人気ブログランキング |
カテゴリ:料理写真( 317 )

d0041729_12211340.jpg


筍のオイル煮を作ってみました。
ケッパー、レモン、オレガノとオリーブオイルで春の味覚タケノコをなんちゃってシチリア風に。
明日からのシチリア料理レッスンでおまけに出しちゃおう

そのまま食べても、パスタやリゾットに入れても楽しめそう。...

残ったオイルがシチリアの魚料理に使うサルモリリオソースの味!
この残りオイルでカジキのコンフィとかカツオのオイル煮とかも良さそう!
夢が広がります。笑

4月の郷土料理コースはシチリア州。GW中の4月30日(火)に日程を追加いたしました。

4月からのCorsoB 基本コース


クリナップキッチンタウン東京@新宿 でのレッスンも募集中です。



by cibiyukiko | 2019-04-09 12:22 | 料理写真 | Comments(0)
4月のCorsoAのドルチェはシチリア風いちじくのビスコッティ

d0041729_13451442.jpg
セモリナ粉で作った生地の中にいちじくの粒々感にクルミの香ばしさ、そしてレモンの風味が爽やかな風味が広がるビスコッティです。


東京駅から直通24分。JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaでは単発でのご参加が可能です。
初めての方もお気軽にお問い合わせください。

4月の郷土料理コースはシチリア州

4月からのCorsoB 基本コース


クリナップキッチンタウン東京@新宿 でのレッスンも募集中です。





by cibiyukiko | 2019-04-01 13:48 | 料理写真 | Comments(0)
3月は渡り蟹のパスタのリクエストレッスンを4回ほど開催させていただきました。

前菜にはふきのとうやそら豆のフリットで春の食卓。
みんなの傑作、食べやすいようにがんばって身を取り出した渡り蟹のパスタの写真は撮り忘れ。

d0041729_12302939.jpg

d0041729_12303701.jpg


d0041729_12304792.jpg

前菜、リグーリア風の揚げ物、鱈のフリシューの生地は発酵生地で作るので、外側カリッと中はもちもち。
せっかくなので、鱈を揚げた後は、水分をくわえてゆるめたもので、ふきのとうを揚げたり、ソラマメを揚げたり、、
さらにはカラブリアのシラスの唐辛子漬け、ロサマリーナを入れてみたり、、
ついついオマケ作りに熱が入ってしまうのはいつものこと。

d0041729_12305659.jpg
ワインはいただいたモンフェッラートのヴィオニエにランゲのファボリータ。
どちらも美味しいワインでした♪

d0041729_12301397.jpg
我が家で3回目の冬眠明けを迎えたカメコですが、、、
1週間ほど前に、もぐっていた土をやぶって顔を出したものの、、なかなか出てこず。

2日前にやっと穴から出てきて水槽に入ったものの、やはり寒かったみたいで、今朝みたら、穴に戻っておりました。
本格的な春の到来はまだ少し先のようですね。


3月のレッスンは残すところあと3回
どれもイタリア最北端に位置する南チロル料理レッスンです。
11時~14時半頃
・3月25日(月)残2名さま
・3月27日(水)残2名さま

珍しいお料理ですが、手作りのプレッツェルやチロル風肉じゃが、道具なし、簡単に作れる手打ちパスタなどとても好評です。
なかなか食べることの出来ない南チロル料理、ぜひ味わいにいらしてください。全員で一緒におしゃべりしながら楽しく作りましょう。お料理初心者の方でも大丈夫です。(誰かがやってくれます:笑)


東京駅から直通24分。JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaでは単発でのご参加が可能です。
初めての方もお気軽にお問い合わせください。単発でのご受講が可能です。

3月のご案内中レッスン


4月の郷土料理コース

4月からのCorsoB 基本コース


クリナップキッチンタウン東京@新宿 でのレッスンも募集中です。





by cibiyukiko | 2019-03-23 12:39 | 料理写真 | Comments(0)
d0041729_00471512.jpg


3月の前半は復刻リクエストレッスンで渡り蟹のパスタを作りますが、そのほか、前菜には鱈のフリシュー(リグリア風の揚げパン)、イカとグリンピースの春らしい煮込みなど、リグーリア州のお料理です。

