人気ブログランキング | 話題のタグを見る



バローロのリゾット_d0041729_13551580.jpg

小豆ご飯じゃありません。イタリアワインの王様バローロのリゾットです。バレンタインにもぴったりのリゾットですよ♬

ワインの銘醸地へ行くとその土地のワインを使った料理というのがけっこうありますが、バローロだと、ブラザート・アル・バローロ(牛肉のバローロ煮込み)とか、このリゾット。
他の地域でもヴェネトだとアマローネのリゾットとかトスカーナではキャンティ煮込みの鶏肉とかご当地ワインでのお料理は色々あります。
特にお菓子にはその土地それぞれのリキュールを使ったお菓子で地方色がよく出ているのも楽しいところ。
ミラノだとアマレット、ヴェネトならグラッパ、トスカーナのヴィンサントにシチリアだとマルサラなど、その土地の地酒を知るとイタリア菓子をいただく楽しさが増します。
さて、バローロ(ピエモンテ州の赤ワイン)を使ったリゾット、簡単そうでいて、案外このくらい赤ワインを強調した色に仕上げるには勇気が必要なのです。
中途半端に薄赤いリゾットになっているものをよくみかけます。
私も、どうしても中途半端な色に仕上がったりしていたのですが、ワインにスポットをあてたリゾットならこれくらい色を出したいところ。

2月レッスンのピエモンテ州コースではちょうど良い塩梅でバローロ(または他の赤ワインでも)を加えるコツをお伝えいたします。
そして、ほんの少しあるものを加えるとぐっと引き締まります。
仕上がりにアルコール分は残りませんのでご安心ください。レッスンではバローロを使用しますが、ご家庭では他のワイン、どんなワインが良いかお伝えいたしますね。

このリゾットのほか、細目のグリッシーニと残ったグリッシーニの活用法にピエモンテ特産のヘーゼルナッツを使ったトルタなど。

2月にぴったりのメニューです💕
バレンタインに作りたい場合は2月10日、11日、14日のレッスンでお待ちしております。

メニュー&日程はこちらから


バローロのリゾット_d0041729_13553117.jpg

バローロのリゾット_d0041729_00244623.jpg
後ろにみゆるはバローロ城
バローロのリゾット_d0041729_00365097.jpg
バローロ村。小さな可愛い村の中には有名なカンティーナがいっぱい。
バローロのリゾット_d0041729_00240142.jpg
ボルゴーニョ
バローロのリゾット_d0041729_2024731.jpg
マルケージ・ディ・バローロ
バローロのリゾット_d0041729_19552970.jpg
MUSEO DI CAVATAPPI バローロには「栓抜き博物館」なんてのもありました。

バローロのリゾット_d0041729_1359759.jpg
どっちの方向へ行っても美味しいワインが飲める地域
バローロのリゾット_d0041729_1434310.jpg
ランゲの丘に思いを馳せてピエモンテ料理を味わいましょ♪




# by cibiyukiko | 2023-01-31 14:07 | 料理写真 | Comments(0)
レシピ:ポルチーニ入りカルボナーラ_d0041729_23004480.jpg

#italianity さんのサイトで開催されていたLa Mia Carbonaraの一位をいただいたので応募したレシピを公開中です。
3っつめはいつものローマ風カルボナーラにポルチーニを入れてよりリッチな味わいに仕上げてみました💖
ポルチーニを入れないで作るとローマのトラットリア風カルボナーラが作れます♪

「ポルチーニのカルボナーラ」
材料:2人分
リガトーニ 160g
全卵 1個
卵黄 2個
パルミジャーノまたはグラーナチーズ(すりおろし) 15g
ペコリーノチーズ 10g
パンチェッタ 80g
乾燥ポルチーニ 8g
EXVオリーブオイル 小さじ1
塩 黒胡椒 適量

