人気ブログランキング |
<   2019年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
d0041729_00471512.jpg


3月の前半は復刻リクエストレッスンで渡り蟹のパスタを作りますが、そのほか、前菜には鱈のフリシュー(リグリア風の揚げパン)、イカとグリンピースの春らしい煮込みなど、リグーリア州のお料理です。

ドルチェにはBaci di Alassio(バーチ・ディ・アラッシオ)というリグーリア州サヴォーナ県の郷土菓子。
カカオとヘーゼルナッツから作るクッキーでガナッシュを挟んだ濃厚なお菓子です。
先日、ピエモンテから送っていただいたピエモンテIGPのヘーゼルナッツパウダーを使ったら驚くほど香りが良いものが出来上がりました。

前菜には鱈のフリシューを作ります。
フリシューとはリグーリア州の方言でフリットのこと。

今回は鱈以外の食材を入れちゃおうかと考えておりますので闇フリシュー?(笑)お楽しみに。
サヴォーナでシエキチの顔より大きなフリシューを食べたときのブログはコチラ

渡り蟹のパスタのほかもぜひ味わっていただきたいものばかり。


東京駅より直通24分 JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaでは体験レッスン、単発でのお申し込みが可能です。ご参加お待ちしております。

d0041729_00472126.jpg


このほか、3月のCorsoA 南チロル料理レッスンの日程を追加いたしました。ご覧くださいませ。
CorsoA トレンティーノ・アルトアディジェ州(南チロル料理)
・3月12日(火)残席1
・3月13日(水)残席2
・3月18日(月)残席1
・3月22日(金)残席1
・3月25日(月) 残席1
・3月27日(水)残席1
・4月4日(木) 満席
満席の日程についてはキャンセル待ち承り中です。


その他
クリナップキッチンタウン東京(新宿ショールーム)
・3月7日(木)12時~15時頃 残席2名さま
低糖質イタリアンは手打ちで作るショートパスタ・ガルガネッリに春らしい苺のティラミスを作ります。

d0041729_11134869.jpg


4月のクリナップキッチンタウン東京(新宿ショールーム)では春のイタリアンなピクニックランチもご案内中です。
・4月14日(日)12時~15時頃 余裕あり
行楽の季節やバーベキュー、お庭やテラスなどで楽しむのにぴったりのイタリアンをご紹介いたします。
糖質をおさえて繊維たっぷりの体に優しいお料理ばかり。パスタについてはご希望の方へは低糖質パスタをご用意いたします。





by cibiyukiko | 2019-02-28 01:04 | 料理写真 | Comments(0)
ローマ経由で帰りマース。

乗り継ぎのローマで、最後に何か美味しいものを食べてから飛行機ではプチ断食して帰ります。
今回はDターミナルに出店しているシチリアはパレルモの名店アンティキ・フォカッチェリア・サンフランチェスコに行ってみました。

d0041729_23472575.jpg
お~、行列できています。さすが人気店。...


d0041729_23480733.jpg

d0041729_23465748.jpg
シチリア名物カンノーリに、、


d0041729_23474247.jpg

クスクスなど、西シチリアの味が並びます。ローマの空港にいながらにしてシチリア名物を味わえるのはいいですね!

お店の写真を撮っていたらお店の人がうれしそうに写真に入ってきました。南下してきた感が満載。こーゆー人、北にはあんまりいません(笑)

d0041729_23471230.jpg

フォカッチャもどれも美味しそうだけど、1人で食べるにはちょっと大きすぎる。
d0041729_23475340.jpg
と考えていたら、何を血迷ったかピスタチオと海老のトラーパニ風ブシアーテをオーダー。
フォカッチャなら半分食べて持ち帰りとかに出来るのに、お腹がすいていたワケでもないのにワイン飲みながらパスタを一皿食べてしまった。汗💦
d0041729_23482314.jpg
ま、ピエモンテでは、ずーっと米か卵たっぷり生麺しか食べてなかったからこういうの食べたかったのよね。
ピスタチオが濃厚で海老がプリプリで美味しかったです。卵入りじゃないパスタ、ひさしぶり~!!!
これからローマ乗り継ぎの際はDターミナルまで来よう。乗り継ぎ時間も楽しく過ごせます。混んでるけどね。
※空港価格になっているので頭に来る人もいるかもです。