ドルチェにはBaci di Alassio(バーチ・ディ・アラッシオ)というリグーリア州サヴォーナ県の郷土菓子。
カカオとヘーゼルナッツから作るクッキーでガナッシュを挟んだ濃厚なお菓子です。
先日、ピエモンテから送っていただいたピエモンテIGPのヘーゼルナッツパウダーを使ったら驚くほど香りが良いものが出来上がりました。

前菜には鱈のフリシューを作ります。
フリシューとはリグーリア州の方言でフリットのこと。

今回は鱈以外の食材を入れちゃおうかと考えておりますので闇フリシュー?(笑)お楽しみに。
サヴォーナでシエキチの顔より大きなフリシューを食べたときのブログはコチラ

渡り蟹のパスタのほかもぜひ味わっていただきたいものばかり。


東京駅より直通24分 JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaでは体験レッスン、単発でのお申し込みが可能です。ご参加お待ちしております。

d0041729_00472126.jpg


このほか、3月のCorsoA 南チロル料理レッスンの日程を追加いたしました。ご覧くださいませ。
CorsoA トレンティーノ・アルトアディジェ州(南チロル料理)
・3月12日(火)残席1
・3月13日(水)残席2
・3月18日(月)残席1
・3月22日(金)残席1
・3月25日(月) 残席1
・3月27日(水)残席1
・4月4日(木) 満席
満席の日程についてはキャンセル待ち承り中です。


その他
クリナップキッチンタウン東京(新宿ショールーム)
・3月7日(木)12時~15時頃 残席2名さま
低糖質イタリアンは手打ちで作るショートパスタ・ガルガネッリに春らしい苺のティラミスを作ります。

d0041729_11134869.jpg


4月のクリナップキッチンタウン東京(新宿ショールーム)では春のイタリアンなピクニックランチもご案内中です。
・4月14日(日)12時~15時頃 余裕あり
行楽の季節やバーベキュー、お庭やテラスなどで楽しむのにぴったりのイタリアンをご紹介いたします。
糖質をおさえて繊維たっぷりの体に優しいお料理ばかり。パスタについてはご希望の方へは低糖質パスタをご用意いたします。





by cibiyukiko | 2019-02-28 01:04 | 料理写真 | Comments(0)
イタリア全土で食べられているリゾットですが、元々はお米の産地、北イタリアの冬のお料理。

アルプスの雪解け水がポー川に流れ込み、その流域の穀倉地帯で作られるカルナローリはイタリアでも最高級ランクです。

先日、ピエモンテから、かさ地蔵?サンタクロース?が我が家にプレゼントをどっさり贈ってくれた際に、こだわりのピエモンテはバラッジャ産カルナローリも一緒に贈ってくださいました。

日本のお米とは米粒の形、大きさ等の米の種類が違うのはもちろんですが、イタリアの最高品質のお米は、リゾットを作る際に米がいかに合わせる素材の味を吸うかというところに着眼点をおいているので、精米工程においても異なります。
新米を秋に美味しいといただく日本とは違い、収穫した米を数年、サイロにて低温保存をしてでんぷんを落ちつかせて、伝統的な石の道具で精米をして、、、という非常に手間のかかる作業をしています。


d0041729_12532212.jpg

d0041729_12531593.jpg
今まで、日本で購入できるカルナローリ米を使っていて、それなりに美味しいと思っていたのですが、今月の基本コースで作るトレヴィスのリゾットをこのいただいたバラッジャ産のカルナローリ米で作ってみたところ、いつもより美味しい!!
素材は大事なことを改めて実感いたしました。


北イタリアへ行ってリゾットを食べると、本当に美味しい!といつも感動します。
留学していた時の料理学校でも、トスカーナや南イタリアの家庭やお店でもリゾットはいろんな味をいただいていましたが、その後、はじめて米の本場、北イタリアでリゾットをいただいた時にはその美味しさに感動しました。
アルデンテ具合と、そしてベタつかずにしっかりと乳化した状態、適度なゆるさ、もう本当に全然違うのです。(←お店の場合ね。今のところ私が習った家庭だと北でも普通に美味しいくらいなことが多いのですが、、、)