①ポルチーニはひたひたのぬるま湯で戻す。1%の塩をした湯でパスタを茹で始める。
②パンチェッタを5mmの棒状に切り、オリーブオイルを入れたフライパンでカリカリになるまで炒め、戻して粗く刻んだポルチーニと戻し汁を加えて馴染ませる。
③ボウルに卵、すりおろしたチーズ、塩ひとつまみを混ぜてたっぷりの黒胡椒をひく。
④茹で上がったパスタを②のフライパンに合わせて混ぜ、脂をしっかりまとわせたら③を流し入れて卵が固まる寸前まで中火にかける。
⑤皿に盛り、黒胡椒をたっぷりふる。本日のレシピはカルボナーラ第三弾
ポルチーニ入りです♬

普通のカルボナーラにポルチーニを加えるだけでリッチな味わいに♬
作ってみてくださいね~







# by cibiyukiko | 2023-01-30 23:07 | 料理写真 | Comments(0)
ひとつ前の投稿でもお知らせしたとおり、カルボナーラコンテストで一位をいただきました♪
3点応募した中で一番のお気に入りがコチラ

「ンドウィヤ入りのカルボナーラ」
レシピ:一番お気に入りのカルボナーラはこちら_d0041729_22593474.jpg
「ンドウィヤ」とは南イタリアはカラブリア州のスピリンガという村の特産品。
豚肉のいろんな部位を集めて唐辛子と塩を混ぜて腸に詰めて熟成発酵させたソーセージというか豚肉の旨辛ペーストです。
このンドウゥイヤを使ったパスタが大好き。
辛いからマイルドな乳製品と合わせるととっても美味しいのです。よくリコッタチーズなど甘味のあるものと混ぜてパスタにします。

カラブリアのスピリンガ、ンドウィヤ工場へ行った時のブログはこちら



辛い物って、卵を合わせてもマイルドになって美味しいですよね。
そんなわけでカルボナーラにしたら美味しいんじゃないの~!!ということで入れたらこれがめっちゃ美味しい!!!!

でもさ、ンドウゥイヤってどこで買うのさ!?カラブリアまで行けないしっ! て思われた皆様。日本でも北海道で作っているのです。
しかもこれがイタリアで作っているものより断然上品で美味しい。臭みまったくない。

北海道のファットリオビオさんで買えます!
こちらで扱うチーズもめちゃくちゃ美味しいのでセットでお取り寄せするのもお勧めです。

さて、前置きが長くなりましたが、このンドゥイヤ入りカルボナーラ、ほんっとお勧め!我ながら天才かと思う美味しさですのでぜひ作ってみてくださいね!!

「ンドゥイヤの旨カラボナーラ」
2人分
#スパゲッティ(太めがおすすめ!2.2m m)
#ンドウイヤ 15g
卵黄 2個
牛乳 200ml
#パンチェッタ 90g
白ワイン 30ml
オリーブオイル 小さじ1
#粗挽きこしょう 適量
#ペコリーノチーズ 10g
#パルミジャーノチーズ 20g
①鍋にお湯を沸かし始める。
②パンチェッタを7mmの棒状に切る。
③1%の塩をした湯でパスタを茹で始める。
④フライパンにオリーブオイル小さじ1と②を入れて弱火でカリッカリになるまで炒め、ンドウイヤを加えて馴染ませる。
⑤ボウルに卵黄、牛乳、すりおろしたチーズと黒胡椒を混ぜる。
⑥茹で上がったパスタを④のフライパンに加えて脂を絡めたら⑤を流し入れて弱火で温める。皿に盛り黒胡椒をたっぷりとふる。
※インスタ @yukikinam の2022年12月29日に調理動画を載せています。
レシピ:一番お気に入りのカルボナーラはこちら_d0041729_22594375.jpg





# by cibiyukiko | 2023-01-27 22:50 | 料理写真 | Comments(2)
年末、Webマガジン「ITALIANITY」様でカルボナーラコンテストを開催していました。
年末ほんとギリギリに気が付きまして、これは応募しなくては!! とお節料理そっちのけでカルボナーラを作って投稿しましたところ

パンパカパーン!!!

めでたく一等賞いただきました~!!!ヤッター!!

1位の賞品はイタリア大使館にご招待いただき、そこでカルボナーラを作るというもの。
わわっ!! 楽しみ~💕 大使館でのイベントは2月の予定です。行ってきましたらまた大使館レポートさせていただきますね!


