<   2018年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
d0041729_14005897.jpg
これ、な~んだ? 豚ちゃんの目が光っています。頭の上には何か入っていますよ~。

東京でホンモノのカラブリア料理がいただけるお店。半蔵門にあるエリオロカンダイタリアーナへ行ってきました。
昨年も今年もホームステイさせていただいたカラブリアのアニータさんの弟、エリオさんが東京で開くお店です。

「去年も今年もアニータさんちに泊めてもらって料理習ったのよ~」とお店の方に伝えたら・・・

ここはイタリア社会。

知り合いの知り合いはみんなトモダチ。
大歓待を受けてしまいました。


d0041729_14002715.jpg
まずは北海道のファットリア・BIOで作っているチーズとサラミ。


d0041729_14004998.jpg
こちらも北海道で作っている美味しいブッラータに魚介のサラダ、ナスのポルペッテ


d0041729_14003965.jpg
フォカッチャとタラッリ。

そして、冒頭のブタちゃんの頭の中ではンドウイヤ(カラブリア名産の辛いソーセージ)を温めています。
柔らかくなったところをパンに塗っていただきます。




d0041729_14010902.jpg
d0041729_14012140.jpg
そして、カラブリアから持ち込まれたロサマリーナ!(いわしの稚魚の唐辛子漬け)これもカラブリア名物です。

ロサマリーナの工房はこんな感じ↓

d0041729_14013052.jpg

柔らかく煮込まれたイカのスパゲッティ

d0041729_14013884.jpg
ワインはギリシャ由来のカラブリア土着品種Mantonicoというものをいただきましたが、これが非常に美味しい!


d0041729_14014634.jpg
このポルチーニのパスタはアニータさんちでいただくのと同じイタリア味!
美味しいのでぜひ食べていただきたい一皿です。


d0041729_14015319.jpg
前菜たくさんいただき、パスタも2種いただいたのですが、、黒鯛のソテー、クルダイオーラソース
さっぱり夏らしいお料理です。

お腹いっぱいですが、すごいアイスが出てきました!
これはかなり感動的にイタリアンジェラート!!
このために少しお腹を空けておいたほうがいいかも。



d0041729_14020407.jpg
イタリア人カメリエーレがなにやらテーブルでアイスを混ぜ始めました。



d0041729_14021248.jpg
オレンジ風味のオリーブオイルを加えて混ぜ続けます。
手がね、冷たいんだって(笑)。そりゃそうだよね。でもきっと美味しいのが出来ちゃうのね~。



d0041729_14022199.jpg
この盛り付けもイタリアっぽい。
そして仕上げにはコクのあるとてもおいしい蜂蜜をかけてくださいました。


d0041729_14023058.jpg
小菓子はもう無理だわ。。お持ちかえりさせていただきました。
どれもこれも、ひっじょーに美味しかったです!!!!!!前菜をいろいろ頼むのって楽しいですよね。
このメニューのなかで、こんなに食べる自信がない方は上記メニューからセコンドを抜きにしていただくとちょうど良いと思います。

d0041729_14040438.jpg
も~、、イタリアなんだから。楽しすぎ、美味しすぎましたわん♪


アニータさんちのホームステイ2017↓




アニータさんちの2018年↓


東京駅から直通24分 JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaの8月レッスン、ご案内中です。





[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-20 14:41 | イタリア料理店 | Comments(0)
毎日暑いですね~。8月レッスンは涼しくなっていると良いのですが、、
といいつつ、8月は清涼感満載の涼しいメニューを考えておりますので暑くったって大丈夫!!

遠くからご参加くださる方は途中で倒れないように水分補給しながらいらしてくださいね。

8月レッスンはみんな大好きなクリーミーなイタリア産ブッラータチーズを前菜からセコンドピアットまで全てのお皿にたっぷり使います。
d0041729_22165770.jpg
↑これはイメージ写真。以前に作ったトマトの冷たいスープにモッツアレッラを浮かべたもの。
こんな感じで海老とブッラータとトマトのスープを作ります。
d0041729_22172894.jpg
今が季節、瑞々しい白桃とクリーミーなブッラータをあわせて♪

そのほか、水ナスのカツレツブッラータソースにスモークサーモンとブッラータのサラダなどなど。

8月のCorsoA「ブッラータ祭!」
11時~14時半頃
・8月15日(水)
・8月20日(月)
・8月22日(水)
・8月23日(木)
・8月31日(金)


8月のCorsoB(基本コース)
トマトのブルスケッタ
カプレーゼ
本気で作るジェノヴェーゼ
豚肉のスカロッピーネ
ポテトのプレ
マチェドニア
11時~14時頃
・8月29日(水)

