タグ:カンパーニャ ( 12 ) タグの人気記事
前日の雨とはうって変わって、スコーンと晴れた朝です!
ナポリのホテルにスーツケースを預かってもらって、プロチダ島&イスキア島に1泊しに行きました。
良かった。島へ行くのに天気が悪いんじゃ、寂しすぎます。

d0041729_0561289.jpg
(ヌオーヴォ城を後ろから見た風景)
ホテルから歩いてベヴェレッロ港へ。私たちが乗るプロチダ行きのフェリーは、そこから少し先、カラータ・ディ・マッサ港から出るのですが、ベヴェレッロ港から無料のシャトルバスが出ています。
d0041729_0575335.jpg

右の船でプロチダ島へ行ってきまーす。
d0041729_0595677.jpg

約1時間の船旅。
ヴェスヴィオ火山が見送ってくれます。
しかし、、このフェリーの揺れること。。。きっ気持ち悪いんですけど~。。ううっ。。。
この船、甲板に出られないタイプだったのですが、気持ち悪いから~、、と船員さんに行って、甲板に出してもらったら、なんと、気持ちのいいこと!! 出させてもらって良かった。船室と全然違います。(その後の船はフェリーではなく高速船だったので大丈夫でした)

d0041729_12241.jpg
プロチダ島に無事、到着~。
映画「イル・ポスティーノ」の舞台となった小さくてのどかな島。建物がカラフルで可愛いのです。
島についてすぐに、私は真っ先にテッラ・ムラータ地区へ登って、カラフルな街並みを見下ろしてみたかったのですが、、シエキチがまずご飯!と言うので、、港にあるお店でまずはランチタイムに。
d0041729_195125.jpg

[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-07 08:44 | 2014春のローマ&ナポリ | Comments(0)
ヴァチカン美術館を観た後は、ローマから電車で1時間。ナポリに到着です。
ここで、カラブリア在住のYUMIさんと合流。2泊3日の胃袋強化合宿。コーチはマリーサ。

マリーサ~!!会いたかったよ~!!久しぶりの再会にキャー!っと大騒ぎです。
d0041729_1201688.jpg

じゃーん。マリーサ登場。
料理上手で明るくて、テンション高くておもしろいオバチャンなのですよ。

前回お邪魔したときに、ナポリの豪華料理をいろいろと教えていただいたので、今回はナポリの気さくな料理を中心に教えていただきました。
絶対に冷凍の魚介を使わないマリーサが新鮮素材をたっぷり用意して待っていてくれました。
d0041729_124810.jpg

d0041729_1242415.jpg

あさりの元気なこと!
d0041729_1243928.jpg

春のナポリらしい、あおさ海苔。

d0041729_126532.jpg

新鮮な魚介をリングイーネのカルトッチョに仕上げます。
そのほか、ナポリ風コロッケに詰め物をしたイワシのフリット、そしてパスクワ用のカサティエッロ。
d0041729_1273392.jpg

d0041729_1274922.jpg

カサティエッロの中には贅沢にもサラミとチーズがゴロンゴロンと入っています。
d0041729_128047.jpg

今回は、パスクワ用にゆで卵をトッピング
d0041729_1271727.jpg

コロッケもいろいろ。
d0041729_1302889.jpg

マリーサ、ありがと~。久しぶりのマリーサの料理に舌鼓。
そんななか、、、ゴメンよシエキチ~。。。。やっぱり2日目の夜は17時にバタンキューです。
d0041729_1313640.jpg

美味しそうなアクアパッツアを食すことなく撃沈。。翌日の朝にカサティエッロとコロッケを美味しいと食べてました。。翌日もマリーサの料理レッスンです♪
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-06 01:24 | 2014春のローマ&ナポリ | Comments(2)
ところで、、、
以前から、ヨーグルトに対するイタリア人の発想って、なんとも不思議~、と思うことが多かったのですが。。。
今回、こんなものがステイ先の朝食に出てきました!
d0041729_1739539.jpg

