドにはローマ風サルティンボッカ
コントルノはカリフラワーのスフォルマート
を作ります。
ご参加お待ちしております。 cibiyukiko☆yahoo.co.jp までご連絡ください。
イタリア料理教室CiaoBambinaのサイトはこちら
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-22 23:49 | 教室連絡事項 | Comments(0)
バルセロナ最終日、朝9時にホテルを出るので、その前にボケリア市場で朝から飲んできますっ!!
朝早くから飲ませてくれるなんて、スペイン、最高!!

先日と同じ魚介満載バルにも行きたいけれど、ほかも開拓したいので、今日は別の店へ行ってみることに。
笑顔がチャーミングなお姉さんが二人で切り盛りしているバルがいい感じ。
d0041729_10141411.jpg

d0041729_10153519.jpg

色鮮やかに料理や食材が並んでいて美味しそうです。
d0041729_10165973.jpg

ワインをなみなみと注いでくれた後、私たちがひと口飲んだら、笑顔でまた注ぎ足してくれました♪ 優しい~。わんこワイン~。(ボトルにあと少しワインが残ったのを終わらせたかったようでサービスしてくれました)

d0041729_10481894.jpg

ムール貝のワイン蒸し♪
d0041729_10484158.jpg

いわしのマリネ♪
d0041729_10492065.jpg

お豆のコロッケ♪
d0041729_1049412.jpg

じゃがいものトルティーリャにカルチョフィのフライ、ホタルイカみたいに小さなタコのソテー♪♪♪
どれもこれも美味しくて、ワーとかキャーとか言いながら食べましたよ。一緒についてくるパンコントマテもここの、おいし~!!

最後に美味しい~!!って叫びたくなるものを食べることが出来て大満足です♪ 夢中で食べてしまいました。しかし、、ここでいつまでも飲んで食べていたかったけど、、空港に行かなくちゃ~!!(涙)

とても全部を食べきることが出来ず、持ち帰りをお願いしたら、プラスチックの箱に詰めてくれました。
わあい!これで帰りのシエキチ機内食が出来た~。
持ち帰りが出来るなら、もっと頼めば良かった~。
今回ご一緒したYさんは、持ち帰りが出来ると聞いた瞬間、オムレツを丸ごと1個、お土産用に追加オーダーしていました。私も買って自分の機内食にすれば良かったわ。
重大な決意:次回、バルセロナへ行ったら、必ずバルで料理を持ち帰りに詰めてもらって帰りの機内食にしよう、と決めました(笑)。
d0041729_10384765.jpg

あ~、、美味しすぎスペイン。次はいつ行けるかしら。帰ってから次にスペインにいつ行けるかばかり考えています。。行かないといけない先がいろいろとあったり、来年あたりから我が家もしばらく海外旅行は無理かも、、な時期に差し掛かるので、すぐには無理ですが、次はモロッコとスペインをセットで~(ついでにイタリアも、な逆転現象)。と夢は広がります。
モロッコ、過去に私の二度と行かない国リストに載りましたが、最近また行きたくなってマス。
d0041729_10144624.jpg

と夢みたいなことばっかり言ってないで、しばらく地に足をつけた生活しなくちゃね~。

こんな食べてばかりの旅行記にお付き合いくださいましてありがとうございました。
d0041729_1727568.jpg

行った国で必ず、スノードームを1個買うのがお約束のシエキチです。今回は登っていないサグラダファミリアのスノードームを購入。
相当たまったかと思いきや、、、旅行中だったり、帰った後だったり、すぐに割ってしまうので、意外にも家には2個しかありません(笑)。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-22 17:06 | スペイン | Comments(6)
Torresワイナリーがあるペネデスから電車でバルセロナの中心地へ戻り、夕方4時過ぎ、行ってみたかった人気のバルへ行くことに。
到着初日は、ちょうどスペイン人の夕食時に当たってしまったため、すごい行列で入れなかったお店です。さすがにこの時間なら大丈夫でしょ~。

