* 山崎蒸溜所 ②
d0041729_22321658.jpg

まずは、仕込み醗酵室へ。
ふわーんと香ばしい麦の香りがしてきます。

仕込み釜
d0041729_22371972.jpg

こちらで、まずは発芽した麦芽に含まれる酵素によって、でんぷんを糖分に分解し、甘い麦汁を取り出します。
ここで使われる仕込み水が麦汁の味わいを大きく左右するそうですよ。
良い水の湧くところで作らないと、大きく味わいが異なってくるのですね~。

プクプクと発酵中の可愛い子たちを覗かせていただきました。この段階で様々な香味成分なども生成され、ウイスキーの骨格を決める重要なステップです。
プクプクと活動する様子は生き物ですよね。美味しくなるのだぞ。
d0041729_22335257.jpg


次は蒸留釜へとすすみます。
d0041729_22414520.jpg

この部屋、熱いのです。蒸風呂状態。。40度以上もあるこの部屋で真夏にここで働くのは大変でしょうね。。
(訪問した日の外気温は、9月なのに34度でした!)蒸留釜の近くからさっさと避難。。

サントリーさんでは様々なタイプのモルト原酒をつくるため、蒸溜釜の形と大きさ、そして蒸溜方法・加熱方式を使い分けているそうです。 微妙に、釜の折れる角度などが異なっているのがわかりますか?

そして、蒸溜したウイスキーのもとが樽の中で熟成されていきます。おやすみなさーい。。ZZZZZZZZZZ
d0041729_22463117.jpg

d0041729_22464312.jpg

こんなにたくさんの樽が並んでいますが、ブレンダーの方が、途中でチェックし、100樽作ったうちの、わずか1個程度しか、「響」にはならないのだそうです。

樽も、こだわりの職人技で作られたオークですが、お役目が終わった樽は、いろんな形で再利用されています。
そのひとつ、、、
私の今回お買い物。
d0041729_22525674.jpg
樽のフタを再利用したトレイです♪ 素敵でしょ~?? パンをのせたり、チーズプレートにしたり、、、ウイスキーにあうお料理をのせるのにも良さそうです。(京都から抱えて帰ってきました♪)

次は、美味しいウイスキーの飲み方をレクチャーしていただきます。
[PR]
by cibiyukiko | 2011-09-19 22:53 | Comments(0)
<< 10月メニューのご案内中です。 山崎蒸溜所 ① >>



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
初めましてこんにちは。 ..
by りえった at 05:58
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
*ファン*
*ブログジャンル*