「ほっ」と。キャンペーン
翌朝、トスカーナへ電車で移動。
アレッツにあるアンギアーリという小さな町のアグリツーリズモへ。

バローロのアグリのご主人に車でブラ駅まで送っていただき、そこからトリノ→ミラノ→フィレンツエ→アレッツオ駅、と乗り換え、アレッツ駅から車で30分。。とけっこうな移動距離で半日電車の中です。

朝10時。日本時間では18時。
ジャーン、三次試験まで1年がかりで向き合ったソムリエ試験の合格発表をバローロ→トリノ間のローカル列車の中で迎えました!!

三次試験はほとんど落ちない、と聞いていたものの、、三次のサービス実技でいくつかミスもしちゃったし、、料理教室講師という立場でソムリエになれるのは今年からなので、書類審査も自分で用意した証明書類が大丈夫だったのか、、もうね、ドキドキ、心臓バクバクですよ。
スマフォでソムリエ協会のHPを開き、自分の番号までスクロールしていくときのあのどきどき、、久しぶりですね~大学受験かってくらいです。

ギャー!番号があったあ!!!!!
嬉しかったですね~。すっごく勉強したし、また1年、お金も時間費やしたくありませんから。

乗り換えのトリノ駅で祝杯!!!
乗り換え時間はたっぷりあったのに、朝早すぎて、駅ナカのお店はセガフレードしか開いてない~。。
仕方ない、こちらで軽く祝うことに。
残念ながらスプマンテはなかったのでビールで乾杯!!
d0041729_1151783.jpg

d0041729_1153364.jpg

わーいわーい!!

これで安心して、この日の夜はトスカーナのアグリで泡で乾杯!!
贅沢を言うなら、ピエモンテでバローロで祝杯をあげまくりたかったですが、、この旅、後半はスーパータスカンとヴェネトの白で祝いまくることに。

その後、家に戻ってからソムリエ協会HPに認定証とバッジ代をお支払いし(有料だよ。苦笑)、
クリスマスイブイブに届きました! 
d0041729_11173090.jpg
今年のプレゼントはこれですね。サンタさんは来ないので自力で用意したプレゼントです。
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-12-25 11:19 | ワイン | Comments(0)
9月に神楽坂のドルチェヴィータで行われたバローロのテイスティングセミナーに参加した時に、ピエモンテからいらしていたマルケージ・ディ・バローロのマダムとご子息、ダヴィデ。
とっても素敵なお2人だったので、今回の旅でも、バローロのこちらのカンティーナにお邪魔させていただきました。
d0041729_20213636.jpg


バローロを作るカンティーナの中でも老舗中の老舗、非常に由緒正しいカンティーナです。
d0041729_20234939.jpg


d0041729_2024731.jpg


d0041729_2024239.jpg


d0041729_20243950.jpg

マダムのアンナ・アッボーナさんが温かく迎えてくれて、たくさん試飲させてくださいました。
イタリア人のこういったフレンドリーで温かい対応、本当に嬉しい。

カンティーナを出るとすっかり夜でした。
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-12-24 20:25 | ├ピエモンテ | Comments(0)
2017年、1月のCorsoA(Aコース)では、いつもとちょっと趣向を変えまして、イタリアの伝統料理ではなく、豆腐を使ったヘルシーなイタリアンをご紹介いたします。
お正月で食べ過ぎてしまったからだをちょっと労わってあげるメニュー、、、のつもりで考えているのですが、なにしろレシピを考案しているのがノンベイなので、、、日本酒にも合いそう!というメニューになってしまってコマっています(笑)。あ!でも、おからを使った女性に嬉しいメニューや、自家製のがんもどきを作るなど、バラエティに富んだ楽しいメニューですよ。
昨年のお豆腐マイスター講座で考案したメニューを、教室でも教えて欲しい!との声を多くいただいたので、教室用にアレンジいたしました。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

d0041729_011763.jpg
d0041729_14392624.jpg
d0041729_14412779.jpg

d0041729_0121621.jpg

d0041729_012289.jpg

お豆腐ほか、湯葉などの大豆製品を使ったアンティパスト 数種
厚揚げのアヒージョ
自家製がんもどきのパニーノ
卯の花のグラティネ
お豆腐生チョコ

CorsoA (Aコース お豆腐イタリアン)
11時~14時半頃
・1月12日(木)残1
・1月13日(金)満席
・1月19日(木)満席
・1月20日(金)残1
・1月23日(月)残2