シュトゥルーデル味(笑)。

コーヒー味とか、以前から、どうなの??と思っていたのですが、こんな味まであるとは!
ちなみに、シュトゥルーデル味は、リンゴと、パイ生地をくだいたようなものが入っていて、なかなか美味しかったです。

d0041729_23285137.jpg
大好きなこのご夫婦に、また来るね~。と約束して、マルコポーロ空港へ。

ヴェネツイアからナポリまで飛行機で。そして、ナポリ駅前から高速バスでカラブリア州のカストロヴィッラリという街へ向います。
途中、ナポリではバスの時間まで4時間あるので、駅の荷物預けにスーツケースを置いて、ナポリの友人、トーニャとレジーナに遊んでもらいました。
Fratelli La Bufala という、水牛のモッツアレラと、ナポリピッツアのお店でランチ。
しかし、、あまりにも騒々しくて、会話が大変。。ピッツアもミケーレの方が美味しいかも。

場所を移動して、レジーナのお気に入りのバールへ。
今日は夕食を抜きにするつもりなので、カッフェのほかに安心してババも食べちゃいました。
大好きな、ガイオディンのチョコも買って、つかの間のナポリ滞在を楽しみました。

それにしても、、今回、北イタリアの優美な街からナポリへ移動したので、あまりのギャップにビックリ!
この喧騒・カオス、、、この摩訶不思議な高揚感はいったい? 
そうだった、ナポリ。こんなイタリアもあったっけ。。(笑)。

午後4時すぎ、高速バスに乗るために駅に戻ろうとするも、道が大渋滞!
駅に預けたスーツケースもピックアップしないといけないし、それに、、バス停の場所が変わっています。
1日1本しかないバスに乗り遅れるかと思った。毎回、ナポリ駅前ではシエキチと二人で大荷物持って走っている気がします。
今まで、駅にある赤い看板の本屋 fertrinelli の前がバス停だったのですが、現在、駅前工事のため、Hotel cavor(ホテル・カブール)の前に停留所が移動しています。
近々ナポリから高速バスを利用する方はお気をつけくださいね。

5/12(土)新宿のドリーミサロンでのイベント開催のご案内です。
詳細・お申し込みはこちらから ドリーミアクラブ
ご参加お待ちしております♪
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-18 17:47 | 2012春のイタリア | Comments(0)
アマルフィのホテルをチェックアウトして、むかった先は、、、

パスタ発祥の地、グラニャーノ!
私たちが訪問したファブリカ・デッラ・パスタ社はカンパーニャ州グラニャーノにて、3世代に渡り家族経営で高品質なパスタを作り続ける小規模な生産者です。イタリア産の最高のセモリナ粉を原料とし、山から流れでる清水と、伝統的製法でゆっくり乾燥させている、職人技のパスタ。

見学する前に、、こんな給食当番風に着替えます。
d0041729_23492088.jpg

みなさんの人権を尊重するため、お生徒ちゃま方はぼかしてみました(笑)。

d0041729_23522490.jpg

星型やハート型の大きなパスタなど、オーナーのファンタージアでいろんなパスタが作られています。

みんな、ニコニコでお仕事。パスタを説明してくれたお姉さんも、すっごくパスタが大好きで、目をおお~きく開いて熱く説明してくれました。ほんと、今回出会う人たち、みんな笑顔が素敵なの。
パスタを作っているところの写真はNGですが、袋詰エリアでみんな写真とりまくり。

d0041729_001486.jpg
d0041729_23563010.jpg

手作業で袋詰めをしていました。

シエキチには最後に星型パスタをネックレスにしてくれました。みんな、子どもにとっても優しいの。
今まで、いろんな南イタリアへ行って、北イタリアより子どもに優しいことは実感していたのですが、カンパーニャは特に子どもに優しいです。(・・って、前にもカンパーニャでそう思ったわ)
d0041729_003562.jpg


工場を見学した後は、パスタを試食♪
発砲性の赤ワインとサラミをいただき、カッカヴェッラという珍しいパスタのオーブン焼きをいただきました。
d0041729_08228.jpg

詰め物用のパスタですが、とにかく大きい。立派な器です。一人一個。
ラグーとリコッタ、モッツアレッラをあわせたものを詰めて焼いたソレント風でいただきました。
パスタがモチモチで美味しい。
d0041729_083631.jpg

器とセットで売っていました。しかも安い。
2名さまがご購入♪ 
器セットだと重いな~、と私は買いませんでしたが、
ああ~、私も買えばよかったと後悔。。これを買うためにまた行こうと、かなり本気で考え中デス。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-04-30 23:50 | 教室ツアー2011 | Comments(0)
昼はポジターノであんなに食べたのですが、、
アマルフィへ戻ったら、この店へ行かねば・・・。
ええい、お腹はいっぱいだけれど、一食入魂!!

