タグ:食べ歩き ( 42 ) タグの人気記事
「カルネ・デ・ポルコ・アレンティジャーノ」(豚とあさりの煮込み)を作りたい、とリクエストをお伝えしていました。
今日は、そのほか、ポルトガルらしい魚介の煮込みやお米料理など、豪華です。

カルネ・デ・ポルコ・アレンティジャーノは、踏み絵的なお料理だそうで、
昔、ユダヤ人やイスラムの人が豚肉を食べることが出来ないため、見分けるために作った料理なのだとか。
ヨーロッパでは、宗教が料理の発展に影響していることを感じることがよくあります。
d0041729_16214843.jpg

豚とあさりを一緒に煮るって、なかなかありませんが、所変われば、、ですね。
この豚肉の下味に使っているパプリカペースト、今思えば、カラブリア風のパプリカペーストに似てる!
日本では、、、新潟の、、あの食材に似ている気がします。代用出来そう。

お肉が本当に柔らかくて、味もよく入っていて、美味しくできました♪
d0041729_1622351.jpg


お豆と魚介の煮込みは丁寧にだしを取ります。
コリアンダーをこんな形にして、ポンっとお鍋に入れてだしをとります。
d0041729_16222313.jpg

本当に、ポルトガル南部ではコリアンダーをよく使うのです。
江戸時代に、「コエントロ」という名前で持ち込んだのもポルトガル人だそうですが、日本ではあまり使われていないですよね。私にはタイ料理のイメージが強いです。
d0041729_16223875.jpg

これ、美味しすぎました! 
教室でも作りたい♪ そのうち、番外編、ポルトガル料理レッスンの日をやろうかと思います。

アローシュ・デ・バカリャウ。(塩鱈のリゾット)
d0041729_16224861.jpg

日本でバカリャウはなかなか手に入りませんが、あるもので代用できます。

ポルトガルでお料理を習ってみると、中世以降の日本との関わりをいろいろ知ることが出来て面白かったです。
世界は広いけれど、海で全て繋がっているんだな~、、、、と料理を通してロマンを感じました。

この日は、レッスンが終わる頃に姉とシエキチもお店へ試食に来ました。
3人分のテーブルと飲み物を用意してくださり、一緒に夕食に。こういった配慮にも本当に感謝です。
講習会のお値段が安すぎて申し訳ないくらいです。。。
美味しく楽しい料理レッスン、ありがとうございました。また行きたいです!

4泊5日、と短い日程ですが、リスボンの食事を楽しめました。まだまだ食べてないものがたくさんですけどね。
そして、国民性については、まだ謎です。
とりあえず、初対面の私にむかって、
「どうだい?オイラんとこの〇△はうんめーだろ~!!」的な、少々強引で自己主張の強いイタリアーンなノリはどこへ行ってもありません。
「美味しいです♪」と怪しいポルトガル語で伝えると
「にっこり」と笑顔が返ってくるだけで、まったく押し付けがましくないのがポルトガル(笑)

そして翌日、私とシエキチはヴェネツイアへ。姉はポルトガルに残って、ポルトやファティマへ行くということでここでお別れ。胃袋を一緒に分けてくれてありがとね~。
さあ、旅のアンティパストは終了。次はメインが盛りだくさんなイタリアです。
早速、ヴェネツイア空港に到着した瞬間から、イタリア人の熱~い洗礼を受けるのでした~。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-10 20:15 | ポルトガル | Comments(2)
4日目の朝、リベイラ市場へ行ってみました。
この黒い魚、顔が怖いんですけど、、、どうやって食べるんでしょうね?ご存知の方いらっしゃいます?
d0041729_1351534.jpg


ケーブルカーに乗ってうろうろしたり。。
d0041729_137348.jpg

ポルトガル、年齢層が高いです。お年寄りがいっぱい。
坂が多くて、住みやすくはなさそうな街ですが、あちこちで、お年寄りに手を差しのべて助ける光景が。
ポルトガルって、さりげない、控えめな親切の国だなあ、、と思います。
押し付けがましい親切と、オーバーアクションなイタリアに慣れてしまった私には少々物足りなさも感じますが、落ち着いてゆっくりできる街です。の~んびり旅行したい人には良いところかも。
私と娘と別れてから一人でポルトガルを旅行していた姉は、各地でたくさんの親切に出会ったそうです。

