人気ブログランキング |
朝から船に乗ってカプリ島へ。ナポリから1時間ほどです。
夕方はソレント港の方へ帰るので、スーツケースだけ車のドライバーさんにピックアップしてもらって夕方ソレント港に来てもらうことに。

プロチダ島へ行くかカプリ島へ行くか迷ったのですが、やっぱり王道のカプリ島で青の洞窟を見たいかな~????と思ってカプリ島へ行くことにしたのですが、、、、

青の洞窟、見れなかった。。。。。

そんなわけで、アナカプリからリフトにのってソラーロ山の山頂へ。
d0041729_00061689.jpg
d0041729_00062247.jpg
後ろは海です♪ リフトの高さは8メートルくらい。
ゴメンね、私、高いところも、海も、犬も猫も、何も怖いものがないので何も考えずにみんなを乗せてしまったのですが、
今回のツアー、アトラクションが多すぎて、いろんなところで人によっては絶叫系だったらしい。

ま、リフトで頂上に行っている間にアナカプリでみんなサンダル作ってもらったりしたからいいでしょ。
d0041729_00060964.jpg
足にぴったりにつくってもらえます♪

次はカプリ島をぐるりと一周、ボートツアーへ。青の洞窟は入れなくても、カプリ島には赤の洞窟やら白の洞窟、、など見どころがたくさん。
私もこのボートツアーは初めてだったので結構良かったです。
d0041729_00062784.jpg
d0041729_00063451.jpg
風穴もありました。


d0041729_00064293.jpg
d0041729_00065157.jpg

さて、カプリ島からソレント港までは船で20分。この日のお宿はソレントのレモン農家です。
レモンづくしの料理レッスンが待っています。



11月のオッソブーコも、驚くほど簡単なのにこんなの作れちゃうの!?と驚かれるミラノの味。
イタリア料理教室CiaoBambinaではどんなリストランテの味もご家庭で再現しやすいレシピ、無駄のないレシピに仕上げておりますので初心者の方でも安心してご参加いただけます。



# by cibiyukiko | 2019-10-23 00:10 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
カラブリアが原産の丸くて可愛いこの子たち。(スミマセン、画像は昔撮ったものですが、、)
かすかにピリッと来る唐辛子ちゃん。

中にツナやアンチョビ、ケッパーを詰めてオイル漬けにし、アンティパストとしていただきます。
この丸唐辛子、なんと、今回カラブリアで1キロ1ユーロ(現在120円!!)で売ってた~♪

d0041729_13122150.jpg



d0041729_13123372.jpg
d0041729_13133401.jpg
少々、体調を崩して放置していましたが、さすがに加工しないとヤバイ!ということで昨晩、瓶詰を4個作りました。

うん。美味しく出来た!
1キロ1ユーロで買ってきたペペロンチーノトンディでオイル漬けを作りました。
この微かなピリッと感が良いのだわ〜
これもカラブリアお土産アンティパストとして今週から出しちゃおう。
10月のかぼちゃのラビオリレッスン、キャンセル続出でガラガラよ〜(涙)


そうかと思うと28日はキャンセル待ちの方もいらっしゃるので、どなたか10月28日レッスンから25日か31日のレッスンに変更してくださる方いませんか?
10月25日(金)

10月31日(木)

11時~14時半頃

初めましての体験レッスンの方もぜひお申し込みもお待ちしております♪



11月のオッソブーコも、驚くほど簡単なのにこんなの作れちゃうの!?と驚かれるミラノの味。
イタリア料理教室CiaoBambinaではどんなリストランテの味もご家庭で再現しやすいレシピ、無駄のないレシピに仕上げておりますので初心者の方でも安心してご参加いただけます。