「Cerveceria Catalana」セルベセリア・カタラン
思ったとおり、行列はなく、店内は空席がいっぱいありました。ほっ。
d0041729_23442193.jpg

カウンターも席も、ご覧の通り空いています。
d0041729_23433061.jpg


とりあえず、カヴァを飲んでスッキリして、イベリコ生ハムや、パタタスブラバス、カラマリのフリットなど、いくつか頼んでみました。
パン・コン・トマテは勝手についてきます。
d0041729_8561887.jpg

d0041729_2347358.jpg

カウンターにもいろいろ並んでいるのですが、う~ん、なんだかなあ。あまり頼みたいものがない。
先日の朝の市場バルほどの勢いがなくて注文する気になれず。。
今日は朝から何も食べずに夕方(飲んでましたけど)だったのでお腹は空いているんですけど。。
d0041729_23493081.jpg

この店に来たら注文したいと思っていた牛フィレ肉のソテー。ニク好きシエキチ、私の分まで横取りして喜ぶ。
d0041729_23524819.jpg

シーフードサラダ。う~ん、、、市場のものと比較すると、もう食べる気しないくらい。カニ風味の練り物がいっぱい入ってるし。。残しちゃいました。
d0041729_23533456.jpg

あらあら、、シーフードサラダで一気にテンション下がっちゃったんですけど、最後に運ばれて来たフォアグラとリンゴのパイ。これは美味しかったです。

う~ん、、、期待値が高すぎちゃったかな。まあ、行ってみないと気が済まないですから、とりあえず行くことが出来て良かったです。
この後、近くのお店でサングリアとイベリコ生ハム、そしてビキニというホットサンドを買ってお部屋で食べちゃいました(笑)。

翌朝は9時にホテルをチェックアウトしてバルセロナを発つのですが、最後にまた市場で朝ごはんを食べるぞっ!!と決意しましたわ。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-21 20:57 | スペイン | Comments(0)
d0041729_1658611.jpg

イタリアへ行く時は、出来るだけ、ワイナリーやオリーブ搾油所を一つは訪れるようにしているのですが、今回はスペインのワイナリーへ。
自分で行けそうな場所を探したところ、スペイン北東にペネデスという一大産地があり、ワイナリーがたくさんあることがわりましました。しかも、バルセロナから簡単に電車でいけるみたい。
日本でもカヴァ(発泡性ワイン)で有名なフレシネなど、発泡性の産地で有名ですが、標高が高く、昼夜の寒暖差が激しいこの地域では、ソーヴィニヨンブランにも最適、、ということでスティルワインを中心に大規模に経営しているスペインの大手「Torres」社へ行くことにしてみました。
こちらのワイナリーは見学者用に敷地内をめぐるカートが用意されていたり、ちょっとしたエンターテイメントワイナリーらしいので、シエキチも楽しめるかな。と。
な~んて、実は、調べていたら、試飲できるグラスの数が、他のワイナリーよりTorresが一番多かったの(笑)。

カタルーニャ駅からセルカニアス(近郊連絡線)のR4Lineにに乗って1時間程度です。
メトロのカタルーニャ駅とは乗り場が少し離れているので、駅を見つけるまでちょっと迷いましたが、みんな親切に教えてくれましたよ。
カタルーニャ駅から乗車して15分もたつと、すぐに広い田園風景になりました。
d0041729_17151923.jpg

途中、Torresがあるヴィアフランカ・ペネデス駅の3つ手前の駅では、駅前にフレシネがありました。
う~ん、やっぱりカヴァもいいな~。次回バルセロナへ来たら行ってみようっと。

駅からタクシーで8分。朝、11時の予約です。Torres社の見学はこちらのサイトから予約をしました。日本語ページがあったので助かりました。(予約入力は英語またはスペイン語)
事前に、英語の説明か、スペイン語かを問われます。う~ん、イタリア語はないよね~、ということで英語ガイドをお願いしておきましたが、ところどころ、英語での説明の他、スライドを見たり、トラムで敷地内を周るときなどは日本語ガイドのイヤホンがありました。

d0041729_1711338.jpg

トラム乗り場で乗車を待つ間、ちょっとしたイメージ映像が流れるところなど、ディズニーランドさながら、、でしたよ。スターツアーズに出発~って感じでした。
d0041729_1716367.jpg