サンジョルジュ城などなど、リスボン市内をお散歩した後は、
お昼は、ロシオ広場の裏手にある、鶏料理が美味しいと評判のボンジャルディンへ。
あまり活気が感じられないリスボンですが、この店は大繁盛! お店の人も忙しそうで、勢いがありすぎて、なかなかオーダーが出来ません。

まずは、サングリアを頼んで乾杯して、鶏とおコメのスープ「カンジャ」。
家庭料理の定番らしいです。どことなく、中華粥のような、韓国料理なような。。。
地味深い味わいです。
d0041729_13211073.jpg

他の席を見渡すと、みんなが食べているのはローストチキン。
3人で小さめの鶏を1羽、丸ごとでいただきました。
d0041729_13271668.jpg

こういうシンプルなローストの時は、シエキチもかなりの戦力となるのですが、、フライドポテトの量が半端ないです。。

こちらのおじさまは、お店のオーナーかな?イタリア人レベルでシエキチに絡んできました(笑)。
d0041729_13241319.jpg


さて、お腹がいっぱいなのですが、、お料理習いに行ってきます。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-10 19:51 | ポルトガル | Comments(0)
待ってました~。お料理レッスン。

ただの観光旅行にあまり興味がない私。到着したのが土日で、レッスンがなかったため、うまい具合にちゃんと観光も出来ました。そうでなければ、毎日料理を習って終わっていました。。(いえ、お姉さま、おかげで観光もちゃんと楽しかったよ)

カステラ・ド・パウロ
ポルトガル人の菓子職人、パウロさんと、日本人の奥様、智子さんが営むお菓子屋さんです。
d0041729_17192836.jpg

こちらの厨房で、お菓子とお料理を教えていただきました。
数年前にネットで見つけ、いつかお菓子と料理を習いに行こうとお気に入りにストックしていました。本当に行けて嬉しい!

d0041729_17134040.jpg

カステラの原型と言われるパオン・デ・ロー。
ポルトガルの地方によって、形や火の通り具合など、違うのだそうです。
今、半生カステラと呼ばれて流行っているのは、このお菓子だったのかな? 
まずは、手作業で紙を折って、パオン・デ・ローを入れる箱作りから。素朴で温かい入れ物が出来ました。
材料はごくシンプル。卵をしっかり泡立てて、紙を敷いた器に流して焼き上げます。
オーブンからあまーい香りがしてきたら取り出し、焼きたての茶色い部分をめくってみると、ふわ~。軽くてふんわり、しっとりと柔らかく、中は少しとろりとしています。
d0041729_17262255.jpg
見ただけで美味しそう!しかも、これが非常に簡単!!足はボロボロに疲れていましたが、幸せ~。

レッスンで作ったものを2つ持ち帰り、この素焼きの器もいただきました。日本でも簡単に焼けそうです。
焼きたてと、翌日ではまた違った味わいということで、翌朝の朝食にしました。どちらも好きな食感!

お料理は、これも作ってみたかったバカリャウのコロッケ
d0041729_16255096.jpg
イタリアで何度もバッカラの料理を作っていますが、これはポルトガルらしい感じ。
身のほぐし方も、独特でした。
d0041729_2227482.jpg

ふきんに包んでゴシゴシして骨をあたります。
豆のサラダにパプリカのマリネ。黒オリーブのマリネなどなど。どれも野菜たっぷりでほっとする味わい。
コリアンダーをいろいろな料理によく使っているのが印象的でしたが、コリアンダーもオレガノもリスボン以南でよく使われます。ポルトガル北部はあまりフレッシュハーブは使われないそうです。

