タグ:子連れで海外 ( 26 ) タグの人気記事
ジェノヴァは、南仏へ行く時に電車で通ったことがあるくらいで、下車したことはありませんでしたが、
今回、ジェノヴァの美味しい!をたっぷり味わってまいりました!
ミラノから電車でジェノヴァ・ブリーニョレ駅に到着したら、そこからバスで5分のB&Bにチェックイン。

翌朝、まずは、行ってみたかった「ピエトロロマネンゴ」の工房から行動開始です。
1780年創業の、ジェノヴァの有名な老舗の高級菓子屋さんです。
d0041729_095432.jpg

こちらは旧市街にある本店ですが、工房はまた少し違う場所にあります。
オーナー夫人のシニョーラ・ロマネンゴさんが直々にご案内くださいました。

こちらでは、アーモンドを包んだ砂糖菓子、コンフェッティや、フルーッタ・カンディータ、チョコレート、ジャムやシロップなどが有名です。
その昔、1500年代にアラブからフルーツの砂糖漬けが伝わり、海運王国のジェノヴァでは、東洋からのスパイスやフルーツを保存するために砂糖漬けにすることが普及したという、いかにも海運王国ジェノヴァらしいお菓子たち。
当時、イタリアに砂糖はなく、インドから運ばれてきたため、砂糖は「インドの塩」と呼ばれていたそうですよ。

d0041729_12234535.jpg

1800年代から今も使われている機械。カカオペーストを作るのに使いますが、現代的な機械を使うよりも香り高いチョコレートペーストが出来るのだそう。
ちょうど、パスクワの前ということもあり、工房内では「Uovo di pasqua(卵型のチョコレート)」作りが行われていました。
d0041729_1233229.jpg

d0041729_1233557.jpg

子供用におもちゃが入ったチョコレートをよくいただくのですが、ピエトロロマネンゴのものは、中にロマネンゴのお菓子がぎっしり!!贅沢です。(お値段もすごいですが、、)
d0041729_12361021.jpg

一つ一つ、丁寧にお菓子を詰め、手作業で閉じられていきます。
開ける人の喜ぶ顔を想像しながら作っているのでしょうか? 作業をする方のお顔も優しくて、昔ながらの手作り工房の良さ、そして、たくさんの人から愛される老舗であることを実感します。

こちらは、結婚式や洗礼の時などにふるまわれるコンフェッティづくり
d0041729_1243276.jpg

d0041729_12431111.jpg

作り方は昔と同じく、驚くほどシンプルな手作業!お鍋をまわしながら、ゆっくりと、煮詰めた砂糖をたらしてアーモンドのまわりにお砂糖をまとわせていきます。
なんと、お鍋は何度も修理した跡が!
d0041729_12513124.jpg



そして、フルッタ・カンディータ
d0041729_1253961.jpg

フルーツが一番熟した時にシロップを少しづつ浸透させていくそうですが、フルーツの種類によって、漬け込む時間などを変えています。
好きなのを食べていいわよ~、と、贅沢に丸ごと、いろいろと試食させてくださいました。
びわや洋ナシ、マンダリンなどを食べてみましたが、それぞれ、中はしっとり、フルーツ本来の味が凝縮されて、よりリッチな味わい。想像していたフルーツの砂糖漬けとは全く異なるものでした。
これ、1個、日本だと700円くらいするのですが、食べ放題並に試食させていただき、、、美味しいけど、飲み物欲しい~、と嬉しい悲鳴でした。
実は、各ブースで、いろんな種類のお菓子をたくさん試食させていただき、日本茶かデザートワインが飲みたくなってしまったのです。

そして、シエキチのハートをわし掴みにしたのが、こちら。「ゴッチェ・ディ・ロゾーリオ」(薔薇の雫)
d0041729_13251699.jpg

とっても繊細な砂糖菓子。中に薔薇やすみれほか、色それぞれに、違うシロップが入っています。
全ての色を味見しながら、中身を当てっこ。
d0041729_13262136.jpg