そして、最近気づいたこと、、。
私が美味しいと思っている北リゾットの共通点は、どこも平らなお皿に滑らかに広がり、少しだけ波打つ湖面のように盛られているんです(笑)。

初めて「北のリゾットは違う!美味しい!」と思ったのはコモ湖でのリゾット
次に感動したのはブラーノ島のリゾット。ヴェネツイアのラグーナで獲れる小魚を使った絶品Risotto di go.
そして今回の旅の最初にいただいたヴェローナの絶品アマローネのリゾット

上記、私のイタリア3大美味しいリゾットです♪ 

私の作るリゾットも家庭レベルなので、北イタリアの美味しい「お店」のリゾットをいつか習ってみたいな~。










by cibiyukiko | 2019-01-25 13:44 | 料理写真 | Comments(0)
1月レッスンの Ravioli ris e coi を作ってみました。
d0041729_16381180.jpg
ランゲ地方の独特のラヴィオリで、形はアニョロッティ・ダル・プリン

Ris e Coi ランゲ地方の方言で、お米とキャベツ。

どんな味になるのか想像もつきませんでしたが、、
なるほど、キャベツの甘味とお米の甘味、それぞれの違った甘味が優しいリピエノ(詰物)になりました。

ちょっと不思議なとりあわせですが、気に入っていただけると思います。

旅行記が途中なので、まだ登場しませんが、このパスタ、今回の旅行でバローロの有名なアニョロッティ作り名人のシニョーラと、そして、お料理教室で作り方を学びました。

だいぶ前にピエモンテで習い、肉の詰物でレッスンに取り入れたことがあるのですが、
今回、作り方もかなり簡単に出来るようになりました。


d0041729_16382028.jpg
お正月は和食と日本酒ばかりでしたが、久しぶりに今日の夜はコレとワインになりそうです。
(写真はお昼に試作&試食して私のお腹に)

年末にいただいた黒トリュフがまだ少し残っていたので、私のランチだけトリュフのせ♪

d0041729_16383485.jpg

1人だけごめんあそばせ~。



1月のレッスン
CorsoA(ピエモンテ州のお料理)
アンティパスト:インサラータ・ディ・ランガローラ(ランゲ風セロリとナッツのサラダ)
プリモピアット:ラヴィオリ・リス・エ・コイ(お米とキャベツのラヴィオリ)
セコンドピアット:牛肉のタリアータ(ポンドステーキ)
コントルノ:付け合せの野菜をバーニャカウダソースで
ドルチェ:ボネ(ピエモンテ風チョコレートプリン)
11時~14時半頃
以下の日程に残席がございます。
1月18日(金)残1
1月21日(月)残3
1月23日(水)残3
1月24日(木)残2
お申し込みの際に第二希望の日程もお知らせいただけると助かります。

CorsoB(基本コース)はボローニャ名物、クレシェンティーナ。↓のご案内をご覧くださいませ









by cibiyukiko | 2019-01-04 16:48 | 料理写真 | Comments(0)
ピエモンテの白トリュフ~!とブログで騒いでいるなかではありますが、、

先日、都内のオステリアに食事に行った際に、シェフからノルチャ産の黒トリュフをいただいてしまいました♪きゃっ♪

さて、どうやっていただきましょ~♪♪ いただいた翌日は一泊旅行なども入ってしまっているので、
とりあえず、毎日、包んだペーパーをとりかえながら大事に保管。
d0041729_18480244.jpg

ウンブリア州、ノルチャの黒トリュフもとても有名で、そちらでもトリュフ祭りが行われたりしています。
そのノルチャから空輸されてきた、、、トリュフよりも輸送費が高いんじゃないか!?というほど日本ではさらに高価になってしまうイタリア産トリュフ。
ピエモンテの白トリュフが華やかでゴージャス、そして官能的な香りが放つ真珠なら、ノルチャ産のこちらは妖艶な魅力の黒真珠でしょうか、、。