旅行中、どこのお店で食べるものより、やはり家庭的なものが一番美味しいと感じてしまいます。
作った後に、お店のテーブルでワインと一緒に試食させていただけるのですが、
今回、姉とシエキチがホテルにいるので、たくさんお持ち帰りさせていただき、お部屋でワインと一緒に楽しみました。ポルトガルに来て、何かが足りないと思っていたのはコレだった。「現地の料理を体験して楽しむ喜び!」
明日のレッスンも楽しみ~。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 17:29 | ポルトガル | Comments(2)
ベレンの後はリスボンから電車で30分ほどのカスカイスへお散歩に。
ポルトガルへ到着したのが土曜日。
料理レッスンは月曜日と火曜日の夕方なので、それまで、ただ、のーんびりと観光したり、美味しいものを食べて過ごします。

カスカイスはコスタ・デル・ソル(太陽海岸!)と呼ばれるリゾート地。お洒落なお店が立ち並んでいます。
まあ、シエキチに、アイスが食べたいだの、アレに乗りたい、、だの、ひっぱりまわされて、特にお洒落な店へは入っていませんが、それでも、可愛らしい街並みに乙女心のテンションはすこし揚がります。

海へ続く道にあるレストランでお昼にしました。こちらでは魚介類を食べないとね。
d0041729_15595721.jpg

テーブルに前菜のチーズが運ばれてきました。ポルトガルでは、注文していない前菜が運ばれてきて、お断りすれば料金がかからず、食べれば料金がかかるシステムだそう。
美味しそうだったので、チーズを食べてみました。
中はとろっと柔らかく、クセもなくてスプーンですくってパンにつけて食べると美味しいので、3人でパンをいっぱい食べてしまいました。。

シュワっとさわやかなヴィーニョ・ヴェルデ(微発砲の白ワイン)で魚介をいただきます♪
d0041729_166231.jpg

ポルトガル名物?? いわしの塩焼き。
オリーブオイルを塗って炭火焼にしてある模様。日本のイワシを焼いたものと変わらないんじゃないかと思ったのですが、ちょうど良い塩加減でふっくらと焼いてあり、添えられたジャガイモもしっとりと美味しく、よく合います。(実は、イワシの骨がのどに刺さり、この後2日間取れなかったの~。死ぬかもしれないと覚悟しました)
d0041729_1625561.jpg

しかし、一皿オーダーしたらイワシ4匹来た、、、多いよ。(3人で良かった♪)

シエキチが大好きなイカを焼いたもの。柔らかくて美味しい。ここにもお芋。
ポルトガルのジャガイモ、ほっくりというよりは、しっとりです。危険だわ。お腹にたまる~。
d0041729_1645251.jpg

アローシュ・デ・マリスコ(魚介のおじや?リゾットともちいと違います)
d0041729_1652697.jpg

たっぷりの量。ほんと、3人で良かったあ。姉、よくぞ来てくれた。
これを食べたかったのよね~。
この店のはちょっと塩辛かったなあ。。。まあ、美味しかったのですが、本当はもっと美味しいはずだわ。(その後、私たちがイタリアへ移動し、ポルトガルに残った姉は、他の店ですごーく美味しいアローシュ・デ・マリスコを食べたらしい。。。)

満足した後は、海岸沿いをお散歩して、「地獄の口」へ。
d0041729_1615524.jpg

ヨーロッパでは、首都が海に面しているのはリスボンだけだそうですよ。
どこへ行っても海が見えます。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 16:11 | ポルトガル | Comments(2)
ようやく、なんとかたどり着いたベレン。
市電もバスも来なかった理由が、ベレンに到着してわかりました。

「ベレン市民マラソン!!」のため交通規制。すごい人、人、人です。
d0041729_10264151.jpg

(発見のモニュメント前だってランナーたちに囲まれてこの有り様・・・)

いや~ん、、、教えてよ~。
誰に道を聞いても、バスや市電について聞いても、「今日は来ないよ」と言うだけで、理由を教えてくれないのです。
イタリア人だったら、余計な情報をいろいろ教えてくれそうなのに(それもどうだか、、)、ポルトガルの人は、聞いた質問に対して、「来ない」という事実のみを、表情を変えずに教えてくれます。
親しくなるまで余計なことを言わない国民性なのでしょうか。
それに、停留所に「3月25日、マラソン大会のため運行休止」とかの表示も全くナシ!!
交通機関がストップしている理由を知っていれば納得したのに。。