作り方も教えていただきましたが、書ききれないので割愛。見学の最後に1個プレゼントしてくれました。
d0041729_13283391.jpg
もちろんお店でも買いましたよ。繊細な砂糖菓子で、はかなげな砂糖衣に包まれたシロップは、持ち帰りには不向きなので、旅行中、食後に1粒づつ味わって、毎回、ほわ~んと幸せになっていました。
薔薇のシロップやジャムなど、貴族に愛された品々も購入してきたので、お教室で少しづつお出ししますね。

貴重な見学の機会を作ってくださったピエトロ・ロマネンゴさんとJacquelineさんに感謝です。
[PR]
by cibiyukiko | 2013-04-06 20:54 | ├リグーリア | Comments(8)
今日は17時から楽しみにしている料理レッスン♪

それまで、電車に乗って観光へ出かけます。
シントラでペーナ宮殿、ムーア人の城壁へ。帰りはロカ岬経由のバスでリスボンへ戻ります。
ほっ、今日は普通に電車、市電、バス、ケーブルカー、地下鉄が動いています。

普通に運行しているだけで喜ぶという状況、日本では考えられませんけどね、こんな状態にもイタリアでずいぶん鍛えられているので平気です!(その後、滞在中に、フェリーのストライキ、ケーブルカーの故障で2日間ストップなど、、いろいろ止まっていましたけど・・・)
交通機関、けっこうイタリアより悪いんじゃあ????

ガイドブックで見た交通運賃と、実際がだいぶ違ったのですが、どうやら景気悪化のため、今年に入ってから2回も料金の値上げがあったそうです。日本も他所のことは言えませんが、どこも大変なのねえ。。

d0041729_16361172.jpg

シントラ駅に到着。
ポルトガルは町のあちこち、普通の家や駅、いろいろな建物が素敵なアズレージョ(タイル)で装飾されています。シントラ駅の窓口も素敵でした。

シントラのペーナ宮殿、実はとっても高い場所にあります。ユネスコ世界遺産の『シントラの文化的風景』の一部として登録され、ポルトガル共和国大統領と外国からの賓客の公的行事の場として使用されているそう。
内部の装飾なども立派でした。
d0041729_1646374.jpg

ムーア人の城壁も、すごく高い場所に、万里の頂上のような城壁が続きます。
d0041729_1648225.jpg

よく歩きました。疲れてボロボロですが、、、この後、楽しみにしていた料理レッスンです♪
姉とシエキチはホテルで休憩。。(案の定、シエキチはそのまま朝まで寝てしまいました。。。)
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 16:31 | ポルトガル | Comments(0)
なんだか知りませんが、怠け者のハズの私が今月もわりとよく働いておりマス。。来年の3月の打ち合わせとかしちゃってます。そんな先のこと、わっかんないよ~。

最近、疲れ気味なのでこの前の旅行を思い出して現実逃避してみました。。
d0041729_0135941.jpg

d0041729_0155255.jpg


パリ・マレ地区にあるユダヤ料理のお店で。
軽くブランチのつもりが、、、、言葉が通じないので、思っていなかったものが、超大量に運ばれてきて、宴会になっちゃった図です。(イタリア以外の国ではよくある出来事デス)
本当は、ここで軽くピタサンドを食べて、ランチはビストロへ行く予定だったんだけど、、、

d0041729_0165344.jpg

1枚目の写真のお皿の中身を特大ピタに挟んでいただきます。
ソラマメのコロッケ、たくさんの生野菜せんぎりサラダに、揚げたナスなど、、ひよこ豆のペーストや、ヨーグルトみたいなのと一緒に食べます。
あたし、こ~ゆ~のスキスキ♪♪

こっちの料理はかなり私好みなのですが、2枚目の写真、、巨大ナスの肉詰めハンバーグみたいなのが微妙でした。。。
言葉が通じないって、予定外にヘンテコなものを食べるには良い機会ですね。。。
それにしても多すぎ。。店のおじちゃん、多いかもよ、って、教えてちょーだいよっ!!!

