カテゴリ:├カラブリア( 9 )
しつこいようですが、大寒波到来中のイタリア。

・・・ではありますが、アニータさんが車でチェトラーロ観光に連れていってくれました♪
d0041729_23020588.jpg
いわしが獲れるチェトラーロの港。

d0041729_23015747.jpg
寒すぎる・・・・ヒートテック、パジャマがわりのトレーナー、パーカー、ダウン、頭にはほっかむりの図。

d0041729_23014867.jpg
昨年も訪れたロサマリーナの工房へ買い込みに行きます。いっぱい買ってきたのでレッスンでもおだししますね。


d0041729_23021519.jpg
ライオンの頭にみえる岩。

アニータさんのお母様の御宅へもちょっとお邪魔してから帰宅。
d0041729_23022965.jpg
アニータさんの御宅からはこんなに綺麗な海。夏はもっと美しいでしょうね。

さて、暖炉の前で暖まったら夕ご飯を作ります。

d0041729_23100539.jpg

アンジェロが採ってきてくれた野草をたっぷり使って。

d0041729_23103082.jpg
カラブリア風、野菜とポテトとパンの炒め物。ムッリカータ。
素朴だけどすごく美味しい!!ほろ苦い野菜とポテトと、ところどころカリッとしたパンの食感が楽しいです。
d0041729_23095490.jpg
アンジョーラのフリット(いわしに似ているけど違う小魚です)
自家製ツナと黒オリーブのパッケリ
ソラマメのパスタミスタ
ピッタフリッタにmiele di fichi(いちじくのモストコットのようなもの)をかけたもの。
これは南イタリアでしか味わえない貴重な貴重な味ですが、とっても美味しいのです。
4月のレッスンでお出しする予定。
d0041729_23023750.jpg
出始めたばかりのソラマメ!イタリアのは柔らかくて生で食べることが出来ますが、ソラマメのミネストラに。


d0041729_23082808.jpg
バッカラのフライに野草とサルシッチャのフリッタータにソラマメのズッパ、カラブリア風の巨大ニョッキをサルシッチャのソースで。
d0041729_23101688.jpg
サルシッチャも極粗挽きのお肉を使って作りました。
なんと、腸に肉を詰めるときに漏斗を使って、手詰めですよ!!豚一頭を解体して作る時もこの方式だそうです。
手で確認しながら作るのが一番とのこと。
恐れ入りました~。
d0041729_23414037.jpg
どれもこれも美味しかった。。カラブリアに2泊した後、夕方に電車で3時間半、ナポリへ移動します。

最近、まずは旅行中にfbでバンバン更新してしまっているので、ブログで書くのが遅くなってしまいそうです。
もし良かったら、fbは前澤由希子で検索すると見れますので、そちらをご覧になっていてくださいね~。旅行記事は全員に公開になっております。


[PR]
by cibiyukiko | 2018-03-08 23:43 | ├カラブリア | Comments(0)
本日まで、イタリアはカラブリアとナポリ、そしてスペインバスクへ行っておりました。

今回は、シエコが学校の研修旅行で2週間イギリスへ行くので、その間に私もささっと行ってまいりました。
今回は前半、カラブリアではワインの友人と現地集合、その後、ナポリではシエコの中学のママ友と合流、いろんな人と合流したりお別れしたり、、でした。

まずは昨年も泊めていただいたカラブリアのアニータさんの御宅にステイ。
アニータさんのホスピタリティに感動し、今年もまた味わいたい!と思っていたのです。
素朴で家庭的な料理ばかりですが、食材は全て自家製、買うものなんてほとんどないのではないか?という凄腕マンマです。


ちなみに、今年の2月末、イタリアというかヨーロッパ全土がシベリアからの寒気団で大寒波が訪れておりました。
カラブリアの田舎のひっろ~い家の寒いこと!!ヒートテックの重ね着に、実はパジャマとして持っていったトレーナーを着てコロコロになっております(笑)お風呂がホント、泣けます。久しぶりにイタリア冬厳寒ホームステイを体験。。。
昔、二度と2月のイタリアでホームステイはしない!と誓ったことがありましたけど、忘れておりました。。。

ローマ乗り継ぎでカラブリアには夜11時頃に到着する予定だったのですが、雪でローマの空港が大混乱!
キャンセルになった便もたくさんあったようですが、ラッキーなことに、私が乗るラメツイアテルメ空港行きの飛行機は1時間遅れで飛び、夜12時過ぎに空港着。タクシーはちゃんとフライトに合わせて待機しているので、無事にホテルまで移動できました。