CorsoB 基本コース
レンズ豆のサラダ
ボローニャ風タリアテッレ(手打ちパスタ)
アリスタ(トスカーナの豪快な豚肉ロースト)
チェンチ(トスカーナのカーニバルの揚げ菓子)
11時~14時頃
・1月25日(水)残2
・1月26日(木)余裕あり
・1月27日(金)残1
d0041729_0252830.jpg

d0041729_0255283.jpg

d0041729_0263379.jpg


1月14日(土)には昨年1月に開催したプーリア州のメニューで復刻レッスンを開催いたします。残席1名さまとなっております。週末をご希望の方はぜひいらしてくださいね。
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-12-17 00:12 | Comments(0)
・・・のはずだったのですが、、、

天候が悪くて、景色はマッシロ。。。雲の中です。
これはもう、美味しいワインを飲んで、白トリュフを堪能することだけに精神を集中しろってことですね。
モチロンです!!
d0041729_2137374.jpg

ネッビオーロ天国のピエモンテ。泡で乾杯した後はもう赤にいっちゃいますよ。
この辺りの料理、しょっぱなから重めの赤がぴったりです。

さてさて、ピエモンテ、実は前菜天国なのですよ。何種類も出てきます。
d0041729_2141559.jpg

前菜その1 カプネット
ピエモンテの郷土料理で、ちりめんキャベツで豚肉のサルシッチャや挽肉などを包んだ焼きロールキャベツ。
ホワイトソースがしいてあります。
d0041729_21432858.jpg

前菜 その2 ヴィテッロ・トンナート
仔牛の薄切り肉にツナソースをかけたもの。これもコテコテピエモンテーゼ
こちらの盛り付けはとても上品ですね。普通は、肉全体をすっぽり包むようにソースがかかっていることが多いです。
d0041729_21445349.jpg

前菜 その3 カルネ・クルーダ
この料理が出てくるのは、この旅で3回目! この地域の古典的、伝統料理ですね。
ここで出されたものが一番上品で美味しかったです。白トリュフものっています。

d0041729_21484526.jpg

前菜 その4 ポルチーニのトルティーノ
チーズたっぷりにポルチーニの芳醇な香りが漂います。こちらには黒トリュフが。

この辺りでもう大満足なのですが、まだまだ白トリュフ!
郷土料理のアニョロッティ・ダル・プリンにたっぷりすりおろしていただきます。
d0041729_2150934.jpg

いい香り~♪ 夢のような官能的な香りが漂います。
d0041729_21501867.jpg

満足満足♪
d0041729_21511986.jpg

セコンドは山羊のロースト。
つけあわせのポレンタがまた美味しく。。
d0041729_21522551.jpg

バローロが進むってもんです。
d0041729_21524617.jpg

チーズはワゴンの中から好きなものを。
d0041729_2153737.jpg

ムラッツアーノとか、タレッジョとか、、北っぽいものが揃っています。
d0041729_2154829.jpg

ドルチェもピエモンテ三昧。
d0041729_21543947.jpg

小菓子もたっぷり。

La Morraにあるリストランテ・Bovio.景色はなくとも、美味しくて本当に素敵なリストランテだったのですよ。また次回、伺いたいと思います。やっぱり晴れているときに行きたい。。。。

この後は、バローロのカンティーナを訪れます。この旅でバローロ何杯飲んだかわかりません。ずーっと飲んでます(笑)

12月のイタリア料理教室CiaoBambina 日程はコチラをご覧ください。

1月の日程・メニューもすぐご案内いたしますね。

Aコース は年末年始で膨張したからだを1月中に戻したいですね。
糖質を少なめにし、ヘルシーなお豆腐メディテッラーネオを予定しています。
1月12日、13日、17日、18日、19日、20日、23日

Bコース(基本)は1月25・26・27の3日間です。
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-12-09 21:41 | ├ピエモンテ | Comments(0)
カラブリアのクリスマス料理レッスン、12月15日(木)を追加いたしました。

そうしたら、日程の変更が相次ぎ、こんな感じになりました。。
他の日程にも空きが出ましたのでよかったらお待ちしております。

12月12日(月)満席
12月13日(火)満席
12月15日(木)残3
12月16日(金)満席
12月18日(日)満席
赤ワインで茹でちゃうあのパスタですよ♪ カラブリアクリスマスのメニュー写真、詳細はコチラ

ナポリクリスマスは
12月20日(火)残2
12月21日(水)残2
12月22日(木)残1
ナポリクリスマスのメニュー写真、詳細はコチラ

イタリアンな御節レッスンは両日とも満席となっております。

お待ちしております。

1月は年末年始で疲れた胃を休めるからだに優しいメニューです。
趣向を変えて、Aコースでは豆腐を使ったイタリア料理をご紹介いたします(豆腐マイスター講座ゆききーな組にご参加くださった方はメニューが一部重なりますことご了承くださいませ)
日程はHPでご案内しております。 イタリア料理教室CiaoBambinaのHP


