タグ:子連れイタリア ( 58 ) タグの人気記事
胃の中を消化するため、駅からバスに乗ってミラマーレ城へ行くことに。
駅まで歩きながら、いろいろ立ち寄ります。
d0041729_15533025.jpg

須賀敦子さんがエッセイの中で、「つまらない名前の店になってしまった」と言っていたウンベルト・サバ書店。
近くには、ウンベルト・サバ氏が歩いていました。
d0041729_15561957.jpg

運河を通り、どんどん駅へ近づきます。
d0041729_1613953.jpg

d0041729_1621923.jpg

へえ~、路面電車が走ってるんだあ、、、
などと、駅までの道のりもまた楽しくお散歩が出来ます。

お腹がいっぱいで食べられないけど、、
カフェも素敵なお菓子がいっぱい。イタリアじゃないわ~、といちいち感激するのでした。
d0041729_1613199.jpg

d0041729_16131964.jpg


さて、お腹をすかせるためにも観光しなくちゃ~。ミラマーレ城へ。トリエステ旅行記④
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-13 16:16 | ├2012春のイタリア | Comments(0)
朝食後、シエキチと二人で、洋服に靴にキッチン雑貨をちょっと、、とお店を見始めたところ、、、、、ついついスパークしてしまいまして。。
・・・楽しくお買い物をして午前中が終わってしまいました。
こじんまりとして、買い物がしやすい街です。(汗)

お昼ごはんは、トリエステへ来たら絶対に食べたいと思っていたものリストから消化していかねば。
それは、
①ヨータ jota と呼ばれる、この地方独特のスープ とグーラッシュ。
②それと、ブフェッ・ダ・ペピにて、茹で肉。
③そして、オーストリア風のカフェにてプレスニッツやシュトウルーデルなどなど。。

2泊しかないので、上記3点に絞って攻めてみました。

まず、お昼はホテルのすぐ裏にあったオーストリア風のお店へ。
d0041729_1523861.jpg

d0041729_15252314.jpg

中に入ると、ビールのカウンターがあり、イタリアっぽくない内装です。
d0041729_15381861.jpg

まずは黒ビールにて。ビールの種類もいろいろあって決められないのですが、とりあえず甘めのものをお願いしました。
いい泡が立ってます~♪ ふわっふわのモコモコ~♪♪
d0041729_15383822.jpg

私は、Jota(ヨータ)を。
シエキチが食べているのはグーラッシュ。(牛肉のパプリカ煮込み??)
前菜がわりに、ちょっとスープを、、と思ったら、洗面器みたいに大きなお皿にたっぷり!!
d0041729_15431877.jpg

ヨータは、ザワークラウトの酸味が利いた、ジョガイモとお豆のスープ。酸味とお芋のとろみで不思議な味わいですが、とっても美味しいです。かなりドイツ系な味わい。

これだけでもうお腹がいっぱいだったのですが、、、
ウィンナーシュニッツッツエルも注文しちゃったので。。。
d0041729_15412384.jpg

きゃあ、大男の草履みたいにでかいのが来ました~。まあ、ミラノ風カツレツですな。
シエキチと二人で目を白黒させながら半分こ。
肉系では頼りになるシエキチです。

食後はちょっと歩いて消化しなくちゃね。
トリエステ市内をお散歩 トリエステ旅行記③へ続く
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-13 15:57 | ├2012春のイタリア | Comments(2)
ヴェネツイアから電車で2時間。
イタリア半島の東端、フリウリ・ヴェネツイア・ジューリア州の州都トリエステへやってきました。

州の北側は、アルプル山脈とオーストリアに接し、南側は、アドリア海に面し、東側にはスロベニアに隣接する国境の州。
14世紀後半から、オーストリアの保護下となり、ハプスブルグ家のマリア・テレジアが軍港として整備し、第一次大戦後にイタリア領、その後、第二次大戦後には英米とユーゴスラビアの共同管理地区、そして1954年になって、再びイタリア領となった地。

