人気ブログランキング |
カテゴリ:イタリア料理店( 170 )
基本、出不精なので用事がなければ最寄り駅と家の間だけで過ごしているんですが、なんだかんだ遠方へ出張もしています(ただのランチとも言う)

そういえば、夏に家族で北イタリアへ行く際にいろいろ教えていただいたのに帰ってきてご挨拶していなかったので豪徳寺の三輪亭へ。
相変わらず情熱大陸な三輪シェフとチロル談義に花が咲き、またいっぱい食べちゃいました。

ワインは泡⇨ゲヴェルツトラミネール⇨ラグレイン⇨ピノネロ

d0041729_08260240.jpg

自家製ハムや三輪チーズの盛り合わせ
カボチャのスープには渋皮つきのパリパリ揚げ栗の粉
ポルチーニと卵とチーズのココット♪
とろ〜っと美味しい
d0041729_08261499.jpg
栗の粉のパスタに栗とキノコのソース
セコンドにはアルトアディジェ風のボリュームのあるボッリート。
山羊の肉のポルペッティーネなども入ってマニアックな郷土料理でチロル愛たっぷり!

ドルチェも栗の粉三昧。

美味しかった♪

今回は注文するの忘れてたけど、このカイザーシュマレンがすごく美味しいの!冬にぴったりなので行かれたらぜひ







さて、最近の出張のお供にはコチラ

d0041729_08404961.jpg
d0041729_08405685.jpg
d0041729_08405892.jpg

遠方へ出張(ランチともいう)の際のお供はこの子。ハンディサイズで便利です。

なんの役にも立っていないソムリエバッチですが、とりあえず日本語でワイン用語をなんとなく知っているだけこの本が覚えやすくなりました。
人生無駄なことはないはず??

ワイナリーの通訳とか来日している生産者のワイン通訳が出来るようになりたいなぁ〜


・・・と思いつつ、、電車の中の良い睡眠導入剤となっております。








by cibiyukiko | 2019-11-20 08:42 | イタリア料理店 | Comments(0)

さて、3件目、この日の本命は浜田山のリグーリアよりリグーリアなダ・カゼッタさん


ブログを書くのに写真を見返していてそのワインの数と皿数に改めて驚愕!!!

しかも、撮り忘れたお皿もあり。これは凄いお店ですよ。

d0041729_00061844.jpg
スプマンテで乾杯♪



d0041729_00062428.jpg
まずはソパコハーダで胃を温めて、、(私たちは2件飲んで十分、スタンバイオッケーですけどね)


d0041729_00062625.jpg
ひゃ~、ゴージャスな前菜盛り合わせ~

秋刀魚のキモソース

キャベツチーズ入りフォカッチャ・ディ・レッコ

ほかいろいろ

d0041729_00063572.jpg
ワインはピガート。ジェノヴァの街中で飲んだことを思い出すなんかウキウキしちゃうラインナップ

d0041729_00064595.jpg
お野菜もちゃんととらないとね。


こちらのお店、ちょっと変わっているのはセコンドが先で、パスタが後なの。日本人的には炭水化物で〆ってのもいいですね。

d0041729_00065080.jpg
ロバ肉のフィレソテーにパナーダス

d0041729_00074883.jpg
アルトアディジェの赤~

そしてここから、パスタ祭り!!
こちらのお店、「なすがまま、されるがままコース」と連れてきてくれた友人によって名付けられたコースがありまして、
お腹の都合に合わせて、まさに名前の通り、お店の方にされるがままコースが存在するようです。

d0041729_00065912.jpg
一皿目のパスタ。あーもう、中身がなんだったか忘れちゃったけど美味しかった確かパンソッティ??

d0041729_00070625.jpg
2皿目のパスタ~栗の粉のパスタ


d0041729_00072984.jpg

しっかりめのシャルドネとイカスミのトロフィエ♪美味しいに決まってる。

d0041729_00071344.jpg

そしてカラブリアのチロも。なんかカラブリアに愛着沸いているので嬉しい。
d0041729_00075945.jpg

d0041729_00071931.jpg
まだいけますか??との問いに、「もちろんいけます!」と答える私たち。誰も脱落せず。鶏の煮込みパスタ~

(大食い用のお店ではありません。食べたければ出てくるってだけですよ)