[PR]
# by cibiyukiko | 2016-12-08 15:51 | Comments(0)
夜はバローロにあるアグリツーリズモへ。9年前に泊った、親戚の家みたいな農家民宿です。
ヘーゼルナッツと、フォンタナフレッダ社へおろすネッビオーロを作っています。
おじいちゃんもおばあちゃんも健在。独身の息子も健在。
唯一、いなくなっていたのはトリュフ犬のネッビーちゃん。(涙)そうね、9年もたてば寿命もきますね。

このアグリの朝食にはピエモンテチーズがいっぱい出るところも変わらず。
d0041729_19483616.jpg

d0041729_1949426.jpg

この家で採れたヘーゼルナッツを添えていただくと香ばしくてまた美味しい。日本で味わうヘーゼルナッツとは違います。
d0041729_19491919.jpg

アグリの朝食といえば、家庭的なトルタがいっぱい並ぶのも魅力。
教室で作る素朴なお菓子はたいてい、こんな形で味わったものが多いです。
クロスタータに、リンゴのトルタ、ヘーゼルナッツのトルタなどなど。

しかし、、あ~、、、ここも、絶景の宿だったのですが、景色マッシロ~。。。。
しかし、私たちがピエモンテからトスカーナへ移動した後、ピエモンテは大雨にみまわれ、電車などの交通機関がストップしてしまったとのこと。不幸中の幸いですね。景色が見えなくても我慢です。
d0041729_19552970.jpg

コルク抜きをかたどった看板。ワインの町っぽいですね。
d0041729_1955429.jpg


d0041729_1956035.jpg

世界的に有名な高級ワインが作られているとは思えないほどひっそりと小さくて可愛い村です。

この日のランチは、La Morraという町にある美味しいくて、景色も絶景という評判のお店へ行ってきます。
そう、ランゲの丘が見渡せる絶景!!!と評判のね、、絶景!!! 
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-12-06 19:50 | Comments(0)
白トリュフ祭りにバーニャカウダ祭り、、7年前にピエモンテを訪れたときと同じことやっておりますが、、
バーニャカウダ祭りの楽しさが忘れられず、必死で会場を探しました(笑)。

ニッツア・モンフェッラートという街ではカルド・ゴッボというゴボウとセロリの中間のような野菜が名産品なのですが、この野菜がバーニャカウダに欠かせない存在。
この収穫祭とあわせてバーニャカウダ祭りを開催しているようです。
10月には、街中のトラットリアなどが、週ごとに場所をかえてバーニャカウダ祭りを開催し、11月、私達が訪れたときは、市役所運営の祭りが、町の集会所的なホールで開催されていました。
それにあわせて、広場ではアンティーク市が出て、街のオヤジたちはみんなで集ってゲートボール的なゲームに興じていましたよ。
d0041729_14203074.jpg

d0041729_14204297.jpg


誰が買うのかアンティークなバローロのボトル
d0041729_14235742.jpg

おやじの集いは南イタリア名物かと思っていましたが、北の地でも同じでした!
d0041729_14242618.jpg

d0041729_14141558.jpg

こんな感じの広い町の集会所的なイベント会場でみんなでバーニャカウダ!!
d0041729_14162768.jpg

まずはピエモンテ名物の前菜が運ばれてきます。昨日に引き続き、今日もカルネクルーダ!!
ワインは地元のバルベーラが飲み放題!(ソムリエ試験の教本には、バーニャカウダにはGaviとなっていますが、私はちょっと違うな~と思っております。実際、この地域ではバーニャカウダにはバルベーラをあわせるのが鉄板!)
d0041729_1417548.jpg

鶏とセロリのサラダを食べて待っていると~
d0041729_14173475.jpg

きた~!わんこバーニャカウダ! お鍋の中が少なくなると、お姉さんがよそいに来てくれるので食べ放題です。
d0041729_14244868.jpg

斜め前に座ったキアラさん。たまたまテーブルでご一緒させていただいたのが運のつき、アスティで家族経営のワイナリーをやっているとのこと。このバーニャカウダ祭りの後、カンティーナと畑を案内しますよ~とのお申し出に有難く御宅訪問をすることに。
スマホの充電切れて、写真がないのですけどね。。。
バーニャカウダで苦しいお腹ではありましたが、キアラの家で作っているワインをいろいろ試飲させていただき、チーズやサラミなどいただいちゃいました。
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-12-01 14:07 | ├ピエモンテ | Comments(2)
イタリアへ行っておりました。
ピエモンテで白トリュフ&バローロ三昧
トスカーナの田舎でお料理三昧
ヴェネツイア酒場放浪紀

