人気ブログランキング | 話題のタグを見る
* アマルフィといったら例の場所でランチです。
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23243948.jpg
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23132121.jpg
宿泊しているサレルノからアマルフィへは船で35分くらい。
アマルフィへ行くなら夏季だけと決めています。というのも、アマルフィ行きの船が出るのは夏季のみで、それ以外の時期はバスで行かなければならず断崖絶壁を遠心力で45度に傾きながら到達するのはもうこりごりなのです。以前、3月にバスでアマルフィへ行き、生きた心地がしませんでした。

それでも今回もヴィエトリーチェターラ間などはバス移動だったので、このたった15分ほどの間ですら私は生きた心地がしませんでした。
崖下にバスが落ちていてもなんの不思議もありません💦
自家用車サイズとかマイクロバス程度なら大丈夫ですが大型バス(公共交通機関のバスなど)はお勧めしません。


ということで、サレルノからアマルフィまで船で入りました。

アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23243948.jpg
かなりの人! 英語圏の人々が押し寄せています。
ここも過去に訪れた中で最高の人出! 欧州の旅行者とかアメリカ人とかで激コミです。
コロナで旅行できなかった人たちが押し寄せていてすごいです。

私たちは早々に別の場所へ移動します。
お気に入りのコンカ・ディ・マリーニという小さな入り江でランチ。
小さな船でしか行けない入り江にあるトンナレッラというお店にシエコを連れて行ってあげたかったのです。

が、、お店に何度電話をしても全くでない。以前から電話がなかなかつながらない店でしたが、今回、本当につながらず、ようやく前日の休憩時間とおぼしき時間に電話がつながりましたが、満席とのこと。
トンナレッラの隣にあるリソルジメントという店も以前から気になっていたので、そちらに電話をしてみたらお席があったので今回は初めてのお店Risorgimentoへ。
お店の送迎ボート(無料)がアマルフィの桟橋へお迎えに来てくれます。

アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23311450.jpg
ボートは貸し切り~💕 しえこは船首を独り占め。まだまだキッズだね。
アマルフィの大海原を飛び跳ねながら入り江へ向かいます。落ちないようにロープ掴んでね、って船長さんに言われました。

と、ここで、ボートの上で飛び跳ねている時に電話が鳴っている。こんなところで電話に出て海に放り出されないかしら?スマホ飛んでいきそ~と心配しつつ電話にでると
「アニータさん!」

翌日にカラブリアへ移動して、アニータさんのお宅に泊めていただくことになっていますが、アニータさんが

「アンジェロが駅で待っているけど、まだ来ないって、、電車に乗っていなかったみたいだけどどうしたの?」とのこと。
「お邪魔するのは明日だよ~、今アマルフィにいるのよ~」と返事をしたものの、え?今日、何日だっけ?? もう何曜日か何日かもわからなくて船の上で焦りましたが、よく整理したら、アニータさんが私たちが来るのを楽しみにしすぎて、一日間違っていた模様。

きっとご馳走をたくさん並べて待っていてくれたのよね。なんだか申し訳ないけど、行くのは明日の予定です。

ということで、入り江に到着。こんな桟橋に到着します。
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23404920.jpg
高台からみるとこんな感じのところです。いつもご飯を食べるのは奥にあるピンクのお店「トンナレッラ」
今回は手前にある、海の上にせり出したお店「リソルジメント」

トンナレッラは満席だけど、リソルジメントはガラガラ。うーん、なるほどね。と後に思うのですが、満席だったんだから仕方なし。
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23390198.jpg
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23535288.jpg
まあ、海の家なんですけどね。こちらのお店も5月末から10月の1週目くらいまでの営業です。
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23435637.jpg
イワシのマリネとお通し的トマトのブルスケッタ
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23441040.jpg
ムール貝とタコのサラダ

アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23455788.jpg
すごい量の魚介のリゾット

アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23462752.jpg
スズキのグリル

う~ん、どれも悪くないんだけど、魅力的なメニュー少ないし、トンナレッラの方が美味しいかな~。
あっちが満席でこっちがガラガラなのも納得。ま、以前から気になっていたお店なので今回はこれでいいとします。
お値段も高かったのですが送迎も無料で貸し切りボートでアマルフィクルーズが楽しめることを考えると楽しいランチになると思います。まぁ、トンナレッラが予約できなかった場合の選択肢ですかね。

でもね、帰りは好きな時間にまたアマルフィまで船で送り届けてくれるので、しばし、入り江でお昼ねタイムを楽しみました♪
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23502572.jpg
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23501598.jpg
デッキチェアは1個10ユーロでした。2個借りてお昼ね。岩から子供たちがダイブしている様子を眺めたり、ちょっと水に足を漬けてみたり、、
途中で飽きたらちょっと高台へお散歩したり。


アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23582544.jpg
迷路のように階段が続いた上には崖沿いに可愛いおうちが並んでいます。
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23555268.jpg
アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_23562959.jpg
南の人は信心深い方が多いと聞きますが、道のあちこちにマリア様。

アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_00004123.jpg
上から入り江を眺めたり。。

のんびりとした午後を過ごしたらまたアマルフィへ送ってもらいます。

そして、、、アマルフィへ戻ったら、そのまま船で昨日の漁村、チェターラへ。
前日の夜に気持ちよくワインを飲んでご飯を食べたら、ヴィエトリで買った大事な陶器をお店に忘れて来ちゃったの💦
取りに行きます、、。

アマルフィといったら例の場所でランチです。_d0041729_00105490.jpg
サレルノの宿近くでピッツァとモッツァレラも食べました♪ 美味しかった。イタリア人、ピッツァにはビールなの。
ってことでNastro Azzurro.






by cibiyukiko | 2022-09-19 00:13 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
<< アニータさんちの幸せな食卓♪ その1 チェターラでコラトゥーラのチェ... >>



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
うんうん、casadel..
by cibiyukiko at 00:10
JOY COLORS ..
by casadelsole at 22:47
ポムちゃんのおかげで良い..
by cibiyukiko at 00:40
わ〜💖ぱ..
by pompelmo-24 at 20:02
アキさん まだ今年のこと..
by cibiyukiko at 22:30
yukikinaちゃん、..
by aki at 01:53
先日はありがとうございま..
by cibiyukiko at 00:12
ストアカ、知りませんでし..
by casadelsole at 20:24
ページ開くごとにイチイチ..
by cibiyukiko at 01:07
まねっこしてして~♪ ..
by cibiyukiko at 01:06
*ブログジャンル*
*ファン*