アマルフィで美味しいお店、と教えていただいた海岸通りにある、Lido Azzurroへ。
海の上にせり出したテラスがある雰囲気の良いお店です。

d0041729_22485622.jpg

お店の方に、「外にする?中にする?」と聞かれて、迷わず 「外で!!」と応えたものの、、、

さ、、寒っ!! ぶるぶるっ!!

セコンドは中にお席を変更していただきました。ワガママな客でごめんなさーい。
夏は外で食べたら気持ち良さそうなお店なのですが、まだちょいと寒かった。。。

とっても寒かったけど、誰も文句ひとつ言わず、楽しいお話に夢中。ほんとにほんとに、良いメンバーでした。
ありがとうね。
d0041729_22491562.jpg


いわしとモッツレラのフリットに、トマトとプロヴォラフリット。
イカのパッケリに、魚介ソースのシャラテッリ
セコンドはアクアパッツア。
本場のアクアパッツアは、あさりも入らない、本当にシンプルなもの。

美味しかったけど、シエキチは前菜でパタリと電池ぎれ。おかわいそうに、、、夜中にお部屋でインスタントの雑炊を食べさせてあげました。

翌日は、グラニャーノのパスタ工場を見学してからポンペイへ。そして最終地点、魅惑のヘンテコスポット、ナポリへむかいます。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-04-28 22:57 | 教室ツアー2011 | Comments(0)
旅行記、中断しておりましたが、、戻りマース。

朝、アマルフィからバスでラヴェッロへ。かな~りクネクネした道を上まで上がります。でも、今回、私たちのバスを最終地ナポリまで、ずっと運転してくれていたダニエーレは、すんごい安全運転。断崖絶壁での運転も、私はかなり安心して乗ることが出来ました。以前に乗った公共バスの運転は絶叫マシーンだったのでね。。。
ナポレターノな彼なのですが、時間にも正確で、朝は、渋滞するといけないから、と1時間も早く待ち合わせ場所で待機しています。
「絶対イタリア人じゃないよ!スイス人でしょ!」と言う私に、最初は、「イタリア人だよお~」と言っていましたが、最後には「オレはスイス人だからね」って言ってました(笑)

ラヴェッロののヴィッラ・チンブローネのテラスからは、アマルフィ海岸が続く様子や、海と空が無限に続く景色を観ることが出来ます。
d0041729_19115785.jpg
d0041729_19122223.jpg

d0041729_19123512.jpg


こんなところでお昼ねできるネコちゃん。幸せだにゃあ。。と言ってるのかしら。羨ましいわ。

お次はエメラルドの洞窟へ。昨年の秋は海沿いにモーターボートで行きましたが、春はまだ船が出ていないので、洞窟の上にあるエレベーターを降りて行きます。
洞窟の中の写真は撮れていなかったので、良かったら昨年の秋のブログでご覧くださいね

船頭に「スゴイ~、チョースゴイー」とヘンな日本語を連発されて気分台無しなんですが、なかなか楽しめます。カプリ島の洞窟とはまた違った感じですので洞窟めぐりも良いかもですよ。

さあ、次はお楽しみ、ポジターノでランチ~。
d0041729_19252230.jpg

d0041729_19281380.jpg

細い路地と階段が続く小さな街。両脇には素敵なお洋服のお店がいっぱいです。夏だったら洋服買いたかったのですが、ビーチ用のドレスばかりなので残念。

さあ、魚介三昧のランチの始まり!
トマトとルッコラのブルスケッタに
d0041729_19382870.jpg
いわしのマリネ
d0041729_19384196.jpg
タコのサラダ
d0041729_19385979.jpg
魚介のフリット
d0041729_19391262.jpg
ファランギーナを飲んで~。
d0041729_19392688.jpg
パスタを4種類頼んだら一人分づつ分けてきてくれました!
海老とズッキーニのローズペタル
魚介のリゾット
イカスミのスパゲッティ
ペスカトーレ
d0041729_19393641.jpg

d0041729_19395251.jpg

南イタリアへ行くと、みんなに抱っこされるシエキチ。シェフと一緒に。
d0041729_1940784.jpg

d0041729_194282.jpg

ふう、、美味しかったあ。
帰り、陶器のお店へ連れて行ってもらい、買い物スパーク。
またアマルフィへ戻ります。
d0041729_2013024.jpg

[PR]
by cibiyukiko | 2011-04-27 19:16 | 教室ツアー2011 | Comments(0)
日曜日の夜、パガーニの近くにある、山の上の小さな村でお祭りがあるということで、パパとマンマが車で連れて行ってくれました。