# by cibiyukiko | 2019-10-22 13:16 | Comments(0)
イスタンブール旅行記をアメブロに書いていますが、こちらも並行して南イタリア旅行記を少しづつ。
早くアップしないと忘れちゃうのでね~。

今回は、ママ友、ワイン仲間、前回のピエモンテツアーをお断わりした方の救済、、、いろいろ混載ユキキーナツアーを企画いたしました。
総勢11名で南イタリアを盛り盛り体験。
ナポリ→カプリ島→ソレント→ポンペイ→アマルフィ海岸→カラブリアを10日間で駆け抜けます。


まずはイスタンブールの空港でみなさんと合流。
今回の飛行機はターキッシュエアラインで来ていただきました。トルコ航空、いいです!
エコノミーでもアメニティがちゃんとついて、帰りの便はマンダリーナダックのポーチにスリッパや靴下、歯ブラシセットほか、いろいろ入っていました。

で、イスタンブールからみんなで一緒に同じ便でナポリ空港に朝09:40に到着~。
専用車のドライバーさんと合流してホテルに到着後は友人のレジーナと再会してナポリツアーのスタート!
d0041729_23104752.jpg
ヴェスビオ火山、ただいま~♪♪ 

ホテルに到着したのはなんだかんだ、お昼。みんな、お腹すいた~!!!というので、まず一番にナポリピッツァ!!!
スパッカナポリのピッツェリアへ。
d0041729_23073678.jpg



まずは軽いイタリアンなビール、ナストロアズッロで乾杯!
d0041729_23070923.jpg
アランチーニやツェッポレ、フリッタティーネなど、ナポリの揚げ物をつまみます。
d0041729_22494427.jpg
真打登場。ナポリのモチモチ生地のピッツァは水牛のモッツアレッラとピエンノロトマト。

d0041729_23071951.jpg
大きなピッツァフリッタもね~。
中はリコッタとパルミジャーノがたっぷり。

お腹を満たした後は、ヴォメロ地区までケーブルカーで上がり、ナポリの絶景を堪能。
パッサラクアのバールでカッフェを楽しんだら、今度は下町スパッカナポリを練り歩きます。
d0041729_23075219.jpg
ナポリのこのヘンテコでごちゃごちゃな感じ。大好き! やっぱりナポリはいいわ~。

d0041729_23135236.jpg
実はナポリの街の地下にはもう一つ街があります。
最近になって、発見されたり、公開されるようになっています。その中のひとつ、ソッテラーネアへ探検に行ってみました。
d0041729_23133572.jpg
ポンペイ遺跡と同じく、2000年以上前の都市がナポリの地下に広がっているなんて驚きです。
小さな商店が並び、その時代のクリーニグ屋の跡なども見ることが出来ます。
写真のアーチは、すべてのアーチが見えるようにデザインされているもの。
そんな昔に、実用的なだけではなく、見た目の美しさを意識して建設されていたことにも驚きです。

そのほか、プレゼピオを売る通りやスパッカナポリを練り歩き、また小腹がすいてきちゃいました。

ナポリの美味しいジェラートをみんなでつつき(10人もいるとちょっとだけの味見ができて便利!)

ババが美味しいと評判のアウグストゥスにて夕ご飯前に食べるのはばかられるナポリ銘菓のババも、10人で3個を一口大にして味見。

・・・・するとなんと!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ナポリの奇跡が起きました。

ナポリに行くといつも顔を出している料理の師匠、マリーサがアウグストゥスの店内にいるではありませんか!!!!

