タグ:ヴェネト ( 8 ) タグの人気記事
d0041729_11524180.jpg
2016イタリア旅行記、最終地点、ヴェネツイアへやってきました。
酒好きの友人と、ヴェネツイアバーカロめぐりをするためです。

フィレンツエでガッツリ食べてしまったビステッカがまだお腹の中にドカンと居座っているんですが、、とりあえず、ヴェネツイアの季節モノ、モエッケを食べに、トラットリア・ディアボロ・エ・アクアサンタへ

d0041729_12124834.jpg
1年のうちに春と秋の2回だけ、それぞれ2週間程度しか味わうことの出来ない幻の蟹、モエッケちゃん。
ラッキーなことに、前回ヴェネツイアへ来た時には春のその季節、今回は秋の季節に当たりました。取り扱っているお店も少ないのですが、この店はいつも扱っているのでヴェネツイア1食目、迷わず直行。
d0041729_11540428.jpg
脱皮したばかりの柔らかい蟹を、生きたままとき卵の上に一晩置き、卵を吸わせてふっくらしたところをカラリと揚げて食べちゃおうという、なんとも喰い辛抱のイタリア人が考えたっぽい料理。残酷~といいながら食べちゃいますよ。それと、ヴェネトの名物パスタ、ビーゴリのアンチョビソース。タマネギの甘味が美味しいパスタです。
d0041729_12021053.jpg
この写真は、以前、ヴェネツイアでホームステイしたときにマンマが作ってくれたモエッケ。卵を吸ってるところです。動いてるの、、、ゴメンね。バーカロは、少しづつ食べて移動するのが楽しいので、もう一軒。ホテルに歩いて戻る途中にある、オステリア・アッラ・ヴェドヴァへ。
d0041729_12165239.jpg
夜のお散歩も楽しいヴェネツイア。のんびり歩いて向います。寒いけどね~。。。
d0041729_12175951.jpg
夜遅い時間だったので、大賑わいのヴェドヴァ。カウンターがすごい人・人・人!!! ちっちゃい私たちですが、無理やりカウンターに近づいてスペースを確保。
d0041729_12184388.jpg
d0041729_12182197.jpg
バッカラマンテカートとポレンタ。ミートクロケット
d0041729_12141518.jpg
タコとポテトのサラダ。やっぱりヴェネツイアの居酒屋めぐり、楽しい!!





[PR]
by cibiyukiko | 2017-02-10 12:21 | ├ヴェネト | Comments(0)
13時に予約しておいたお店ですが、夕方からまた食べないといけないため、前倒しで12時にお店へ行ってみますと、、
お店、、、誰もお客がいません。ガラーン。

d0041729_2344978.jpg

まだ、準備中だった模様。
d0041729_23442325.jpg

お店の人が、「とりあえず、これでも食べてて」と一皿サービスしてくれました。
白アスパラと、ラディッキオのマリネ。

お料理は、夕方のマンマの白アスパラレッスンとかぶらないように、事前にレッスンメニューを確認してから注文。

プリモに、白アスパラのタリアテッレ
d0041729_2346395.jpg

このパスタ、チーズが濃厚で美味しかったあ。。今見てもため息が出ちゃうわ。
セコンドは、肉料理ではなく、シンプルにアスパラガスのグラティナーティ(オーブン焼き)
この街では、この季節、白アスパラがセコンドとして君臨するのです。

甘くて、少しほろ苦い春の味覚といった感じ。これも、シエキチと争うように食べました。
d0041729_2351781.jpg

バッサーノの白アスパラは私たちが行っていた2週間前はまだはしり。本格的な旬は今頃始まった感じでしょうか? 念願のバッサーノDOPアスパラ。味わえてよかったです。
d0041729_92558100.jpg