村の中心には、さして広くもない長い通りが1本、本当に小さな村ですが、昔ながらの居住スタイルで、ほとんどの家の玄関がアーチをくぐって中庭に入り、それを囲むように作られた長屋??のような可愛らしい家。

そしてこのお祭りのすごいところは、、、
街を歩く人たちが、大人も子供も中世の衣装なら、、
d0041729_16392396.jpg


なんと、屋台の人たちもみんな中世の衣装を身に着けているんです。
d0041729_16311298.jpg

染料を売る人。
天然の染料を使って、昔ながらの方法で染色のデモンストレーション。
d0041729_16343578.jpg

全てがまるで映画のセット! 全て、ホンモノの人がやっています。

d0041729_1636985.jpg

お菓子屋さん! どれも美味しそうだけどお腹いっぱいで食べられません~!!後で買いますっ!!

d0041729_16401322.jpg

このおじさんなんて、ほんと、映画のワンシーンのようでした。

家の中を開放している家もあり、中にはこんな子供達がオブジェのように座っています。
d0041729_16444099.jpg

d0041729_16453811.jpg

携帯をいじっていた今どきの女の子ですが、カメラをむけるとこの笑顔♪ カワイイ!

d0041729_16493498.jpg

この屋台では、トミーノや、モッツアレッラをレモンの葉で包んで焼いていたので、興味深そうに私がじいっと見ていると、パパがチーズの盛り合わせを買ってくれました(笑)。そして、満腹のお腹にまたチーズを収めたのでした。
屋台で売られていたのは、パスタ・エ・ファジョーリなどの素朴な家庭料理から、ナポリの伝統菓子、ストルッフォリの屋台、豚足ならぬ、茹でた牛足の屋台などなど、、うわーん、どれもこれも食べて見たかった。。
胃をあと3つくらい持っていかないとダメだわ。
アーチェリーなどの遊びをする屋台では、中世の騎士の衣装を身につけさせてくれます。重そ~。

こうして夜の12時過ぎまで、人々の笑い声や音楽が響くこの街を行ったり来たり、、、そぞろ歩きを楽しみながら南イタリアの夜はふけてゆきました。

明日は、アマルフィへお散歩に行きます☆
[PR]
by cibiyukiko | 2010-09-28 16:53 | 2010カンパーニャ | Comments(0)
マンマと一緒にお料理を作って、3時頃までたっぷり食べた後ですが、、

夕方から、おうちの近くにある、レジーナの叔母さんが営むトラットリア&ターヴォラカルダ(お惣菜屋さん)へ。

ナポリの南、パガーニという町で、トラットリアを経営 しつつ、料理教室を営むティルデさん。
今年の2月には、「クロワッサンプレミアム」で彼女の料理の特集が組まれ、9月28日にはマガジンハウスから「わたしのパスタはマンマの味」という本も出版されたばかり。
地元のみならず、最近では日本でも活躍中の料理研究家です。

お会いしてお話していると、頭の中に、ものすごい勢いで次から次に料理へのアイデアが浮かんで、それを反映させているのがわかります。お店のメニューの中には、日本に滞在した時、都内のパン屋さんで食べたクリームチーズ入りのパンに感銘を受けて、それをイタリア風にアレンジしたメニューなんていうものも(笑)
とにかく、そのエネルギーに圧倒される、非常にパワフルな女性です。

2名以上で、料理教室も開催してもらえます。
d0041729_2240643.jpg

厨房で作っているところを見せていただきました。
d0041729_22501548.jpg

こちらは、ゆで卵やサルシッチャをパン生地で巻いて焼くチャンベローネ。
d0041729_22401517.jpg

ナポリ風のコロッケにカルツオーネ、フォカッチャ、アランチーニ、チーズ入りのトルタ、、、
d0041729_22402339.jpg

ナポリの郷土野菜、フリアリエッリと、私が気に入ったイタカボチャのペースト入りフォカッチャなどなど、、いろいろ片っ端から試食させていただいちゃいました。どんだけ食べているんでしょっ。(汗)
南イタリアのこういったストリートフード系、大好きなのです。本日はワインではなく、イタリアビール、ナストロ・アズッロにて。

どれも、ほかのターボラカルダより断然美味しいです。町で一番人気だというのも納得のお味。
この店は、入れ替わり立ち代り、大勢のお客さんが出入りしていました。夜遅くなると、もっとすごいのだとか。