さて、お腹もいっぱいだし、飛行機で寝て帰りましょ。
最後、ちょっと風邪をひいてヨレヨレになっていたので座席をマイルでアップグレードしようかな~と迷いつつ、オンラインチェックインをする際にコンフォートシート 1980円というのがあったので、これでいいや、とコンフォートシートにしてみました。
イタリア語サイトだったので、これ、本当に1980円かなあ??? やけに安くない?1万9800円の間違いだったらイヤだなあ、、とちょっとドキドキしてポチッ。
座席は最後部の窓際。足元と、横が少し広い程度です。この程度でもし間違ってて2万円アップするのはちょっと、、と思ったのですがもう風邪ひいてるし、少しでも広いほうがいいからまあいいや~。
で、乗客が全員乗り込むと、機内、ほぼ満席なのに私の隣は空いてる!!!! コンフォートだと出来るだけ人が来ないようにしてくれるのかもしれません。
おかげで隣の席も使って足も伸ばせてゆっくり寝ることが出来ました。。そして、カードの請求が来たらちゃんと1,980円でした。良かった♪

さて、帰りの便で機内アナウンス。「当機はただいまドロミテ上空を飛行しております。窓の外をご覧ください、トレチーメが見えております」とな。
お~、ドロミテ行って来たよ~!!なんて思いながら写真をパチリ。

d0041729_23491304.jpg
そしてそこから11時間後、目が覚めて窓の外をみると、あら?まだアルプス上空????なんて景色ではありませんか。

d0041729_23484277.jpg
白い雪がかかった日本アルプスなんですよ~。ドロミテより綺麗じゃない?
やっぱり日本は美しいデス。
イタリア好きの日本党。次回のイタリアまで大好きな日本を満喫します。

家に戻るとパパが買い物に行ってしえこが夕ご飯を作ってくれました。たまにいないとお互いに良いようです。
次の日からはもちろん、そんなことしてもらっておりませんが。

ということで、だらだらとした旅行記2018秋のイタリアにお付き合いくださいましてありがとうございました。
実は次回のチケット購入済みです。数ヵ月後に2019〇〇のイタリアにまたお付き合いくださいネ♪Ciao Ciao!!


by cibiyukiko | 2019-02-27 23:56 | 中部イタリア | Comments(0)
ヴェローナから始まり南チロル、そして教室ツアーin Piemonte、、、と2週間に渡り辿った2018秋のイタリア旅行記も最終回①。 最初の方はもう遠い昔のようです。
どなたも興味ないかもしれませんが私ったら律儀に最後の1食まで食べたものをご報告。

皆様をトリノの空港でお見送りして、ほっと一安心。
誰も病気も怪我もなく、ケンカもせず(笑)。ずっと笑いに包まれた楽しい旅が終わって、1人でトリノの街に戻りました。
さっきまで賑やかだったのに、1人で歩くとなんともしっとりエレガントなトリノの街です。

d0041729_23244370.jpg
空港送迎の車でチェントロ近くまで送ってもらい、渋滞を避けてトリノ郊外で降ろしてもらいましたが、これがまぢか!?ってくらい遠くで降ろされて1時間も放浪してやっとチェントロに入る橋にたどり着く。
遭難するかと思った。。そんな時に見えてきた街の明かりは非常に美しく見えました(笑) 助かった!!橋を渡ればヴィットリオ・ヴェネト広場です。

d0041729_23245697.jpg
大きくて華麗な広場、150年ほど前にはサヴォイア王家の人々や貴族達が煌びやかな馬車で行き来していたを想像します。

この近くにあるパスティッチェリアの白パンドーロが非常に気になっていたのでのぞいてみました。


d0041729_23250437.jpg
パスティッチェッリア・ギーゴ

こちらのNuvola(雲)という名のパンドーロ。ふわっと白いクリームで覆われています。
d0041729_23251054.jpg

d0041729_23252742.jpg
が、遭難しかけてヨレヨレ、荷物も多かったし、もう買う気力もなく写真におさめるだけに。
次回、クリスマス時期に行ったらお店に入ってみたいと思います。

d0041729_23252032.jpg
ホテルに戻ってちょっと休憩して荷物を置いて、、
スーツケースを買いに行きました。
教室ツアーでみなさんがスーツケースを1個買い足して、たくさんお買い物をされていたので私も欲しくなりました(笑)