ご参加お待ちしております。


[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-19 22:57 | Comments(0)
低糖質でも本格的なイタリアン! レッスンのご案内です。
➡︎本日ご案内開始したばかりですが満席となりました。キャンセル待ち受付中です。
次回は10月の平日に開催予定です。またよろしくお願い致します。

今回は低糖質な手打ちパスタはちょっと休憩。誰でも手軽に低糖質なイタリアンが楽しめるように、近所のスーパーでも手に入るようになった市販の低糖質パスタを利用します。
コレ、裏書通りに使ってはイケマセン。きちんと使えばとっても美味しく手軽に本格イタリアンが楽しめて利用価値大!
そのほか、近所で手に入りやすい食材でイタリア各地の郷土料理を作りましょう。お料理初心者の方も、男性も大歓迎です。


場所:クリナップキッチンタウン東京 http://cleanup.jp/showroom/info/kanto/shinjuku.shtm
日時:9月30日(日) 12時~15時  満席

メニュー:
前菜:アスコリ風オリーブのフライ
プリモピアット:ナポリ風魚介のラグーのパスタ
セコンドピアット:「アリスタ」(トスカーナ風豚塊肉のロースト)
ギリシャ風サラダ(変更の可能性アリ)

ご家庭でも楽しめて、友人との楽しいポットラックパーティにも持っていきやすいお料理ばかりです。
d0041729_13375815.jpg

イタリアの爪楊枝ってsamurai とか、geishaって書いて売られてるんですよ~。

d0041729_13385914.jpg
魚介のラグーは驚くほど簡単にお店の味!
d0041729_13393444.jpg
トスカーナ風豚のハーブロースト「アリスタ」

d0041729_13400328.jpg
イタリア料理だけどギリシャ風サラダ


 参加費 6,800円(税込)事前振込。お申し込みをいただいた後に振込先をお知らせいたします。
 定員 18名様 
 お持物 エプロン、ハンドタオル、筆記用具

講師:イタリア料理教室CiaoBambina主宰 前澤由希子 
HPはこちら http://yukikina.fc2web.com/
デモンストレーション中心に、ところどころ、皆様にご参加いただく形式を予定しております。
  
<申し込み方法>
①参加される方の氏名
②ご住所、連絡先電話番号
③メールアドレス

上記を明記の上、cibiyukiko@yahoo.co.jp メールにてお申し込みください。通常3日以内に返信させていただきます。
今回は低糖質な手打ちパスタはちょっと休憩。誰でも手軽に低糖質なイタリアンが楽しめるように、近所のスーパーでも手に入るようになった市販の低糖質パスタを利用します。
コレ、裏書通りに使ってはイケマセン。きちんと使えばとっても美味しく手軽に本格イタリアンが楽しめて利用価値大!

そのほか、近所で手に入りやすい食材でイタリア各地の郷土料理を作りましょう。お料理初心者の方でも簡単に作れるものばかりですので男性も大歓迎。
今回はとっても簡単、より手軽に低糖質かつ、本格的なイタリアンを楽しみましょう!

アンティパストのアスコリ風オリーブの実のフライはお酒好きにはたまらない、、お酒が飲めなくてもみんな大好きなおつまみです。このレシピは友人との集まりにはもはや欠かせない私のスペシャルレシピ!
どうぞご参加お待ちしております。

お申し込み先 cibiyukiko@yahoo.co.jp 前澤宛メールにて
先着順に受付いたしますが返信は2-3日お待ちくださいませ。


病気で糖質を制限しなければいけない方
ダイエットとして取り入れたい方
ご家族のために低糖質の料理を考えていらっしゃる方
特に何も気にしていない方、、
誰もが一緒にテーブルを囲んでイタリア料理を楽しむことが出来ればと思っております。難しいことを考えずに、一緒に楽しくイタリア料理を作ってみませんか?
ワークショップ当日は前菜からパスタ、メインまで含めて1人あたり糖質20g以下の予定です。(ご飯茶碗1杯の糖質約55g)

※私自身は独学で低糖質料理にむきあっております。医学的、栄養学的な点でのご質問に学術的にお答えはできませんが、ご参加の方同士、楽しい情報交換の場となれば幸いです。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

お問い合わせ・お申込み先 前澤由希子

メールアドレス cibiyukiko☆yahoo.co.jp (※スパムメール防止のため、☆を@に変えてお送りください)
※直接クリナップキッチンタウンさまへのお申し込みはご遠慮ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆キャンセルポリシー