翌朝、ワインのお友達と同じホテルで待ち合わせをして、お昼過ぎに電車で1時間のアニータさんの御宅へ行く予定が、朝の散歩がてら駅に様子を見に行くと、お昼過ぎに乗る予定の電車がない! 急いでホテルに戻って大慌てで荷造りし、アニータさんにも早く家に行ってもいいか連絡してから朝8時台の電車に乗ることに。 イタリア、いきなり走らせてくれます。。。移動日はいつも走っているような。。。



d0041729_23131972.jpg
予定より早く、朝10時前の到着した私達を喜んで迎えてくれて、お昼ご飯もレッスンできるわね~とアニータさん。
本当に優しい。
しかも、今回はユキキーナと刺繍が入ったエプロンをプレゼントに用意して待っていてくれました♪

まあ、外とお風呂は大寒波でも心はぽっかぽか、ホスピタリティ溢れるアンエジェロとアニータさんと楽しく過ごしましたよ。
ご主人のアンジェロが秋に収穫して冷凍しておいたポルチーニを使ったパスタを作ります。すっごく立派!

d0041729_23141851.jpg
d0041729_23143287.jpg
アニータさんちの自家製食料品貯蔵庫、ちょっとした食料品店なのです。本当にすごい!
豚を解体して生ハム、クラテッロ、カポコッロ、何でも作ります。中には竹を添えた昔ながらの作り方の生ハムも!
瓶詰めはトマトソースはパッサータや生のままのもの、カットの大きさを変えたものなど数種類にトマトペーストやエストラットにしたものなので、、たくさんの種類、
トマトのほかにはオリーブの実や、赤タマネギや唐辛子のジャムなど。
この他、豚肉の塩漬けやロサマリーナ(いわしの稚魚の唐辛子漬け)、リキュール、ワイン、なんでも自家製です。
これまでも何でも自家製という家庭をかなり見てきましたが、ここはスケールが違います。
買うものなんてナンにもないんじゃないかしら?
パンも庭にある釜で何でも焼きますよ。

d0041729_23152393.jpg
ご飯を作りながら、途中でどんどんアンティパストを並べてくれて、食べながら揚げ物をあげて、もうずーっと食べっぱなしです(笑)

d0041729_23151324.jpg
d0041729_23154350.jpg
厚切りナスで作る食べ応え抜群!なナスのパルミジャーナ。これ美味しいわ~。
d0041729_23153565.jpg
夏に収穫したズッキーニを干しておいたものでフリッテッレ。そしてジャガイモとランパショーネの炒め物。

d0041729_23160745.jpg
もう働く気、なくなるでしょ。


d0041729_23261433.jpg
ジャガイモとランパショーネの炒め物。

d0041729_23155291.jpg
ポルチーニが贅沢に入ったカサレッチェ。
そこにアンジェロが辛いオイルをかけてくれます♪
d0041729_23162269.jpg

d0041729_23162932.jpg
初日のお昼からもうこんな感じ(笑)
この後、休憩して、海に連れていってもらって、、その後また夕ご飯作ります。
盛りだくさんなカラブリア、胃がもつかしら?

今回、どこの土地でも内容が濃すぎるので小分けにしてアップさせていただきますね。
お暇な方はお付き合いくださいませ。

3月レッスンは過去に開催したナポリレッスンですが、旅行のお土産などもお出しいたしますので良かったらいらしてくださいね!




[PR]
by cibiyukiko | 2018-03-07 23:29 | ├カラブリア | Comments(0)
カラブリア最後の一食はユミちゃんが用意してくれた朝ごはんデス。
d0041729_23491975.jpg
カラフルなひし形のものはジュッジュレーナという、たっぷりのゴマを固めたお菓子。
白いのは、花嫁のお菓子と呼ばれるズッカリッディ。
d0041729_23493704.jpg
大好きなフリッセ。硬い2度焼きしたパンで、カラブリアやプーリアでは夏の間、このパンにトマトなどをのせて頻繁に登場するものですが、これは薄焼きですごく美味しいの。次にプーリアへ行くから荷物になるし、プーリアで買おうと思って買わずに移動してしまって後悔。プーリアではもうちょっと厚焼きのものしか見つけられず。。次にカラブリアに来たら薄焼きのを買い占めてやるっ!!