Carpissa、以前とデザインが変わってしまって、可愛いスーツケースではなく、ややスタイリッシュなものに変わっていたのが残念でしたがパープルの布製のものを購入。クリスマス前の週末だからでしょうか?レジではお客さんにバルバレスコを配っていました。
スーツケースも増えたので、安心して巨大なパンドーロの型とか、かさばる物を購入したり最後のお買い物。
d0041729_23254005.jpg
ホテルは、教室ツアーではスターホテルマジェスティックに2泊しましたが、後学のためにホテルを決める際にずーっと迷っていた隣のホテルにお引越ししてみました。こちらの方が街歩きにはちょっとだけ便利かな?と思っていたのですが、、

お部屋、朝食、全てが断然、スターホテルの方が良かった!場所もたいして変わらない。
ツアーでこちらにしなくて正解でした。

さて、お部屋で休憩した後は今回の教室ツアーを開催するにあたって、何から何まで大変お世話になった天使のようなAmikoさんとトリノで夕食をご一緒しました。
空港まで一緒に同行してくださった後に一旦アルバの会社まで戻って、夜に車でトリノまで来てくださって二人でツアー成功を祝って乾杯♪ 本当にお世話になりました。

トリノでアペリティーボ再び。ちょっと風邪をひいていて食欲がなかったのでアペだけにしました。
d0041729_23253344.jpg
私も翌日、ローマ経由のアリタリアで帰りますよ。
最終回②へつづく。
最終回が⑩まであったりね、、ってことはないのでご心配なく。




by cibiyukiko | 2019-02-26 18:32 | 北イタリア | Comments(0)
イタリアのトレンティーノ・アルトアディジェ州北部は南チロルと呼ばれオーストリアと国境を接するイタリアの中のドイツ語圏。日本ではあまりなじみのないこの地方ですが、風光明媚で人々の笑顔が優しい素敵な場所です。すっかり気に入ってしまったので3月は勝手に南チロル親善大使としてチロリアンな世界をご紹介いたします。

メニューは
独特の風味ともっちりした食感が美味しいドイツパン、ブレッツェルを焼いて、
プリモにはご当地パスタ、スペッツレをキノコとスペックのソースで。
セコンドにはチロル肉じゃが ティロラーグロステル
ドルチェにはりんごのストゥルーデルを作ります。

以下の日程のお申込み受付中です!
11:00〜14:30頃
・3月12日(火)残席1
・3月13日(水)残席2
・3月18日(月)残席1
・3月22日(金)残席1
・3月25日(月) 残席1
・3月27日(水)残席1
・4月4日(木) 満席

d0041729_21332352.jpg
ご当地の生パスタ スペッツレ。
とっても簡単に作れるショートパスタです。

d0041729_12361644.jpg
独特の風味ともっちりした食感が美味しいブレッツェル
パサパサしたものしか食べたことがなかったのですが、この地方でいただいたのはもっちりして美味しかった!
焼きたての美味しさをぜひ。

d0041729_12364294.jpg
ほっこりチロル料理の代表格。ティロラーグロステル。どの家庭の主婦も必ず作れる定番料理です。


d0041729_21331641.jpg
りんごの木がたくさん並ぶ南チロルらしい、アップルストゥルーデル


お申し込みお待ちしております。



東京駅から直通24分、JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaは単発でのご参加が可能です。お気軽にお問い合わせください。

新宿クリナップショールームでの開催もございます。





by cibiyukiko | 2019-02-20 22:09 | レッスンのお知らせ | Comments(0)
4月14日(日)は新宿クリナップ様でのレッスンを開催いたします。

今回は復活祭のピクニックランチを作ります。
イタリアのパスクワ(イースター)翌日はパスクエッタとよばれ、イタリア人がお弁当を持って、山や緑が広がる場所にピクニックに出かける習慣があります。