コンテスト用にインスタにアップしておりましたカルボナーラレシピ3点をひとつづつアップしていきます♬

本日は第一弾「アスパラのカルボナーラ」


カルボナーラコンテストで1位をいただきました♪レシピあり_d0041729_21115738.jpg
レシピ:
「アスパラガスのカルボナーラ」
2人分
スパゲッティ(2.2mm) 140g
アスパラ 5本
全卵 1個
卵黄 1個
パンチェッタ 80g
白ワイン 30cc
EXVオリーブオイル 大さじ1
ペコリーノロマーノチーズ 10g
パルミジャーノチーズ 15g
塩・黒こしょう
① パスタを茹でるお湯をわかし、沸騰したらお湯の1%の塩をする。チーズ2種はすりおろしておく。
②アスパラは根元のかたい部分は皮をむき2センチ長さの斜め切りにする。
③パンチェッタを5㎜角の棒状に切る。オリーブオイル大さじ1を入れたフライパンで10分ほどかけてカリッカリに炒め、白ワインをふってアルコール分を飛ばす。
④パスタを茹で、茹で上がり2分前に②のアスパラを入れる。
④ ボウルに、卵、すりおろしたチーズ、塩ひとつまみ、黒こしょうを入れて混ぜる。
⑤ ザルにあげたパスタとアスパラ、茹で汁40ccを③のフライパンに入れて全体をよく混ぜる。火をとめて③を流し入れてゴムベラで混ぜる。
⑥ 皿にもり、上からもたっぷり黒こしょうをふる。
※自家製パンチェッタのレシピをyoutube動画でアップしています。
こちらもちゃんねる登録&イイネしていただけると嬉しいです💕


パンチェッタの作り方

こちらのパンチェッタのカリッカリな炒め方はユキキーナちゃんねるの「シーザーサラダ」の動画をご覧くださいね。





# by cibiyukiko | 2023-01-26 21:59 | イベント・メディア情報 | Comments(0)
2月レッスンのご案内です。
寒い日が続きますがみなさまお元気ですか? 南北に長いイタリアでは気候も風土も、そして料理も様々。
フランスやオーストリアに国境を接する北イタリアではその気候と隣国の影響からバターやチーズをたっぷりと使った料理が食されていますが、冬になるとその辺りの重厚な北イタリアの料理が食べたくなります。教室ではイタリアの季節感や行事をメニューに入れるようにしておりますが、2月はまさにピエモンテ州にぴったりの季節! ぜひぜひ季節感のあるメニューを作りにいらしてくださいね!
基本コースは春を待ちわびる皆様に軽やかな南イタリア料理をご紹介いたします。

①CorsoA ピエモンテ グリッシーニ三段活用!
②CorsoB 南イタリアの定番レシピ
③ヴァレンタインに食べたい濃厚カカオメニュー(オンラインのみ)
④早期割引つき!春野菜の簡単パスタ(オンラインのみ)

※レシピを商用で活用したい方はご相談ください。レッスン料は異なりますがご自分のレッスンやお店でレシピをご利用いただけます。無断でのレシピ営業利用、配布はご遠慮ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①CorsoA ピエモンテ 自家製グリッシーニ三段活用!

カリカリと食べやすくワインにもぴったり、生ハムを巻いてアレンジをすればパーティでも大活躍のグリッシーニはイタリア全土でも人気のスナックですが、実はピエモンテ州の代表的な郷土パン。この地方のリストランテやトラットリアへ行くと必ずパンのカゴに一緒に乗せられてきます。

サヴォイア王家の病弱な王子様のために考えられたと言われる細長いスティック状のグリッシーニ。サヴォイア王家の王子に食べさせるつもりで細くて繊細、上品なグリッシーニを作りましょう!(笑)