お~!!これは去年の今ごろ訪れたカンティーナ、サンミケーレエッパンのピノネロ

d0041729_00072771.jpg
なんか、ここのワインセレクト、私の郷愁をそそるわ~。ずっとワクワクしっぱなし。

d0041729_00073931.jpg
ドルチェにはしっかりリグーリアらしいデザートワイン、シャケトラで〆。

d0041729_00074565.jpg
いいないいな、こんなお店が近くに欲しい。浜田山遠い~。。。。平日は夜のみですが週末はランチもやっているそうです。近いうちに再訪したくてたまらなくなっています。

またなすがまま、されるがままにされてみよ~。


井の頭線沿線すごすぎる。

最後の最後まであと1件、イタリアワインの阿部さんに行きたいと最後まで言ってたけど、時間切れ。

朝5時に帰るのは流石に堕落しすぎなので諦めて帰宅。

ウェッサイの皆さま。遊んでくれてありがとう😊楽しくて美味しかったぁ!!
また来るね〜♪


by cibiyukiko | 2019-11-20 00:28 | イタリア料理店 | Comments(0)

しえこが修学旅行でいなかった夜、寂しい母は東京ウェストサイドクルーズへ。


東京の西の方はマニアックなイタリアンが軒を連ねていてホント羨ましい。

井の頭線沿いにお住まいでいつも楽しそうなお友達に引率していただきました。

1件目は富士見ヶ丘駅を出て徒歩15秒、イタリアンなパスティッチェリア、ピノッキオさん。

マニアックなイタリア郷土菓子が並び、マニアックなワインが並んでいるお店です。

d0041729_23281787.jpg
ハロウィンの前だったのでこんな可愛いカボチャのクロスタータ!!センスがいいのよね~
d0041729_23283249.jpg
トスカーナの秋の風物詩、スキアッチャータはちゃんとサンジョヴェーゼから作っているというこだわり。
d0041729_23281369.jpg
クロスタータにはジェラートを添えてくれます。クロスタータは本当は一切れもっと大きいのですが、この後、2件ひかえているので細切りにしていただき、残りは持ち帰りにラッピングしてくださるという親切さ。素敵♪

おもしろい郷土菓子がいろいろ並んでいてあれもこれも食べたいけど、この後が控えているので何種類か頂いて後はお持ち帰りに。

イタリア人も買いに来るほどのディープなイタリア菓子が並ぶ Bar pinocchioさん


さて、ピノッキオさんを出てすぐお向かいにある

2件目は ヴェネツィアンなバーカロ、「Bacaro Ferro」さんへ

ヴェネツィアんなバーカロフェッロでアペリティーボ。

d0041729_23274857.jpg
チケッティ(おつまみ)やスプリッツがバンコに並ぶ様子はまるでヴェネツィア!

d0041729_23275407.jpg
リコッタとほうれん草のサンドイッチや鱈とポテトの煮込み、フリッタータ、うずら豆のサラダなどに、

ヴェネツィアのバーカロに欠かせないコレ

d0041729_23275742.jpg
バッカラマンテカート♪

黒板に書かれたメニューはどれもヴェネツィア風で魅力的。

もっと食べたいけど今日の本命は別のところにあるので我慢我慢。自重しながらいただく。


さて、3件目行きますよ~。後編に続く。



by cibiyukiko | 2019-11-19 23:38 | イタリア料理店 | Comments(0)

どっぷりイタリアの田舎にひたっていた旅行記の途中ですが、旅行から帰った後に食べて飲んだ記憶が忘却の彼方にいきつつあるので、

たまには都会ネタを。

d0041729_23070706.jpg

イタリアから帰ってきてすぐ、銀座のアルマーニリストランテで行われたフランチャコルタディナーへ。

あ~、、、海と山ばかり見て来た私にとって東京の夜景なんて眩しいばかり(笑)

やっぱり都会はいいにゃあ。なんて思いましたわ。


銀座のアルマーニリストランテにて徹頭徹尾フランチャコルタだらけのディナーは同じイタリアでもミラノな香り〜
洗練されたお料理に洗練されたワイン。

(南イタリアをディスっているわけではありません。基本、イタリアのど田舎と田舎料理の方が好きなんです)