イタリア式ピクニックランチをテーマに話題のスーパーフードも使って低糖質、繊維たっぷり、体に効くイタリアンをご紹介いたします。持ち運びがしやすいのもポイントです。家族の食卓はもちろん、持ち寄りパーティなど様々なシーンで活躍すること間違いなしのお料理です。

<レッスンの詳細>
日程&時間:  4月14日(日) 12時~15時頃
場所:クリナップキッチンタウン東京 http://cleanup.jp/showroom/info/kanto/shinjuku.shtml

参加費 7,000円(税込) 事前振込。お申し込みをいただいた後に振込先をお知らせいたします。

 定員 18名様 

 お持物 エプロン、ハンドタオル、筆記用具

<メニュー>
スペルト小麦のサラダ
シチリア風アーモンドペーストのフジッリ
イタリア風カツレツを挟んだパニーノ(とっても美味しい低糖質のMioPanを使わせていただく予定です)
イタリア風オムレツ
彩り野菜のピクルス
ほか、冷めても美味しく、持ち運びのしやすいイタリアン数種。 食材の仕入れによって若干変更になる可能性がございます。ご了承ください。


講師:イタリア料理教室CiaoBambina主宰 前澤由希子 教室web.site
・J.S.A認定ソムリエ
・調理師
・オーガニックコンシェルジュ
・ベジタブル&フルーツマイスター(Jr)
・豆腐マイスター
デモンストレーション中心に、ところどころ、皆様にご参加いただく形式を予定しております。
  
<申し込み方法>
①お申し込み日程
②参加される方の氏名
③ご住所、連絡先電話番号
④メールアドレス
⑤低糖質のパスタをご希望の方はその旨お知らせください。市販の低糖質パスタをご用意させていただきます。

上記を明記の上、メールにてお申し込みください。通常3日以内に返信させていただきます。3日以内に返信がない場合はお手数すが再度ご連絡ください。

お問い合わせ・お申込み先 前澤由希子

メールアドレス cibiyukiko☆yahoo.co.jp (※スパムメール防止のため、☆を@に変えてお送りください)
※直接クリナップキッチンタウンさまへのお申し込みはご遠慮ください。

お申し込み先  cibiyukiko@yahoo.co.jp へご連絡ください。2日以内に返信させていただきます。

以前にご参加いただいた方で、上記アドレスへメールをくださったことがある方はfbコメント欄にご記入いただくだけでも大丈夫です。 上記のアドレスから詳細を入れたメールを返信させていただきますね。
申し込みお待ちしております♪

d0041729_11131704.jpg

d0041729_11134378.jpg
写真:スペルト小麦のサラダ

スペルト小麦はイタリアでは古代小麦、ファッロと呼ばれ、プチプチとした食感でとても人気のある食材です。
美味しいだけでなく小麦アレルギーの発症率が低く、繊維たっぷりのスーパーオーガニックフード。
ユキキーナのお料理教室では20年前から生徒さんに大人気の食材ですが、ここ数年、日本でも人気がじわじわと上がってきている注目の食材です。

いつも低糖質レッスンをクリナップ様では開催しておりますが、今回はとても簡単で冷めても美味しいパスタを一品入れさせていただきます。
パスタ以外は基本、低糖質なイタリアンのこと。今回もパスタ以外は全て、特にアレンジせずイタリアと同じく作って低糖質なメニューです。
ご希望の方には市販の低糖質の乾燥スパゲッティをお選びいただけますので、その旨お申し込みの際にお書き添えください

以下の写真は、以前レッスンで作ったイタリアンなピクニックランチの写真です。
4月14日(日)もイタリア式ピクニックにまつわるエピソードをお伝えしながら、こんなイメージで作っていきますね。。


d0041729_10464837.jpg



d0041729_10445502.jpg
d0041729_10471169.jpg
d0041729_10470584.jpg


東京駅より直通24分 JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaでは以下のレッスンをご案内中です。

イタリア式チーズフォンデュを作るヴァッレダオスタレッスン 2月21日(木)に残席1名さまございます。











by cibiyukiko | 2019-02-18 11:05 | イベント・メディア情報 | Comments(0)
最終日、ホテルを出発するのは昼過ぎ。
最後の最後までトリノをピエモンテを食べ尽くします。

郷土料理はもう飽きましたが、一度食べたてみたかったピエモンテ味があったのです!