Ristorante trevisna
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-17 23:59 | ├2012春のイタリア | Comments(6)
ホームステイをしているパドヴァの家からは、ヴェネツイアまで電車で30分ほど。
ヴェネツイアへ行って、そこからブラーノ島でも行こうかな~と考えていたのですが。。。

前日、メルカートに、バッサーノの白アスパラの看板が!
それを見たら、急に「バッサーノ・デル・グラッパ」へ白アスパラを食べに行くことに方向転換!!
その看板を見た日の夜中「そうだ、明日はバッサーノに変更だわ!」と目がパチっと覚めたのでした(笑)。
まったく逆の方向へ30分。電車を降りると、そこは白アスパラの名産地♪♪

以前、バッサーノへ白アスパラが食べたくて行ったことがあるのですが、街へ到着すると「白アスパラは2週間前に終わったよ~」と言われてがっかりしたことがあるのです。
季節ものですからね、この時期にヴェネトへ来ているなら白アスパラは必食です。

美味しいお店も、しっかりダニエーレに教えてもらい、お昼まで街をお散歩。
小さくて可愛らしい街なので、もう一度、来てみたいと思っていたのです。
見所は、街の中心に流れるブレンダ川にかかる橋、「アルピーニ橋」だけなのですが、景色も素晴らしいですし、グラッパ発祥の地としても有名です。
d0041729_23145723.jpg

この橋のたもとに、「Nardini」というグラッパのお店があり、カウンターで飲むことも出来ます。
前回、お土産に持ち帰ったグラッパが非常に美味しかったので、また買おう!と思っていたのです。
が、、、訪れた月曜日はお休みでした。(涙)
仕方がないので、別のメーカーのグラッパ博物館へ。
d0041729_233613.jpg


d0041729_23203417.jpg

広場の角に、ボッテガ・デル・パーネと書かれたなんだか美味しそうなパン屋さんを発見。
のぞいてみると、ここにも、クラプフェンやシュトルーデルといった、オーストリア風のお菓子が並んでいました。そしてヴェネト風のPinza。
d0041729_23231698.jpg

ボローニャ風の同じ名前のものと全然違うので、思わず買ってみました。しっとり、もっちりした、パンプディングのような食感で美味しい。

しまった、、、白アスパラのランチの前に食べちゃった。。
と、、そこへ、AKIさんから電話が。
「バッサーノにいるなら、バッサーノのマンマに、夕方からお料理教えてもらえるかどうか聞いてみましょうか?」とのこと。
「ぜひお願いします~!!」 とお願いしたものの、、、、今、ピンツアを食べたでしょ。で、もう少ししたらランチでしょ、、、夕方から料理レッスン。。はて、入るのか。私。

しかし、バッサーノDOPの白アスパラを食べる機会なんて、次はいつかわかりません。命ある限り、食のノルマは遂行します。
そして、、今日もお食べ地獄な予感。とりあえず、ランチの時間、前倒しで早めに行ってみます。

ところで、、現在、日本にて、某イタリア食材のメーカーさまのご依頼で64種類のパスタレシピを考案中。。
試作用に送られてきた食材でダンボールが山積みに。日本に戻ってもお食べ地獄でした~(汗)
山積みの食材に囲まれながら気分転換にブログ書いてます。。。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-17 23:02 | ├2012春のイタリア | Comments(3)
ロッサーナのレッスンでは、ご主人のダニエーレがテキパキとお手伝い。
そして、料理の由来などをちょっと質問すると、、、ダニエーレがいろんなものを持ってきて、詳しく、熱~く説明してくれます。
そんなわけで、お料理以外にも、ヴェネツイアについて、たくさんの豆知識を教えていただきました。

たとえば・・・ニッコリと笑ってヴェネツイア共和国の旗を持つダニエーレ。
d0041729_22433620.jpg

こんな話を教えてくれました。
ヴェネツイア共和国のシンボルである、有翼のライオンは、前足で本を持ち、平和についてかかれたページを開いています。これは、ヴェネツィア共和国が平和な時代に作られたライオンの姿で、戦争時に作られたライオンは、彫刻、旗、全て、ライオンの手元の本は、閉じられているのだそうです。
ヴェネツイア本島にある軍事施設の扉には、本を閉じたライオンが彫られているのだとか。