「マリーサー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

d0041729_23233122.jpg
今回は人数が多すぎるのでマリーサには連絡していなかったのです。

マリーサは「ヴォンゴレ作るからみんないらっしゃいよ~!!」なんてありがたいお言葉をかけてくれましたが残念。
夕食をとるお店を予約しているのです。残念ながらヴォンゴレはお断わりいたしましたが、みんなマリーサのことは私から話を聞いて知っているので、紹介できて良かったです。

すごいわ。マリーサの家はこの近くとはいえ、奇跡です。

その後はサンタルチア港のシーフードのお店Transatolanticoへ夕食に。
海のぎりぎりのところまでテーブルが並んでいて、雰囲気がもうTHE NPOLI(綺麗な方のね)なのです。

d0041729_23273730.jpg
貝類の白ワイン蒸し。それ以外にも前菜を何種類も持ってきてもらいましたが、写真撮ってなかった。。
d0041729_23274750.jpg
タコとセロリのサラダ、美味しかった~。

d0041729_23275837.jpg
生牡蠣も、ここは本当に新鮮でお腹をこわす心配なんて無用です。

d0041729_23280991.jpg
d0041729_23281867.jpg
魚介のリゾットにオマール海老のリングイネ、、
d0041729_23282744.jpg
鱸の白ワイン蒸し焼きも綺麗に取り分けてくれて、サービスもばっちり。
d0041729_23283515.jpg
d0041729_23284898.jpg
どれもこれも美味しかった~。
ワインもこの辺りの地葡萄のものをいろいろ。

ツアー初日からみんなナポリを大満喫です。
翌日からはカプリ島、アマルフィとめぐります。



















# by cibiyukiko | 2019-10-21 23:34 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
遅くなりましたが11月レッスンのご案内です。

CorsoAではオッソブーコとミラノ風リゾットなど、ロンバルディア州のお料理を作ります。
クリスマスにも使える豪華なお料理です。

CorsoA(地方料理コース:ロンバルディア州)
・11月8日(金)
・11月11日(月)
・11月12日(火)
・11月15日(金)
・11月27日(水)
・11月28日(木)
11時~14時半頃
d0041729_21293716.jpg
オッソ・ブーコとは骨の穴のこと。
骨付きのスネ肉を柔らかく煮込み、まさに骨の髄までしゃぶってしまおう、、というお料理。
重厚感のある肉料理ですが、仕上げに散らしたクレモラータがいい感じに爽やかに引き締めてくれます。この仕上げのひとふりが大事。
ちなみに、一緒に添える定番はミラノ風リゾット。
オッソブーコと一緒にいただくときは、骨の髄のとろりたした部分をかき出してリゾットに混ぜていただきます。。

10月・11月レッスンのご予約承り中です。

その他、アンティパストはロンバルディアのチーズ。ゴルゴンゾーラを使って、いろいろ使えるムースを作ります。
d0041729_11194857.jpg
ドルチェには洋ナシとチョコレートのケーキ。
 秋の夜長をご家族や友人と一緒に、秋冬の北イタリアらしいお料理をお楽しみくださいませ♪

CorsoB(基本コース)
・11月19日(火)
・11月21日(木)
・11月25日(月)
11時~14時頃
メニューは
バーニャカウダ
ミネストローネ
カッチャトーラ
リンゴのトルタ
イタリアのミネストローネをなめちゃいけませんよ~。野菜がクタクタでとろけるような田舎の一皿。しぼりたての美味しいオリーブオイルをまわしかけていただきましょう♪

お申込みお待ちしております。

11月26日(火)の築地お魚レッスンにお申込みの方には後日詳細をお知らせいたしますので少々お待ちくださいませ。


# by cibiyukiko | 2019-10-19 01:38 | レッスンのお知らせ | Comments(0)
11月レッスンのご案内もせず10月も折り返しになっておりますが、、、
昨日まで2週間ほどイスタンブール&南イタリアへ行っておりました。

近日中に11月レッスンのご案内をいたしますね。

10月レッスンもCorsoA CorsoBともに空きがございます。
今月はカラブリアで買ってきた食材をアンティパストとしてお出しいたしますね~。

CorsoB 基本コースは
簡単で誰もが大好きなナスのロトリーニ
ポルチーニのリゾット
鶏のディアボラ風ソテー
クロスタータ(イタリアの定番の焼き菓子、ジャム入りのタルト)
10月21日(月)
10月22日(水)