大晦日の本日、お昼に贅沢にいただいちゃいましたよ♪


さて、このお料理、なんでしょう~???
d0041729_18481063.jpg

トリュフに絶対の相性の良さを誇るのがとろ~り卵。
先日、ピエモンテのリストランテで白トリュフ堪能ランチ(ブログはまだそこまで追いついておらず)
でいただいた、生の卵黄を1個丸ごとラヴィオリで包んでトリュフがけにしたラヴィオローネが非常に美味しかったので、黒トリュフで真似っこ。
d0041729_18481860.jpg
せっかくなので、最強の布陣で作りました。
アローカナの卵で作った手打ちパスタの中央にくぼみを作って、これまたアローカナの卵黄をいれてまわりを閉じ、2分ほど茹でたものを、先日ピエモンテで購入した超絶美味しい発酵バターとパルミジャーノチーズであえて、
そしてトリュフを贅沢にすりすり。

ムキャー!!! な美味しさでございました。

教室でこんなスペシャルレッスンを開催したいわあ。。と妄想しながら大晦日のお昼ごはんをいただきました。


夜は夜で美味しい日本酒と美味しい魚介で年越しです。

相変わらず食べてばかりのブログですが、、、、
今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。




by cibiyukiko | 2018-12-31 18:55 | 料理写真 | Comments(0)

12月レッスンのドルチェはモンブラン。
ピエモンテで購入してきたマロングラッセが中にも外にも!

あら、そういえばモンブランって、、、白い山って意味だけど茶色いわ。。うーん。生クリームでもかけた方が本来の名前の由来なのでしょうがお許しを。
土台はメレンゲなので軽い仕上がり。
むか~しレッスンで作った時とはレシピが異なり、さらに手軽に。

d0041729_14390528.jpg

昨日はイタリアで買った食材を実家へ持っていってお料理をしてきました。
年に1-2回はイタリアへ行くのでもう家族にはお土産は買わず、実家に帰って一緒に買ってきた食材を調理して食べるのを恒例にしています。
ボルツァーノで買った鹿肉の生ハムが美味しかった!
そのほか、このモンブランもパーツごとに持参して実家で組み立てましたよ。メレンゲがさくさくなので作ったらすぐに目の前で食べていただきたいドルチェです。
ちょっと不恰好なんですがパティシェではないのでおうちで手軽にをコンセプトってことでー



by cibiyukiko | 2018-12-10 14:40 | 料理写真 | Comments(0)
パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」の最新機種を使った料理教室を開催いたします!

11月14日(水)は最新型のビストロを体験していただくレッスンです。
☆購入のお薦めをするわけではありませんので、購入予定でなくても大丈夫です。ご自宅にあるオーブンで作れるお料理です。
写真はイタリアのカツ丼的な???とろ~り卵をのせたカツレツのビスマルク風。
d0041729_18541020.jpg
ビスマルク風はドイツの伝説の宰相ビスマルクが何にでも卵をのせちゃうほど大好きだったことから、卵をのせた料理をビスマルク風と呼ぶのだとか。...
ビストロのスチーム機能で簡単に温泉卵を作ることが出来て、こんなカツレツもグリル機能で10分で作れちゃう!
オーブンに入れたら他のことに集中できるので料理が本当に簡単です。

d0041729_22290953.jpg

そしてオーブンとレンジ機能を使ってカボチャのティラミスモンブラン(10月のレッスンではハロウィン風ですが、11月はもっと大人な感じに仕上げます)

ビストロは、「焼く・煮る・蒸す・揚げる」の日常使いの時短料理が得意。
新製品NE-BS1500は、高火力のグリル性能がさらに進化し、予熱なしで、骨付き肉もジューシーに焼きあがります。
「そろそろオーブンレンジを買い替えたいけど、買う前に試してみたい。」
「忙しくて時間がないけど、手作りのおいしい料理が作りたい」と思っている方におすすめです。
パナソニックのビストロを使って簡単なのに、おいしくて本格的なお料理を体験してみませんか?