まあ、とにかくたどり着いたので、気を取り直して、パスティス・ディ・ベレンへ。
お店はいつも混んでいて、並んでいる、と聞いていたのですが、ガラガラです。
どうやら、誰も、この交通規制の中、ベレンへ辿り着けなかったものと思われます。執念でたどり着いた私たち(笑)。
d0041729_1032677.jpg

これがパスティス・ディ・ナタ。小さいので一人2個づつね。

皮が、驚くほどパリッパリ!!!思っていた以上のしっかりめな歯ごたえです。
 ナポリのスフォリアテッラの皮をさらにカリっと、、、いや、バリッ!させた感じで、中のとろっと甘いクリームとのコントラストが抜群!
おいし~。これを食べにリスボンまではるばるやって来たのよ~。
今まで食べていた、どれとも違います。
しかし、、、、、、、この皮を気に入ったシエキチ。なんと私のナタちゃんの皮の部分だけを食べてしまったのです!!
半分食べたあたりで、全ての皮をヤツに剥ぎ取られました。ぐっすん(涙)
さすがにリスボンまでは人生でそう行けないので、少々心残りでしたが、追加オーダーはせずに諦めました。
これからイタリアで死ぬほどカロリー取りますのでね。ここでスパークしている場合じゃありません。

甘い×甘い飲み物になってしまいましたが、ポルトガル式ミルクコーヒー、ガラオンと一緒に。
d0041729_10412363.jpg

美味しいのですが、甘すぎる組み合わせ。お薦めしません×××。紅茶にすれば良かった。。

作っているところも見られます。
d0041729_1043759.jpg

のんびり、ナタを食べてお茶していたら、マラソン大会が終わった模様。
今度はお店もすごい人!! お疲れには甘いものですものね~。
d0041729_10435951.jpg

d0041729_10442117.jpg

日曜日の午前中は、ベレン市内の博物館や修道院は入場無料、とのことで、14時までにいろいろ入ってみます。
[PR]
by cibiyukiko | 2012-04-09 10:37 | ポルトガル | Comments(2)
d0041729_15592721.jpg

d0041729_16111230.jpg


さんざん食べて来たくせに、、、帰りにトランジットで立ち寄った香港にて飲茶ランチ。
いろんなお茶を何度も入れに来てくれて嬉しい。
日本の感覚で注文したら、1つの蒸篭がボリューム満点の飲茶!
漢字から想像してなんだか知ってるようなメニューをいろいろ頼んでみたら、想像と違うものが次から次に運ばれてきて飲茶ならぬ、闇茶ランチ(汗)。
杏仁豆腐をシエキチが食べたいというので、紙に漢字で書いてお店の人に見せたら、どうやらないらしい。
日本とメニューが結構違うのね。満州料理の店だったみたい。
何がなんだかわからず、蒸篭が開けられるたびにドキドキでしたがどれも美味しかったです。

最後まで食べ過ぎました~。

今週と来週、教室以外の仕事で精神的には忙しいのでした。こんな食べ物ばっかりの旅行記書いてないで本腰入れて仕事しなきゃ~。。。(汗)
そっちも食べ物のことばっかりだけどね。。(滝汗)
[PR]
by cibiyukiko | 2011-08-11 23:44 | Comments(0)
ホテルを一歩出れば、そこは屋台パラダイス~♪♪

と言っても、、それは夜の話。
昼はみんなどこへ行ってしまったの~???といった感じで閑散としています。

お昼、観光客はあまり利用しなそうな小さな屋台がある辺りを発見。地元の人の朝や昼食を支えている感じです。
ひゃ~! げ・き・や・す!!! 

