タグ:食べ歩き ( 46 ) タグの人気記事
秋頃からちょっと身辺がバタバタしていて、今年の新年会を企画する気力がなかったのですが、本当は今年はTESTADURAで新年会!って思ってたんですよね~。
みなさんから、今年の新年会の案内を見落としたのかと思った!なんて言われたりして、ご心配おかけしました。まだやってません(笑)新年会ではないですが、春頃にtestaduraで教室のイベント開催したいと思ってます!!

さて、今日はワインの仲間とtestaduraに行ってきました。
わー♪ やっぱり最強!! 以前から美味しいのだけど、どんどん美味しくなってる~。
伝統的なイタリア郷土料理なのに、いつ行ってもなんか新しい感動があります。
美味しかったおいしかったオイシカッタ♪


d0041729_22215003.jpg
自家製のブレザオラ(牛肉の生ハム)。お店ですごいの作っちゃいましたね。また一皿目でガッチリ胃袋とハートをつかまれちゃいましたわ。


d0041729_22220944.jpg
トスカーナ風の前菜を盛り合わせていただきました。今までこのお店でいただいていた鶏レバーのクロスティーニとちょっと違っていたような。パンが揚げてあって、レバーの粗い感じがよく合っていて、さらに美味しくなってる! ナスのソットオーリオも厚切りで食べ応えあってジューシーで美味しい。
d0041729_22221847.jpg
春を思わせるような陽気だった今日にぴったり、イチゴとリコッタのサラダ。ラディッキオやカステルフランコのほろ苦さにイチゴがぴったりでこれも美味しすぎ。ワインはシチリアの白で。これもこのほろ苦サラダにぴったりでした。
d0041729_22222616.jpg
あー、失念。スズキのカルパッチョが出てきたけど写真を撮り忘れました。
d0041729_22223480.jpg
マグロの頬肉と黒オリーブのスパゲッティ。
d0041729_22224401.jpg
ビエトラとリコッタのトルテッリ、セージバターソース。
d0041729_22225355.jpg
ストラッキーノチーズ入りの巨大ニョッキ、クルミソース。これ、トスカーナのオステリア・ノンナジーナよりぜんぜん美味しいです。パスタ3種、どれも当たり! いや、どれを選んでもハズレはないですが。
d0041729_22230102.jpg
d0041729_22231480.jpg
オッソブーコとポレンタ。もう、最初から最後までみんなで悶絶しながらいただきました。そしたら、そこに、ジャーン!!!きゃー!ありがとうございます!!!!!!忘れてたあ。明日私、誕生日!!
d0041729_22232518.jpg
d0041729_22233481.jpg
嬉しい♪ ドルチェの種類も栗のプリンに、お米のトルタ、リンゴのトルタ、ティラミスにジェラートと盛りだくさん。本当にありがとうございます。自分の年齢を考えるとちょっと信じがたいほど大きな数字になってまいりましたが、美味しいものたべて、美味しいワイン飲んで、楽しい仲間とおしゃべりが出来るのだから、歳とっても案外楽しいもんですね~。先日、実家の母に「まあ、70歳までは楽しいわよ」って言われました。そっか、まだまだ楽しいわね、きっと。今年1年、また楽しく過ごせるように、眉間にシワが寄らないようにポジティブに凄そうと思います♪
[PR]
by cibiyukiko | 2017-01-30 22:37 | イタリア料理店 | Comments(4)
旅行記途中ですが、食べ歩き記事もたまってるのです。
イタリアから帰ってすっかり丸くなったカラダをなんとかしなければいけないというのに、、、帰国してすぐに美味しいイタリアンを食べに行っちゃいました。
以前から行きたいと思っていた学芸大学のオステリア・リ・カーリカ
娘が学校のオリエンテーションで1泊するので、日程がわかった瞬間、お友達に連れてって~とお願いしました。

