「ほっ」と。キャンペーン
タグ:リスボン ( 7 ) タグの人気記事
「カルネ・デ・ポルコ・アレンティジャーノ」(豚とあさりの煮込み)を作りたい、とリクエストをお伝えしていました。
今日は、そのほか、ポルトガルらしい魚介の煮込みやお米料理など、豪華です。

カルネ・デ・ポルコ・アレンティジャーノは、踏み絵的なお料理だそうで、
昔、ユダヤ人やイスラムの人が豚肉を食べることが出来ないため、見分けるために作った料理なのだとか。
ヨーロッパでは、宗教が料理の発展に影響していることを感じることがよくあります。
d0041729_16214843.jpg

豚とあさりを一緒に煮るって、なかなかありませんが、所変われば、、ですね。
この豚肉の下味に使っているパプリカペースト、今思えば、カラブリア風のパプリカペーストに似てる!
日本では、、、新潟の、、あの食材に似ている気がします。代用出来そう。

お肉が本当に柔らかくて、味もよく入っていて、美味しくできました♪
d0041729_1622351.jpg


お豆と魚介の煮込みは丁寧にだしを取ります。
コリアンダーをこんな形にして、ポンっとお鍋に入れてだしをとります。
d0041729_16222313.jpg

本当に、ポルトガル南部ではコリアンダーをよく使うのです。
江戸時代に、「コエントロ」という名前で持ち込んだのもポルトガル人だそうですが、日本ではあまり使われていないですよね。私にはタイ料理のイメージが強いです。
d0041729_16223875.jpg

これ、美味しすぎました! 
教室でも作りたい♪ そのうち、番外編、ポルトガル料理レッスンの日をやろうかと思います。

アローシュ・デ・バカリャウ。(塩鱈のリゾット)
d0041729_16224861.jpg

日本でバカリャウはなかなか手に入りませんが、あるもので代用できます。

ポルトガルでお料理を習ってみると、中世以降の日本との関わりをいろいろ知ることが出来て面白かったです。
世界は広いけれど、海で全て繋がっているんだな~、、、、と料理を通してロマンを感じました。

この日は、レッスンが終わる頃に姉とシエキチもお店へ試食に来ました。
3人分のテーブルと飲み物を用意してくださり、一緒に夕食に。こういった配慮にも本当に感謝です。
講習会のお値段が安すぎて申し訳ないくらいです。。。
美味しく楽しい料理レッスン、ありがとうございました。また行きたいです!

4泊5日、と短い日程ですが、リスボンの食事を楽しめました。まだまだ食べてないものがたくさんですけどね。
そして、国民性については、まだ謎です。
とりあえず、初対面の私にむかって、
「どうだい?オイラんとこの〇△はうんめーだろ~!!」的な、少々強引で自己主張の強いイタリアーンなノリはどこへ行ってもありません。
「美味しいです♪」と怪しいポルトガル語で伝えると
「にっこり」と笑顔が返ってくるだけで、まったく押し付けがましくないのがポルトガル(笑)

そして翌日、私とシエキチはヴェネツイアへ。姉はポルトガルに残って、ポルトやファティマへ行くということでここでお別れ。胃袋を一緒に分けてくれてありがとね~。
さあ、旅のアンティパストは終了。次はメインが盛りだくさんなイタリアです。
早速、ヴェネツイア空港に到着した瞬間から、イタリア人の熱~い洗礼を受けるのでした~。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-10 20:15 | ポルトガル | Comments(2)
4日目の朝、リベイラ市場へ行ってみました。
この黒い魚、顔が怖いんですけど、、、どうやって食べるんでしょうね?ご存知の方いらっしゃいます?
d0041729_1351534.jpg


ケーブルカーに乗ってうろうろしたり。。
d0041729_137348.jpg

ポルトガル、年齢層が高いです。お年寄りがいっぱい。
坂が多くて、住みやすくはなさそうな街ですが、あちこちで、お年寄りに手を差しのべて助ける光景が。
ポルトガルって、さりげない、控えめな親切の国だなあ、、と思います。
押し付けがましい親切と、オーバーアクションなイタリアに慣れてしまった私には少々物足りなさも感じますが、落ち着いてゆっくりできる街です。の~んびり旅行したい人には良いところかも。
私と娘と別れてから一人でポルトガルを旅行していた姉は、各地でたくさんの親切に出会ったそうです。

サンジョルジュ城などなど、リスボン市内をお散歩した後は、
お昼は、ロシオ広場の裏手にある、鶏料理が美味しいと評判のボンジャルディンへ。
あまり活気が感じられないリスボンですが、この店は大繁盛! お店の人も忙しそうで、勢いがありすぎて、なかなかオーダーが出来ません。