少しづつアップしていきますのでお暇な方はお付き合いくださいませ。

いつもシエコと2人で行っていたイタリアですが、今回は娘を置いてイタリアへ行ってきました。
過去に娘を置いて行ったのは2回、どちらもまだ小さかったので実家に預けて行きましたが、今回は中学生。
学校を休ませるわけにもいかず、夫とシエコ2人でお留守番です。

学校から帰って、誰もいない家に1人で鍵を開けて、電気がついていない家に帰るのは寂しいだろうな~、、、
出発まで、心配で心配で仕方ありませんでしたが、出発の少し前に大ゲンカをしたときは
「別にママいなくて全然平気だし~」と言われ、ちょっと安心し、、
でも出発2-3日前になると「ホントに行っちゃうの~?」と寂しそうに言われ、、
当日はイタリア人もびっくりな熱い抱擁をシエコとかわして出発しました。
ママは絶対死なないからね~!!(大袈裟)

しかし、そんな思いも、イタリアについた瞬間、どこかへ行っちゃいました~(ごめんねシエコ)
トリノへ飛行機で入り、トリノからアルバまで1時間半、ローカル電車で移動。

アルバのアパルタメントでカラブリア在住のユミちゃんと合流。
しょっぱなから白トリュフいっちゃいますか~。

21時半から夕食へ。
d0041729_23103933.jpg

薔薇のような香りのルケ・ラッチェント♪
d0041729_23111512.jpg

後々、トリュフの写真をバンバンアップしちゃうので、まずは小さく。
前菜にはピエモンテ名物、生牛肉のタルタル「カルネ・クルーダ」の上に白トリュフをすりすり。
そして次ぎもピエモンテの名物パスタ「タヤリン」に白トリュフをすりすり。
セコンドは牛肉のバローロ煮込み。お供はもちろんバローロ。
d0041729_23143834.jpg

ドルチェは柔らかふるふるのパンナコッタ。
まずはピエンモンテらしいものをざっと食してみました。気が付くと日付も変わり、、アルバの町をほろ酔いで散策しながらアパルタメントへ帰宅。

翌日は朝から白トリュフ祭りへ!
d0041729_2317927.jpg

会場へ到着するまでも街中にトリュフを売る屋台が並んでいますが、中に入るとトリュフ売りたちがずらり!
d0041729_23322732.jpg

d0041729_23323983.jpg

こちらは香りが飛ばないように1個1個、ガラスドームがかぶせてありますね。
d0041729_23325178.jpg

d0041729_23312187.jpg

トリュフ以外にもピエモンテの美味しいものがずらり! トリュフ入りチーズにトリュフ入りサラミなんてのもありますよ。

会場にはピエモンテワインをグラスで注文できるカウンターがあり、ワインを片手に会場を歩きながら、各ブースで試食を楽しみます。
さすがに白トリュフの試食はありませんが、トリュフ入りサラミやトリュフ入りのチーズ、ヘーゼルナッツを使ったお菓子やバーニャカウダなどなど、たくさん試食させてくれます。

料理イベントのステージなどもありましたよ。
d0041729_23394397.jpg


私達はこの後、ニッツア・モンフェッラートという街へ移動してバーニャカウダ祭りに参加するので、ここでゆっくりもしていられず、、、移動しますっ!


12月のレッスン日程についてはこちらをご覧ください。→☆
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-11-30 22:56 | Comments(2)
いつも平日の昼のレッスンばかりで、皆様の貴重な有給を使っていただきありがとうございます。

12月18日(日)11時~は久しぶりの週末開催です。
昨年のレッスンで大人気だった、カラブリアのクリスマス料理、赤ワインのパスタを作ります。

d0041729_23475726.jpg

スパゲッティ・フオーコ・ディ・バッコ(赤ワインのパスタ)

そのほか、
d0041729_23502094.jpg

鯖のマリネとオレンジのクリスマスサラダ

d0041729_23442226.jpg
セコンドは豚肉のテリーヌとレンズ豆のトマト煮。
テリーヌは日持ちがするので、クリスマスの何日か前に作っておけば当日が楽なお助けな一皿。お持たせにも。そのまま食べるのに飽きたらサンドイッチにしてもいいですネ。