朝ごはんを食べた後はのんびり荷造りして、、お昼前のバスでプーリアへ移動します。
バスは4時間弱でプーリアの州都Bari(バーリ)に到着します。

d0041729_23495468.jpg
そういえば今回、カラブリアの外の写真をほとんど撮ってないことに気付く。食べ物ばかりだわ。
ということで、世界の車窓から、、、カラブリアの山々を見ながらバス移動。

長距離バスの場合、たいてい途中でドライブイン??的なところに停まるのですが、こういった寂しい感じのところにおろされることが多いです。シエコはいつも降りないの。私だけトイレ行ったり、ちょっとお店ながめたり。。
こんな、まわりに何もない場所で置いていかれたらイヤだな~といつも思うのですが、運転手さん、出発前には必ず人数を数えてます。それに、たいてい、自分が乗っていたバスだけしか停車していないのでバスがわからなくなる心配もナシ(笑)。
d0041729_23501014.jpg

d0041729_23500215.jpg
カラブリア名物のンドウイヤとカチョカバッロを挟んだサンドイッチがBARで売られていたのでバスの中でお昼ご飯に。

バーリに到着したら、駅で1時間ほど時間をつぶして、電車で1時間の目的地OSTUNIを目指します。
バスは駅の裏口の汚いところに到着するのですが、Bari駅の表にまわると、なかなか綺麗!
駅のBARもこじゃれてました。イタリアの大きな駅は近年、どこも綺麗になってきてますね。

d0041729_23502081.jpg


d0041729_23502711.jpg
電車の車体のイタズラがきも芸術的(笑)。ローカル列車でOSUTUNIへむかいます。
バーリからこの電車で、ポリニャーノアマーレやチステルニーノ、私たちが行くOSTUNIなど、プーリアのけっこうな観光地に行けちゃうので、交通もわりと便利です。

こてこて郷土料理を作るイタリア料理教室CiaoBambina 4月レッスン&5月レッスンもご案内中です。教室HPはこちら↓











[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-17 00:19 | ├カラブリア | Comments(0)
イレアナマンマのレッスンの後は、丘の上にあるサラチェーナという古い町にある、マウリッツイオさんのこだわりカンティーナへ。イタリア語でサラセンというとイスラム教の人たちのことをさしますが、古い時代にイスラムの人たちが作った街のようです。先日はアルバニア人の集落でお料理を習いましたし、元々はこのあたりはマーニャグレーチャ(古代ギリシャの植民地)ですし、カラブリアって昔からいろんな人種が入ってきている土地なんですね~。
d0041729_22214022.jpg
この風貌から、かなりこだわり屋さんな感じがしませんか?カンティーナの中もアンティーク&アーティスティックで素敵なのです。古いもの、先人から受け継いだものを大事に継承している感じが全身から発せられているオーラからもビシビシ伝わってきます(笑)。
d0041729_22215216.jpg
この町の古いお祭りの衣装なども飾られています。そんな彼が作っているワインは、、もちろんBIOワイン。赤ワインなどもテイスティングさせていただきましたが、購入したのはこのワイン。
d0041729_22220146.jpg
カラブリアのサラチェーナに古くから伝わる特徴的な作り方のモスカート。煮詰めた葡萄を混ぜて糖度を上げてから発酵させ、アルコール度を高める製法です。地元の人の間で作られ続けてきたものの、作り手の減少で打ち捨てられていたこのワインが、近年、その価値が見直され、スローフード協会が定めたプレシディオ(守るべき伝統的食材)に認定されています。香り高いモスカートですが、それほど甘くなく、すっきりとエレガントな味わい。何か美味しい焼き菓子がある時に開けようかな。

ワインをテイスティングした後は、ふふふ、カラブリアのカストロヴィッラリといえば、これを食べなければ帰れません。
d0041729_23081299.jpg

赤ワインのパスタ♪教室でも大人気のこのパスタ。オリジナルの味を確認しに再訪。やっぱり美味しいわ~あ。でも私、手前味噌ですが、かなり同じ味に作れていると思います。
お腹いっぱいだったけど、やっぱりこれを食べないとね。(5年前も確かイレアナさんのレッスンを受けたあと、お腹いっぱいではちきれそうだったのに食べにきた覚えが、、、)次回はお腹をすかせてこの店に来て、かたっぱしから食べたいと思います(笑)。