ウェイティングルームでお友達と待ち合わせ。

こちらでウェルカムスプマンテとアミューズをいただきます。

d0041729_23072068.jpg

こちらで喉を潤してから上の階のリストランテへいざなわれます。

d0041729_23075026.jpg
最初から最後までフランチャコルタに合わせたディナーです。
d0041729_23073034.jpg

ノドグロのカルパッチョ

d0041729_23074278.jpg

フランチャコルタ・サテン
その名の通り絹のように滑らか舌触りでエレガント


d0041729_23075838.jpg
松茸の生!!とチーズ、プロシュットのサラダの前菜。

d0041729_23080501.jpg
ラヴィオリ~♪

d0041729_23081227.jpg
これ、めちゃくちゃ美味しい~♪

トレヴィスとタレッジョで包んだA5和牛のローストこちらには、フランチャコルタがトスカーナで作っているスーパータスカン、ペトラで。

d0041729_23082039.jpg

美味しいカラメルクリームがかかったジェラート


ワインは
6種をいただきました。

アルマ・グランキュベブリュット
サテン
パス・オペレ
リゼルヴァ ヴィットリオモレッティ
これは赤 ペトラ(スーパータスカン)
フランチャコルタ・ネクター


どれも美味しゅうございました。


by cibiyukiko | 2019-11-19 23:17 | イタリア料理店 | Comments(0)

素敵なイタリアンにランチに伺いました。
目黒のリナシメント。

まだまだ暑かったこの日、フェッラーリでシュワっと乾杯
d0041729_19015942.jpg
そしてこのキラキラ宝石のような前菜の数々にテンションが上がりました♪
d0041729_19021360.jpg
d0041729_19030544.jpg

ひとつひとつ丁寧に作り込まれていて、見た目だけでなくどれも美味しくて素晴らしいのです
一口食べるたびにいろんなサプライズがあります。どれも美味しいけど、サーモンの柔らかさに衝撃!
カルパッチョの上の素敵なヴェールも流石真似したい♪
甘長唐辛子の細ーいお腹にタレッジョ入りのベシャメッラ
カチュッコどこ〜?なんて思ったらプチトマトの中に閉じ込められた海老のカチュッコ🦐
サプライズいっぱいです。

d0041729_19023259.jpg
プリモには短角牛と幸福豚のラグーをいただきましたが、シェフはボローニャで修行されたとあって深みがあってコクがあって濃厚で美味しいラグーでした。エミリアロマーニャの赤と一緒に。
d0041729_19022155.jpg
セコンドには青森差鴨の胸肉ソテーに鴨肉のサラミ。
柔らかくてしっとり。鴨にして良かった♪
d0041729_19023965.jpg
ドルチェの桃のコンポートにはデザートワインを一緒に頂いて今日も幸せなランチでした。
d0041729_19024831.jpg
d0041729_19025686.jpg
デザートワインもいただいちゃいました♪
お店の方もとっても感じがよくて居心地が良く、すっかり根っこが生えてしまいました。
お付き合いくださったYさん 楽しいランチになりました♪ありがとね〜
d0041729_19020702.jpg


by cibiyukiko | 2019-09-29 19:05 | イタリア料理店 | Comments(0)
Notte di PLANETA in Scogliera.
シチリアから素晴らしいワインを世界に発信している新進気鋭のプラネタ社メーカーズディナーが赤坂のスコリエーラで開かれました。
前回もこのイベントに参加してお料理もワインも素晴らしかったので、今回も楽しみに伺いましたが、期待を裏切らない、、いえ、期待以上の美味しさ っていうか感動的な美味しさ
新鮮な魚介を贅沢に使い、プラネタのワインに合わせて作られたシチリア出身のアンドレアシェフのお料理でお店の中はまるでシチリアでした!


シチリアの土着品種、カリカンテ100%のブリュット・メトド・クラッシコで乾杯!
d0041729_18093004.jpg
乾杯のお供はメカジキのラグー入りアランチーノ。
d0041729_18093931.jpg
海の香りがぎゅっと詰まっています♪
d0041729_18095190.jpg
美味しすぎて驚いた前菜4種
マグロのタルタルにはアーモンドがいいアクセント。
イワシのマリネの身の新鮮さに驚き、イカのマリネにはトロッと焼きナスがしのばせてあって、もう美味しくて大騒ぎw
これまた美味しいモスカート、Allemanda2018に合わせて。
d0041729_18100056.jpg
新鮮なイカスミを使った柑橘が香るイカスミのリゾットは船長さんのお店ならではの味。ちょっとエキゾチックな味わいに仕上げてありました。
シチリアワインにおける価値や存在に変化をもたらしたと評され、プラネタを一躍スターにしたシャルドネと一緒に。
d0041729_18101306.jpg
d0041729_18102424.jpg
どーんと大きな鱸の塩釜焼!
d0041729_18103269.jpg