まずは、サングリアを頼んで乾杯して、鶏とおコメのスープ「カンジャ」。
家庭料理の定番らしいです。どことなく、中華粥のような、韓国料理なような。。。
地味深い味わいです。
d0041729_13211073.jpg

他の席を見渡すと、みんなが食べているのはローストチキン。
3人で小さめの鶏を1羽、丸ごとでいただきました。
d0041729_13271668.jpg

こういうシンプルなローストの時は、シエキチもかなりの戦力となるのですが、、フライドポテトの量が半端ないです。。

こちらのおじさまは、お店のオーナーかな?イタリア人レベルでシエキチに絡んできました(笑)。
d0041729_13241319.jpg


さて、お腹がいっぱいなのですが、、お料理習いに行ってきます。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-10 19:51 | ポルトガル | Comments(0)
待ってました~。お料理レッスン。

ただの観光旅行にあまり興味がない私。到着したのが土日で、レッスンがなかったため、うまい具合にちゃんと観光も出来ました。そうでなければ、毎日料理を習って終わっていました。。(いえ、お姉さま、おかげで観光もちゃんと楽しかったよ)

カステラ・ド・パウロ
ポルトガル人の菓子職人、パウロさんと、日本人の奥様、智子さんが営むお菓子屋さんです。
d0041729_17192836.jpg

こちらの厨房で、お菓子とお料理を教えていただきました。
数年前にネットで見つけ、いつかお菓子と料理を習いに行こうとお気に入りにストックしていました。本当に行けて嬉しい!

d0041729_17134040.jpg

カステラの原型と言われるパオン・デ・ロー。
ポルトガルの地方によって、形や火の通り具合など、違うのだそうです。
今、半生カステラと呼ばれて流行っているのは、このお菓子だったのかな? 
まずは、手作業で紙を折って、パオン・デ・ローを入れる箱作りから。素朴で温かい入れ物が出来ました。
材料はごくシンプル。卵をしっかり泡立てて、紙を敷いた器に流して焼き上げます。
オーブンからあまーい香りがしてきたら取り出し、焼きたての茶色い部分をめくってみると、ふわ~。軽くてふんわり、しっとりと柔らかく、中は少しとろりとしています。
d0041729_17262255.jpg
見ただけで美味しそう!しかも、これが非常に簡単!!足はボロボロに疲れていましたが、幸せ~。

レッスンで作ったものを2つ持ち帰り、この素焼きの器もいただきました。日本でも簡単に焼けそうです。
焼きたてと、翌日ではまた違った味わいということで、翌朝の朝食にしました。どちらも好きな食感!

お料理は、これも作ってみたかったバカリャウのコロッケ
d0041729_16255096.jpg
イタリアで何度もバッカラの料理を作っていますが、これはポルトガルらしい感じ。
身のほぐし方も、独特でした。
d0041729_2227482.jpg

ふきんに包んでゴシゴシして骨をあたります。
豆のサラダにパプリカのマリネ。黒オリーブのマリネなどなど。どれも野菜たっぷりでほっとする味わい。
コリアンダーをいろいろな料理によく使っているのが印象的でしたが、コリアンダーもオレガノもリスボン以南でよく使われます。ポルトガル北部はあまりフレッシュハーブは使われないそうです。

旅行中、どこのお店で食べるものより、やはり家庭的なものが一番美味しいと感じてしまいます。
作った後に、お店のテーブルでワインと一緒に試食させていただけるのですが、
今回、姉とシエキチがホテルにいるので、たくさんお持ち帰りさせていただき、お部屋でワインと一緒に楽しみました。ポルトガルに来て、何かが足りないと思っていたのはコレだった。「現地の料理を体験して楽しむ喜び!」
明日のレッスンも楽しみ~。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 17:29 | ポルトガル | Comments(2)
今日は17時から楽しみにしている料理レッスン♪

それまで、電車に乗って観光へ出かけます。
シントラでペーナ宮殿、ムーア人の城壁へ。帰りはロカ岬経由のバスでリスボンへ戻ります。
ほっ、今日は普通に電車、市電、バス、ケーブルカー、地下鉄が動いています。

普通に運行しているだけで喜ぶという状況、日本では考えられませんけどね、こんな状態にもイタリアでずいぶん鍛えられているので平気です!(その後、滞在中に、フェリーのストライキ、ケーブルカーの故障で2日間ストップなど、、いろいろ止まっていましたけど・・・)
交通機関、けっこうイタリアより悪いんじゃあ????