残念ながら、楽しかったカラブリアはこれが最後の夜。。。。名残惜しいわ~。
旅友のYUMIちゃん、ナポリに一緒に旅したり、昨年はバローロへ一緒に行ったりしましたが今回はユミちゃんのHOMEを攻めてみました。本当に素晴らしい滞在になったカラブリア。ユミちゃんとご主人のシモーネのおかげ。いろいろありがとうね。

とっても素敵な体験が出来るカラブリア州。ご興味があるかたはぜひコチラへ↓ 
カストロヴィッラリ在住のYUMIちゃんがカラブリアへの旅行、今回私がお世話になったアニータさんの料理レッスン等もコーディネートもしてくれますよ。


[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-16 23:11 | ├カラブリア | Comments(0)
トロペアでIkuちゃんとMちゃんとお別れした後はYumiちゃんが住むカストロヴィッラリという街にやってきました。
街中から少しはずれたところにあるリストランテ併設のロカンダに宿泊。
YUMIちゃんがBS「大人のヨーロッパ街歩き」で紹介していたお店です。エレガントで美味しそうだったので行ってみたかったのです。

ご主人のシモーネも合流して一緒に夕食。
おっと、ここでシエキチ、今日は眠れる部屋があるということで夕食脱落。部屋で寝ることに。
今回はすっかり大人扱いで一緒に夜まで連れまわしていましたがそうだよね、食いしん坊のママに毎晩つきあわされて疲れるよね~。お疲れ様。いっぱい寝て旅の後半の英気を養っていただきましょう。

大人3人でワイン片手に楽しい夕食♪♪♪
d0041729_22115469.jpg
カリフラワーのスフォルマート。フレッシュなトマト添え
d0041729_22134090.jpg
カボチャとリコッタ、アマレッティのパスタ。イタリアカボチャのパスタ、美味しいんです。日本のカボチャだとどうしても粉っぽい感じでもたついてしまうのですが、水っぽいイタリアのカボチャはパスタにするとホント美味しい。
d0041729_22135584.jpg
セコンドは、豚肉のイチゴほか、ベリー類のソース。甘酸っぱいアグロドルチェで美味しかった。これは後でシエコに写真をみせたら羨ましがっていました。
d0041729_22140790.jpg
リクリッツイアのムースに生姜の砂糖漬けをのせて。カラブリアはリクリッツイアの産地でもあります。
d0041729_22204204.jpg
食後にサービスしてくださったリキュール。なんだっけこれ、、、。綺麗な色でした。お腹いっぱいですが、そのまま自分の部屋に戻って就寝。お部屋の中も広くて素敵だったのですが、しまった、写真を全く撮っていませんでした。外観はこんな感じ。中庭にもテラスから出られるし素敵でした。
d0041729_22142185.jpg
d0041729_22144555.jpg
夜にいっぱい食べてもなぜか朝にはちゃんとお腹がすくのがイタリア七不思議のひとつ。
d0041729_22153046.jpg
美味しそうなトルタやビスコッティが並びます。カラブリアらしく、ベルガモットやチェドロ入りのビスコッティなどもありました。
d0041729_22143493.jpg
ちょっと最初にしょっぱいものが食べたいな~と言うと、スタッフの方が、「カラブリア風のスペシャルモーニングを作ってあげるよ!」と言ってくれて、
d0041729_22145648.jpg
カラブリアのサラミやチーズを盛り合わせてくれました。
パンにオレンジジャムとカチョカバッロをのせたもの、美味しかったなあ。

d0041729_22151848.jpg

リコッタチーズに蜂蜜、シナモン、チョコレート、オレンジジャムをかけたものも出てきて、またまた朝イチで満腹(笑)トルタとかビスコッティは遠慮しました。シエコは食べてましたよ。
この日はシモーネのマンマに美味しいお料理を教えていただくので朝から食べすぎ注意です。
[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-10 22:27 | ├カラブリア | Comments(0)
ロサマリーナの見学をした後は、すぐ近くの街、ディアマンテを散策しました。
ディアマンテって、イタリア語でダイヤモンドという意味なのですよ。
どのあたりがダイヤモンドなのでしょうか!?