殺虫剤や除草剤を一切使用せずに栽培しているほか、地球環境に優しいワインづくりを目指し、できるだけ消費電力を抑え、Co2排出を削減できるように、いろいろと工夫がこらされたエコシステムを積極的に取り入れているそうです。
こうして訪れてみると、どこの造り手も、ワインや地球に対する愛があふれていて、だいたい、そのワイナリーのワインが好きになってしまいます。

トラムに乗って1時間ほどの見学ツアーの後はお楽しみの試飲タイムです♪
白、ロゼ、赤、、と5種類のワインを試飲させていただきました。
d0041729_17205281.jpg

こちらのワイン「JeanLeon」はパエリアにちょうど良い感じの白。
d0041729_17213254.jpg

d0041729_17255050.jpg

シエキチにはこれ。モスカート種の葡萄果汁。もちろんノンアルです。
甘くて美味しいの~。シエキチったら実は、以前間違えて(?)アスティスプマンテをなめてしまったことがあるのですが、「それと同じ味がする~!」ですって。さすが。同じモスカートってことわかってます。
そんなわけで、シエキチも美味しい葡萄ジュースで擬似試飲体験。

けっこうゆっくりと試飲タイムが用意されており、ワイナリーで2時間の滞在を予定しておりましたが、思いがけず長居してしまいまして、、帰りの電車が3時近くなってしまいました。
今日はワイナリーから帰ったらサグラダファミリアに並ぼうと思っていたんですが、う~ん、4時かあ。もうお酒も入って、すっかり飲みたいモードになってしまっていた私たち。。。
迷わず、観光よりタパスを選んでしまうのは当然のこと。(苦笑)。

サグラダファミリアの聖堂内部を見るのをすっかり諦めて違う方向へ。。。バルセロナはとっても気に入ったので、全て観てしまったら、次に来る理由がなくなっちゃうしね。フレシネの見学とサグラダファミリア内部は残しておきまーす。 つづく。。

イタリア料理教室CiaoBambina4月と5月の日程&メニューもひっそりとご案内中です。→☆

[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-21 17:35 | スペイン | Comments(0)
イタリア料理教室CiaoBambina4月と5月の日程&メニューもひっそりとご案内中です。→☆

バルセロナ観光の目玉と言えば、なんといってもサグラダファミリア!!
ここへ来ることをすっごく楽しみにしていました。
子供の頃、100年以上かけて建築中!なんて聞いて、スペイン人ってのはなんてのんびりした人たちだ、と思ったものですが、その完成もいまや、あと12年後、2026年に近づいているんですよね。
何年という月日を費やしてでも、細かい細工を丁寧に施して、ガウディの思いを受け継ぎ、忠実に再現しようとする人々の熱い思いが込められた聖堂、壮大な夢が詰まっている感じがします。

サグラダファミリアのサイトで、入場と塔へのエレベーター予約が出来るということで、散々チェックをしていたのですが、ちょうど4月1日から予約システムが変更になってしまったらしく、私たちが日本を出発する3月の時点では4月初旬の予約がネットで取れなくなっていました。

仕方ないので、明日の昼間、並びましょう。ということで、とりあえず、サグラダファミリアの夕景を外から眺めに。
地下鉄サグラダファミリア駅で下車し、出口を出ると、おお~、目の前にそびえ立つのはサグラダファミリアさん。・・・の裏側。
d0041729_18581668.jpg

正面にまわってみましょう。と、歩いていると、怪しい風貌のおじさんが近寄って来て言いました。
「この裏側にある階段を地下へ降りると、無料で入れる礼拝堂があるよ。ぜひ行ってごらん」。
ちょっと怪しい風貌のオジサマ。ごめんなさい、警戒しちゃったのですが、地元の方のレア情報を親切に教えてくださったのでした。いつも開いているのではなく、夕方、人が少なくなってきた頃だけ、扉が開くのだそうです。(スペイン語、やっぱりイタリア語に似てる~。込み入った話はモチロン無理ですが、旅行程度なら意外とスペ語がわかることに感激)
で、お勧めされるままに、裏にある入り口から入ってみました。
d0041729_1911046.jpg