*キャンセルされる場合には、9月18日夜24時までにご連絡下さい。 
料金の全額をお振込にてご返金致します。 それ以降のご連絡の場合には返金致しかねますので、ご了承下さい。ただし、代理出席は可能です。

[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-12 13:43 | イベント・メディア情報 | Comments(0)
d0041729_22543936.jpg
毎日暑いですね~。桃ばっかり食べています。(それ以外も食べてますが、、)
今年の桃、なんだか柔らかくて甘くて美味しい!!
思わずネットで今年の桃を調べたら、やはり今年は天候の関係で美味しく出来ているみたいです。

8月レッスンのご案内です。
少し前にブッラータを食べ尽くす会がとても好評でしたので、少しメニューを替えて、8月のCorsoAは夏らしいメニューでブッラータを食べつくしましょう!
パスタにはたっぷりの桃を使って贅沢に仕上げます。

8月のCorsoAのテーマは「ブッラータを食べ尽くす会!」
アンティパストは
トマトと海老の冷たいスープ、ブッラータ添え
プリモピアットは写真の桃とブッラータのカッペリーニ
セコンドはナスのコトレッタ、ブッラータソース
コントルノにサーモンとブッラータのサラダ
とブッラータ尽くし!

日程&時間
11時~14時頃
・8月15日(水)
・8月20日(月)
・8月22日(水)
・8月23日(木)
・8月31日(金)
イタリア産のブッラータをご用意してお待ちしております。

CorsoB(基本コース)は
トマトのブルスケッタ、カプレーゼ
ジェノヴェーゼソースのリングイネ
スカロッピーネ
プレ・ディ・パターテ(ポテトのピューレ)
マチェドニア
11時~14時頃
・8月29日(水)


d0041729_23013821.jpg

d0041729_15185455.jpg
本気で作るジェノヴェーゼソースのリングイネ。
フードプロセッサー使わずに作ると舌触りが違います。それに色が綺麗に仕上がるんです。

そのほか、スカロッピーネ(豚薄切り肉のソテー)
マチェドニア(フルーツポンチ??)

を作ります。

どちらのコースもお待ちしております。


7月と8月の日程&メニューをHPでご案内を開始しております。
東京駅から直通24分、JR船橋駅のイタリア田舎料理教室CiaoBambina 
お申し込みはHPから、またはcibiyukiko@yahoo.co.jp まで。お気軽にお問い合わせくださいね。











[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-10 23:09 | 料理写真 | Comments(0)

グルメニュースサイトmacaroni様のサイトにて私のお気に入りのキッチン関係を3本立てでご紹介いただいております。
私のイタリア感やイタリアでのストーリーを交えてのお気に入りのご紹介、とても素敵にまとめていただいているのでお時間ありましたらぜひご一読くださいませ。

d0041729_21130828.jpg

【わたしの食器棚 vol.61】旅する食器。前澤由希子さん愛用の食器たち

【日々の味付け帖 vol.53】想いは国境をこえて。前澤由希子さん愛用の調味料たち

【料理上手の台所 vol.64】イタリアで見つけた宝物。前澤由希子さん愛用の調理器具たち
https://macaro-ni.jp/60384
d0041729_21151528.jpg
お気に入りの食器、カワイコちゃん達も一緒に撮っていただきましたよ。
教室の生徒さんたちもみーんな同じの買いに行っているので私とお揃いなのです。

7月と8月の日程&メニューをHPでご案内を開始しております。
東京駅から直通24分、JR船橋駅のイタリア田舎料理教室CiaoBambina 
お申し込みはHPから、またはcibiyukiko@yahoo.co.jp まで。お気軽にお問い合わせくださいね。



[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-09 21:17 | イベント・メディア情報 | Comments(0)

珍しいものをいただきました。
クルミって、あの硬い殻のクルミしか見たことがありませんでしたが、6月に木になっているクルミはこんな風に青いクルミで果肉に包まれています。

d0041729_10035400.jpg
これ、嬉しい! ノチーノを作れる!
ノチーノとはモデナが発祥のクルミのリキュール。甘い香りと濃厚な味わいの食後酒です。
イタリアで食後にお腹がいっぱ~い、なんてお腹をさすっているとリモンチェッロやアマーロ、リクリッツイアのリキュールが出て来ますが、北に行くとグラッパやこのノチーノが出されることが度々。