もしかして、唐辛子がこの街のダイヤモンド??
d0041729_00344095.jpg

特産品の唐辛子をモチーフにしたみやげ物屋さんなどが並びます。
d0041729_00351703.jpg
壁画でも有名な町だそう。鳥がダイヤをくわえていますね。
d0041729_00350758.jpg
海もすごく綺麗です。透明度の高い海のようで、夏はヴァカンス客でにぎわう街だそう。ナポリの人たちがいっぱい別荘を買っているそうですよ。
d0041729_00345796.jpg
夕陽が沈むところも、とっても美しいです。もしかして、この綺麗な夕陽がこの街のダイヤモンドかも??さて、夕刻、この日の夜はカラブリアのアルバニア集落に住むルチェッタさんからアルブレッシュ料理を習います。500年ほど前にアルバニアからやってきて移り住んだ人たちが伝えた、おもしろいパスタを2種、教えていただきました。
d0041729_00353360.jpg
ツブツブパスタのドロームス。
d0041729_00354174.jpg
こちらは輪っかにしたパスタ生地をおもしろい作り方で、、、平打ち麺のような形に仕上げます。
d0041729_00355321.jpg
パスタの名前は、「シュトゥリーディリャ」。舌を噛みそうな名前!!! どちらもイタリア語ではなくアルバニア語なのでしょうね。作り方も本当に変わっていて楽しいパスタです。これ、教室でやりたいな~。(やります!!)
d0041729_00352681.jpg
大好きなカルチョフィもたっぷり一緒にいただきました。
d0041729_00362123.jpg
そしてコレ、このお菓子! カンナリーコリというカラブリアのクリスマス菓子ですが、これが甘酸っぱくて美味しくてすごく気に入りました。教室で作りたいものだらけ! しかし、粉もんだらけ!! 一度に教室でやるのは難しそうなので小分けに出していきますね。
d0041729_00362992.jpg
肝っ玉母さん的なルチェッタさん。アルバニアの文化を伝えるために奔走中のパワフルマンマです。料理レッスンの後、こちらに1泊させていただきました。
さて、ワタクシの顔がパンッパンになってまいりました。いつもイタリア旅行の後半は自分の写真は撮れなくなります。もう見たくないから。。このあたり、まだ前半だけど通常より3キロ増くらいになっていると思います。

帰国してから本日、5日目を迎えておりますが、今週は毎日、炭水化物カットとお菓子、お酒カットで糖質制限中。ジムにも行って、いま2キロほど戻ったところです。帰ってきて1週間が勝負なので明日もがんばります!! 体はって料理修行してまーす。
来週からまたゆるゆると元の食生活に戻して、、、13日の新年会では暴走して飲んで食べちゃいます(笑)

[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-09 00:48 | ├カラブリア | Comments(0)
アニータさんの家に泊まった翌日、お友達とアニータさんの家で合流します。
それまで、アニータさんにお庭を案内していただいたり、犬とたわむれたり。。
d0041729_23515458.jpg
カラブリアの女性はその昔、頭の上にストールを巻いてその上に大きなカゴをのせて、20キロぐらいの荷物を運んでいたそうです。私ものせてみましたよ。

さて、仙台でイタリア料理教室をしているIKUちゃんと、カラブリア在住のYUMIちゃんがやってきました~。YUMIちゃんには滞在中、ご主人のシモーネと一緒にとってもお世話になりました。

今日は揚げ物をたくさんするので、外の大きなキッチンでお料理しましょ~♪とアニータさん
d0041729_23541150.jpg
お庭にはパンやピッツアも焼ける釜に大きなテーブル、100人くらいのお客さんを呼んでパーティをすることもあるそうです。楽しそう!!
d0041729_00064159.jpg
外なら揚げ物のにおいがこもらないので安心して、ガンガン大量に揚げます(笑)。揚げたてのアツアツをはふはふ、つまみながら、ワインも片手に~。この中、いろんなものが入ってます♪

シエコとMちゃんはつまみ食いしつつ、「きのこの山」と「アポロ」を自分で作れるお菓子玩具で遊んだり、2人で遊んでいました。
d0041729_00083723.jpg
d0041729_00085285.jpg
これは、たけのこの山(笑)
d0041729_01002782.jpg
d0041729_01003891.jpg
d0041729_00584611.jpg
d0041729_01010073.jpg
パン生地の焼いたのに揚げたの3種、鶏肉とペペローニの煮たのにロサマリーナのパスタ、ドルチェもリクリッツイアのトルタにピッタンピリヤータ、、おまけにリクリッツイア入りティラミス、、、いっぱい作りました。13種類は作ったみたい。もう最後は苦しくて、詰め物をしたピッタ・リピエナは翌日いただくことに。アニータさんのホスピタリティがすごすぎて、何日もいたら破裂しちゃうかも(笑)。これ、お昼ごはんなのですが、夜はまた別の料理レッスンが控えております~。とりあえず散歩へGo!!
[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-06 01:09 | ├カラブリア | Comments(0)
レッスン前にすっかりお腹がいっぱいになってしまいましたが~、、夕ご飯を作ります。
d0041729_22545032.jpg
お約束のまな板ナシ。