思いがけず、満腹になってしまったので、腹ごなしに歩いていたら、、、
d0041729_0252774.jpg

激甘スイーツの店を発見!
レバノン菓子の店でした。お腹がハチキレソウにいっぱいなハズなのに、、
気付いたら、、、、、あらっ!? なぜか手ににぎっていました。 
なんで~?・マジック~!?

d0041729_0362025.jpg
そして、思ったとおり、いや、想像を絶する激アマ! でした。
ま、ドルチェまできちんと食べて〆ないとね。

思い出しただけでお腹がいっぱいです。
 
[PR]
by cibiyukiko | 2007-07-12 00:02 | Comments(0)
d0041729_19442019.jpg
パリの夜は、子供を連れて行ける場所がほとんどなく、街を歩く子供の姿も見かけません。
完全に大人の街です。
1件、行ってみたかった頑固おやじ風の家庭的なビストロでは、子連れは断られました。
家庭的なビストロなのにです!家庭的じゃないじゃん!
ふん!それでも、この店、ムール貝専門店のレオンなら安心!子連れでも安心してムール貝を山盛り食べられるこのお店。です。
子供用のおもちゃをプレゼントしてくれます。ムール貝にたっぷりついてくるポテトフライも子供にぴったり。
まあ、要はパリのファミレスなんですけどね。。子連れには大満足です。いつか大人になったシエキチと美味しいビストロへ行くのだ。

そして、パリといえば、シャンパンと一緒にコレ!ホテルの近くに、素敵なオイスターバーがありました。海の味!貝好きにはたまりません~。これで一人分♪
こちらのお店は、子連れの私にもとても親切で、温かいサービスでした。パリにも優しい人がたくさんいますね。
d0041729_2044916.jpg

d0041729_0144521.jpg

寝てる子を片手に牡蠣とシャンパーニュ♪ Huitrerie Regis ~ Paris ↓
http://huitrerieregis.com/index.html
ホテルのそばにあって、ふらりと入った小さな店でしたが、良質な牡蠣で有名なお店だったみたいです。
d0041729_0193940.jpg

翌朝、お店が閉まっているときの写真なので寂しい感じですが、開いているととっても素敵な空間です。

そのほか、ラデュレで買いまくり。シャンゼリゼ本店はこの重厚さ!ちなみに、トイレも重厚でした♪
d0041729_14135254.jpg

d0041729_2075046.jpg

d0041729_208423.jpg

こちらのケーキ、マカロンは、上品な甘さで、あまりケーキをたくさん食べられない私にも美味しいものでした。ついつい、買いまくり、、箱も素敵です。日持ちがしないので、2週間後の帰国には持って帰れず、道中のおやつとなりました。

そのほか、マレ地区にあるユダヤ料理、子連れにも優しく、美味しくてボリューミー!!
こちらのお店で。


宿泊したのは美味しいものの宝庫、サンジェルマンデプレにあるプチホテル
d0041729_1416141.jpg

d0041729_0135192.jpg

d0041729_14143973.jpg

近くにはジェラール・ミロや、ピエールエルメ、ピエールマルコリーニ、そしてラデュレボナパルト店もあって、朝食は毎朝、早朝からオープンしているジェラールミロへ。
美味しいお店がたくさんある地域では、ホテルは朝食なしで予約します。
d0041729_14154772.jpg