ガイドブックで見た交通運賃と、実際がだいぶ違ったのですが、どうやら景気悪化のため、今年に入ってから2回も料金の値上げがあったそうです。日本も他所のことは言えませんが、どこも大変なのねえ。。

d0041729_16361172.jpg

シントラ駅に到着。
ポルトガルは町のあちこち、普通の家や駅、いろいろな建物が素敵なアズレージョ(タイル)で装飾されています。シントラ駅の窓口も素敵でした。

シントラのペーナ宮殿、実はとっても高い場所にあります。ユネスコ世界遺産の『シントラの文化的風景』の一部として登録され、ポルトガル共和国大統領と外国からの賓客の公的行事の場として使用されているそう。
内部の装飾なども立派でした。
d0041729_1646374.jpg

ムーア人の城壁も、すごく高い場所に、万里の頂上のような城壁が続きます。
d0041729_1648225.jpg

よく歩きました。疲れてボロボロですが、、、この後、楽しみにしていた料理レッスンです♪
姉とシエキチはホテルで休憩。。(案の定、シエキチはそのまま朝まで寝てしまいました。。。)
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 16:31 | ポルトガル | Comments(0)
とりあえず、ナタも食べたし、ベレン観光。ジェロニモス修道院→ベレンの塔→発見のモニュメント→馬車博物館へ。

ポルトガルというのは、15世紀に始まった大航海時代の中心的役割を果たした国。
当時の栄華がこの辺りの建築にも現れています。
細かい細工やステンドグラスが豪華なジェロニモス修道院は、その建築費の多くはヴァスコ・ダ・ガマが持ち帰った香辛料の売却による莫大な利益によって賄われ、その後も香辛料貿易による利益によって賄われたそうですよ。 黒コショウ御殿ってところでしょうか(笑)。
d0041729_13485536.jpg

d0041729_13492190.jpg

d0041729_14225861.jpg
d0041729_13511473.jpg

黄金の国、ジパングは、1541年に見つけられちゃいました~。

インド航路を開拓したヴァスコ・ダ・ガマに、ポルトガル王によって日本に派遣されたフランシスコザビエル、、、
なんだか、中学校の歴史教科書を思い出すようなことがたくさん。
カステラに金平糖も、この頃にポルトガルから伝わったものですが、実は、卵を食べる習慣は、この頃にポルトガルから日本に伝わったそうですよ。ポルトガルって、卵を使ったお菓子やお料理がたくさんあるのです。
というか、、むしろ卵だらけ。。。

さて、カスカイスというリゾート地へ向かいます。お昼ごはん~♪
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 13:56 | ポルトガル | Comments(0)
ようやく、なんとかたどり着いたベレン。
市電もバスも来なかった理由が、ベレンに到着してわかりました。

「ベレン市民マラソン!!」のため交通規制。すごい人、人、人です。
d0041729_10264151.jpg

(発見のモニュメント前だってランナーたちに囲まれてこの有り様・・・)

いや~ん、、、教えてよ~。
誰に道を聞いても、バスや市電について聞いても、「今日は来ないよ」と言うだけで、理由を教えてくれないのです。
イタリア人だったら、余計な情報をいろいろ教えてくれそうなのに(それもどうだか、、)、ポルトガルの人は、聞いた質問に対して、「来ない」という事実のみを、表情を変えずに教えてくれます。
親しくなるまで余計なことを言わない国民性なのでしょうか。
それに、停留所に「3月25日、マラソン大会のため運行休止」とかの表示も全くナシ!!
交通機関がストップしている理由を知っていれば納得したのに。。

まあ、とにかくたどり着いたので、気を取り直して、パスティス・ディ・ベレンへ。
お店はいつも混んでいて、並んでいる、と聞いていたのですが、ガラガラです。
どうやら、誰も、この交通規制の中、ベレンへ辿り着けなかったものと思われます。執念でたどり着いた私たち(笑)。
d0041729_1032677.jpg

これがパスティス・ディ・ナタ。小さいので一人2個づつね。

皮が、驚くほどパリッパリ!!!思っていた以上のしっかりめな歯ごたえです。
 ナポリのスフォリアテッラの皮をさらにカリっと、、、いや、バリッ!させた感じで、中のとろっと甘いクリームとのコントラストが抜群!
おいし~。これを食べにリスボンまではるばるやって来たのよ~。
今まで食べていた、どれとも違います。
しかし、、、、、、、この皮を気に入ったシエキチ。なんと私のナタちゃんの皮の部分だけを食べてしまったのです!!
半分食べたあたりで、全ての皮をヤツに剥ぎ取られました。ぐっすん(涙)
さすがにリスボンまでは人生でそう行けないので、少々心残りでしたが、追加オーダーはせずに諦めました。
これからイタリアで死ぬほどカロリー取りますのでね。ここでスパークしている場合じゃありません。