CorsoA(地方料理コース:エミリヤロマーニャ)
ラヴィオリをいっぱいつくります。
カッソーニ(揚げラヴィオリ)
カボチャのラヴィオリ
ポルチーニ風味のポルペッティーネ
ピンツァボロネーゼ
10月25日(金)
10月29日(火)
10月31日(木)
に空きがございます。
どの日程も11時~14時半頃です。

そして、11月26日(火)の昼には築地にて、ドメニカ・ドーロの岩本シェフによる魚料理レッスンを予定しております。
まだ詳細は決まっておりませんが、だいたい10時くらいから~。
参加費は1万円を予定しております。詳細は後日改めて掲載いたしますが、今の時点で確実に参加したい!という方はご連絡くださいませ。
先着15名さま、まずはユキキーナのイタリア料理教室CiaoBambina会員さまのみの受付とさせていただきます。(後日、空きがあれば教室会員さま以外も募集いたします)↪︎満席となりました


またまた盛り盛りになってしまったイスタンブール→ナポリ→アマルフィ→カラブリア旅行記もアップしていきますね。

d0041729_17044619.jpg














# by cibiyukiko | 2019-10-16 00:23 | Comments(0)

素敵なイタリアンにランチに伺いました。
目黒のリナシメント。

まだまだ暑かったこの日、フェッラーリでシュワっと乾杯
d0041729_19015942.jpg
そしてこのキラキラ宝石のような前菜の数々にテンションが上がりました♪
d0041729_19021360.jpg
d0041729_19030544.jpg

ひとつひとつ丁寧に作り込まれていて、見た目だけでなくどれも美味しくて素晴らしいのです
一口食べるたびにいろんなサプライズがあります。どれも美味しいけど、サーモンの柔らかさに衝撃!
カルパッチョの上の素敵なヴェールも流石真似したい♪
甘長唐辛子の細ーいお腹にタレッジョ入りのベシャメッラ
カチュッコどこ〜?なんて思ったらプチトマトの中に閉じ込められた海老のカチュッコ🦐
サプライズいっぱいです。

d0041729_19023259.jpg
プリモには短角牛と幸福豚のラグーをいただきましたが、シェフはボローニャで修行されたとあって深みがあってコクがあって濃厚で美味しいラグーでした。エミリアロマーニャの赤と一緒に。
d0041729_19022155.jpg
セコンドには青森差鴨の胸肉ソテーに鴨肉のサラミ。
柔らかくてしっとり。鴨にして良かった♪
d0041729_19023965.jpg
ドルチェの桃のコンポートにはデザートワインを一緒に頂いて今日も幸せなランチでした。
d0041729_19024831.jpg
d0041729_19025686.jpg
デザートワインもいただいちゃいました♪
お店の方もとっても感じがよくて居心地が良く、すっかり根っこが生えてしまいました。
お付き合いくださったYさん 楽しいランチになりました♪ありがとね〜
d0041729_19020702.jpg


# by cibiyukiko | 2019-09-29 19:05 | イタリア料理店 | Comments(0)
Notte di PLANETA in Scogliera.
シチリアから素晴らしいワインを世界に発信している新進気鋭のプラネタ社メーカーズディナーが赤坂のスコリエーラで開かれました。
前回もこのイベントに参加してお料理もワインも素晴らしかったので、今回も楽しみに伺いましたが、期待を裏切らない、、いえ、期待以上の美味しさ っていうか感動的な美味しさ
新鮮な魚介を贅沢に使い、プラネタのワインに合わせて作られたシチリア出身のアンドレアシェフのお料理でお店の中はまるでシチリアでした!


