人気ブログランキング | 話題のタグを見る
* ディプロマコース第5回 リグーリアの会
ディプロマコースも早いもので5回目が終了いたしました。

15品と5本のワインがみなさまのお腹に入っていったのは第5回 リグーリアの会

過去にワインスクールやチーズスクール、そして色々な料理教室へ通ったことがありますが、
ワインスクールではワインだけを集中して
チーズはとにかく一度に同じ種類のチーズを白カビの日は白カビチーズを、青カビチーズの日はひたすら青を。
日本の料理教室では料理をグラス一杯のワインで。
そうやって学んで来ました。

そのどれもが勉強になり、その個々にフォーカスしたスタイルが良い学びであったことは間違いありません。

ですが、私が以前からずっと思っていたことは
その土地にあるすべてのつながりを感じながら丸ごと学びたい。ワインも料理もチーズも、歴史も地理も全てを同時にまるでイタリアにいるみたいに感じたい。

地元の料理に地元の人が合わせるワイン。教科書的なことは一度全て忘れて、直接現地で私が感じたことをお伝えするレッスン。

あぁ〜こういう風にやりたかったのだ。
そう感じるきょうこの頃です。

今回作ったメニューはこちら。絶対作りすぎなんだけど、各州をマスターするにはどれも削れず、、割愛して絞ってこの15品に。

・Farinata di Ceci ひよこ豆のファリナータ
ディプロマコース第5回 リグーリアの会_d0041729_17504380.jpeg
・Focaccia Genoveseジェノヴァ風フォカッチャ
ディプロマコース第5回 リグーリアの会_d0041729_17510064.jpeg
・Focaccia di Reccoレッコのフォカッチャ
ディプロマコース第5回 リグーリアの会_d0041729_17511520.jpeg
・Frisciu di Baccala バッカラ入りフリシューとシラス入りのフリシュ― フリシューとはリグーリア州の言葉でフリットのこと。
ディプロマコース第5回 リグーリアの会_d0041729_17513719.jpeg
・Frisciu di bianchettiシラス入りフリシュー
・Torta pasqualina 33にこだわった現地風パスクワのトルタ
ディプロマコース第5回 リグーリアの会_d0041729_0381119.jpg

そして豪華な魚介ピラミッド
・Cappon magro カッポンマグロ
ディプロマコース第5回 リグーリアの会_d0041729_00083086.jpg

以下はまとめて

・Garette di marinaio リグーリア料理に欠かせない船乗りの乾パン
・Pansotti con salsa di Noci クルミソースのパンソッティ
・Testaroliテスタローリ 世界最古のパスタ
・Trofie al pesto ねじねじ手打ちパスタ
・Risotto al nero di seppie ピガートに超合うイカスミリゾット
・Bagnun d'Acciughe バニュン・ダッチュウゲ いわしのトマト煮
・Baci di Arassio バーチ・ディ・アラッシオ
・Canestorelli 花型ビスケット カネストレッリ
ディプロマコース第5回 リグーリアの会_d0041729_23481694.jpg

料理は全て私が現地で片っ端から食べてきた郷土料理たちを再現しています。

ディプロマレッスンではまずは2-3種のアンティパストとそれに合うワインを飲みながらの座学を1時間半ほど。

リグーリアは海と山の間の狭い土地だからチーズやサルミ類はほとんどなくて、肉料理も土地が少ないからウサギ肉など小スペースの家畜で、こんな料理。。
だけど、粉モノ多いのはこんな歴史から、、

リグーリアのオリーブオイルは繊細で軽やかだからペストには絶対これな理由。

今回は、昨年、プラのバジル農家を訪問した時の動画をお見せしながらバジルの生育についてのお話も。
リグーリア料理には軽快なリグーリアのワインなことを実際に合わせて味わって五感で覚える。
などなど、丸ごと同時に進行し、五感で味わっていただきながらの説明は心に残るはず。

どれも私が現地で知りあったイタリア人やホームステイ先の家族、色々な年代のシェフなどを質問攻めにして入れてきたことと実際に食べて感じたもの。
留学時代と、その後の毎年の渡伊でいろんな角度から見て食べて感じて、私のフィルターを通したものになりますので教科書的な内容とは異なるかもしれません。

今月のアンティパストには先月のロンバルディアの会の時に仕込み始めたブレザオラの完成品も一緒に。
必ず毎月お会いするから出来る繋がりのあるコースレッスン。

違う州でもお隣同士であったり、海を通じて交易があったり、州同士の料理にもつながりがあることが感じられる内容です。

座学で土地の知識も入れてからの実習はより知識が吸収されるはず。
土地のワインと一緒に、この料理とこのワインが合うね~、潮風のミネラル感じるからこれと、これが合うね、、など、色々考えたり意見を言いながらの試食も楽しい。

作りすぎたから、お持ち帰りもたくさん。
おうちに帰って食べるとまたひと味違う発見があるかも?

何かに自信を持ちたい方、お店やレッスンでレシピを使いたいかた。修了後はレシピも使用できるディプロマレッスン

二期生は2024年9月から始まります!
そろそろ募集を開始予定です。現在ご案内を作成中です。お問合せいただいている方にはもう少ししましたらご案内を送らせていただきますね。
こちらからお問合せください。
https://lin.ee/LdZdugj

お気軽楽しい通常レッスンの5月のご案内もそろそろ開始しますね~。

by cibiyukiko | 2024-03-24 17:49 | 講師養成ディプロマコース | Comments(0)
<< 2024年 9月開講のディプロ... 2023秋のイタリア⑬前澤女学... >>



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
わ~い、最初から読んでく..
by cibiyukiko at 21:52
おかえりなさ〜い ..
by pompelmo-24 at 20:45
きゃはは、失礼すぎてイン..
by cibiyukiko at 09:17
フェラガモ氏とのインスタ..
by pompelmo-24 at 21:07
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 13:23
おめでとうございます✨✨..
by pompelmo-24 at 21:25
うんうん、casadel..
by cibiyukiko at 00:10
JOY COLORS ..
by casadelsole at 22:47
ポムちゃんのおかげで良い..
by cibiyukiko at 00:40
わ〜💖ぱ..
by pompelmo-24 at 20:02
*ブログジャンル*
*ファン*