うお~!!日本のイタリアンってば、やっぱり世界一!!(あ;汗、、、)
いえね、ホント、東京のイタリアンってとてつもなくレベル高いと思うのですよね。。

d0041729_2331032.jpg

前菜の盛り合わせ5種を3人前で、、とお願いしたのですが、ジャーンといろんな種類が乗って来ましたよ。
野菜のピクルスににんじんのサラダ、ラディッキオのサラダ、鶏レバーのクロスティーニに自家製ハムが数種。そしてレバーのコンフィ。。どれも美味しすぎて出だしから私、興奮状態です。
d0041729_237264.jpg
リカリカ風のカプレーゼ。トマトって裏漉すとあま~くなりますよね~。
d0041729_238134.jpg

ワインのエチケットもチャーミング。
d0041729_2383114.jpg

タケノコやソラマメ、山菜のフリットにはお塩のかわりにカラスミがたっぷり。贅沢~。
d0041729_239674.jpg

フリコの黒トリュフ風味。幸せすぎますね。
d0041729_2393297.jpg
アルザスのワインもありました。
d0041729_2395136.jpg

プリモにはラグーのスパゲッティ。
そして濃厚、胸腺肉のリゾーニ。
d0041729_23103652.jpg

d0041729_23104950.jpg

そしてセコンドにはドーンとタリアータを!! この店、素敵すぎます。
d0041729_2311231.jpg

ドルチェにはオチャメなバナナコッタ。ホンモノのバナナみたいでしょ?でもバナナじゃないのです。
美味しいだけじゃなくて、やることも可愛いお店。しかもCP高い。
また行きたいな~。相変わらず、夜はまだまだ遠征が難しいのですが、また必ず行きます。予約が取れれば、ですが。
[PR]
by cibiyukiko | 2015-04-23 23:16 | イタリア料理店 | Comments(2)
d0041729_930469.jpg

Castagnole, Tortelloni farciti,tagliatelle fritte,
d0041729_9302792.jpg
Bignole fritte.柔らかくて優しい食感のビニョーレ。これ習いたかったの!!

ボローニャらしいお菓子をたくさん教えていただきました!
ボローニャのチェントロにあるマリアさんのお教室。5年ほど前から気になっていたお教室です。

今回、うちの娘を連れて行ってもよいか聞いたところ、快く受け入れてくださっただけでなく、うちの娘の遊び相手に、、とボローニャにお住まいの歳が近いお子さんがいる方に声をかけて親子グループレッスンを開催してくださいました。そんな心使いをしてくださる優しいお教室。

明るく素敵なキッチンでお菓子をたくさん教えていただきました。
d0041729_925917.jpg


d0041729_9252689.jpg

マリアさんの教え方はとっても丁寧で論理的。そして生地の扱い方やひとつひとつの動作がとても綺麗。

d0041729_9262519.jpg

コレ、はじめて見るお菓子です。どんな味なのかとっても気になります。Tagliatelle fritte caramellate.
ガリッと硬めのクロッカンテ。これ、教室でみんなに食べてもらいたいな~。

d0041729_932018.jpg
途中、お腹が空いた子供達には出来上がったお菓子を一足先に試食してもらったり、
d0041729_9271789.jpg

クレスペッレを用意しておいてくださり、子供だけで先にお昼ごはん。
子供達だけでテーブルを囲む姿も可愛らしく、心あたたまる料理教室です。

ご一緒した方々も気さくでいい方ばかり。
もっとこちらのレッスン、受けたかったな~。お菓子だけでなく、今度はお料理をいっぱい教えていただきたいし。またすぐに行きたくなる料理教室です。また近いうちにボローニャに立ち寄ろう。

イタリア料理教室CiaoBambina 
4月21日(火)のマルケ州レッスンに1名さまのキャンセルが出ております。
あとは4月23日(木)に残席2名様となっております。
オリーブの肉詰めフライにマルケ風ブイヤベース、ブロデットがとっても好評です。お待ちしております。
d0041729_109188.jpg

