* これが本場のバーニャカウダ!
ピエモンテで本場のバーニャカウダを食べること!
これもお目当ての一つでした。

その名も「Maratona di bagnacauda」
バーニャカウダマラソンです。
会場となるお店に到着すると、地元の方がまるで居酒屋のように長テーブルに集っています。
なんだか、すごい熱気。それに、めったに酔った人を見ることのないイタリアで、酔ったオジサンとかが店内を陽気に歩いています。
これは相当、楽しいに違いありません!

18ユーロの入場料を払って、中に入ります。
そして、出てきたのは~
コレですっ!!!

ええっ!? こ、、これは、野菜の姿がそのまんま。
d0041729_2392522.jpg

そして、バーニャカウダの鍋は~
一人分がこれっ!
d0041729_23111967.jpg


ここに、写真の野菜を、自分でナイフで適当にカットして、鍋に放り込んで、バリバリ、ボリボリと食べます。
鍋の下には火がついているので、ちょっと長めにつけておくと、パプリカなんかはちょうど良い硬さにもなります。
野菜は、この地域が特産の「カルド」セロリとフィノッキオの中間のような野菜に、まるで生姜のような姿をした、トピナンブルという、イモ科の野菜など、珍しいものもあります。
トピナンブルについては、名前は聞いたことがあったものの、中部以下では見たことがなく、実物はこちらで初めて見ました。

このほか、パンや、茹でたジャガイモ、ビーツなども置いてあり、いろんなものをバーニャカウダソースにつけて食べます。飲み物は、ワインの瓶がボンボンと置いてあるので、飲み放題です。
ノヴェッロ持ってキテ~、とお店の人に言うと、それも出てきます。
これは止まらな~い!!
そして、ソースがなくなると、鍋を持ってウロウロしているカメリエーレが、マイ小鍋に、新たにおかわりを注いでくれるんです。野菜類、パン類も、食べ放題です。
たしかに、Nonstopマラソンだわ。これは。
長テーブルなので、隣に座ったグループとも会話が始まりますが、私たちの両隣とも、地元アスティ近郊の方たちでした。

いったい、いくつのニンニク、アンチョビが私のお腹に入っていったのでしょう。
食べていると、身体がポカポカしてきて、毛穴が開きそう~!まさに、冬の鍋料理!
北イタリアの寒い冬にぴったりなお料理なことを、またもや「体感」

そして、最後のオタノシミは、、、
なんと、生卵!
食べている途中で、卵が配られ、何かと思ったら、バーニャカウダのシメは、鍋に卵を割りいれ、半熟になったところを食べるのだそう。
これが、パンにつけて食べると美味しいんです!
こんな食べ方、初めて知りました。日本の鍋で最後にお雑炊を作るのに、ちょっと似ていませんか?
♪♪♪ 人類みな兄弟っ!です~ ♪♪♪

d0041729_2358359.jpg


あ、、あらイヤだ、バックに写るパンカゴも、野菜のお皿も、からっぽ。。
今日も食べた食べた。。。

ところで、バーニャカウダとは、私の認識では、にんにくを牛乳で煮て、裏ごしたものとアンチョビをあわせ、オリーブオイルを加えて温めたもの、、のはずだったのですが、
こちらでは、どうもオリーブオイルのかわりに、バターを使っていたようです。隣のテーブルの地元のおじさんたちも、「ここはバターを使ってるね」と言っていました。
ということは、私は間違いなく、バターを200g(1箱)はお腹に入れている気がします。。。
写真を見ても、この上澄みは、、バターだなあ。。。

う~ん、都合の悪いことは忘れましょっ!
とにかく、美味しくて、楽しかったのだから。

さて、この夜、ローマのmarinaちゃんとは、アスティの駅でお別れ。
とおっても可愛くて、すごくがんばりやさんな彼女でした。イタリアを通じて、素敵な方とたくさんお知り合いになれて嬉しいです。

翌日は、ピエモンテの絶景!ランゲ&ロエーロ地方の秋を満喫し、ワインを堪能します。
つづく、、
[PR]
by cibiyukiko | 2007-11-15 23:26 | ├ピエモンテ | Comments(6)
Commented by sicilia_trapani at 2007-11-16 00:28
待ってました、お次の更新っ!ユキキーナさんのブログでまだまだピエモンテ気分を味わっています♪バーニャカウダ、アスティのMちゃんは「バンニャカウダ」と言っていました。地元の人はこう呼ぶらしい。
頭ではわかっているつもりの「イタリアの地方色の強さ」、でも、自分で足を運んで食べてみて「体感」する事がやっぱり必要ですよね~。バーニャカウダの後、体が燃えそうでしたもんっ!でもさ、やっぱり写真見ると、改めて「バターだっ!」って分かりますよね~。あの濁りは絶対にオリーブオイル100%じゃないもん。
次ぎの更新も楽しみにしていま~すっ!
Commented by モンスーン at 2007-11-16 07:03 x
毎回おいしそうなものばかりで、釘付けになっています♪
お鍋、大きいですね~。1人分ですよね??ビックリしました。
Commented by umeshu23 at 2007-11-16 17:07
ユキキーナさん・・・もう、プンプンッ!って感じなんですけど
あのバーニャカウダの最後の卵が気になって気になって!!
ピエモンテの方じゃぁ、オリーブオイルの代わりにバターを使うんですかねぇ??
でも、本場だったらそうなんでしょうね^0^
それはそれで、美味しそうな気がしますけどアトがね・・・^^;
今更ですけど、リンクさせてもらいまーす。ご都合悪ければご連絡を!!
Commented by ユキキーナ at 2007-11-16 19:44 x
レイさん、ピエモンテの言葉っておもしろいですよね。ほんと、トリノの郷土料理の店はさっぱりでした。トリッパのことは、ブセッカと呼ばれていて、仔牛もなんだか違った名前で、、
それにしても、写真を改めて見ても、バターが胃壁についた感じが甦ってきます~。でも、この店はかなり楽しかったですね♪良いお店を教えていただいて感謝です。
Commented by ユキキーナ at 2007-11-16 19:46 x
モンスーンさん、びっくりの量ですよ。去年のうちの教室のバーニャカウダの10倍くらいは一人でお腹にしまっています。
でも、この鍋を思わず、教室用に6個買いたくなっちゃいましたよ。
ま、お香の器くらいがちょうど良いかも。
Commented by ユキキーナ at 2007-11-16 19:47 x
umeshuさん、あら失礼、そこまでニンニク臭が届いちゃいましたか?
海を渡ってもおかしくないくらい、ニンニク食べちゃいました。そして、この辺りは、料理はなんでもバターでした×××。美味しいバターではあるですけど、、、、おもっ、、、。
そう、卵!かなり私のツボな食べ方でした。リンク、ありがとうございます♪
<< 怒涛の1週間でした。 アルバの白トリュフ市! >>



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
初めましてこんにちは。 ..
by りえった at 05:58
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
*ファン*
*ブログジャンル*