ティルデさんのトラットリアでの料理教室、お問い合わせは直接ZENZEROへ。ユキキーナのブログを見たとお問い合わせください。日本語OK
実は、今回ステイしている、レジーナと、その友人のトーニャが日本での滞在、仕事経験を生かして昨年立ち上げた会社です。
ナポリ近郊でのホームステイ、アマルフィへのツアーガイドなど、オーダーメイドの旅を、心からおもてなしの気持ちで企画してくれる会社です。

ふうっ、、美味しかった♪
お腹いっぱいになった頃に、ステイ先のパパとママがお迎えに来てくれて、山の上にある小さな村で行われている素敵なお祭りへ連れて行ってくれました。ありゃ~、また何か食べちゃうんじゃないの~??(汗)
[PR]
by cibiyukiko | 2010-09-27 22:30 | 2010カンパーニャ | Comments(5)
イタリアの日曜日といえば、、家族で囲む食卓。
そして、
昔は、日曜日ということを忘れて、食料や飲料水を確保するのを忘れて飢え死にしそうになったこともありましたが、最近では大都市では日曜日に開いているお店も増えてだいぶ便利になってきているようです。行くたびに日曜日がどんどん活性化されて驚いてしまうのですが、、、

サレルノ郊外のこの町。
お店はすべーて本気でクローズ!!
公共の交通機関ももちろん本数激減。

ということで、日曜日のお昼はマンマにお料理レッスンを御願いしました。

d0041729_9381649.jpg

楽しそうにお料理をする、マンマ・カルメラ。

d0041729_9415627.jpg

じゃがいもを使わない、ナポリ風ニョッキ。つるんとした食感と、粉の甘みが美味しかったです。
レンタル中のエプロンが服にミスマッチなのは許して。
d0041729_9374058.jpg

d0041729_9464521.jpg

↑2時間かけて、柔らかく火を入れたこの鶏肉は絶品! コツは火加減のみ。
d0041729_9465413.jpg

トルタ・カプレーゼは何度も作っていますが、それぞれ、家によって微妙に違うのがおもしろいです。
[PR]
by cibiyukiko | 2010-09-27 09:50 | 2010カンパーニャ | Comments(0)
チェターラからバスで10分、ヴィエトリに戻ってきました。
d0041729_0362826.jpg

陶器屋さんが、道の両脇にずらりと並んでいるのを見ただけでも血液中にアドレナリンが放出されたことを感じます(笑)
d0041729_0363974.jpg


可愛いっ! 安いっ!!

写真に写っている↑ この鏡がトイレに欲しい!! と思ったのですが、さすがに重いし、割れるのも怖いので諦めて、お皿をいくつか購入。
未練たらしく、欲しかった鏡を写真におさえて撤退。

やっぱり欲しかったら、また来年の春に買いに行こう。。いやっ、無理だよ、重いよ。。(汗)こうしてブログを書きながらも未練たらたらデス。

さて、ヴィエトリからまたバスに乗って、おうちへ帰ります。
マンマ~、今日のごはん、なあに~??

ズッキーニのペンネと、
インヴォルティーニ,
コントルノにはズッキーニのスカペーチェでした。
豚肉でプロヴォーラチーズを巻いたインヴォルティーニには、これでもかってくらい、楊枝がささっていました。イタリアの家庭って、どこの家もインヴォルティーニを作るとき、どうしてこんなに刺しちゃうんだろう(笑)。
d0041729_048349.jpg

パン粉をつけて揚げたヴァージョン。美味しかったです。

食後にはまたノチーノをぐびっ。。
[PR]
by cibiyukiko | 2010-09-26 00:42 | 2010カンパーニャ | Comments(2)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
なおねこさんもワンコアン..
by cibiyukiko at 18:40
オストゥーニだ(๑•ᴗ•..
by なおねこ at 11:45
> casadelsol..
by cibiyukiko at 23:58
> pom姉さん いつ..
by cibiyukiko at 23:56
ADがんばります(笑)
by casadelsole at 23:28
ホタルイカまで参加しまし..
by pom姉 at 21:12
ありがとう!! ソムリエ..
by cibiyukiko at 14:28
遅ればせながら お誕生日..
by olive-felice at 20:58
> 2005-1127さ..
by cibiyukiko at 11:46
お誕生日おめでとうござい..
by 2005-1127 at 06:09
*ファン*
*ブログジャンル*