カポナータを添えて再登場の鱸。
d0041729_18103990.jpg
海の香りがいっぱいのラグーの手打ちカヴァテッリ。ピスタチオ入り。
赤はチェラスオーロに続いてネロダーヴォラ好きにはたまらないサンタチェチリアが注がれます。


d0041729_18104708.jpg
アーモンドをたっぷり使ったセミフレッドにはモスカートビアンコから作られるPassito di Note.と一緒に。



最後にはお楽しみのジャンケン大会。
プラネタ社のマネージャー、ペニーさんに勝ったら素敵な商品がいろいろいただける予定でしたが、2回戦で敗退。

それでも参加した全員の方に素敵なお土産がありましたよ♪


やっぱりスコリエーラさん美味しいわ〜💕
素敵なお土産もいただいて大満足で帰宅。
美味しくて楽しくて幸せな夜でした。
次回も絶対行かなくちゃ〜。
スコリエーラの皆さま、素敵なイベントをありがとうございました。








by cibiyukiko | 2019-09-22 21:21 | イタリア料理店 | Comments(0)
d0041729_11522051.jpg
次回のイタリアは友人達を連れて南イタリア巡りのため、そのメンバーで日本で最もカラブリアなスポット、半蔵門の「エリオロカンダイタリアーナ」へ行ってまいりました。カラブリアでのステイ先は、こちらのオーナー、エリオさんのお姉さまであるアニータさんのお宅にホームステイをするため、ここから気分を盛り上げます!
d0041729_11522776.jpg
北海道のファットリア・BIOで作られている美味しいブッラータに美味しいトマトをスペックの塩気でいただきます。
d0041729_11523355.jpg
ナスとズキーニのスカピーチェ、やナスのポルペッティーネが入ったカラブリア風前菜4種盛り。

d0041729_11525105.jpg
カラブリアのロザート
d0041729_11525864.jpg
焼きそばっぽい見た目ですが、柔らかいイカがたっぷり入ったパスタ。すごく美味しい♪
d0041729_11530515.jpg
ポルチーニのパスタ♪ カラブリアではもうフレッシュなポルチーニが出回っている頃ですね。アニータさんに「ポルチーニ食べたい!」とメールしちゃいました。
ご主人がポルチーニを採る名人なのです。大きいのありますように♪
d0041729_11531275.jpg
d0041729_11531808.jpg
セコンドにはバッカラと子羊のソテーの2種類が出てきました! お腹いっぱ~い。

しかし、ここはカラブリア。ドルチェ祭りがスタート!
d0041729_11532723.jpg
リクリッツィアのムースおいしい~♪♪





d0041729_11533338.jpg
これ!その場で混ぜて作ってくれるジェラート、最高に美味しいのです。作る方はとっても大変そうですが、毎回これ食べたい。

d0041729_11534092.jpg
顔を真っ赤にしてスタッフの方が作ってくれた渾身のジェラート。上にかかった蜂蜜がまた濃厚で素晴らしく美味しいのです。
d0041729_11535203.jpg
フィノッキオのリキュールをサービスしてくださいました。そして、まだ終わりません。
d0041729_11551978.jpg
小菓子~♪ ビスコッティにレモンのクッキーやオレンジピールなど。

そして食後のカッフェとなりました。はやくもカラブリアの美味しい洗礼をうけました。お腹がはちきれそう!
カラブリアホスピタリティが全開のこのお店、お店の中がカラブリアです。

















by cibiyukiko | 2019-09-16 12:33 | イタリア料理店 | Comments(0)
食べた店をブログにアップできる精神的余裕ができた自分に喜びを感じつつ、、、