私も今まで家でいろんなリキュールを作っているのですが、ノチーノは青いクルミをどうやったら手に入るのかわからず、作ったことはありませんでした。

今回、イタリアマニアの方からいただきました。
「どこで採ってきたんですか~???」と聞いたら、
「都内某所の河川敷になってた」ですって!
そんなお宝の木があるとは~。

1キロありました。

青いクルミを包丁で反割りにして96度のアルコールに漬け込みます。
まだ柔らかいとはいえ、クルミです。やっぱり硬い。
包丁をまずは差し込んで、思い切りまな板に叩き漬けて蒔き割りのような感じで割るのですが、果肉が飛び散って、それがすぐに黒く酸化するので台所のあちこちが黒く汚れます。
途中から、1個づつビニール袋の中に入れて作業することにしました。


d0041729_10040196.jpg

割るとすぐに黒くなっていくクルミの実をみて、なるほど、ノチーノの黒さの正体はクルミのアクだったのね~と納得。
2ヶ月ほど漬け込んだあと、シロップで割ります。

冬くらいから飲めるかな?教室で食後にお出ししますのでお楽しみに。
それまでは春に作ったリクリッツイアのリキュール、飲みたい方にはお出ししますのでお気軽に声をかけてくださいね。


7月と8月の日程&メニューをHPでご案内を開始しております。
東京駅から直通24分、JR船橋駅のイタリア田舎料理教室CiaoBambina 
お申し込みはHPから、またはcibiyukiko@yahoo.co.jp まで。お気軽にお問い合わせくださいね。



[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-08 22:04 | 料理写真 | Comments(0)

d0041729_10375377.jpg

7月の基本コース
ドルチェはレモンのティラミスです。
さわやか~なレモンの風が吹きぬけます。

d0041729_10281261.jpg
プリモピアットには田舎感まるだし、ローマ近郊、フラスカーティの牧場のmensa(従業員食堂)で食べたズッキーニのパスタ。見た目は地味ですが、ねっとりとズッキーニがパスタに絡んで地味素朴系最高!と思うパスタです。

実は地元の人にとって、ここは美味しいものが食べられるスポット、ということで従業員以外の人も食べに行くそう。
私も潜入してお昼をいただきました。

何年も前のことですが、シエコが3歳、まだシエキチだった頃、フラスカーティーの葡萄畑を見学に行ったところ、
「つまんないー!!!」と大騒ぎしたので、急いで近くの牧場に連れて行ってもらって動物をみて楽しんだのでした。
そしたらこの従業員食堂に出会ったのでむしろラッキーだったかも?シエコありがとう。

そのほか

d0041729_10355203.jpg
トスカーナ風いんげん豆のサラダに

d0041729_18373997.jpg
ピエモンテ風、豚肉のトンナート

を7月基本コースで作ります。
7月25日(水)
7月26日(木)
どちらも11時~14時頃の開催です。


東京駅から直通24分、JR船橋駅のイタリア田舎料理教室CiaoBambina 
お申し込みはHPから、またはcibiyukiko☆yahoo.co.jp (☆を@に変換してください)まで。お気軽にお問い合わせくださいね。










[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-05 10:42 | レッスンのお知らせ | Comments(0)
d0041729_10034783.jpg
7月レッスンのドルチェにチェリーのトルタを作ります。
アメリカンチェリーよりもやっぱり佐藤錦で作るのが美味しい。

東京駅から直通24分 JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambina
千葉県はもちろんですが、都内各所、神奈川、埼玉等や、遠くは沖縄、福岡からもいらっしゃいます。
お1人でご参加の方がほとんどですのではじめましての方もお気軽にお問い合わせください。

7月レッスンも受付中です。↓




[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-05 10:09 | 料理写真 | Comments(0)
さてさて、熱いお湯と格闘しながら全員がモッツアレッラを作りましたよ。
途中、となりに置いた冷水のボウルで手を冷やしながら作業をすると案外大丈夫でした。

楽しくみんなでチーズを作った後は実食!
シェフの自家製チーズを使った料理をたっぷり堪能させていただきます。

乾杯はパッサラクアさんのプーリアの土着品種ボンビーノから作られたスプマンテで乾杯。

d0041729_09132979.jpg
前菜はシェフが作ったモッツレラノディーノのカプレーゼ、リコッタを詰めたズッキーニの花
ストラッチャテッラ 黒トリュフのペスト添え
花ズッキーニは揚げたり焼いたりしたのしか食べたことがありませんでした。生でいただくのは初めて!
とても品質の良い花ズッキーニなのでしっかりと歯ごたえがあり、花の本来の風味を味わうことが出来ました。
余計な手をくわえずに美味しく素材を生かすシェフマジックですね。驚きの1品。