SLOWFASTFOOD スローファストフード
「M**Bun」

スローフード運動発祥の地、ピエモンテ州。
その精神に基づき、地元で時間をかけて丁寧に作られた食材、キロメトリゼロ食材を用いて作られるハンバーガーショップです。
こだわりの小麦粉で作られたバンズに、牛のパティはピエモンテブランド、ファッソーネ牛から作られる贅沢バーガー!

M** と伏字になっているのは、実はマクドナルドのMacに対抗しているからという説も。



d0041729_23232972.jpg
トリノ駅からすぐ近くにあります。お店の前には目印のファッソーネ牛ちゃん。

d0041729_23234115.jpg
オーソドックスなハンバーガーセットををオーダーしました。
そのままジャガイモを厚切りスライスして揚げたポテトはしっかり芋感があって美味しい。
ピエモンテ産のジャガイモですよ。

d0041729_23240834.jpg

セットにはモーレコークというコーラがセットになっています。
トリノのシンボル、モーレアントレッリアーナの塔をデザインした缶です。

ハンバーガーに入っているパティがぎゅっと肉の旨みがいっぱいのファッソーネ牛。
食べ応えがあり、とっても美味しいです!

d0041729_23235623.jpg
ワインも各種並んでいましたので、バルバレスコをチョイス。

美味しくて最後の最後まで幸せ。イタリア旅行中、こんな1食もいいなあと思いました。
さて、食後はトリノ駅の中に美味しいチョコレート屋さん、VENCHIもあるし、ジェラートでも食べに行っちゃう~?
なんて悠長に話していたら、、、

訃報が飛び込んでまいりました・・・・・

私以外の皆さんはこの日に帰国なのですが、なんと、みんなが乗る飛行機が機材の問題でキャンセルになったとの連絡が。

わー!!!!!!!!!!!!!!
のんびりジェラート食べている場合ではありません!

ホテルへのお迎えの車を早めに来てもらえるよう連絡し、ハンバーガー屋からあわただしく退散。
とにかく早く空港へ行って飛行機を振り替えてもらわねば!

飛行機は何か別に振り替えてもらうことが出来るとは思いますが、とにかく人数が多いので、当日の飛行機、しかも全員が同じ便に振り替えてもらうことは難しそう。

しかし、ルフトハンザで手配していて良かった。トリノ空港の地上職員が全員が同じ便に振り返られるようにスタッフが手分けして必死で対応してくれました。
途中でスタッフに話しかけると、「質問は後にして!早くしないと全員一緒の便に乗れないわよ!」と手を休めずにパソコン処理をしてくれていました。これをみて、必死に手配してくれていることが伝わって少し安心。
一生懸命やってくれた結果なら全員が同じ便に乗れなくても仕方ありません。

アリタリアだったらスタッフ同士で世間話しながらちんたらやって、「全員一緒なんて無理よ~」と言われかねませんからね。
d0041729_23242674.jpg
無事に全員が同じ便に振り返られることになって一安心。
ブリュッセル経由でベルギーワッフルを食べる予定が、ミュンヘン経由でビールとソーセージに変更。
日本到着は成田から羽田に変更になり、むしろラッキーだった方も。

そんなわけで、最後はドタバタとトリノ空港でお別れいたしましたが、みなさん、搭乗口でゆっくりVENCHIのジェラートを召し上がられた模様(笑)。

こうして7泊のピエモンテツアーが無事に終了いたしました。ご一緒してくださったみなさま、ありがとうございました。おかげさまでとても濃く楽しい1週間でした。本当に楽しかった。

私はこの後、トリノ中心部へ戻って1人でお散歩します。


東京駅から直通24分、JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaは単発でのご参加が可能です。お気軽にお問い合わせください。










by cibiyukiko | 2019-02-18 10:10 | 北イタリア | Comments(0)
中断しておりましたが教室ツアーレポ。まだ続きます。

7日目の自由行動でみなさんイタリアを思い思いに満喫された模様。ミラノへ行ったチームなども夕方には戻りトリノで買い物を楽しんでいたよう。私も18時頃にはアオスタから戻り、ホテルで1時間ねちゃいました。