そんな歴史から、建物も、食べ物も、歩く人の顔も体格も、
THE オーストリア!! です。

街には素敵なカフェに黒ビール(笑)。
街の中心、イタリア統一広場は夜もライトアップでとっても綺麗。
人も少ないので、ちょっとシエキチを思いっきり走らせてみました♪
d0041729_18574763.jpg

d0041729_18581566.jpg

宿泊したホテルは、広場に面したここ。HOTEL Duchi d'Aosta.
シーズンではないためお客さんが少なかったようで、ジュニアスイートにしてくれました♪
d0041729_8415526.jpg

d0041729_19125316.jpg

朝食はシュトウルーデルに、クラプフェンと呼ばれるオーストリア風のドーナツなどなど、イタリアのほかの地方と少し違ったお菓子が並んでいます。しかも、朝からスプマンテが~♪
寒い地方では、朝からお酒が当たり前?? 
街ではカフェにて黒ビールを朝から!楽しむ人々が。。。
(適量をわきまえているので酔っ払いはみかけないイタリアですけどね。。。)

d0041729_8471740.jpg

海沿いを散歩すると、のんびり新聞を読む人や、腕を組んで歩く老夫婦など、、
特に何があるってわけではありませんが、素敵な街です(寒くなければ・・・)

今から、オーストリア風のお料理を食べて、お城へ行ったり、ちょっと観光してきまーす。
この辺りのお料理は、、トリエステ旅行記②へ続く
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-12 18:59 | ├2012春のイタリア | Comments(4)
d0041729_2343226.jpg

次は、Diavolo e L'acqua Santaへ行くよ~。

こちらに、モエッケがありそうな気がしたのです。
モエッケとは、春と秋の、ごく短い期間のみ食べられる蟹のこと。
ヴェネツイアのラグーナに生息する小さな蟹が脱皮したところを食べる、要はソフトシェルクラブなのですが、
揚げ方がおもしろいの。
脱皮したばかりの小さな蟹を、とき卵を入れたお皿の上に置き、蟹に一昼夜、卵液を吸わせるのです。
蟹の中まで卵が浸透したところで、フリットにしていただきます。
d0041729_23475681.jpg

卵を吸った蟹は、ふっくらと柔らかくジューシーで、外側はカリっとしています。ちろん美味しいに決まってます。しかし、、こういったカリっとした美味しい揚げ物は、、、、
うちのおチビもいっちょ前に食べるのです。むう。。。私の取り分が。。。

まあ、お目当てのモエッケも食べられたし、そろそろバーカロ巡りも〆に入ります。
d0041729_2351697.jpg

ビスコッティ・ヴェネツイアーニと、モスカート・ディ・ヴェネト。
マルちゃんお薦めの組み合わせにて〆。

マルちゃんの大学や、学生寮をちょこっと見てと、、

ふう~、満足満足!
マルちゃん、お付き合いありがとう!! 実はマルちゃん、大学の授業をさぼって来てくれたのでした。。。 
さて、17時、私とシエキチは荷物を持って、ここから電車で2時間。フリウリ・ヴェネツイア・ジューリア州の州都、トリエステへ移動します。そちらで2泊したら、またヴェネトへ戻ってきて今度はお料理を習います。
d0041729_10365657.jpg

[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-11 23:49 | ├2012春のイタリア | Comments(0)
d0041729_2321496.jpg

Do Moriにて

マルちゃんに、事前にメールで行きたいバーカロを知らせておいたところ、バッチリ場所を確認しておいてくれました。またもや、後ろについて行くだけです。ありがと~。
素敵な本を貸してくれたpompomさんもありがと~

まずは、現存するバーカロでは一番古いと言われている、Do Moriへ。
天井から銅の鍋がたくさんぶら下がっていて素敵な内装。
お客はご覧の通り↓、イタリアオヤジ率100%
d0041729_23155672.jpg


マルちゃんは、モスカート・ヴェネトが美味しいよ~、と勧めてくれましたが、逆らってフラゴリーノの白を。
イチゴのいい香り♪ 
d0041729_23172910.jpg

何件か行きたいので、3人でこの一皿。
生ハムでラディッキオを巻いたものにバッカラマンテカートなどなど。。この店は、トラメッツイーノ(三角サンド)の種類も非常に豊富でした。

さあ、次に行きましょ~♪
少し歩いたところにある、カンティーナ・ド・スパーデへ移動
d0041729_23285651.jpg

こちらでは、揚げ物が充実していたので、いろんなポルペッティにフリットミストなど。
この店のフラゴリーノの赤は、香りがとてもよくて、非常に美味しいものでした。おかわりっ!
3種のバッカラ。添えられたポレンタもすごく美味しい。(バッカラ、食べすぎ。。。)
d0041729_23304253.jpg