次はシェフがテーブルで皆の前でパスタを作って仕上げてくれました。
クルダイオーラ風オレッキエッテ。

d0041729_09140318.jpg
たっぷりのモッツアレラに真っ赤なトマト、新鮮なバジル
そして、、
d0041729_09135010.jpg
シェフが作った自家製カチョリコッタ!「これ、プーリアに行くといっぱい持ち帰るやつです~」と言ったら、「うちはいっぱい作るけどね」って(笑)

惜しげもなくたーっぷりとパスタに混ぜてくださいました。


d0041729_09141755.jpg

d0041729_09142750.jpg
仕上げにもたっぷり。
もちろん美味しいです。



d0041729_09143937.jpg
ズッキーニ、モッツアレッラ、自家製パンチェッタのパルミジャーナビアンカ
チーズたっぷりで美味しい!上の方にはシェフが採ってきた国産ポルチーニが添えてあります。

d0041729_09131662.jpg
シェフはきのこ狩りが趣味でもあるそうで、お店ではよくシェフがとってきたキノコが出てきますよ。




d0041729_09145905.jpg
ドルチェは自家製リコッタのジェラートをメロンのスープに浮かべて。



d0041729_09145056.jpg
ワインはパッサラクアさんのスプマンテ・白・赤をいただきました。
コチラノワイン、BIOで本当に美味しい。スプマンテの上にはBIOの葡萄栽培リズムを司る月の満ち欠けのイラストが描かれていますね。3本ともとても美味しいワインでしたが、特に白の芳醇な美味しさには驚きました。次回お店に伺ったら必ず頼もう。

楽しくモッツアレラを作ったあとの食事も、楽しくおしゃべりが盛り上がり(異様なほどに:笑)とても楽しい会となりました。ご一緒してくださいました皆さま、ありがとうございました。

今月は教室イベントやりすぎで、この2日後にはフレンチで教室ランチ会です。


7月レッスンも募集中です。お待ちしております。





[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-05 09:36 | Comments(0)
イタリア料理教室CiaoBambinaでは教室イベントとして、駒込にあるオステリア・セルヴァッジーナの高桑シェフにモッツレラ作りを教えていただきました。
d0041729_09124042.jpg
まずはシェフからモッツレッラチーズの作り方をレクチャーしていただきます。
うちの教室では、何でも作ってしまう猛者たちがたくさんいらっしゃるので、モッツアレラも家でチャレンジしてみたけど上手くできなくて~、、、なんて方もいらっしゃいました。
シェフに質問すると、あっさり
「ミルクが違うんですよ」と。
一番大事なことは新鮮なミルクを手に入れること。スーパーで売られているものでは上手く作れません。

オステリアセルヴァジーナさんでは磯沼ミルクファームさんから美味しい絞り立てのこだわりミルクを届けていただきつくっています。
確かに、香りが違う!お店の中はまるでプーリアかナポリのカゼイフイチョ(チーズ工房)のような香りに包まれました。


d0041729_09121702.jpg
ミルクをレンネットで固めてホエイを出して作ったカードをつかっていろんなカタチに成型。
左上から時計まわりにモッツアレラ、トレッチャ、ノディーノ、ブッラータ。

ブッラータの中に入るストラッチャテッラを作るところや、ブッラータの生地、こんな風にして中身を詰めるのね~というところも惜しみなく見せてくださいましたよ。



d0041729_09125631.jpg
シェフのデモの後は、全員が1人1人チャレンジ!スーシェフの方とシェフ2人係で丁寧にその都度教えてくださり、熱いお湯と格闘しつつ、ワー、キャーとか言いながらもみなさん上手に出来ました。

d0041729_09404802.jpg
喜びすぎてエプロンがだらしなくズレていますが、、
できた~♪ これはノディーノ(結び目)。1人だいたい2個くらいのノディーノとモッツレッラを作らせていただき、出来上がったノーディーノをそのままお口にポイッ。

まだほんのり温かい作りたてのチーズは甘くて美味しいミルクの香りが口いっぱいに広がり、噛むとじゅわっとさらにミルクの味。そして繊維を感じるしっかり食べ応え、弾力はプーリアで食べるのと同じです。

18人全員に丁寧に指導してくださったシェフにお店のみなさん、ありがとうございました。
この後、お店の自家製チーズをたっぷり使ったランチへと続きます。


[PR]
by cibiyukiko | 2018-07-04 09:28 | イベント・メディア情報 | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
初めましてこんにちは。 ..
by りえった at 05:58
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
*ファン*
*ブログジャンル*