そして、残った郷土パンを再利用した料理はイタリア各地でたくさん生まれています。もはや各地方のお家芸ともいえる残りパン活用術ピエモンテ版をご紹介いたします。

2月のCorsoAメニュー

〇グリッシーニ プレーン、ゴマ、チーズ

アンティパスト:ピエモンテ風ディップ「バロッテ」 グリッシーニにつけていただきます♬

プリモピアット:バローロのリゾット

コントルノ:ズペッタ・ディ・グリッシーニ(グリッシーニを使ったグラタンスープ)

セコノドピアット:ポルペッテ・アッラ・ピエモンテーゼ(ピエモンテ風ミートボール)

ドルチェ:ヘーゼルナッツとチョコレートのトルタ


日程&時間:
・2月10日(金)11時~14時半頃 対面 余裕あり
・2月11日(土)11時~14時半頃 対面 余裕あり
・2月14日(火)11時~14時半頃 対面 余裕あり
・2月20日(月)11時~14時半頃 対面 残3
2月22日(水)16時~18時頃 オンライン(終了後に録画をお送りしております。視聴期限なし)
・2月27日(月)11時~14時半頃 対面 満席
・3月1日(水) 11時~14時半頃 対面 残2
・3月2日(木) 11時~14時半頃 対面 余裕あり
2月初旬にお申込みのない日程は削除させていただく場合がございます。
参加費:
対面レッスン 7000円
オンラインレッスン 4000円


2月レッスンのご案内です。_d0041729_14375323.jpg
細くてカリカリのグリッシーニは3種のお味で
2月レッスンのご案内です。_d0041729_19063801.jpg
残ったグリッシーニを活用したグラタン
アツアツでいただくとホント美味しいの!!このためにグリッシーニ作りたい!!

2月レッスンのご案内です。_d0041729_10225524.jpg
ピエモンテのバローロの隣村ラ・モッラのアグリツーリズモにてバローロのリゾット。どぼどぼとバローロを~✨

2月レッスンのご案内です。_d0041729_13551580.jpg
小豆みたい??こんな仕上がりにするにはちょっとしたコツが必要です。
これくらいの色に仕上がったものを食したのはヴェローナのアマローネのリゾットくらい。それが濃厚でとても美味しかったので、そちらの作り方をバローロを使って作ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


②CorsoB 基本コース 春を待つ南イタリアメニュー これをおさえたらイタリア料理が得意です!って言えちゃいます♬

マニアックな郷土料理もいいけど、なんだかんだ、うちの家族が大好きなのは基本コースのメニュー。

奇をてらわない飽きのこないメニューは何回作っても大人気です。うちの教室でいう基本コースとは、イタリア人マンマが作る基本の意味。日本でよくあるレシピとはちょっと違うイタリアンスタンダードなレシピは料理上手な方にも新しい発見があると好評です。

ソラマメや菜の花、新タマネギなど春野菜を使って一足お先に春を感じましょう。


<2月の基本コースメニュー>

アンティパスト:シチリア風ライスコロッケ「アランチーニ」

プリモピアット:ジャガイモのニョッキ・ソラマメと生ハムのソース

セコンドピアット:ナポリ風ヤリイカの詰め物

ドルチェ:カボチャのクレマカラメッラ(プリン)

このコースに参加すると・・

☆イタリア版おにぎりにあらず。その作り方は目から鱗が落ちること間違いなし。お米の生地でラグーを包む本物アランチーニが作れるようになります

ふわっと軽いニョッキが作れるようになりますスーパーなどの既製品のニョッキはお団子のようにモッチリとしていますが、ふわっと軽やかに作れることがニョッキ上手と言われています。

☆ナポリのマンマ直伝のヤリイカの詰め物。いろんな地方でヤリイカの詰め物を教えていただきましたがナポリのマンマのそれは余計なものは入れません。潔くシンプルなそのお味は私の中で№1ヤリイカです♬

☆カボチャのプリン。リッチで濃厚でぎゅっと詰まったプリンは冬にいただきたいほっこりする味わいです💕


日程&時間

・2月16日(木)11時~14時半頃 対面 
・2月17日(金)11時~14時半頃 対面
2月18日(土)16時~18時頃 オンライン(終了後に録画をお送りしております。視聴期限なし)