いろんなお話を聞きながら、、、途中で、プロセッコが出てきたり、ソップレッサータを切って出してくれたり、、、
d0041729_23534429.jpg

飲んで、つまみながらお料理を作っていきます。

1日目のメニューは、
polpette di carne ミートクロケット
le castraure in tecia カストラウレ
Risi e luganeghe ルガネガソーセージのリゾット
Osei scampai オゼイ・スカンパーイ
zaletti ザレッティ でした。
d0041729_17134966.jpg

オゼイ・スカンパーイというのは、逃げてしまった鶏、という意味のヴェネト方言。
もともとは小さな鶏を使った料理だったのですが、今では牛や豚など、他の肉を使って料理をしているので、「逃げてしまった鶏」という意味の名前になったのだとか。下に敷いたポレンタとよく合います。
美味しいし、楽しいし、、で、もうホント、幸せな夜でした。
明日もこのご夫婦にヴェネト料理を教えていただきます。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-15 22:48 | ├2012春のイタリア | Comments(0)
トリエステから電車で移動中・・・
d0041729_2258213.jpg

イタリア国内での長距離バスに電車移動はシエキチさん、慣れたもの。
スーツケースを横にしてテーブルを作って、、お絵かき。
イタリアで売られている塗り絵、今やっているのは、ファッションモデルのクローゼットの中を作ろう!というもの。塗り絵をした後に、添付のシールでテキスタイルを作ったり、刺繍を入れたり、ロゴを入れたり、、
なんともおしゃれの創造力を発達させそうなノートです。(こうしてイタリア女性は作られてゆくのね)

今日の夜からは、Veneto州パドヴァ郊外にあるお宅に3泊ホームステイして、お料理を教えていただきます。
パドヴァのAKIさんにご紹介いただきました。
お料理も美味しくて、とっても明るくて優しくて、素敵なご夫婦です。
d0041729_234937.jpg

イタリアへ行ったら必ず立ち寄りたい家がもう1件増えました♪

生粋のヴェネツイアーナのロッサーナが作る料理は、ヴェネツイアの伝統料理ばかり。
食材も、とっておきのものを用意してくれていました。
d0041729_23124876.jpg

ラッディッキオ・ディ・トレーヴィゾのタルディーヴォ種。秋から初春にかけてが旬。もう終わりかけだけど間に合った。
d0041729_23403663.jpg

春に来ると、いつもあちこちでカルチョフィをいただきますが、この子はお初。
Sant'Erasmo、ヴェネツイアの潟で作っている小ぶりの種類で、カストラウレというもの。
d0041729_231348.jpg

ヴェネツイアといえば、サルデ・イン・サオール。
そして、、
こちらでもまた、今、まさに季節だから!と用意してくれたのが、、、
モエッケ
d0041729_23433437.jpg

これを用意してくれているということは、、歓迎されてる気がします♪
卵液につけられて1日経ちますが、元気にはさみを振り上げている子もいます。ゴメンネ~。美味しそう♪
d0041729_23435180.jpg


いろんなお料理を教えていただきましたが、
ヴェネツイアのバーカロ、alla vedova風の柔らかいポルペッティ
d0041729_23511821.jpg

そして、ザレッティ 
d0041729_2351929.jpg
この2種は、5/12(土)新宿のドリーミサロンでのイベントでも作らせていただきます。
詳細・お申し込みはこちらから ドリーミアクラブ
自宅の教室でもそのうち作りますよ~。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-14 23:14 | ├2012春のイタリア | Comments(2)
d0041729_1411823.jpg