こちらは8月末のランチ。
最近、藤田シェフの料理の色鮮やかで愛のある野菜料理の大ファンなのです。
「らんどね空と海」はなんとも癒しの空間。
流れる空気がなんともゆるりとしていますので、日常生活に疲れて癒されたい方、ゆったりと時間を過ごしたいかたにおすすめです。


d0041729_11103022.jpg
この日は雨でしたが、大きな窓があって雨でも晴れでも素敵な空間です
d0041729_11063914.jpg
色鮮やかな色彩を大事にするシェフの前菜プレートはいつも無農薬だったり、地球環境にやさしい栽培方法だったり、いつも愛を感じます。
珍しい野菜や、メロンのピューレとサラミをあわせたり、ほかにはない野菜使いも刺激的。

d0041729_11320459.jpg
この小皿はシェフが自分で叩いて作ったそう。

ワインをいただきます。もちろんビオディナミ


d0041729_11321246.jpg




d0041729_11104348.jpg

ニンジンとスイカだっけ、なんか珍しいとりあわせのスープでしたが忘れちゃった。もちろん美味しい。
d0041729_11095189.jpg
サカエヤさんの新保さんこだわりの経産牛を使ったラグー。これも水だけで作っている超シンプルなラグーで美味しいの。
d0041729_11100096.jpg
こちらはタマネギのピッツァ
生地もとっても美味しい。

d0041729_11103769.jpg
それもそのはず、

こだわりの北海道産の小麦を石臼で挽くところから作っています。

d0041729_11101607.jpg
こちらもサカエヤさんのこだわりのジビーフのリブロースを使ったタリアータ。
この美味しいお肉を肉汁を無駄に流さず、美味しく食べてもらうために、、とシェフったら、、、


d0041729_11102348.jpg
鍛冶屋修行まで!このナイフの切れ味抜群です。

ワインはトスカーナのマレンマのサンジョヴェーゼを。もちろんビオ。


d0041729_11314107.jpg
カカオ豆をむくところから作ったチョコレート、ビーン・トゥ・バーも添えられています。
もう、ここまでくると称賛と呆れの両方の感情がおそってきます。

食後には一緒にお庭のハーブを摘みにいってハーブティーに。
d0041729_11314854.jpg
d0041729_11315756.jpg
お店の中のものは基本手作り。作業所の利用者さんたちの作品や、手作りの作品で作られています。


なんとも癒される1日。
心の穢れが落ちた気がいたしますわ。ブラックユキキーナ、さようなら。笑
定期的にデトックスに行かなくちゃ。


「らんどね空と海」
最寄り駅は新京成の三咲駅ですが、本数は少ないけどJR船橋駅から1本(20分程度)でも行けます。








by cibiyukiko | 2019-09-12 21:13 | イタリア料理店 | Comments(0)
錦糸町に美味しいイタリアンがあると聞いて、行きたいと思っていたのですがなかなか行く機会が、、、と思っていたら、7月と8月の2か月連続で行くことになりました。

1回目に行った時の写真がないので、、2回目の方ね
d0041729_10272186.jpg
山形の美味しい枝豆からスタート。8月の暑い真っ盛りに伺いました。なんとも夏です。
そして山形の美味しいナスの塩漬けとタレッジョとサラミ。
自家製のふわふわのフォカッチャと添えられたマスカルポーネが甘くておいしい!前回も出たのできっと毎回いただけるのでしょう。おかわりもいただけます♪

d0041729_10273190.jpg
驚くほど甘くておいしい濃厚なコーンスープはとうもろこしと水だけから作ったそう。おいし~い。
フリッタータにブッラータ。

そして、まだまだ前菜が続きます。

d0041729_10274007.jpg
あっさりと軽く蒸した鯛とつるむらさき。軽くて上品。

d0041729_10274868.jpg
そして潔くシンプルなトマトソース。イタリアマンマの味のほっとする味。

d0041729_10275648.jpg
豚肩のグリルには山形の美味しい野菜がたっぷりのって。山形の「だし」のカットが大きくなった感じ。夏に爽やかで重くないセコンドです。

爽やか、涼やか、上品でスッキリ!!と夏にぴったりの形容詞が似合うお料理。とっても美味しいですが、もうちょっと重いものが出てもいいかな~。
8月の終わりに訪問したので、冬はどんな感じか気になるところです。また行かなくちゃね。冬らしいお料理なら季節感バッチリのお店です!

d0041729_10280700.jpg
という方には、デザートの前にチーズはいかが???ドルチェかチーズを選べます。
お友達はチーズをチョイス。(あつかましく、チーズも横からいただく)

私はセミフレットを。
d0041729_10282011.jpg
別添えのグラッパをたっぷりかけていただきます♪美味しい!
d0041729_10282852.jpg
食後のカッフェにはチョコレートのカントゥッチが添えられていて最後まで丁寧。満足。