参加費:
対面レッスン 7000円
オンラインレッスン 3800円





2月レッスンのご案内です。_d0041729_14150284.jpg


2月レッスンのご案内です。_d0041729_14154143.jpg


2月レッスンのご案内です。_d0041729_14173475.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③ヴァレンタインに作りたい濃厚リッチなイタリアン(オンラインのみ)

メニュー:

〇手打ちパスタで作るカカオ風味のタリアテッレ 鴨のオレンジソース

〇ピエモンテの郷土菓子 ボネ(超濃厚チョコレートプリン) 

+アマレッティの動画レシピ付き


ほろ苦い大人味のパスタ。カカオ風味の手打ちパスタを作ります。

中世にメディチ家の食卓に登場しそうなリッチなパスタは鴨肉のような赤くて味がぎゅっと濃い素材によく合います麺棒で伸ばしますので特別な道具は不要です。オンラインで一緒に伸ばしてみましょう。

ソースには今の季節、お近くのスーパーでも手に入りやすい鍋用にカットされた鴨肉を使います。

濃厚で艶やかなピエモンテのチョコレートプリンと一緒に、今年のバレンタインはスペシャルリッチなメニューを作ってみませんか?

※ボネに使用するアマレッティはネットやカルディ等で購入可能ですが、自家製を入れるとさらに美味しくなります。動画レシピを事前にお送りいたしますので良かったらご用意くださいね!そのままおやつとしても美味しいですよ♬


日程&時間:

2月8日(水)(11時~12時半頃)zoomオンライン約90分 (終了後に録画をお送りいたします)

参加費:3200円


2月レッスンのご案内です。_d0041729_14172956.jpg

2月レッスンのご案内です。_d0041729_14174428.jpg

ピエモンテ州のドルチェボネは自家製のアマレッティを入れると格別ですが市販品を使ってももちろんオッケー


2月レッスンのご案内です。_d0041729_985676.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

④簡単パスタ お料理初心者の方から上級者まで楽しく作れるカラフルパスタ

コツをおさえればスパゲッティは各段に美味しくなります。


メニュー:

〇あつあつトマトのブルスケッタ

〇春野菜たっぷりの菜園風スパゲッティ 

2月レッスンのご案内です。_d0041729_21492716.jpg

日程&時間

2月13日(月)12時~13時(終了後に録画をお送りいたします)

②2月28日(火)19時~20時(こちらは録画をいたしません。自由におしゃべりしながら飲み会気分で参加したい方はぜひこちらへ!)


参加費:900円 2月4日までにお申込みの方限定特別価格です♬ それ以降は1500円になります。


お申込みお待ちしております♬



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



<お申込みの流れ>
①ご希望のレッスンの日程とメニュー、お名前(フルネーム)を公式LINEよりご連絡ください。LINEをお使いでない場合はメール cibiyukiko☆yahoo.co.jp へご連絡ください。(メールアドレスの☆を@に変換してください)
対面レッスンの場合、初めての方はご住所、連絡先電話番号も併せてお知らせください。
 ⇩
➁お振込み先のご案内をさせていただきます。1週間以内にお振込みを御願いしております。開催日が近い場合、初回の方は開催日までの日数になります。2回目以降の場合は直前のお申込みの場合、レッスン後のお振込みでも構いません。
 ⇩
③お振込みを確認後、オンラインの場合はレシピとzoomURLを、対面レッスンの方へは教室へのアクセスをお知らせいたします。


友だち追加




# by cibiyukiko | 2023-01-23 21:53 | レッスンスケジュール | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 13:23
おめでとうございます✨✨..
by pompelmo-24 at 21:25
うんうん、casadel..
by cibiyukiko at 00:10
JOY COLORS ..
by casadelsole at 22:47
ポムちゃんのおかげで良い..
by cibiyukiko at 00:40
わ〜💖ぱ..
by pompelmo-24 at 20:02
アキさん まだ今年のこと..
by cibiyukiko at 22:30
yukikinaちゃん、..
by aki at 01:53
先日はありがとうございま..
by cibiyukiko at 00:12
ストアカ、知りませんでし..
by casadelsole at 20:24
*ブログジャンル*
*ファン*