サンマルコ広場から見た景色。

今日はヴェネツイア観光☆
朝9時、ホテルの目の前にある リ・スカルツイ橋の上で、マルティーナちゃん(以下、マルちゃん)と待ち合わせして、案内してもらいます。

マルちゃんは、6年前に、ローマのB&Bで出会った女の子。
マントヴァからローマへ、家族で旅行に来ていた15歳の女子高生でした。
その直後は何度かメールでやり取りしていたものの、その後、連絡は途絶え、、

昨年の3月11日の地震の際に、心配してメールをくれたのをきっかけに、またやり取りが始まったのでした。
女子高生だった彼女も今はヴェネツイア大学の大学生。可愛いイタリアーナになっていました。

さて、再会を果たして、まず向かった先は、なぜか薬局。。。。ちょっとイタリアで買いたいお薬があったので、
ファルマチア・サンタ・フォスカ という、500年の歴史がある素敵な薬局へ。昔の薬局だった部分も残されています。
d0041729_14202981.jpg


ホロコーストの悲しい歴史があったユダヤ人ゲットーを通って、ヴェネツイア中心地へ向かいます。
ゲットー・ヌオーヴォ広場は閑散としていて、余計に寂しい感じです。。
d0041729_14291428.jpg

悲しすぎるレリーフの写真はここには載せられません。。。ヴェネツイアにこんな悲しい場所があったことを知りませんでした。

さて、明るい場所へ出ましょう。迷路のようなヴェネツイアでは、マルちゃんに付いて歩くのみです。
d0041729_1431234.jpg

リアルト橋が見えて来ました。裏側なので静かです。
d0041729_14341388.jpg

表から見ると、すごい賑わい。橋の上は観光客でびっしりです。
d0041729_1732182.jpg



サンマルコ広場に到着♪ さすが世界の観光地。すごい人!
d0041729_15493382.jpg


サンマルコ広場からヴァポレットで、サンジョルジョ・マッジョーレ島へ向かいます。
こちらにある鐘楼の上からの眺めが素晴らしいのだとか。
登ってみました。
d0041729_17202267.jpg

サンマルコ広場が見えます。
d0041729_17225111.jpg

こちらはリド島。とっても気持ちの良い場所でした。

さて、お腹がすいてきましたね~。バーカロ巡りしましょう♪(そちらが大本命)
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-11 14:38 | ├2012春のイタリア | Comments(0)
ヴェネツイアは、過去に2回訪れたことがありましたが、どちらも10年以上前。
当時はバーカロ(居酒屋)巡り、なんて知りませんでした。(知らずに行っていた店もありますが)

ヴェネツイアには、バーカロと呼ばれる、小さな居酒屋がたくさん存在します。
迷宮のような路地を入り込んだ先に、、または看板を出していない店など、その多くはわかりづらいことが多く、観光客が溢れかえるヴェネツイアにあって、地元の人たちが集っている場所。
朝から夜まで、地元の人たちがかるーく1杯、楽しむ場所なのです。これは行ってみないワケには行きません♪

私たちが泊まったカンナレッジョ地区には、美味しいと評判のalla vedovaがありました。
d0041729_8365454.jpg

夜は予約必須とのことでしたが、席はなくても、バンコと呼ばれるカウンターで立ち飲みを楽しむことが出来ます。
カウンターではチケッティと呼ばれるおつまみだけ。テーブルだとパスタなども注文できます。
でも、美味しそうなおつまみが、ずらーりなのです。今日は立ち飲みで軽くね♪
d0041729_8402593.jpg

(カウンターの高さがチビな私とシエキチには高すぎて、ガラスケースの中を上から撮れません:汗)
d0041729_839268.jpg

シエキチなんて、頭の高さに食べ物が並んでます。

オンブラ(テーブルワインをヴェネツイアではこう呼びます)を3杯飲みながら食べたものは、
d0041729_849196.jpg

パプリカやズッキーニなど、野菜のマリネ数種に、タコのマリネ
ヴェネツイアへ来たら食べなくちゃ、、の、バッカラマンテカートに、カルチョフィのフォンド、
そして、ヴェドヴァのものが一番美味しいと評判のポルペッティ!(ミートコロッケ)
シエキチはセッピエ(イカ)のグリルを何度もおかわり~。
あらら、軽~く、なんていいながら、何度か追加して、けっこう食べましたね。