私のお気に入りのお店はこのおばちゃんとこ。
店頭で美味しいサモサを毎日揚げています。(1個20円くらい)
d0041729_8502521.jpg

揚げたてをつまみながら、他のメニューを物色。どうやら家で作ってきたものを大きなタッパーに入れて持ってきて並べています。
d0041729_8512760.jpg

黒くて丸いのはバナナドーナツ。ちょうど良い甘さで美味しい。
厚揚げみたいなのにもやし炒めを挟んだものはシエキチのお気に入り。丸いさつま揚げみたいなのは海老がいっぱい入っていて美味しい。
d0041729_8514662.jpg

ドーナツもかわいらしい素朴な仕上がり。家庭的な屋台です。

ビーフンやミーゴレンなどを新聞紙で包んだものも売られています。1個 1リンギット(約27円)
ちゃんと中はビニールコーティングしてあって、綺麗に包まれています。
d0041729_9141790.jpg

マレー風おかあさんの味かしら? しつこくなくて、優しい味。お店で食べるものよりずっと美味しい。お釣りがなかったようでサービスしてくれちゃった。
こちらのお店、とっても美味しいので毎日通って、全メニュー制覇したいくらいでしたが、他にも魅力的な屋台がいっぱい。

少し歩いた先には、ずっと揚げ物をしているおじちゃんの屋台。
d0041729_9165472.jpg

サツマイモのてんぷら??とかバナナのフリッター、コーン入りのかき揚げ風フリッターなどなど。
迷ってたら、買ってないものまで「食べてみろ」と渡されました。みんな優しいね。
なぜか昼の屋台では揚げ物が多く目についたのですが、どれもカラリと揚がっていて胃もたれしません。油もちゃんと新しいものを使っているみたい。

シエキチにはたまらない、こんなカラフル屋台も。
d0041729_9221032.jpg

スイカのカットの仕方がいい感じ。両手でほうばるのに丁度良いサイズと厚みなのです。
フルーツの種類も豊富だし、どれも甘くて、外国によくありがちな大味ではありません。

こちらにも気になる屋台を発見!
d0041729_14443134.jpg

何か、葉っぱに包まれた魚のようなものを鉄板で焼いています。
気になる~。
d0041729_14451599.jpg

葉に包まれて蒸し焼きになっているのでふっくら柔らか。フレッシュなトマトとタマネギ、タカのツメをあわせたソースをかけていただきます。チキンもその場で焼いてくれました。
こちらの屋台、盛りだくさんです。
d0041729_14463251.jpg

野菜いろいろ
d0041729_14465421.jpg

お粥もセット中。
d0041729_14471235.jpg

お店の人も、ニコニコしていて、カメラを向けるとこの笑顔♪ 可愛い!!
ペナン島って観光地なのに、みんな観光ズレしていない感じで素朴です。とってもいいトコロ。

この屋台のもう少し先に、インド人がやっている小さなお店があり、ショーケースにいろんなカレーやタンドリーチキン、カレーで煮たゆで卵などが並んでいて、指で指すと、てんこ盛りのご飯の上に、どんどんのせていってくれます。
d0041729_1451775.jpg

しかし、、辛かった~。。。

以上、屋台グルメ、昼の部でした。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-08-11 09:24 | Comments(2)
マレーシアは、マレー系、中華系、インド系の多民族国家なので、ホテルの朝食も多民族~♪
ナシゴレンやミーゴレンなどのマレー系に、ロティと数種のカレーやサモサなどインド系、それに中華系のおかゆや麺類。
今はラマダンの時期なのでイスラム教徒の観光客は少ないですが、ラマダンが終わるとサウジアラビアなど、中近東からの観光客も多いそうで、アラブ料理などもありました。
アジアンリゾートの朝食、盛りだくさんで大好き~。朝から3食分くらい食べてしまいます。。
d0041729_23493688.jpg
d0041729_23494666.jpg

もちろん、オムレツやワッフルにパンケーキなど、西洋式も充実しているので、夫はそちらに張り付いていましたが、私はエスニックに走ります。
朝からガッツリ、ロティ&カレ~。
d0041729_10424020.jpg

d0041729_2350317.jpg
お粥にはトッピングたっぷりのせて~。カリカリのお麩が美味しかった~。
d0041729_23501922.jpg
麺に入れる具を選んで告げるとその場で作ってくれます。オリエンタルな朝食の後、私は飽き足らずにマフィンやケーキ類をつまみます。
d0041729_8454522.jpg