シチリアの土着品種、カリカンテ100%のブリュット・メトド・クラッシコで乾杯!
d0041729_18093004.jpg
乾杯のお供はメカジキのラグー入りアランチーノ。
d0041729_18093931.jpg
海の香りがぎゅっと詰まっています♪
d0041729_18095190.jpg
美味しすぎて驚いた前菜4種
マグロのタルタルにはアーモンドがいいアクセント。
イワシのマリネの身の新鮮さに驚き、イカのマリネにはトロッと焼きナスがしのばせてあって、もう美味しくて大騒ぎw
これまた美味しいモスカート、Allemanda2018に合わせて。
d0041729_18100056.jpg
新鮮なイカスミを使った柑橘が香るイカスミのリゾットは船長さんのお店ならではの味。ちょっとエキゾチックな味わいに仕上げてありました。
シチリアワインにおける価値や存在に変化をもたらしたと評され、プラネタを一躍スターにしたシャルドネと一緒に。
d0041729_18101306.jpg
d0041729_18102424.jpg
どーんと大きな鱸の塩釜焼!
d0041729_18103269.jpg

カポナータを添えて再登場の鱸。
d0041729_18103990.jpg
海の香りがいっぱいのラグーの手打ちカヴァテッリ。ピスタチオ入り。
赤はチェラスオーロに続いてネロダーヴォラ好きにはたまらないサンタチェチリアが注がれます。


d0041729_18104708.jpg
アーモンドをたっぷり使ったセミフレッドにはモスカートビアンコから作られるPassito di Note.と一緒に。



最後にはお楽しみのジャンケン大会。
プラネタ社のマネージャー、ペニーさんに勝ったら素敵な商品がいろいろいただける予定でしたが、2回戦で敗退。

それでも参加した全員の方に素敵なお土産がありましたよ♪


やっぱりスコリエーラさん美味しいわ〜💕
素敵なお土産もいただいて大満足で帰宅。
美味しくて楽しくて幸せな夜でした。
次回も絶対行かなくちゃ〜。
スコリエーラの皆さま、素敵なイベントをありがとうございました。








# by cibiyukiko | 2019-09-22 21:21 | イタリア料理店 | Comments(0)
10月のプリモピアットは「かぼちゃのトルテッリ」
d0041729_11575863.jpg

d0041729_11581075.jpg

d0041729_11581973.jpg

手作りのアマレッティが入ります。
甘いのとしょっぱいの、、砂糖醤油に慣れた日本人は意外と好きかも?

10月レッスンの募集中です。


9月レッスンも募集中なんですけどね~。


お待ちしております。





# by cibiyukiko | 2019-09-16 20:36 | レッスンのお知らせ | Comments(0)
d0041729_11522051.jpg
次回のイタリアは友人達を連れて南イタリア巡りのため、そのメンバーで日本で最もカラブリアなスポット、半蔵門の「エリオロカンダイタリアーナ」へ行ってまいりました。カラブリアでのステイ先は、こちらのオーナー、エリオさんのお姉さまであるアニータさんのお宅にホームステイをするため、ここから気分を盛り上げます!
d0041729_11522776.jpg
北海道のファットリア・BIOで作られている美味しいブッラータに美味しいトマトをスペックの塩気でいただきます。
d0041729_11523355.jpg
ナスとズキーニのスカピーチェ、やナスのポルペッティーネが入ったカラブリア風前菜4種盛り。

d0041729_11525105.jpg
カラブリアのロザート
d0041729_11525864.jpg
焼きそばっぽい見た目ですが、柔らかいイカがたっぷり入ったパスタ。すごく美味しい♪
d0041729_11530515.jpg
ポルチーニのパスタ♪ カラブリアではもうフレッシュなポルチーニが出回っている頃ですね。アニータさんに「ポルチーニ食べたい!」とメールしちゃいました。
ご主人がポルチーニを採る名人なのです。大きいのありますように♪
d0041729_11531275.jpg
d0041729_11531808.jpg
セコンドにはバッカラと子羊のソテーの2種類が出てきました! お腹いっぱ~い。