[PR]
by cibiyukiko | 2015-04-19 09:38 | ├エミリヤロマーニャ | Comments(2)
今回のイタリアは久しぶりのシチリア島からスタート。2008年に教室シチリアツアーを開催して以来、7年ぶり!!!
イタリアは行きたい土地がたくさんありすぎてなかなか戻って来れず、こんなに年月が経ってしまいました。
パレルモ→エオリヤ諸島→チェファル→カステルブオーノ、、と北の海岸線を移動します。

まずはパレルモ空港に夜22時到着。
バスで市内へ出ようと、空港を出て右側のバス停に向かって歩いていたところ、「1人7ユーロでチェントロまで行く」という白タク乗り合いワゴンの呼び込みにあっさりと乗車。ちょうどあと2人の客で出発!という状態だったので、これは待ち時間が少なくていいなあと。

トラブルがあるといけないので皆さんにお薦めはしませんが、10人ほどの乗客とスーツケースをのせて市内の各ホテルや自宅をまわってくれますし、バスで50分ほどかかるところ、30分ほどで到着して値段も良心的。(タクシー45ユーロ:30分、バス6ユーロ:50分、白タクワゴン7ユーロ:35分)、次回も白タクワゴンがいれば私は間違いなく乗っちゃいます。

私たちが泊るB&Bは小さいので、夜の23時に駅前で降ろされてもすぐにわかるかどうか心配でしたが、ワゴンの運転手さんが、パレルモ駅前にたまっているタクシー運転手に宿の場所を聞いてくれて、宿の扉の前で降ろしてくれました。
おかげで、ホテルチェックインが23時を過ぎると追加料金かかるところでしたが、ぎりぎりセーフ!!

お宿はパレルモ駅前のB&Bでしたが、他にお客さんがいなかったのでお部屋はアップグレードされて広かったです。
d0041729_1238287.jpg

部屋の窓からの写真:ホントに駅前なんですが、特にうるさい場所でもなく、家族経営の宿の人たちもみんな親切。ここに2泊しました。

翌朝8時、とりあえずシエキチと2人でウッチリア市場へ。
d0041729_1318151.jpg

あらら、、、なんだか7年前に来た時より寂れてしまいましたね。お店の人の高齢化でしょうか。開いている店が激減して寂しい感じになっていまいした。タコを売っていたお兄さんもいません。

気をとりなおして、朝ごはんを食べにフォカッチェリア・サンフランチェスコへ。
宿の人が朝から開いてるよ~、と言っていたので来てみましたが、、、オープンは11時ですって。
d0041729_13281413.jpg

ユキキーナは廃墟好きです。とりあえず周辺を散策し、、仕方がないので、ウッチリア広場にまた戻って、カフェ・サンドメニコへ。
朝からガッツリ食べちゃいました~。
d0041729_1329102.jpg

コルネットなどのパン類のほか、いろいろ惣菜系の揚げ物も充実。
d0041729_13291918.jpg

爆弾みたいに巨大なアランチーニはシエキチと2人でシェア。ここまで中身がたっぷりのアランチーニは初めてです。
d0041729_13294691.jpg

店内も綺麗で、椅子とテーブルもあるし、およそウッチリアらしからぬ素敵なカフェです。
d0041729_13295576.jpg

さて、あんまり食べると次に障ります。今日のランチは楽しみにしている場所があるのでこの位にして、、、。

パレルモ編つづく。。。
[PR]
by cibiyukiko | 2015-04-07 12:43 | ├シチリア | Comments(0)
d0041729_9323926.jpg

本場仕込みの美味しいパエリアを日本で作れるようになりたい!と、バルセロナでお料理レッスンを申し込んでおりました。パエリアの種類までは指定していなかったので、肉になるか魚介になるか行ってみるまでわからなかったのですが、魚介で準備してくださっていました。こっちの方が今日の気分だったので良かったです。
元々、パエリアは農夫が仕事の合間に野焼きで作っていたものなので、ウサギやカタツムリを入れるのが本来のスタイルだそうですが、現在は魚介のものなどが豪華で人気なので、、ということで、こちらを選んでくださったようです。
昨日のアロスネグロ(イカスミのパエリア)も美味しかった~♪ 今日も楽しみです。