甘い×甘い飲み物になってしまいましたが、ポルトガル式ミルクコーヒー、ガラオンと一緒に。
d0041729_10412363.jpg

美味しいのですが、甘すぎる組み合わせ。お薦めしません×××。紅茶にすれば良かった。。

作っているところも見られます。
d0041729_1043759.jpg

のんびり、ナタを食べてお茶していたら、マラソン大会が終わった模様。
今度はお店もすごい人!! お疲れには甘いものですものね~。
d0041729_10435951.jpg

d0041729_10442117.jpg

日曜日の午前中は、ベレン市内の博物館や修道院は入場無料、とのことで、14時までにいろいろ入ってみます。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 10:37 | ポルトガル | Comments(2)
今年は暦上、娘の学校の春休みが長かったので、恒例の春のイタリアにポルトガルをプラスしてみました。
日程が長く取れるときは、近隣の国をどんどん攻めて行きたいな~、、と思っております。

d0041729_9353440.jpg

リスボンは坂が多く、どこへ上ってもミゲル君が消臭力~♪ と歌っていそうなこんな景色。オレンジの瓦屋根が続く、おだやかで素敵な街です。なんと気温24度!! 出発時、東京の気温は10度でした。。

さて、ポルトガルへ行ってみたいと思った理由は、、
本当のエッグタルトを食べてみたい!
ポルトガルの家庭料理を習ってみたーい。
 この2つ。

どちらもバッチリ叶えてまいりました。

今回、娘と二人で行く予定だったのですが、急遽、出発直前に姉が参戦。私たちが手配したキッチン付アパートホテルに姉が転がり込んできました。2DKでお部屋もゆったりだったため、来ない~?と勧誘したところ、フットワーク軽く、本当にやって来たのでした(笑)。
シエキチと二人では食べられる量が限られてしまうので、大歓迎!!リスボンの4泊5日だけ一緒にすごします。 

到着翌日、早速、旅の目的「パスティス・ディ・ベレン」を食べに行きます♪
パスティス・ディ・ナタというのが、日本で言うエッグタルトのこと。でも、日本で食べられるものとは、全くの別物です。ベレンという街にあるお店のものがリスボンで一番美味しいと言われています。

まずは、市電でカイス・ド・ソドレへ。その後、電車でベレンに向います。

・・・・・ところが、、、、カイスドソドレ行きの市電が来ません。
日曜日だから?? いいえ、時刻表には日曜日もちゃんと載っています。
???
d0041729_1016061.jpg

( ↑ 何よ、この子、今日は行かないよ、ですって~。フィゲイラ広場にて)

他のルートの運転手さんに聞くと、今日はカイスドソドレへ行く市電はないからバスに乗れ、と言う。
なんだかよくわからないけど、バス停を探してバスを待つものの。。。。バスも来ない。
他のバスの運転手に聞くと、今日はバスも出ないとのこと。
??????????
なんだあ!? イタリアよりいい加減!! ちっともわかんなーい!!

15分で到着するはずのカイス・ド・ソドレ駅まで、約2時間迷ったあげく、地下鉄で移動。
頭に来て、途中でご当地名物、さくらんぼのリキュール「ジンジーニャ」を飲んで、左:パスティス・ディ・バカリャウ(干し鱈のコロッケ)と右:Rissol(えびクリームコロッケ)をつまんじゃいました。シエキチはマドレーヌのようなお菓子、「ボウロ」
d0041729_9523265.jpg

おお~、どれも美味しいじゃないの~♪ バスも市電も止まっていたって、誰も何も教えてくれなくたって、食べ物さえ美味しければご機嫌に。

ジンジーニャとは、黒さくらんぼの実を漬け込んだリキュールで、ポルトガルでポピュラーな甘めの食前酒。広場のあちこちにジンジーニャだけを立ち飲みで楽しむバールがあり、おじさま方が集っています。
1杯、1ユーロ。小さなグラスに注いでくれて、さくらんぼの実もゴロゴロと入っています。
d0041729_1045648.jpg

d0041729_105844.jpg

ちょっと憂いを帯びたおじさまの眼。哀愁が漂うポルトガル、


朝からこんなことしているから、目的のパスティス・ディ・ベレンを食べる前に、いろんなモノが胃に入っていきます~。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 09:48 | ポルトガル | Comments(2)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
ありがとう!! ソムリエ..
by cibiyukiko at 14:28
遅ればせながら お誕生日..
by olive-felice at 20:58
> 2005-1127さ..
by cibiyukiko at 11:46
お誕生日おめでとうござい..
by 2005-1127 at 06:09
だよね。バーニャカウダに..
by cibiyukiko at 19:15
バーニャカウダにはバルベ..
by latavolasiciliana at 02:47
ありがと~。一回Fbにア..
by cibiyukiko at 17:27
おかえりなさい~♪旅行記..
by pompelmo-24 at 22:44
roma猫さま お問い..
by cibiyukiko at 21:38
いつも楽しみにブログ拝見..
by Roma猫 at 20:58
*ファン*
*ブログジャンル*