しかし、ここはカラブリア。ドルチェ祭りがスタート!
d0041729_11532723.jpg
リクリッツィアのムースおいしい~♪♪





d0041729_11533338.jpg
これ!その場で混ぜて作ってくれるジェラート、最高に美味しいのです。作る方はとっても大変そうですが、毎回これ食べたい。

d0041729_11534092.jpg
顔を真っ赤にしてスタッフの方が作ってくれた渾身のジェラート。上にかかった蜂蜜がまた濃厚で素晴らしく美味しいのです。
d0041729_11535203.jpg
フィノッキオのリキュールをサービスしてくださいました。そして、まだ終わりません。
d0041729_11551978.jpg
小菓子~♪ ビスコッティにレモンのクッキーやオレンジピールなど。

そして食後のカッフェとなりました。はやくもカラブリアの美味しい洗礼をうけました。お腹がはちきれそう!
カラブリアホスピタリティが全開のこのお店、お店の中がカラブリアです。

















# by cibiyukiko | 2019-09-16 12:33 | イタリア料理店 | Comments(0)
食べた店をブログにアップできる精神的余裕ができた自分に喜びを感じつつ、、、

こちらは8月末のランチ。
最近、藤田シェフの料理の色鮮やかで愛のある野菜料理の大ファンなのです。
「らんどね空と海」はなんとも癒しの空間。
流れる空気がなんともゆるりとしていますので、日常生活に疲れて癒されたい方、ゆったりと時間を過ごしたいかたにおすすめです。


d0041729_11103022.jpg
この日は雨でしたが、大きな窓があって雨でも晴れでも素敵な空間です
d0041729_11063914.jpg
色鮮やかな色彩を大事にするシェフの前菜プレートはいつも無農薬だったり、地球環境にやさしい栽培方法だったり、いつも愛を感じます。
珍しい野菜や、メロンのピューレとサラミをあわせたり、ほかにはない野菜使いも刺激的。

d0041729_11320459.jpg
この小皿はシェフが自分で叩いて作ったそう。

ワインをいただきます。もちろんビオディナミ


d0041729_11321246.jpg




d0041729_11104348.jpg

ニンジンとスイカだっけ、なんか珍しいとりあわせのスープでしたが忘れちゃった。もちろん美味しい。
d0041729_11095189.jpg
サカエヤさんの新保さんこだわりの経産牛を使ったラグー。これも水だけで作っている超シンプルなラグーで美味しいの。
d0041729_11100096.jpg
こちらはタマネギのピッツァ
生地もとっても美味しい。

d0041729_11103769.jpg
それもそのはず、

こだわりの北海道産の小麦を石臼で挽くところから作っています。

d0041729_11101607.jpg
こちらもサカエヤさんのこだわりのジビーフのリブロースを使ったタリアータ。
この美味しいお肉を肉汁を無駄に流さず、美味しく食べてもらうために、、とシェフったら、、、


d0041729_11102348.jpg
鍛冶屋修行まで!このナイフの切れ味抜群です。

ワインはトスカーナのマレンマのサンジョヴェーゼを。もちろんビオ。


d0041729_11314107.jpg
カカオ豆をむくところから作ったチョコレート、ビーン・トゥ・バーも添えられています。
もう、ここまでくると称賛と呆れの両方の感情がおそってきます。

食後には一緒にお庭のハーブを摘みにいってハーブティーに。
d0041729_11314854.jpg
d0041729_11315756.jpg
お店の中のものは基本手作り。作業所の利用者さんたちの作品や、手作りの作品で作られています。


なんとも癒される1日。
心の穢れが落ちた気がいたしますわ。ブラックユキキーナ、さようなら。笑
定期的にデトックスに行かなくちゃ。


「らんどね空と海」
最寄り駅は新京成の三咲駅ですが、本数は少ないけどJR船橋駅から1本(20分程度)でも行けます。








# by cibiyukiko | 2019-09-12 21:13 | イタリア料理店 | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
*ブログジャンル*
*ファン*