シャンゼリゼのカフェ・フーケでも朝食をしましたよ♪
d0041729_14171827.jpg

d0041729_14164345.jpg


d0041729_14173880.jpg

シエキチ、、重いよ~おお。。

パリには2泊して、空路、パレルモからイタリア入りです。

d0041729_0244822.jpg

女性的な街パリから一転、飛行機の窓から、こんな男らしい(?)景色でイタリアが迎えてくれます。続きはまた。
フェミニンな街、パリと、男気あるシチリアの海と空にクリックを御願いします♪
[PR]
by cibiyukiko | 2007-05-22 23:33 | フランス | Comments(0)
旅の前菜は、、、10年ぶりのパリ。
軽く、こちらで旅行気分を盛り上げるつもりが、いきなりスパーク!
旅行のスタートがパリって、危険です。。。

パリのウィンドウは、色彩が素敵。乙女心をわしづかみです~
d0041729_19483450.jpg


d0041729_19484978.jpg

d0041729_075070.jpg

ママの買い物に、すっかり退屈してのびているシエキチ。。。。。。。ごめんよ~。あと、もうちょっと、、、


洗練されたお店のほかに、こんな素朴で素敵なパリ雑貨の店などもあり、大人に楽しく、子供にはつまらない街???
d0041729_19511859.jpg


ちゃんと、子供が喜ぶところへも行きましたよ。
ノートルダム大聖堂の横に、、、、
d0041729_085816.jpg

d0041729_091961.jpg

児童公園があるのです。旅行先では、必ず、1日1回は公園で遊ばせないと、、、、犬の散歩にちょっと似てます。。オランダから来た女の子とシーソーで遊ぶシエキチ。重さが違いすぎてシエキチ上がりっぱなし、、、


パリ、子連れでお食事編へつづく
[PR]
by cibiyukiko | 2007-05-22 19:52 | フランス | Comments(0)
d0041729_2055567.jpg


6日間、プーケットへ行って来ました。
実は、イタリアにはまる前は、タイが大好きだったので、久しぶりでウレシ~♪

ここ数年、一人でシエキチを連れて17時間もの長旅なんてのしかしていなかったので、6時間半のフライト、しかも夫付きはラクでした~。
しかも時差ぼけない! 食べ物美味しい♪ 最高です~。。
 脳ミソ溶けました~。。。。。。

今までの私のハードなサバイバルイタリア旅行って一体、、、、

写真は象さんトレッキング。
真ん中に豆粒のようにシエキチも乗っています。
象って、初めて乗ったけど、、、すごいのね。。怖くてびっくり。シエキチなんて、かたまりまくって、乗っている間、声を発しなかった。。 
象の背中って、ゴツゴツしていて、安定悪いし、思ったよりも揺れるんです。
しかも、足がけっこう早い!!
日本の動物園の、やる気のない象さんとは違うんです。
しかも、川の中をざぶざぶ、象が入っていったり、結構急な坂を上るので、象に振り落とされないように必死で力入れていて、普段使わない筋肉がフル稼働。 
その上、途中で象が美味しそうな木の枝を見つけては、顔をふりながら、鼻でバッシンバッシン、木の枝を折って食べ始め、そのたびに、背中の上はゆっさゆっさ、、、、
45分のトレッキングコースは楽しいけど長かった。。。

d0041729_2117454.jpg
d0041729_21153278.jpg
d0041729_21155017.jpg





ただひたすら、海・プール・食べる の繰り返し。
 リフレッシュした5泊6日でした。
う~ん、また行きたいわ~。パオ~ン。
[PR]
by cibiyukiko | 2006-09-04 20:26 | Comments(0)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
素敵な写真から雰囲気が伝..
by akkonouta at 11:26
さすが!食べに行かれたん..
by cibiyukiko at 07:50
レッコのフォカッチャ!!..
by vicinoamare016 at 10:16
ゆみちゃん、こんにちは♪..
by cibiyukiko at 12:01
ユキキーナさん、こんにち..
by yumi_nan911 at 02:52
なおねこさんもワンコアン..
by cibiyukiko at 18:40
オストゥーニだ(๑•ᴗ•..
by なおねこ at 11:45
*ファン*
*ブログジャンル*