さて、夜8時半、トリノにて最後の晩餐。打ち上げディナーです。
日本人的には遅い開始時刻ですが、せっかくなので、お店が閉まる8時半まで最後の買い物でスパークしていただいて、その後に開始です。

この1週間、ずーっとピエモンテの郷土料理にこだわってメニューを選んできましたが、チーズと肉はもういい加減飽きた!(笑)私達日本人は美味しい魚料理が食べたい!!

トリノのチェントロにある魚介専門のトラットリアを予約しておきました。
何件か魚介専門の店があるうち、現地集合でも分りやすい場所で盛り上がっても大丈夫そうなお店へ。

Sea Food Bar Torino

普段は行った地方の料理しか食べないのですが、この際、シチリア料理やサルデーニャ料理を食べちゃいます。
お店の人にお勧めを聞いたら、魚介のアニョロッティと言われましたが、
アニョロッティはピエモンテの郷土パスタ。   No!!!!!!!!!!!!!!
中身が魚介とはいえ、もう私達、アニョロッティはお腹いっぱいです!とお断りして、、

d0041729_22550163.jpg
前菜にはストラッチャテッラとアンチョビのブルスケッタ
海老のビスクが美味しくて、北方の地で過ごしていた私達には久しぶりの味すぎて胃の腑に染み渡りました!!

みんな覚えたてのイタリア語、胃に染み渡るような美味しさを表現する言葉、「スクイジート!!」を連発(笑)、

サルデーニャのフレーグラにはカラスミがたっぷりかかり、シチリアのかじきとカサレッチェのパスタなどなど
ということでワインもスプマンテのあとはサルデーニャのヴェルメンティーノをセレクト。


d0041729_23013476.jpg
トリノでいただく魚介もなかなかでしたよ。ピエモンテ料理に飽きたら行ってみるのも良いと思います。
最後はシェフも一緒に記念撮影。若くて男前のシェフでした。

ここでも皆さん、覚えたてのイタリア語、「フィーゴ!!」を連発して大盛りがり!!
フィーゴ、、の意味はさてナンでしょう? イタリアの若い子が使う言葉だそうです。

大人しい日本人、というイメージをみんなでボロボロに壊して歩いた1週間でした(笑)。






by cibiyukiko | 2019-02-17 23:05 | 北イタリア | Comments(0)
軽いのに蓄熱せいがたかくて使い勝手の良いウェストファリアのフライパン。
高いクオリティの割にお値段もとてもリーズナブル。
フライパンジプシーの方に是非一度使ってみていただきたい製品です。
このフライパンを使ったレシピブックが出来上がりました。

15人の料理家の方との共著ですがレシピを掲載していただいております。
教室にも置いておきますのでお手にとってご覧くださいね。どれも簡単ですぐに作れるレシピになっています。

d0041729_00054806.jpg


d0041729_00055604.jpg

d0041729_00275237.jpg
本日の乾杯にフェラガモ所有のワイナリーIl Borroのスプマンテをいただきました。
優雅なランチです♪ レッスンでした。バレンタインだし、テンションあがりますね♪
d0041729_00060258.jpg
バレンタイン当日、今日のレッスンは「今日は面倒だから会社に行きたくない!」と有給をとってうちのレッスンに逃げて来た女子達が多数(笑)
会社生活から遠のいて久しいのですが、会社ではまだバレンタインが存在するのですね~。男も女も大変だあ。
そんな女子達のために、来年も2月14日はレッスンを開催いたします。駆け込み寺としてご利用くださいませ。


d0041729_00060919.jpg
こちらは香川大学農学部が開発した新しい葡萄品種で作られたワイン。ぶどう品種の名は「香農R-1」
ポリフェノール、アントシアニンが通常の2倍含まれるそうです。
日本ワインらしいまろやかで渋みの少ない飲みやすいワインでした。
ありがとうございました。






by cibiyukiko | 2019-02-15 00:24 | イベント・メディア情報 | Comments(0)
ずっと行きたいと思っていたドメニカドーロさんに連れて行っていただきました。
夜しかやっていないのでなかなか行けないのです。
この雲丹のブルスケッタが食べたかったの。

d0041729_22390890.jpg
青森県大間産の雲丹の自家製ペーストの上にどーんと雲丹がたっぷり乗っています。...
これだけで美味しすぎて倒れそう〜♪