↓こんな風にバゲットにのせてカナッペ風にしてもOK.パーティで映えるお料理です。
d0041729_23443257.jpg


ドルチェにはカラブリアのクリスマス菓子「ピッタンキウサ」
d0041729_2351498.jpg


12月12日(月)残1
12月13日(火)残1
12月15日(木)残1
12月16日(金)残1
12月18日(日)満席
12月15日の日程を追加いたしました。

時間:11時から14時半頃。

12月はこのほか、ナポリのクリスマス料理、イタリアンな御節の会がございます。
体験レッスンの方も全てのコースを体験していただけます。日程&メニュー詳細は1つ前の記事をご覧くださいね。

お申し込みお待ちしております♪
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-11-13 21:39 | Comments(0)
12月は3パターンのレッスンを開催いたします。

その1 ナポリ風クリスマスメニュー(2・4週目)
その2 カラブリア風クリスマスメニュー(3週目)
その3 イタリアンな御節レッスン。(5週目)

12月のメニューその1はナポリ風ジェノヴェーゼ。
d0041729_2255512.jpg


ジェノヴェーゼといえば、日本ではバジルのペーストであえたソースがすぐに思い浮かびますが。。
ナポリではたっぷりのタマネギとお肉を煮込んだ茶色いソースの郷土料理をジェノヴェーゼと呼んでいます。
d0041729_8273950.jpg

ミートソースのように見えますが、実はパスタにはお肉は入らず、お肉の旨みだけが入っていますので、とってもヘルシーなのです。
南イタリアではよく、肉を煮込んだソースでパスタをあえてプリモピアットに。そしてお肉はセコンドに。という合理的な料理がよく作られています。教室では手打ちのタリアテッレをあわせます。

d0041729_826511.jpg

おうちで手打ちが面倒な方は乾麺のショートパスタでも美味しいのでご心配なく。
ペンネであえてもいい感じでしょ?
d0041729_22573855.jpg


d0041729_828584.jpg

お肉はセコンドで、ポテトとキノコのガトー・ディ・パターテと一緒に。
この付け合せは、生野菜と一緒にそれだけで立派なブランチになる一品です☆

教えてくれたのは、ナポリのLove marisa.とっても楽しそうにお料理するマリーサ。楽しくなければ料理じゃない。
d0041729_22581749.jpg


そして前菜はナポリの揚げパン、スゴンフィオッティ。このぷっくりした中に何が入っているのでしょうか~。
d0041729_2324951.jpg


ナポリのクラッシックなリピエノで、イタリア3種の神器チーズがとろ~り♪
d0041729_2226098.jpg


ドルチェにはシチリアのクリスマス菓子 ピニョラータを。コロコロしたかりんとうのようなお菓子で、ついつい手が止まらなくなりますよ。(これはナポリ料理じゃないですが~)
d0041729_16444132.jpg


このナポリ料理をご紹介する、「12月レッスンその1 ナポリ風クリスマス」の日程は以下の日程での開催です。
11時~14時半頃
12月20日(火)残4
12月21日(水)満席
12月22日(木)残2

12月の3週目は「12月レッスン・その2・カラブリア風クリスマス」(昨年11月のメニューです)
赤ワインで茹でる真っ赤なパスタ!昨年11月に開催したカラブリアのクリスマスメニューのアンコール。
d0041729_1653479.jpg

カラブリアメニュー詳細はこちらをご覧ください。→☆
12月15日(木)のみ残席2名さま
12月の5週目は、[12月レッスン・その3、イタリアンな御節レッスン(過去メニュー)」の開催となります。
こちらのコースは材料費がかかるため、通常レッスンにプラス1000円とさせていただきますことご了承ください。また、4名様以下での開講はいたしません。ご了承くださいませ。
日程は
12月27日(火)満席
12月28日(水)残2。11時~15時頃
d0041729_16563041.jpg

d0041729_16564185.jpg


後日、改めて、それぞれのレッスンメニューを詳しくご紹介させていただきますね。
[PR]
# by cibiyukiko | 2016-11-08 16:39 | レッスンのお知らせ | Comments(2)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
ありがとう!! ソムリエ..
by cibiyukiko at 14:28
遅ればせながら お誕生日..
by olive-felice at 20:58
> 2005-1127さ..
by cibiyukiko at 11:46
お誕生日おめでとうござい..
by 2005-1127 at 06:09
だよね。バーニャカウダに..
by cibiyukiko at 19:15
バーニャカウダにはバルベ..
by latavolasiciliana at 02:47
ありがと~。一回Fbにア..
by cibiyukiko at 17:27
おかえりなさい~♪旅行記..
by pompelmo-24 at 22:44
roma猫さま お問い..
by cibiyukiko at 21:38
いつも楽しみにブログ拝見..
by Roma猫 at 20:58
*ファン*
*ブログジャンル*