d0041729_22541697.jpg
カラブリアの伝統菓子 トウルデッリを作っています。
d0041729_22581106.jpg

シチリアのピニョラータと似て非なる揚げ菓子。あ~、こっちも止まらない危険すぎるお菓子です。家で試作するのが怖いくらい
d0041729_23001590.jpg

d0041729_23002893.jpg
サルシッチャとポルチーニのフジッリが出来上がりました。手際よく、どんどん仕上げて、ご主人や娘のマリエッラさん、3歳のお孫ちゃんと一緒に楽しくテーブルを囲みます。いわしのフリット、前述のパスタ、いわしのトルティエーラ、ズッキーニのスカピーチェ、トウルデッリなどなど

d0041729_23280646.jpg
スノウアプリがあるとなぜか盛り上がる。
ワインはご主人の自家製。白はインツオーリアにマルヴァジアにグリッロ、赤はネロダーヴォラと南っぽいラインナップ。
どちらも美味しい。

d0041729_23031530.jpg
食後にはこれも自家製のアマーロやチェードロのリキュールも出て夜遅くに就寝。

私とシエコは自宅ではいつも夕ご飯18時という早さで、食後に6時間くらい起きているというのが常なので、この食べてすぐに寝るということに恐怖を感じるのですが、イタリア人ってすごいよね~。まあ、郷に入っては郷に従えということで、この2週間は満腹で毎日寝ることにいたします(苦笑)。それなのに、翌朝ちゃんとお腹がすくから不思議です。

※4月13日(木)教室ランチ会@LA TESTADURAですが、キャンセルが出ました。あと2名様お入りいただけます♪
ご参加希望の方、ご連絡お待ちしております。

4月レッスンもお申し込み受け付け中です。


[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-05 23:13 | ├カラブリア | Comments(0)
ナポリ駅から電車でカラブリアへ移動。Cetraroというローカル線の小さな駅に、アニータさんの娘さんが車で迎えに来てくれました。
夕ご飯を料理レッスンで作る予定になっており、15時に駅に到着。
d0041729_23361315.jpg
高台の海が一望できる場所に素敵な大きな家があります。庭にはカラブリアらしく、ペペローニが干してありました。
d0041729_23364832.jpg
家に到着すると、カッフェは?トルタは??と聞かれ、夜が入らなくなるのでお断りしたのですが、、

ホスピタリティあふれるカラブリア州のこと。
じゃあ、塩気のあるものをちょっと食べなさいよ、と到着と同時に、ウェルカムアンティパストが始まりました~!!


d0041729_23183535.jpg


自家製リコッタが小さくハート型に作ってあります。奥の藁っぽいのは伝統的なリコッタ用の型。ユキコに見せるために1個はコレで作ったのよ~。
そういいながら、テーブルに数種のチーズにサラミ、ジャム、フルーツ、トルタ、どんどん並びます(笑)。ワインも出てきました(笑)。
d0041729_23271006.jpg

自家製のジャム類、濃厚ないちじくの蜂蜜等、すごく美味しくてリコッタと共にどんどんお腹に入っていきます。
d0041729_23280693.jpg

どれも美味しい~♪ もうこうなったらカラブリアではお腹がはじけるまで食べてやる~。フリッタータ(オムレツ)まで出てきちゃった。
d0041729_23262618.jpg
そうして16時半頃まで食べちゃった。。いきなり危険すぎる感じですが、夜のレッスンが楽しみ!
アニータさんの娘のマリエッラと、孫のクリスティアーノ(3歳)も一緒にリビングにいて、シエコはクリスティアーノと一緒に遊んでいました。昨日はナポリでマリーサの双子のお孫ちゃん、今日は3歳の男の子、、と小さい子まみれのシエコです。

※4月13日(木)教室ランチ会@LA TESTADURAですが、キャンセルが出ました。あと2名様お入りいただけます♪
ご参加希望の方、ご連絡お待ちしております。

4月レッスンもお申し込み受け付け中です。



[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-03 23:41 | ├カラブリア | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
初めましてこんにちは。 ..
by りえった at 05:58
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
*ファン*
*ブログジャンル*