食材を炒める段階から、なるほど~。。がいっぱいのレッスンです。
d0041729_1223621.jpg

お米を入れる前の状態がこれですもの、美味しいに決まってますっ!焼いた海老の味噌の香り~。
d0041729_9362490.jpg

お米を十字に入れるのは聞いていたけれど、なるほど~、そういう理由ですか~。

などなど、いろいろお勉強になります。

d0041729_9381938.jpg
ジャガイモのトルティーリャは、イタリアのフリッタータと同じようなもんでしょ、と思っていたのですが、これまた全然ちがくって。チーズが入らないのにすごく美味しい。

作っている間中、市場で食べた朝食が胃の中にドーンと居座っていて、試食できるか心配でしたが、出来上がりの良い香りと、美味しいワインで胃袋オープン!
d0041729_9404432.jpg

これ、最近スペインで人気があるワインらしいです。
d0041729_9411221.jpg

厚みがしっかりあるのがイタリアの薄いフリッタータと違いますね~。石垣のようにジャガイモがゴロゴロと入っています。そして、スペインのジャガイモが甘くて美味しくて、日本に帰って翌日、すぐにこのトルティーリャは家で作ってみました。
d0041729_942406.jpg

ジャーン!パエリアできた~!!
海老や魚介の旨みをお米がしっかり吸っていて深い味わい。本当に美味しいパエリアでした。
d0041729_9433944.jpg

しつこいけど、これは本当に美味しいパエリアだったな~。小食のシエキチもワシワシ、モリモリ食べていました。
パエリア鍋は買ってこなかったので、早く買わなくちゃね。
ほろっほろの焼き菓子、ポルポロンも習いましたよ。大好きなお菓子です。これも早く作りたいなあ。自分の試作が優先の時はお菓子は食べすぎが怖くて作れないんだけど。

15時終了。さて、今からグエル公園とサグラダファミリアへ行かなくちゃ。食べてばっかりでぜんぜん観光してない(笑)。
d0041729_9461037.jpg

バルセロナの地下鉄ってわかりやすくて便利。治安も悪くないので安心して乗ることが出来ます。
10回券を購入して3人で一緒に使いました。
[PR]
by cibiyukiko | 2014-04-16 09:47 | スペイン | Comments(2)
先日のアッティコレッスンが私にとっては仕事納め。
その帰り道、クリスマス連休で人が多い浅草で、観光客に混じって、アッティコの仕事道具が入ったスーツケースをガラガラひいて誰よりも旅行者っぽい感じに歩きながら、浅草で遊んで帰ってきました。(人通りが多い通りで、すっごい迷惑だったみたいですが:汗)

まずは1件目。
フェッテ・パニッサ
イタリアには、ひよこ豆をペーストにして平らにして揚げたシチリアのパネッレ、トスカーナのチェチーナなど、焼いたり揚げたりする料理がいくつかあるのですが、、
こちらのお店ではそのリグーリア版である、パニッサとファリナータを作っています。
というか、、潔いことに、メニューはこれがメイン!なのです。(サラミとか、他にも少しはありますけどね)

ちょうど、私は来年の3月にはリグーリアのサヴォーナへファリナータを食べに行こうとしているところですので、まずは日本でお味見♪
d0041729_134722100.jpg

最初に、パニッサを揚げる前のものをお刺身風に。レモンとオリーブオイルでいただきます。
ぷるんっとして刺身こんにゃく風??なんとも不思議な感じですが、さっぱりしていて、これもなかなかいけます。
d0041729_14513120.jpg
で、揚げのパニッサに焼きのファリナータ。ファリナータにはチーズが乗ってピッツア風にしてあります。
プロセッコのんで、ビール。
途中、近所の居酒屋の子と思われる5-6歳の子が「ポテトくださーい」と入ってくる辺りも浅草らしくて、微笑ましいお店でした。ポテトじゃないよ~、豆なんだよ~、と子供に絡み、つっこみつつ、スプリッツも一緒にパチリ。
d0041729_14311710.jpg