こちらでもフラゴリーノの白を飲んで、、
d0041729_23314299.jpg
その後もいろいろ飲んで~。。やっぱりテーブル席につくと根っこが生えますね。ここで4杯、グラスで飲んじゃいました♪

でも、お目当てのモエッケが今のところ、どの店にもないので、まだ帰れません。
ありそうだな、と目を付けていたお店へ移動します! この時期にヴェネツイアへ来たら、モエッケを食べないと帰れません!
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-11 23:11 | ├2012春のイタリア | Comments(4)
d0041729_1411823.jpg

サンマルコ広場から見た景色。

今日はヴェネツイア観光☆
朝9時、ホテルの目の前にある リ・スカルツイ橋の上で、マルティーナちゃん(以下、マルちゃん)と待ち合わせして、案内してもらいます。

マルちゃんは、6年前に、ローマのB&Bで出会った女の子。
マントヴァからローマへ、家族で旅行に来ていた15歳の女子高生でした。
その直後は何度かメールでやり取りしていたものの、その後、連絡は途絶え、、

昨年の3月11日の地震の際に、心配してメールをくれたのをきっかけに、またやり取りが始まったのでした。
女子高生だった彼女も今はヴェネツイア大学の大学生。可愛いイタリアーナになっていました。

さて、再会を果たして、まず向かった先は、なぜか薬局。。。。ちょっとイタリアで買いたいお薬があったので、
ファルマチア・サンタ・フォスカ という、500年の歴史がある素敵な薬局へ。昔の薬局だった部分も残されています。
d0041729_14202981.jpg


ホロコーストの悲しい歴史があったユダヤ人ゲットーを通って、ヴェネツイア中心地へ向かいます。
ゲットー・ヌオーヴォ広場は閑散としていて、余計に寂しい感じです。。
d0041729_14291428.jpg

悲しすぎるレリーフの写真はここには載せられません。。。ヴェネツイアにこんな悲しい場所があったことを知りませんでした。

さて、明るい場所へ出ましょう。迷路のようなヴェネツイアでは、マルちゃんに付いて歩くのみです。
d0041729_1431234.jpg

リアルト橋が見えて来ました。裏側なので静かです。
d0041729_14341388.jpg

表から見ると、すごい賑わい。橋の上は観光客でびっしりです。
d0041729_1732182.jpg



サンマルコ広場に到着♪ さすが世界の観光地。すごい人!
d0041729_15493382.jpg


サンマルコ広場からヴァポレットで、サンジョルジョ・マッジョーレ島へ向かいます。
こちらにある鐘楼の上からの眺めが素晴らしいのだとか。
登ってみました。
d0041729_17202267.jpg

サンマルコ広場が見えます。
d0041729_17225111.jpg

こちらはリド島。とっても気持ちの良い場所でした。

さて、お腹がすいてきましたね~。バーカロ巡りしましょう♪(そちらが大本命)
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-11 14:38 | ├2012春のイタリア | Comments(0)
d0041729_049137.jpg

5日間のポルトガル滞在を終えて、やって来ましたイタリアへ~。 アリタリア4兄弟を見るとなぜだかほっとしますねえ♪

夕刻にヴェネツイア空港へ到着し、バスでヴェネツイア本島の入り口、ローマ広場まで移動します。
穏やかすぎるポルトガルの後では、バスのチケット売り場のオネエサンの怖~い態度でさえ、「おお~、イタリアだあ~,刺激的~♪」と嬉しく感じます(笑)♪

バス停からホテルまでは、すっごく近いのですが、1個だけ橋を渡らねばなりません。
ヴェネツイア市民から、文句ぶーぶーの、建築費用が莫大だったらしい近代的な透明の大きな橋です。

バスターミナルと駅の間の橋だし、新しいんだし、スロープあるよね~。。。なんて思ったら甘かった。。
階段しかありません。。。

しかし、小汚い男性が近寄ってきて、さっと私の巨大なスーツケースを持ってくれるではありませんか。
たまに駅なんかで、本当に親切で運んでくれる男性もいるのですが、この風貌は絶対、お金目当て。
でも、私のスーツケース、シエキチの荷物と二人分なので、巨大で本当に重いの。お金払ってでも運んでもらいたい。。そう思って、そのまま運んでもらったところ、、、
橋の向こうについてみたら、小銭が2ユーロしかなかった。。。お札を出すと全部持って行かれそうだし。。。無理やり2ユーロ(220円)を押し付けて「ないからゴメンね~!!」と言ってスーツケースを奪い返しました。運んだ男性は納得いかない顔してたけど、運んでもらえて助かったあ♪ 

