人気ブログランキング |
2019年 08月 14日 ( 3 )
コルティナダンペッツォからボルツァーノまでは車で約1時間半の道のり。

イタリアでは速度制限厳しいから、絶対制限速度を10キロでもオーバーしちゃダメだよ~と友人に言われていたのですが、まったく問題ナシ。
もともとの制限速度が高め設定(笑)
そんなわけでガンガン進みますよ~。

しかし、ドライバーにあまり優しくないのは、高速道路上にサービスエリアが意外と少なく、飛ばしっぱなしの夫が休むことろが出てこない。。

とそこに
「Capriz」caseificio(チーズ工房)と書かれた看板を発見!

d0041729_22105561.jpg


d0041729_22113138.jpg
チーズ工房だ~、、いいな~ 行きたい!!

サービスエリアではありませんが、夫の休憩のためにも一旦、車を止めてチーズ工房でも見学して歩いてリフレッシュしましょ~と立ち寄るとこれが大正解!
d0041729_22112079.jpg
d0041729_22111368.jpg
d0041729_22130631.jpg
いつもイタリアの田舎のもっさいチーズ工房ばかり行くのでなんともスタイリッシュな店内にオーストリアを感じます(イタリアだけどね:笑)。素敵♪
d0041729_22115401.jpg
d0041729_22103619.jpg
どれも美味しそう!! 食べたい!!!
もちろん買って帰ることが出来ますが、、、同じ敷地ないにはこちらのチーズを使ったレストランがありました!!
今日のランチはここに決定!!
d0041729_22114644.jpg

綺麗な空気の中、外のテラスでいただきます。

d0041729_22113836.jpg
もちろん運転中のアルコールも1杯くらい全然オッケー!!自己責任です。

d0041729_22122915.jpg
焼きチーズとサラダのランチにはたっぷりのサラダと、チロル地方独特のスパイス入りのパンが一緒についてきます。
クミンやライ麦などが入った酸味があるパンに、ウオッシュチーズを焼いたものをつけていただきます。
d0041729_22125196.jpg
とろとろだよ~ん♪ フォンデュみたい♪

d0041729_22123717.jpg
d0041729_22125854.jpg
大きなチーズバーガーにはチーズたっぷり♪
バンズもパティもこの土地の素材で作られたこだわりバーガー。ピエモンテのM**bunみたいな感じですかね。

d0041729_22124457.jpg
ポムフリッツには好きなマヨネーズが数種から選べたのでトリュフマヨネーズをチョイス。
d0041729_22121976.jpg
不足気味だった生野菜をわしわしいただいちゃいます!
d0041729_22120807.jpg
食べ終わったら運転で疲れた男性陣はみーんな、デッキチェアでのびています(笑)
d0041729_22120135.jpg

不思議なミルクのオブジェなど子供がチーズづくりを楽しく学べる場所もあります。
こちらのチーズ工房、ビストロ、エノテカ、ショップ、ミュージアムが併設されていてちょっとしたレジャー施設のようなチーズ工房でした。
旅行中こちらが一番美味しかったかも。。この店、めっちゃ気に入った~!!!! もうこの際イタリア郷土料理とかどうでもいい(笑)。Capriz

さあ、あと一息! ブレッサノーネのカンティーナへ向かいます。







by cibiyukiko | 2019-08-14 22:35 | 北イタリア | Comments(0)
d0041729_18063434.jpg

2泊3日でお世話になったHotel Europa
眺めもよくて、部屋も広くて立地もよくて良かったです。ヴェネツィアのホテルが狭いのでそれ以外のところは広いところをがんばって探しました。
d0041729_18064283.jpg
d0041729_18065228.jpg
古い山小屋のような感じです。冬はこんなバーで長い夜を楽しんでもよさそうです。

チェックアウトしたらミズリーナ湖をみてからボルツァーノへ移動します。
d0041729_17570957.jpg
途中、こんなチャリダーがいっぱいいます。
d0041729_18070290.jpg
写真で観て、絶対行きたいと思っていたミズリーナ湖、あらら??ちっちゃ~い。


d0041729_18071375.jpg
なぜか家族が一人増えています。近くにいたイタリア人の子を抱っこしてフェイクファミリー画像。

d0041729_17564707.jpg
尖ったお山はこの辺りでさようなら~。西へ移動すると緑に覆われた山になっていきます。
d0041729_17565519.jpg
牛や馬、山羊さんエリアもありました。

緑に覆われたトレンティーノアルトアディジェに入っていきます。








by cibiyukiko | 2019-08-14 18:14 | 北イタリア | Comments(0)
今回の旅は家族への「愛」💛を込めて企画しました。 ←結果、愛が重すぎてシエコにはちょいとハードだったらしい(笑)

昨年の秋にアオスタの美しいアルプスをみて感動し、この美しい山々を家族にも見せてあげたい、と思ったことから夏の旅行計画が始まりました。

ロードバイクが趣味の夫を自転車のメッカ、北イタリアで自転車に乗せてあげたい!
後半はいつも私の料理修行に付き合ってくれるシエコのために遊園地やプールでいっぱい遊んでイタリアンなヴァカンスを。
仕事のためにその土地の料理を追求して食べまくるのはその次です。もう郷土料理じゃなくていいから、みんなの好きなもの頼んで!