外観はこんな感じ。
d0041729_14564049.jpg
夏は外で立ち飲み風。。冬はこのようにテントの中で。
お店の方とお話しながら、立ち飲みしてパニッサをつまむのが楽しいお店でした。
d0041729_14331675.jpg

それにしても、この界隈、なんか変!! 
この路上はいったい誰のものなのか。。。どこもテントが道にせりだしていて、夏はみんな、この路上で立ち飲みしているのでしょうか。。。ニューワールドです(笑)

日ごろは品行方正。
通常、15時半にはぴっと家で三つ指ついてシエキチさんをお迎えしている私ですが、、
家に子守がいると安心して首輪がとれてしまいます。
パニッサを食べていたら、家からスカイプで夫とシエキチから双方向動画の電話がかかってきたので
「まだ帰んないよ~だ。適当になんか食べて~。」とグラス片手にパニッサ食べてる映像を送ってブチリッと切断(笑)。

本当は、この1件だけ、さくっと酔って寄って帰るつもりだったのですが、、
テントを出て7-8歩のところで、
何コレ? ヘンテコな(お店の方、ごめんなさい。)店がある~。
と吸い寄せられるように2件目へ・・・・ 

次の店オンド・マルトノ・カフェ につづく
[PR]
by cibiyukiko | 2012-12-28 12:05 | イタリア料理店 | Comments(2)
d0041729_10262014.jpg

これがもう1度食べたいっ!!
屋台のバナナパンケーキ

とろーりとたっぷりの練乳がかかっていて、中には熱が入ってとろっとしたバナナ。
パンケーキというネーミングになっていますが、ロティと呼ばれているインドやマレー風の薄~いカリッとパリッとした薄い皮で包まれています。

d0041729_10365624.jpg

注文すると、箱から丸い生地をとりだして、器用に手でうすーくのばし、屋台の鉄板で焼きます。(同じお兄さんですが2日間に渡って密着取材をしていたので服の色が違います)
d0041729_1036256.jpg


d0041729_10301898.jpg


途中で生地の上で直接、ナイフでバナナを刻んで散らし、折りたたんで、バターを(ギョ!オレンジ色!)投入してカリッと焼き上げ、、、
練乳をたあ~っぷりかけて、お皿にのせて、食べやすいサイズにカットしてくれます。
d0041729_1040265.jpg


シナモンやヌテッラをかけたり、ココナッツをふったり、いろんなトッピングを選べます。
タイ人は、中に目玉焼きを入れて持ち帰ったりしていました。おうちで食べるのかな?

私たちは、お外でビール片手にのーんびり。
ネコもイヌも、のーんびり寝そべって、時間がゆっくり流れています。
d0041729_10412637.jpg

d0041729_10414093.jpg

東南アジアとか、ナポリとか、、なんでしょうね、この闘争心がなくなっちゃた感じの動物達。
あっちこっちで、気持ち良さそ~うに寝ています。

動物も人間も、暑いとだらーっとしちゃうのですね~。私は旅行から戻ってから、脳みそ溶けたまま。
今年の夏は、毎日、シエキチと遊んで、お友達と家で宴会して暮らしているので、社会復帰が出来るのか不安。

来週からまた料理教室、再開いたしますね。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-08-16 10:46 | Comments(0)
最後に、すごいものを食べたのでは!?なんて期待されちゃって、書きにくくなってしまいましたが~。。。

最後の食事はローマの空港にて。 
毎回、機内食は一切、受け取りを拒否しているので、飛行機に乗り込む前に何かお腹に入れます。(イタリアで取ったカロリーを考えると、飛行機でモノ食べている場合じゃないのです。でも、イタリアでは限界まで食べます)