そして振り返ると、、私たちの空けたボトルたち。


d0041729_10283923.jpg
5人で4本。ノンベイの友人達と行ったわりにはちょっと少なめ?? いえ、今日はこの辺りで~。
千葉方面に美味しいお店があるのは助かります♪美味しゅうございました。














by cibiyukiko | 2019-09-12 10:40 | イタリア料理店 | Comments(0)
二子玉川の「イ・ルンガ」へ料理家仲間とランチに行ってまいりました。堀江シェフお帰りなさ〜い!
六本木のグラディスカ時代、よく美味しいピエモンテ料理をいただきに伺い、教室の新年会等でもお世話になっていたのですが、その後、奈良の東大寺前の素敵な古民家に場所を移してイルンガをオープンされて東京を離れていました。奈良でミシュランの星を獲得されるなどご活躍を嬉しく思いながら、東京ではないため、頻繁に行けないことを残念にも思っておりました。
が!再び東京に戻られたということで早速ランチに伺ってまいりました。二子玉川に新しくオープンした「i-lunga」です。

d0041729_23282344.jpg

鮮魚のカルパッチョ ヒラメのトリッパやフォアグラ入り。上にのった海ぶどうのプチプチ感に爽やかなみょうがやキュウリのアクセントがまた楽しい一皿。
d0041729_23284259.jpg
お料理に合わせたペアリングコースもあり、5種類のワインも堪能させていただきました。乾杯のフランチャコルタの次は、フリウリのマルヴァジアから作られたオレンジワイン。オレンジワインはあまり好きではなかったのですが、このワインはそのイメージを覆す美味しさ!
d0041729_23283171.jpg
エレゾ放牧豚とホワイトマッシュルームのサラダ仕立てあ~、この豚のローストは懐かしいグラディスカの味です。いや、それがもっとグレードアップされているのかな。とろけるように美味しい脂です。上にはトウモロコシのスプラウトが乗っていて、甘さがいつまでも口の中で広がります。リコリスのような甘味も。珍しい食材について料理家4人で、これはなんだろう???とあーでもない、こーでもない、と言いながらいただくのも楽しい。
d0041729_23284996.jpg
次はトレンティーノアルトアディジェのロゼ
よく飲む4人です。前回、このメンバーで楽しすぎて飲みすぎたので今回はみんなで気を付けよう、、といいつつの、、5種のペアリングっていう。。
d0041729_23285733.jpg
下中タマネギのクレーマ、フォアグラと白レバーのパテ
d0041729_23290753.jpg
こちらもトレンティーノ・アルトアディジェのピノネロ
d0041729_23465569.jpg

サフラン入りのタリオリーニ、北海道長期飼育牛と熟成蝦夷豚のラグー。シェフ、相変わらず攻めの姿勢の取り合わせ!
d0041729_23470438.jpg
パスタ2皿目は懐かしのアニョロッティ・ダル・プリン。このなめらかさ、繊細さ、堀江シェフのこれは本当に上品で美味しいのです。
d0041729_23471458.jpg
カルミニャーノのIl Sasso
d0041729_23472824.jpg
北海道未経産牛のロースト
d0041729_23473886.jpg
加納岩白桃のコンポート
d0041729_23474611.jpg
クルミーニなど、ピエモンテ銘菓の小菓子たち。
以前と変わらず、いえ、さらに磨きがかかったお料理の数々に終始うなりっぱなしの私たち。
骨太の骨格を持ち力強さを感じさせながら繊細さを併せ持ち、ピエモンテの郷土料理を洗練された形に進化させたブレない堀江シェフワールドを体感させていただきました。
美味しいものをいっぱいいただいてすっかり大満足。あ~、もう夕ご飯なんて作る気にならないわ~という方も安心。お店の隣には美味しい餃子屋さんがあり、(代々木上原では行列だという按田餃子さん)。モチモチの水餃子です。持ち帰り用が売られていました。こちらで家用の夕食を購入して、夜も安心♪娘と地元駅で待ち合わせしてスタバの新作、桃のフラペチーノを飲んで帰りました。
d0041729_00115266.jpg
東京駅から直通24分 JR船橋駅のイタリア郷土料理教室CiaoBambinaは8月レッスンをご案内中です。





by cibiyukiko | 2019-07-27 00:14 | イタリア料理店 | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ちゃぶ台返しまでして書き..
by cibiyukiko at 18:47
ユキキーナ先生、感激です..
by Showcian at 17:37
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
*ブログジャンル*
*ファン*