カウンターだったのでこだわりの食材をシェフが目の前で料理しているのを見ることができるのもまた楽しく、可愛らしい奥様が選んでくれるワインも美味しくて進みます。

d0041729_22395187.jpg
ツブ貝と海老がにんじんのムースと一緒に。
d0041729_22401919.jpg
金目鯛とうど

d0041729_22403129.jpg

大好きなブッラータがのっています♪
d0041729_22405432.jpg
自家製オレッキエッテはブロッコリーで。

d0041729_22410599.jpg
フリウリのオレンジワインをいただきました。
すっかりオレンジワインブームが定着しましたね。

セコンドの写真を撮り忘れておりました、、白アスパラのグリルの上にしっとり焼かれたかじき鮪、、。

d0041729_22411587.jpg
最後はまたまた祝っていただいて可愛いバースデイプレートが♪いつまでも誕生日を楽しませていただいています。ありがとうございました♪
素敵なご夫婦と感じの良いスタッフの方3人のこじんまりとしたとても居心地の良いお店でした♪
17時から開いているので、サクッとまた近いうちに行きたいな♪
d0041729_22413884.jpg
カッフェにカントゥッチがついてくるのも嬉しい♪

ドメニカ・ドーロ

イタリア料理教室CiaoBambinaは単発でのご参加が可能です。お気軽にお問い合わせください。









by cibiyukiko | 2019-02-09 22:47 | イタリア料理店 | Comments(0)
またまた豪徳寺の三輪亭さんへ。
最近はまっている三輪シェフの渾身の南チロル料理。
春にトレンティーノ・アルトアディジェへ行くという友人をチロル料理の予習にお連れしてみました。

まずはホットワインとポロネギのスープをいただいてからシェフの全力投球、6種の自家製ハムサラミ類!
イノシシサラミまで自家製です。
d0041729_22224176.jpg
相変わらず、シェフのマニアっぷりが満載の前菜プレートです(笑)

d0041729_22230049.jpg
そしてほっこり家庭料理がお得意のシェフらしい前菜。
卵のココットにはキノコのマルサラソテーとチーズを一緒に入れて焼き上げてあります。
ワインはラグレイン

d0041729_22231734.jpg
カネーデルリ2種とティルトランというライ麦生地の揚げラヴィオリ

・・とまだ続くプリモピアットはシュペッツレ

オーストリアや南チロルでよく食べられているゆるい生地を専用の生地から落として茹でるパスタ。ふわっと柔らかく優しいお味です。
d0041729_22233219.jpg
シュペックときのこのソースでいただきました。

d0041729_22234608.jpg
そして、シェフに食べた~い!!とリクエストしておいたグロステル。勝手にチロルカツ丼と命名
南チロルの家庭料理の代表格です。
いろんなタイプがありますが、シェフ流にアレンジされたこれがきっと一番美味しいと思う。どれも本場より本当に美味しいのです。

昨年の秋に南チロルに行って感じた優しさ、郷土愛のようなほっこりしたものがこちらのお店でそのまま表現されていることを改めて実感いたしました。
イタリア料理としてはまだ日本であまり馴染みのない南チロル料理ですが、すっぽり包み込むような包容力のあるお料理で気持ちもおなかも満たしていただいて幸せになれるお料理です。
ワインもアルトアディジェの美味しいものが揃っているのでお勧めですよ♪



d0041729_22241561.jpg
お誕生日もお祝いしていただきました♪

d0041729_22242440.jpg
チロルの山小屋を思わせる重くて重厚な扉。近所の方でいつも賑わっています。

三輪亭(豪徳寺)


by cibiyukiko | 2019-02-09 22:36 | イタリア料理店 | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
*ブログジャンル*
*ファン*