今回は、フィウミチーノ空港の GateBの辺りに、モッツアレッラBAR Obika" を発見。
イタリアではミラノやローマなどの大都市にある、カンパーニャ産の美味しい水牛モッツアレラが鮮度の良いうちに食べられるお店です。(実は六本木ヒルズにもあるんだけど、全然違うの~)

d0041729_22513996.jpg

シエキチは、ヴァルテッリーナ産のブレザオーラとパエストウム(カンパーニャ)の水牛のモッツアレラ。
この一皿、写真ではわかりづらいですが、すごく大きいの!
モッツアレラは、工業製品ではない、手で引きちぎったタイプの形をしています。

d0041729_22521556.jpg

私は、メニューの中に、カラブリアで食べたアンドウイヤの文字に目が釘付け! 
Pane CUNZATOというシチリア風のパンに、アンドウイヤを塗って、その上にグリルしたズッキーニにプチトマトがのって、さらにその上に、大好きなブッラータ♪ とラグーサのカチョカヴァロをのせたもの。

d0041729_22522069.jpg

実は、日本のお寿司屋さんにヒントを得た店構えらしいですよ。生ハム類は注文してからスライス、モッツアレラは生簀?のような水槽にプカプカ入っているのを、オーダーしてから取り出していました。

こうして、最後まで美味しいものを食べて満足満足、と飛行機に乗り込みました。帰りは夜なので爆睡です♪

ポルトガルから始まった旅は、ヴェネト、フリウリ、、そしてカラブリアへと南下し、各地のお料理を満喫。
今回、かなり離れた場所をめぐったので、各地でぜんぜん違う料理を味わうことが出来ました。
ふう、今回も食べた食べた、、い、、いえ、お勉強になりましたわ。
すぐにでもまたイタリアへ行きたい! という思いを胸に押し込めて、来年までがんばって生きていきます。

今回の旅で学んだお料理のいくつかを、5月12日(土)の新宿、ドリーミアサロンにて、旅の話とともに披露させていただきます。若干名の空きがあるようです。
良かったらお申し込みくださいね。お申し込み・詳細はコチラ
ヴェネトのお菓子ザレッティに合わせて、デザートワインのモスカートを持って行っちゃおう♪と考えています。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-05-02 00:01 | ├2012春のイタリア | Comments(10)
今回の旅行記、もう終わったと思われているようですが、、、いえいえ、まだ終わっておりません。
しつこいですが、あと少しお付き合いくださいませ。

出発の朝・・・(下條アトム風で)
d0041729_2374113.jpg

前日、私が「野生のアスパラが食べたい!」と騒いでいたのですが、、、B&Bのシニョーラが、私がよそでいろいろ食べて飲んでいる間に、アスパラを摘みに行ってくれていたそうで。。
朝食にアスパラガスのフリッタータ(オムレツ)を作ってくれました♪ (昨春の野生アスパラのフリッタータはコチラ)。しかも、毎朝、お手製ドルチェが山盛りで出てくるので、
ポツリと「日本ってさ、朝食は甘いものより塩辛いものとか食べるんだよね~、魚とか焼いて食べたりとかさあ」なんて言ったからかしら。。
サルディチェッデも朝から出してくれました(笑)。
発酵した魚なんて、おそらく、シニョーラ的には許されない朝食かも?

・・・でも、コレはちょっと辛かったなあ。私がYUMIさんに連れて行ってもらって購入したものの方が美味しかったです。
d0041729_972324.jpg

そんなわけで、私は塩気のある朝食をいただいたので、こちらの可愛らしいお手製ドルチェ達はお土産にいただいちゃいました♪ 
d0041729_2383942.jpg

d0041729_2375294.jpg

イタリアでは常に満腹なので「くるし~」と言いながら食べていたこのドルチェも、日本に帰ったら胃に余裕が出来たためか、数倍、美味しくいただけました。
人間、腹8分くらいにしておかないと、美味しいを通り越して惜し~い感じになっちゃいますね。気をつけよう。

カラブリア、素朴な田舎料理たちに雄大な自然。私好みでした。(これも、車での移動手段があるかないか、美味しい宿に当たるかどうか、で印象は違うと思いますが、、、今回は強い味方が!子連れで、しかも食べ物への執着が強い私を優しく迎えてくれてありがと~(笑)。
d0041729_9341856.jpg
カラブリア滞在、興味がある方はご相談くださいね♪ まだあまり知られていないカラブリア、応援したくなっちゃいました!!