あ、ここ、この建物「世界ふしぎ発見」で最近、観ました~。100年近く前、サグラダファミリアの建設作業員が出稼ぎで遠くから来る際、家族も一緒に連れてこれるように、と子供達のための学校を建てたのだとか。
さすが、聖家族教会ですからね。作業員の家族も大切にしなくては。

地下には、シンプルな聖堂があり、地元の人たちがひっそりとお祈りを捧げていました。
d0041729_197127.jpg

ガウディのお墓もありましたよ。自分が設計した教会の工事が進むのを地下から目を光らせているんですね~。聖堂が完成したら、お墓の中のガウディもさぞ喜ぶことでしょう。
通常、観光客は入れない場所だったようで、実はガイドブックに載っていないレア情報だったのかな?
おじちゃん、グラシアス!

ちょっと神聖な気持ちになって、穢れが落ちたような???
美しくなった心で正面にまわって、今日はとりあえず写真を撮りましょ~。

あらら、正面へ行くものの、大きくて写真に入らない。
ということで、写真スポットだと言われる、正面にある公園の方へ行って、池をはさんで写真を撮ってみました。
d0041729_19154434.jpg

d0041729_21591232.jpg

池に映った逆サグラダファミリア。池の水はけっこう汚かったので、最初、池を見た瞬間、「これ、映るのかなあ??」と思ったのですが、ちゃんと映ってますね。

d0041729_21593943.jpg

ライトアップされると思って、のんびり、公園のベンチで日が暮れるのを待っていましたが、、ライトアップは夏季のみみたい。いつまでもたってもライトアップされないので、諦めて立ち去りました。
ま、これでも十分美しく、満喫できましたけどね。
で、この日はサグラダファミリアの中には入らず、翌日に並んで入るつもりだったんですが・・・・。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-17 19:18 | スペイン | Comments(2)
食べてばかりじゃなく、一応観光もしてますよ~。食7:観光3 くらいの比率ですが。。。

お腹もいっぱいだし、お散歩かねてグエル公園へ!
地下鉄Lesseps駅で降りて15分歩きます。

道の案内表示がところどころにきちんと立っているので迷わずに行くことが出来ました。
d0041729_1838395.jpg

グエル公園は小高い丘の上にあり、到着するまですごい坂と階段がある、とガイドブックに書かれていたので覚悟しておりましたが、、全然。
坂をのんびりと歩きながら登ると、最後に大きな階段が見えてきたので、あれか!と思いましたが、行ってみると横にエスカレーターがありました。楽勝です。

エスカレータを上ってすぐが入り口です。4時50分頃に到着して券売機へ。(昨年の秋から有料化されたらしい。知りませんでした。イタリアでもそうですが、昔は無料だった場所の有料化が激しいんですよね。。そうよね、経済的に破綻寸前だもの、イタリアもスペインも、お金を取れるところからは必死で取りますわね)

券を買おうとすると、、入場制限をしているらしく、私たちは17時30分からのチケットしか購入できず、40分ほど入り口で待機することになりました。ベンチなどがあるところでボーッと入れてくれるのを待ちます。

さあ、入れましたよ。
d0041729_1836213.jpg

大人気の写真スポット、トカゲちゃんは奪い合いです。
d0041729_18353946.jpg


d0041729_18323271.jpg

バルセロナの街と、海が一望できて気持ちの良い広場でした。

公園内にあるバルでしばらくお茶して(もう何も食べてないよっ)休憩。さて、夕暮れのサグラダファミリアへ行ってみましょう。
d0041729_18434671.jpg

駅に向かう途中、こんな方もいました。いろんな観光地にいますよね。どうなってるんだろう。
いひひ、しばらく周りで観察しちゃいましょう。とめちゃくちゃ近寄って見つめていたら、観念したのか?
d0041729_18462218.jpg