ホテルに着くと、可愛いプチホテルなんですが、嫌な予感。。。
フロントのお兄さんに「エレベーターある?」と聞くと
「僕がエレベーターさ」という素敵な頼もしいお言葉。 3階まで運んでくれました♪ 

ま、そんなことはどうでもいいのですが、ポルトガルと違って、一人ひとりがほんと、個性的でおもしろい!
やっぱりイタリアって、良くも悪くもテンションが上がる国です。

ホテルはこんなに可愛らしいお部屋です♪
d0041729_1114667.jpg

d0041729_1122113.jpg

さあ、夕食を食べにバーカロへ行きましょう♪ もう夜なので、一番近くのalla vedovaへ徒歩で向かいます。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-11 00:50 | ├2012春のイタリア | Comments(0)
アマルフィのホテルをチェックアウトして、むかった先は、、、

パスタ発祥の地、グラニャーノ!
私たちが訪問したファブリカ・デッラ・パスタ社はカンパーニャ州グラニャーノにて、3世代に渡り家族経営で高品質なパスタを作り続ける小規模な生産者です。イタリア産の最高のセモリナ粉を原料とし、山から流れでる清水と、伝統的製法でゆっくり乾燥させている、職人技のパスタ。

見学する前に、、こんな給食当番風に着替えます。
d0041729_23492088.jpg

みなさんの人権を尊重するため、お生徒ちゃま方はぼかしてみました(笑)。

d0041729_23522490.jpg

星型やハート型の大きなパスタなど、オーナーのファンタージアでいろんなパスタが作られています。

みんな、ニコニコでお仕事。パスタを説明してくれたお姉さんも、すっごくパスタが大好きで、目をおお~きく開いて熱く説明してくれました。ほんと、今回出会う人たち、みんな笑顔が素敵なの。
パスタを作っているところの写真はNGですが、袋詰エリアでみんな写真とりまくり。

d0041729_001486.jpg
d0041729_23563010.jpg

手作業で袋詰めをしていました。

シエキチには最後に星型パスタをネックレスにしてくれました。みんな、子どもにとっても優しいの。
今まで、いろんな南イタリアへ行って、北イタリアより子どもに優しいことは実感していたのですが、カンパーニャは特に子どもに優しいです。(・・って、前にもカンパーニャでそう思ったわ)
d0041729_003562.jpg


工場を見学した後は、パスタを試食♪
発砲性の赤ワインとサラミをいただき、カッカヴェッラという珍しいパスタのオーブン焼きをいただきました。
d0041729_08228.jpg

詰め物用のパスタですが、とにかく大きい。立派な器です。一人一個。
ラグーとリコッタ、モッツアレッラをあわせたものを詰めて焼いたソレント風でいただきました。
パスタがモチモチで美味しい。
d0041729_083631.jpg

器とセットで売っていました。しかも安い。
2名さまがご購入♪ 
器セットだと重いな~、と私は買いませんでしたが、
ああ~、私も買えばよかったと後悔。。これを買うためにまた行こうと、かなり本気で考え中デス。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-04-30 23:50 | ├教室ツアー2011 | Comments(0)
昼はポジターノであんなに食べたのですが、、
アマルフィへ戻ったら、この店へ行かねば・・・。
ええい、お腹はいっぱいだけれど、一食入魂!!

アマルフィで美味しいお店、と教えていただいた海岸通りにある、Lido Azzurroへ。
海の上にせり出したテラスがある雰囲気の良いお店です。

d0041729_22485622.jpg

お店の方に、「外にする?中にする?」と聞かれて、迷わず 「外で!!」と応えたものの、、、

さ、、寒っ!! ぶるぶるっ!!