さて、このブログのタイトル、「最後から2番目の、、、」って、まだこの後何か食べるのか!?

5/12(土)新宿のドリーミサロンでのイベント開催のご案内です。
詳細・お申し込みはこちらから ドリーミアクラブ
まだ少し残席がございます。ご参加お待ちしております♪
[PR]
by cibiyukiko | 2012-05-01 10:20 | Comments(7)
イレアナマンマのお料理レッスン、そしてお昼をゆっくり食べて、、もう夕方。お腹はいっぱいなのですが、、
今日はイタリア最後の夜!!
カラブリアのトラットリアで、どうしても食べたいパスタがあるのです。夜までにお腹すかせなきゃ~(って、私、旅行中はいつもそんなこと言ってます)
d0041729_2355090.jpg

カストロヴィッラリの街をYUMIさんに案内してもらいました。南イタリア名物、おじさまだらけの街角。

d0041729_2361052.jpg

街のはずれまで来ると、もうこんな景色! 山に囲まれています。
カラブリアはトロペアなど、綺麗な海でも有名ですが、本当に、山と海の大自然に囲まれた土地です。

さて、カラブリアの特産品、サルディチェッデが美味しいお店へ連れて行っていただいたり、最後のお買い物をして、まだまだ満腹で迎えた午後8時! 苦しいけど死ぬ気で食べます(笑)

前菜には
cancariddi cruski カンカリッディ・クルスキ?? もはやイタリア語ではない、カラブリア語。
乾燥させたペペローニを揚げたもの。
d0041729_2250679.jpg


カリッとして軽~い、前菜です。 カンカリッディという名前からもカリっとしてそうでしょ?
B&Bにも乾してありましたよ。↓ 揚げる前の乾燥中のペペローニ。
d0041729_2364145.jpg


そして、カラブリアへ行くと決まってから3ヶ月、ずーっと
食べたい!食べたいっ!! 絶対食べたいっ!! と思っていたパスタがコレ!

d0041729_237179.jpg

Spaghetti al fuoco di bacco.
赤ワインで茹でたパスタです。これを食べなきゃ帰れません。
もちろんアルコール分は飛んでいますが、めちゃくちゃ濃厚!!病み付きになりそうな味です。
 
これを食べるためだけにでも、ぜひカストロヴィッラリへ(笑)。
 
シエキチはもう、この時点で寝ていました。そんなこともあろうかと、夕方、YUMIさんに貴重な鰹節とお醤油をいただいて、おかかおにぎりを作って食べさせておいたので安心♪
d0041729_2371594.jpg

セコドンにはチコリエとサルシッチャ。これも南らしい一皿。ナポリだとよく、フリアリエッリとサルシッチャ、、とかがあります。

さんざん食べ歩いたイタリアですが、さすがにもう、この日ばかりは、胃が破裂するのでは!?と思いました。。もっと日程に余裕を持って、堪能したい。。さすがにもう、年齢的に1日3食も全力投球は厳しいです(汗)
自分の持つ力を200%出し切って食べまくりましたので、おかげで、帰国後2週間の現在、まったく外食する意欲が湧かず。。
まあ、今月と来月、企業さまからのお仕事をたくさんいただいており、家に缶詰状態で遊べないので丁度よいのですが。。。ただいま、毎日のレッスンが終了した後、夕方から半泣きで外注の仕事。
昨年、地震の後にキャンセルになった企業のイベントやレシピ製作等の仕事がいろいろ、この春になって別の形で戻ってきています。
あまり感じていませんでしたが、やはり昨年は社会全体が停滞していたんだ、、と実感。
お仕事嬉しいですが、均等に入ってくるともっと嬉しいな~。。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-24 23:09 | ├2012春のイタリア | Comments(0)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
今年のオイル、どんなか楽..
by ユキキーナ at 23:46
楽しみ楽しみ♡
by casadelsole at 21:30
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
初めましてこんにちは。 ..
by りえった at 05:58
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
素敵な写真から雰囲気が伝..
by akkonouta at 11:26
*ファン*
*ブログジャンル*