ヴェネツイアは安全な街なので、食後、GROMのジェラートを食べながら、のんびりお散歩しつつホテルへ戻って就寝。
d0041729_8591262.jpg

d0041729_8591141.jpg

d0041729_8593330.jpg

明日は、ヴェネツイア大学の女子大生、マルティーナちゃんと6年ぶりの再会。待ち合わせしてヴェネツイアを案内してもらいます♪
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-11 08:44 | ├2012春のイタリア | Comments(0)
d0041729_049137.jpg

5日間のポルトガル滞在を終えて、やって来ましたイタリアへ~。 アリタリア4兄弟を見るとなぜだかほっとしますねえ♪

夕刻にヴェネツイア空港へ到着し、バスでヴェネツイア本島の入り口、ローマ広場まで移動します。
穏やかすぎるポルトガルの後では、バスのチケット売り場のオネエサンの怖~い態度でさえ、「おお~、イタリアだあ~,刺激的~♪」と嬉しく感じます(笑)♪

バス停からホテルまでは、すっごく近いのですが、1個だけ橋を渡らねばなりません。
ヴェネツイア市民から、文句ぶーぶーの、建築費用が莫大だったらしい近代的な透明の大きな橋です。

バスターミナルと駅の間の橋だし、新しいんだし、スロープあるよね~。。。なんて思ったら甘かった。。
階段しかありません。。。

しかし、小汚い男性が近寄ってきて、さっと私の巨大なスーツケースを持ってくれるではありませんか。
たまに駅なんかで、本当に親切で運んでくれる男性もいるのですが、この風貌は絶対、お金目当て。
でも、私のスーツケース、シエキチの荷物と二人分なので、巨大で本当に重いの。お金払ってでも運んでもらいたい。。そう思って、そのまま運んでもらったところ、、、
橋の向こうについてみたら、小銭が2ユーロしかなかった。。。お札を出すと全部持って行かれそうだし。。。無理やり2ユーロ(220円)を押し付けて「ないからゴメンね~!!」と言ってスーツケースを奪い返しました。運んだ男性は納得いかない顔してたけど、運んでもらえて助かったあ♪ 

ホテルに着くと、可愛いプチホテルなんですが、嫌な予感。。。
フロントのお兄さんに「エレベーターある?」と聞くと
「僕がエレベーターさ」という素敵な頼もしいお言葉。 3階まで運んでくれました♪ 

ま、そんなことはどうでもいいのですが、ポルトガルと違って、一人ひとりがほんと、個性的でおもしろい!
やっぱりイタリアって、良くも悪くもテンションが上がる国です。

ホテルはこんなに可愛らしいお部屋です♪
d0041729_1114667.jpg

d0041729_1122113.jpg

さあ、夕食を食べにバーカロへ行きましょう♪ もう夜なので、一番近くのalla vedovaへ徒歩で向かいます。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-11 00:50 | ├2012春のイタリア | Comments(0)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
素敵な写真から雰囲気が伝..
by akkonouta at 11:26
さすが!食べに行かれたん..
by cibiyukiko at 07:50
レッコのフォカッチャ!!..
by vicinoamare016 at 10:16
ゆみちゃん、こんにちは♪..
by cibiyukiko at 12:01
ユキキーナさん、こんにち..
by yumi_nan911 at 02:52
なおねこさんもワンコアン..
by cibiyukiko at 18:40
オストゥーニだ(๑•ᴗ•..
by なおねこ at 11:45
*ファン*
*ブログジャンル*