シエキチは毎朝、フルーツに、スイカジュース、メロンジュース。なんてヘルシーな。
朝から狸みたいになっちゃっている私と大違い。この嗜好の違いが体のカタチの違いを生むのね。。
まあ、いいわ。心残りないように食べつくすのさ。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-08-09 23:51 | Comments(0)
マレーシアって治安がいいので、肩に力を入れる必要も、お釣りをごまかされる心配もまったくナシ(ついつい、、I国と比べてしまいます)。。

生活水準もけっこう高いんでしょうね。どこの屋台も清潔だし、海辺でもガツガツした呼び込みとかまったくナシ。虫もいないし、の~んびりリラックスできました♪
時差が1時間というのもポイント高し。

夜の8時にホテルへ到着した後、早速、ホテル近くの屋台へ。
マレー系、中華系、インド料理に、中近東料理にフレッシュジュースの屋台など、たくさんの屋台が集まっていて、好きなお店で注文し、中央のテーブルに座って待っていると運んで来てくれるので、そのときにお支払いします。
d0041729_20105133.jpg
d0041729_2011399.jpg
d0041729_2011933.jpg

こちらは、地元の人もいますが、観光客も多いので、他よりお値段がちょっぴり高めなようですが、
それでも一皿 300円くらい。
イスラム教の方が多いので豚肉料理はありません。あとアルコールは高かったです。(日本価格ですが)

d0041729_20194462.jpg

生絞りジュースは果物がすごく濃厚に入っています。シエキチはスイカジュースとココナツジュースがお気に入り。
私はドリアンジュースなんてのを頼んでみましたが、、、水をまったく入れずに作っているのか、果実そのまま、クリーミーでシェイクのような濃厚さ。
d0041729_2022291.jpg

d0041729_20224117.jpg

最初は美味しく飲んでいたのですが、だんだんときつくなり、、、しかも結構な量だったので途中でギブアップ。
果物の王様、ごめんなさい。
ちなみに、ドリアンはその強い香りから、ホテルへの持込は禁止でした。

食べているときは臭いと思わないのですが、昔、バンコクの水上マーケットでオバチャンに勧められて買って食べたときに、ドリアンの汁を拭いたハンカチがカバンの中で異臭騒ぎを起こしたことがあります。。とにかく強烈でした。。美味しいんですけどね。。こんなのホテルの絨毯やベッドにつけられたら嫌なのでしょうね。
今回、飲むときに洋服にこぼしたり、手についたりしないよう気をつけながら飲みました。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-08-08 13:21 | Comments(2)
6日間、家族でマレーシアのペナン島に行ってきました。
プール遊びが大好きな娘と、同じく子供のような夫は、夏休みの旅行は必ず、プールがいっぱいあって、ひたすらのんびり出来るところを希望するので、そこに私が食べ物が美味しいところ、、、とくわえると、たいていアジアンビーチです。
今年は屋台料理を満喫できるペナン島に行ってみました。
ペナンの人たち、すっごく感じが良くて、フレンドリーです。海はあんまり綺麗じゃないけど、ホテルのアクティビティやプールにマリンスポーツ、そして屋台B級グルメを満喫してきました♪ そして、、、、また焼けてしまいました。。
d0041729_16101071.jpg

ペナン島旅行記、後日書きます~。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-08-07 15:45 | Comments(2)



料理教室のことなどなど、、。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
ゆみちゃん、こんにちは♪..
by cibiyukiko at 12:01
ユキキーナさん、こんにち..
by yumi_nan911 at 02:52
なおねこさんもワンコアン..
by cibiyukiko at 18:40
オストゥーニだ(๑•ᴗ•..
by なおねこ at 11:45
> casadelsol..
by cibiyukiko at 23:58
> pom姉さん いつ..
by cibiyukiko at 23:56
ADがんばります(笑)
by casadelsole at 23:28
ホタルイカまで参加しまし..
by pom姉 at 21:12
ありがとう!! ソムリエ..
by cibiyukiko at 14:28
遅ればせながら お誕生日..
by olive-felice at 20:58
*ファン*
*ブログジャンル*