そんなわけで家族が好きそうなことを盛り盛りに詰め込んで企画したら、思った以上にハードなアクティブヴァカンス(笑)

コルティナ・ダンペッツォ 2日目はオーストリアのリエンツまで50キロのサイクリングです!!
さすがにロードバイクは私とシエコが付き合えないし危ないのでマウンテンバイクで自転車ロードをサイクリング。

50キロと言ってもオーストリアのリエンツまではずっと下り坂なのでそんなに大変じゃないんです。(←と思っていたらあらら)

d0041729_10020272.jpg
スタートはドッビアーコの街。こちらで自転車を借ります。
日本からネットで予約をしてきました。天候が悪いと日程を変更してもらえるようです。この日も朝方は雨が降っていたので自転車屋の人が私に明日にする?と電話しようと思ったけど日本の携帯の番号しか知らせていなかったので連絡できなかったらしい。
d0041729_09591145.jpg
d0041729_09590332.jpg
それぞれのサイズに合わせてもらって、ヘルメットを借りてスタート!

ずっとサイクリングロードが整備され、途中に看板でリエンツ行きの矢印が表示されているので道に迷うこともほぼありません。
d0041729_10001933.jpg

d0041729_10001262.jpg
d0041729_10121724.jpg
ずーっとこんな田舎を走ります。爽快!
d0041729_09594700.jpg
ちょっと休憩する~??と小さな町のカフェのようなかわいいお店へ入ったら、、
d0041729_09593077.jpg
 ドイツ語!!!
d0041729_10010405.jpg
メニューが全く読めない! 店員さんがイタリア語通じない! 注文できなーい!!
ちょっと~、パパ~、第二外国語はドイツ語じゃなかった~???まったくわからず。
私と店員さんのやりとりを見ていたイタリア語が話せるお客さんが通訳してくれて無事にオーダー。


気づいたら国境をしれーっと越えてしまっていたようです。せっかくパスポート持ってきたのに検問なし、フリーエントランスでした。

d0041729_09592239.jpg
ビールが美味しい! しえこはオーストリアの謎のレモネード。
d0041729_09593893.jpg
黒パンベースのピッツァ。ケチャップとマヨがついてくるところもイタリアではない。
それにしても、こんなにイタリアと近くても国境を越えれば小さなお店ではドイツ語オンリーなのね~。
オーストリア側チロルのsillianという町だったようです。

さて、まだまだ先は長いので行きますよ~。

途中、ウェハースチョコで有名なLoackerの工場なども出てきます。

d0041729_10000395.jpg
d0041729_09595567.jpg
中が見学できます。観光できたイタリア人が両手に山のようにチョコレートを購入している姿は山梨の信玄餅ファクトリーに来ているようです(笑)
こちらのカフェで、ザッハートルテとカフェをいただきました。カッフェにはもちろんLoackerが付いてきましたよ。
d0041729_10002718.jpg

さあ、まだまだ先は長い~。がんばりましょ~。
d0041729_10003467.jpg

ここから先、すごく深い森の中を通ると、まだ雪が残っていたり、ずっと川沿いを走ったり、ゴロゴロ砂利道が出てきたりと変化に富んでいます。
下り坂なので気持ちよくピューっとどんどん下りますが、スピード出しすぎてブレーキ強くかけるとひっくり返りそうなので気を付けていきます。
d0041729_10004215.jpg
途中で3回ほど休憩しながらゴール!

リエンツの街はわりと栄えているのでこちらでランチを取りたかったのですが、途中の休憩で何度も食べちゃったのと、雨が降ってきたので帰ります!
自転車はリエンツ駅に乗り捨てして電車で帰れるプランです。

d0041729_10005038.jpg
自転車を電車に乗せて持って帰ることも出来ますよ。ドッビアーコまでは乗り換えなしです。
d0041729_10005744.jpg

d0041729_10021176.jpg
こんなチロリアンな自転車ウェアも売られていました。買えばよかった~と後悔する夫。次は迷ったら買っちゃいましょう!

エネルギーいっぱい使ってめちゃくちゃお腹がすいている我が家。絶対美味しいのが食べたい!!!!はずせない!
ということでなぜかローマ料理っぽいお店へ。多分、ポレンタとかカネーデルリとかこの辺りの郷土料理はうちの家族ダメなのですよ。
ここはお高めですがどれも美味しかったです。

d0041729_17572712.jpg

d0041729_17573840.jpg

前菜のチーズには食べてみたかったプッツォーネものっていました。(その名も超臭い!)という名ですが、臭いだけしますが食べるとマイルドで非常においしいです。
パンチェッタのかわりにスペックが使われたカルボナーラとアマトリチャーナも塩気がちょうどよかったです。
豚肉のソテーも柔らかくて美味しかった~。


疲れたので夜はみんなバタンキューです。(←この言葉に女子高生が大ウケ)













by cibiyukiko | 2019-08-14 10:36 | 北イタリア | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ちゃぶ台返しまでして書き..
by cibiyukiko at 18:47
ユキキーナ先生、感激です..
by Showcian at 17:37
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
*ブログジャンル*
*ファン*