セコンドは中にお席を変更していただきました。ワガママな客でごめんなさーい。
夏は外で食べたら気持ち良さそうなお店なのですが、まだちょいと寒かった。。。

とっても寒かったけど、誰も文句ひとつ言わず、楽しいお話に夢中。ほんとにほんとに、良いメンバーでした。
ありがとうね。
d0041729_22491562.jpg


いわしとモッツレラのフリットに、トマトとプロヴォラフリット。
イカのパッケリに、魚介ソースのシャラテッリ
セコンドはアクアパッツア。
本場のアクアパッツアは、あさりも入らない、本当にシンプルなもの。

美味しかったけど、シエキチは前菜でパタリと電池ぎれ。おかわいそうに、、、夜中にお部屋でインスタントの雑炊を食べさせてあげました。

翌日は、グラニャーノのパスタ工場を見学してからポンペイへ。そして最終地点、魅惑のヘンテコスポット、ナポリへむかいます。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-04-28 22:57 | ├教室ツアー2011 | Comments(0)
旅行記、中断しておりましたが、、戻りマース。

朝、アマルフィからバスでラヴェッロへ。かな~りクネクネした道を上まで上がります。でも、今回、私たちのバスを最終地ナポリまで、ずっと運転してくれていたダニエーレは、すんごい安全運転。断崖絶壁での運転も、私はかなり安心して乗ることが出来ました。以前に乗った公共バスの運転は絶叫マシーンだったのでね。。。
ナポレターノな彼なのですが、時間にも正確で、朝は、渋滞するといけないから、と1時間も早く待ち合わせ場所で待機しています。
「絶対イタリア人じゃないよ!スイス人でしょ!」と言う私に、最初は、「イタリア人だよお~」と言っていましたが、最後には「オレはスイス人だからね」って言ってました(笑)

ラヴェッロののヴィッラ・チンブローネのテラスからは、アマルフィ海岸が続く様子や、海と空が無限に続く景色を観ることが出来ます。
d0041729_19115785.jpg
d0041729_19122223.jpg

d0041729_19123512.jpg


こんなところでお昼ねできるネコちゃん。幸せだにゃあ。。と言ってるのかしら。羨ましいわ。

お次はエメラルドの洞窟へ。昨年の秋は海沿いにモーターボートで行きましたが、春はまだ船が出ていないので、洞窟の上にあるエレベーターを降りて行きます。
洞窟の中の写真は撮れていなかったので、良かったら昨年の秋のブログでご覧くださいね

船頭に「スゴイ~、チョースゴイー」とヘンな日本語を連発されて気分台無しなんですが、なかなか楽しめます。カプリ島の洞窟とはまた違った感じですので洞窟めぐりも良いかもですよ。

さあ、次はお楽しみ、ポジターノでランチ~。
d0041729_19252230.jpg

d0041729_19281380.jpg

細い路地と階段が続く小さな街。両脇には素敵なお洋服のお店がいっぱいです。夏だったら洋服買いたかったのですが、ビーチ用のドレスばかりなので残念。

さあ、魚介三昧のランチの始まり!
トマトとルッコラのブルスケッタに
d0041729_19382870.jpg
いわしのマリネ
d0041729_19384196.jpg
タコのサラダ
d0041729_19385979.jpg
魚介のフリット
d0041729_19391262.jpg
ファランギーナを飲んで~。
d0041729_19392688.jpg
パスタを4種類頼んだら一人分づつ分けてきてくれました!
海老とズッキーニのローズペタル
魚介のリゾット
イカスミのスパゲッティ
ペスカトーレ
d0041729_19393641.jpg

d0041729_19395251.jpg

南イタリアへ行くと、みんなに抱っこされるシエキチ。シェフと一緒に。
d0041729_1940784.jpg

d0041729_194282.jpg

ふう、、美味しかったあ。
帰り、陶器のお店へ連れて行ってもらい、買い物スパーク。
またアマルフィへ戻ります。
d0041729_2013024.jpg

[PR]
by cibiyukiko | 2011-04-27 19:16 | ├教室ツアー2011 | Comments(0)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
素敵な写真から雰囲気が伝..
by akkonouta at 11:26
さすが!食べに行かれたん..
by cibiyukiko at 07:50
レッコのフォカッチャ!!..
by vicinoamare016 at 10:16
ゆみちゃん、こんにちは♪..
by cibiyukiko at 12:01
ユキキーナさん、こんにち..
by yumi_nan911 at 02:52
なおねこさんもワンコアン..
by cibiyukiko at 18:40
オストゥーニだ(๑•ᴗ•..
by なおねこ at 11:45
*ファン*
*ブログジャンル*