ビストロの機能を駆使すればコンロで焦げないかどうか見張っている必要がありません。その間に他のことが出来ちゃうなんて画期的。

はじめましての方、最新のビストロを体験してみたい方はぜひご参加くださいね!
こちらのレッスンは単発レッスンです。入会金等はございません。

d0041729_00472819.jpg

11月14日(水) 
11時~13:30頃

場所:船橋市 イタリア料理教室CiaoBambinaにて
JR船橋駅よりバス4分 またはアーバンパークライン新船橋駅より徒歩12分、京葉高速鉄道東海神駅 徒歩14分

メニュー:
カツレツビスマルク風とプロヴァンス風野菜のグリル
かぼちゃのモンブラン
食後のエスプレッソがつきます。

参加費:3,000円(税込み)事前お振込み
※開催48時間前より100%のキャンセル料が発生いたします。

このレッスンは先着2名さままで就学前のお子様連れが可能です。お問い合わせください。

お申し込みの方のお名前をフルネーム
参加希望日
当日の朝でも連絡のつく電話番号
ご住所を記入の上、メールにてお問い合わせください。 cibiyukiko@yahoo.co.jp
折り返し、教室所在地、お振込みのご案内を送らせていただきます。

11月のCorosoAは南イタリアのクリスマス料理です↓
11月7日(水)・11月12日(月)に残席がございます。



11月の基本コースは11月15日(木)ポルチーニのパッパルデッレ ↓


東京駅から直通24分 船橋市のイタリア料理教室CiaoBambina 
メールまたはコメントからお気軽にお問い合わせください→ cibiyukiko@yahoo.co.jp

by cibiyukiko | 2018-11-03 14:56 | 料理写真 | Comments(0)
d0041729_00524188.jpg

ボローニャ風のクラッシックなラザニア。12月11日(火)にもリクエストレッスンを開催いたします。→満席となりました。
なので、、12月12日(水)にも追加日程を設定いたしました。12月12日(水)11時~ お申し込み受け付け中です。


お店で食べるラザニアはきちっとカタチがあるけれど、家庭で焼きたてをいただく時はたっぷりのソースに滑らかな手打ちパスタで、切り分けても崩れるようなラザニアも多い。
これが家庭で作る醍醐味だと思っています。

うちはイタリア家庭料理教室なのでもちろん崩れるバージョン。...
ゆる~い教室のゆるゆるなラザニアです(笑)


d0041729_00525209.jpg

ラザニアは絶対なめらかな手打ちパスタ。
冷めたら綺麗に四角く切り分けることが出来ますが、家庭で焼きたてのとろ~と流れ出るようなラザニアがまたいいんです。


素晴らしく美味しいワインと一緒に本日も幸せすぎました。



d0041729_00530560.jpg


こちらのクラッシックで家庭的なラザニアレッスン、同じメニューで開催リクエストがありましたので12月11日(火)に追加で開催いたします。はじめましての方、一緒にイタリアのクリスマス料理を作りませんか?
12月11日(火)11時~ 満席
12月12日(水)11時~ 日程を追加しました。まだ余裕がございます。
<メニュー>
トレヴィスのブルスケッタ
白いんげん豆のボート風
ボローニャ風クラッシックラザーニャ
カリフラワーのツリーサラダ
ボローニャ風ドーナツ ボンボローニ

d0041729_01002092.jpg
クリスマスツリーに見立てたこんな迫力のあるカリフラワーのサラダも一緒に作ります。
実はこのカリフラワーがかなり人気です。
ちょうど今年の絞り立てトスカーナのオリーブオイルが届いておりますので、たっぷりかけていただきましょう。


11月のCorosoAは南イタリアのクリスマス料理です↓
11月7日(水)・11月12日(月)に残席がございます。



11月の基本コースは11月15日(木)ポルチーニのパッパルデッレ ↓


ビストロ体験レッスンは11月14日(水)↓ パナソニックのビストロの便利な使い方を体験していただきます。
特に購入をおすすめするわけではなく、普通にご家庭で作れるお料理をご紹介いたします。
温泉卵をのせたカツレツがイタリア風かつ丼みたいで美味しいですよ♪ こちらのレッスンは3000円です。

東京駅から直通24分 船橋市のイタリア料理教室CiaoBambina 
メールまたはコメントからお気軽にお問い合わせください→ cibiyukiko@yahoo.co.jp














by cibiyukiko | 2018-11-01 00:59 | 料理写真 | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
*ブログジャンル*
*ファン*