人気ブログランキング | 話題のタグを見る
* お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学
ランチの後、日本人画家、レオナール藤田がフレスコ画を手掛けた礼拝堂が素晴らしいのでぜひ行ってみて!と教えていただき、徒歩15分。
藤田氏のパトロンであったG.H.マムの敷地内にあります。

歩いていると普通にグラン・メゾンが目の前に出てくるので感激!
歩いていると知ってるワイナリーの看板がいっぱい出てくるところは山梨の勝沼、、、の華やかゴージャス版のようです(笑)
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21504077.jpg
ルイロデレールのお向かいにGHマム
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21504999.jpg
この敷地内に礼拝堂があるらしいのですが、、礼拝堂らしく小さな建物の前にある扉は閉まっていて、どこから入って良いのかわからず、厚かましくこちらのメイン的な建物の中に入って聞いてみる。
そしたら、やっぱり閉まってた礼拝堂前の扉から行かないと行けないらしい。どうやらお昼休憩だったみたい💦 フランスよ、お前もか。
でも、再び礼拝堂の前に行くと開けてくれました。お昼休憩終わったみたいです。良かった。

お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_00375742.jpg
とっても小さな礼拝堂です。後ろ姿はこちらのスタッフの方がお昼休憩から戻って来たところ。
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21510459.jpg
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_00390837.jpg
小さい礼拝堂の内部は、なんというかピュアなオーラが漂っておりまして、心の穢れがなくなりそう???
原爆を題材にしたステンドグラスもあります。いつまでも中に座って眺めていたい場所でしたが、テタンジェのカーブの見学時間がせまっております。

タクシーでぴゅっと行っても良いのですが、現地の公共交通機関に乗る方が街の雰囲気がわかって楽しいのでバスで行きます。
行く途中で、朝に見学したノートルダム大聖堂も通りましたよ。
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_00452493.jpg
停留所の屋根の内側もカラフルで可愛い♬
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_00461078.jpg
バスを降りて5分くらいの場所にカーブがありました。
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21511703.jpg
まず、シアタールームで映像をみせられてから見学ガイドツアーが始まります。
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21512846.jpg
同じ時間に予約した英語ガイドツアーの多国籍チームで18メートル地下までぞろぞろと螺旋階段を降りていきます。
寒いから上着をはおるように、、と予約確認のメールに書かれていましたが、ホント、寒いです。
白亜質土壌で作られるシャンパーニュ。石灰石を切り出した地下のカーブの中の壁はひんやりとして湿っています。

イタリアやスペインでいくつかワイナリーを訪問し、シャンパーニュ方式で泡を作っているところも何件か訪れたことがありますが、この地底深くに潜ったところにある貯蔵庫のヒンヤリした感じは他では感じたことのない体感でした。シャンパーニュはさすが別格!!
ユネスコ世界遺産にも登録されています。

なんかね、インディージョーンズのロケで使えそうな感じなのですよ。
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21515253.jpg
見学ツアーは1時間とHPに書かれていたのですが、外国人って質問めっちゃするよね。アメリカ人がすんごい質問するからなかなか進まない💦寒い💦
そして、私たちは日帰りなので帰りのTGVの時間がせまってる~。

本来ならツアーが長引くのは楽しいことなんですが、電車が17時台がパリに帰る直行の最終電車で。
やめてくれ~、もう質問しないでくれ~と願い、ぞろぞろ歩く時も、記念撮影してふざけながら歩く人達に笛を鳴らしたくなりながらカーブ見学終了。
降りる時は螺旋階段を降りたけれど、上がる時はエレベーターがあるらしく、ガイドさんが、「エレベーターと螺旋階段、どちらがいいですか~?」とツアー客たちに聞いてきたので、エレベーター!!と答えようとしたら、一部の人達が「階段!」というのでまた18メートル上まで階段をぐるぐるぐるぐる上ります。
いえ、時間があれば全然階段でいいの~。

お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21520322.jpg
テイスティングルームに到着!!!
お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21521927.jpg
シエコさん、二日酔いで飲めないというので、私が2杯、いただきます。本当ならゆっくり試飲をしたいところですが、、、、
タイムリミット16時半になってしまいました。ゆっくり味わうこともなく2杯を一気のみ(笑)きっとまわりは驚いたと思うわ。

タクシーを呼んでもらおうかと思ったけれど、田舎だと街に2,3台しかタクシーいなくて待たされることもよくあるので、バスの方が安心だと判断してお先に失礼~とグラスを勢いよくお返しして帰りました。次回は泊まって何軒かまわりたいです。

今回は、娘だけ帰国前のPCRが必要で、クリニックへ検査に行って、翌日に結果を持ってサインをもらいに行かなければならず、万が一、陽性だった場合はその翌日も検査に行きたかったのでパリから離れられずでした。


お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21523596.jpg
ぎりぎり間に合った~♪ほっ。

お仏蘭西日記⑥ テタンジェ見学_d0041729_21524428.png
行きはスマホにインストールしたJR東日本様のSUICAが反応してしまって自動改札が通れなかったのでドキドキでしたが、帰りはノーチェックでした。

さて、パリに戻ってこの日の夕ご飯、何食べたか思い出せない、、と思ったら。
そうだ、お腹が空いていないからどうしようか~、、、とイタリア人にお土産に持っていった残りの「崎陽軒のシュウマイ」をポットのお湯で温めて食べて幸せにひたったのでした。異国の地で食べる崎陽軒の美味しいこと!最高です♬
イタリア人にも、イタリアに住む日本人にも喜ばれたしね。しかも常温で持ち運びOKで4か月も日持ちがするの!次回からしばらく私が持参する日本土産は崎陽軒の真空パックに決定だわ!!会わなかった人の分は自分が外食したくない日に食べちゃえばいいしね♬
今回はカレー飯まで持って行っちゃいましたよ。
もうね、ずーっと外食してワインばっか飲んでるから正直、何も食べたくない日があるんですよ。昔はそんなことなかったのにね~😿

ところで、レオナール藤田画伯によるフジタ礼拝堂。あまりよく知らずに勧められるままに行ってみて、シエコなんて、「ふーん」って感じで眺めていたのですが、新学期が始まってから学校でフランス人やら日本人の先生に夏休みはどこか行きましたか~?と聞かれてシャンパーニュ見学に行ったと言うと、「フジタ礼拝堂は行ったか?」と聞かれたらしく、ドヤ顔で「行きました!」と言えたので、「行っておいて良かった~」と言っておりました。そら良かったね。




by cibiyukiko | 2022-11-04 00:31 | フランス | Comments(0)
<< 1日1レシピ!・・とはいきませ... ようつべで秋のサラダを作ってみ... >>



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 13:23
おめでとうございます✨✨..
by pompelmo-24 at 21:25
うんうん、casadel..
by cibiyukiko at 00:10
JOY COLORS ..
by casadelsole at 22:47
ポムちゃんのおかげで良い..
by cibiyukiko at 00:40
わ〜💖ぱ..
by pompelmo-24 at 20:02
アキさん まだ今年のこと..
by cibiyukiko at 22:30
yukikinaちゃん、..
by aki at 01:53
先日はありがとうございま..
by cibiyukiko at 00:12
ストアカ、知りませんでし..
by casadelsole at 20:24
*ブログジャンル*
*ファン*