アクションをおこし始めました(笑)。 

地下鉄の駅構内にあったダンキンドーナツではこんなドーナツが並んでいました。
派手で可愛い!
d0041729_2211960.jpg

パスクワ用の卵をモチーフにしたドーナツのようです。お腹がすいてたら買いたかったわ。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-17 18:54 | スペイン | Comments(0)
d0041729_9323926.jpg

本場仕込みの美味しいパエリアを日本で作れるようになりたい!と、バルセロナでお料理レッスンを申し込んでおりました。パエリアの種類までは指定していなかったので、肉になるか魚介になるか行ってみるまでわからなかったのですが、魚介で準備してくださっていました。こっちの方が今日の気分だったので良かったです。
元々、パエリアは農夫が仕事の合間に野焼きで作っていたものなので、ウサギやカタツムリを入れるのが本来のスタイルだそうですが、現在は魚介のものなどが豪華で人気なので、、ということで、こちらを選んでくださったようです。
昨日のアロスネグロ(イカスミのパエリア)も美味しかった~♪ 今日も楽しみです。

食材を炒める段階から、なるほど~。。がいっぱいのレッスンです。
d0041729_1223621.jpg

お米を入れる前の状態がこれですもの、美味しいに決まってますっ!焼いた海老の味噌の香り~。
d0041729_9362490.jpg

お米を十字に入れるのは聞いていたけれど、なるほど~、そういう理由ですか~。

などなど、いろいろお勉強になります。

d0041729_9381938.jpg
ジャガイモのトルティーリャは、イタリアのフリッタータと同じようなもんでしょ、と思っていたのですが、これまた全然ちがくって。チーズが入らないのにすごく美味しい。

作っている間中、市場で食べた朝食が胃の中にドーンと居座っていて、試食できるか心配でしたが、出来上がりの良い香りと、美味しいワインで胃袋オープン!
d0041729_9404432.jpg

これ、最近スペインで人気があるワインらしいです。
d0041729_9411221.jpg

厚みがしっかりあるのがイタリアの薄いフリッタータと違いますね~。石垣のようにジャガイモがゴロゴロと入っています。そして、スペインのジャガイモが甘くて美味しくて、日本に帰って翌日、すぐにこのトルティーリャは家で作ってみました。
d0041729_942406.jpg

ジャーン!パエリアできた~!!
海老や魚介の旨みをお米がしっかり吸っていて深い味わい。本当に美味しいパエリアでした。
d0041729_9433944.jpg

しつこいけど、これは本当に美味しいパエリアだったな~。小食のシエキチもワシワシ、モリモリ食べていました。
パエリア鍋は買ってこなかったので、早く買わなくちゃね。
ほろっほろの焼き菓子、ポルポロンも習いましたよ。大好きなお菓子です。これも早く作りたいなあ。自分の試作が優先の時はお菓子は食べすぎが怖くて作れないんだけど。

15時終了。さて、今からグエル公園とサグラダファミリアへ行かなくちゃ。食べてばっかりでぜんぜん観光してない(笑)。
d0041729_9461037.jpg

バルセロナの地下鉄ってわかりやすくて便利。治安も悪くないので安心して乗ることが出来ます。
10回券を購入して3人で一緒に使いました。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-16 09:47 | スペイン | Comments(2)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
さすが!食べに行かれたん..
by cibiyukiko at 07:50
レッコのフォカッチャ!!..
by vicinoamare016 at 10:16
ゆみちゃん、こんにちは♪..
by cibiyukiko at 12:01
ユキキーナさん、こんにち..
by yumi_nan911 at 02:52
なおねこさんもワンコアン..
by cibiyukiko at 18:40
オストゥーニだ(๑•ᴗ•..
by なおねこ at 11:45
> casadelsol..
by cibiyukiko at 23:58
> pom姉さん いつ..
by cibiyukiko at 23:56
ADがんばります(笑)
by casadelsole at 23:28
ホタルイカまで参加しまし..
by pom姉 at 21:12
*ファン*
*ブログジャンル*