人気ブログランキング |
<   2019年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
今回、イタリアで100キロくらい自転車に乗ったのですが、よく考えたらこれ、今に始まったことではない気がします。

わりと自転車好きなのか、ベルサイユ宮殿で借りてみたり、プーケットで借りてみたりしていたことを思い出しました。
とはいっても、こんなに激しく乗ってませんけどね~。

隣街のシルミオーネへ行くのに、バスに乗るのも面倒だな~と考えて、レンタサイクルで行くことにしました。
片道12キロ。近くはないけど、まあ大丈夫でしょ~と軽く考えて、うっかり買ったばかりのおNewワンピースで行ってしまいました。
d0041729_18444123.jpg
せっかく自転車を借りたのでとりあえず午前中は2日前に行ったスーパーに夕食の買い出しに。
一旦アパートに戻って夕食の下準備だけして、シルミオーネ温泉は夕暮れ時が綺麗でお勧め、なんて書かれているサイトがあったので、夕方に温泉入る感じで15時出発!1時間のサイクリング予定です。

ずっと湖沿いに行けばいいだけ~。なんて思ったのですが、まあそう簡単にすべての道は通じてないですわね。
少々内陸に入ったり、アップダウンがあったり、、、なんだかんだ1時間半かかりました。(おすすめしません:笑)
d0041729_18445005.jpg
d0041729_18450251.jpg
レモネードの屋台なんかも出ていてリゾート感。
d0041729_18451402.jpg

シルミオーネの入り口に到着するとスカラ城から先は自転車では入れません。
自転車を停めて、岬の先端までジェラートでも食べながらのんびりお散歩、、、、と行きたいところですが、自転車を20時までに返却しないといけません。
温泉までわき目もふらずに直行します。
d0041729_18452394.jpg
温泉についた!!!!
フロントで入場料を払いますが、ビーチサンダルを持っていないと入れません。
うっかりしていました。日本からビーチサンダルを持参していたのに、自転車に乗るということでスニーカーで来てしまいました。

ビーチサンダルを購入するように言われて売店に行くと、ここは高級温泉。
なんと、ビーサンが1足 18ユーロ!!! 家族3人で6千円弱のビーサン代を泣く泣く支払いました。入場料とかわらないやーん。。。
入場料は2時間利用券で一人22ユーロ、キャップ込み。タオルとバスローブは別料金。みなさん、タオルとビーサンは持って行きましょ~。

まあ、気を取り直して、、謎のシステムのロッカールームで荷物を預けます。
ビーチサンダルを履いてみると、これがなかなかしっかりして厚手で履き心地もいい感じ。気に入ったからまあいっか。

d0041729_18464992.jpg
d0041729_18465693.jpg
デッキチェアは湖に向かって並んでいます。お酒も飲めてのんびり過ごせます。


d0041729_18464031.jpg
d0041729_18463213.jpg
ガラスの窓の中は湖を眺めながら入れるサウナになっています。
d0041729_18455535.jpg
屋内にはプールや歩行浴、サウナなど。宮殿っぽい小さめな浴槽でラブラブカップルがいちゃいちゃしていて目のやり場に困る。

d0041729_18453429.jpg
インフィニティ温泉です。

d0041729_18454667.jpg
温泉ぬるめです。夏はちょうどいいですが、冬はどうなんだろう。
ジャグジーや打たせ湯、寝湯、歩行浴などいろいろあります。マッサージスパもありました。

ゆっくりしたいけれど、自転車にライトがついていないことと、返却時間が気になって18時半に退散。
d0041729_18460578.jpg
なぜかシルミオーネのジェラートはどこも巨大で美味しそうだったのですが、遠くで雷鳴が轟いています。雨が心配だったので早々に退散。
d0041729_18462229.jpg
降ってきました~。
ルガーナの葡萄畑で雨宿り。

ルガーナのカンティーナの看板がいっぱい出ていて、時間があったら行きたかったな~。

しかし、この後、かなり雨が激しく降ったり、雹まで降って急げば急ぐほど雨雲の中に突入してしまうという悲劇。
温泉でツルツルになったお肌もずぶ濡れに~(苦笑)

d0041729_18461447.jpg
何度も雨宿りをしていたので自転車を20時に返すことはどうやら難しそうです。
とにかく必死で漕いでいたら、なぜかブレーキがきゅっとかかる。。。 !!! なんと、ワンピースがからまって破けるという事件も発生!(涙)

レンタサイクル屋のマウロに電話して、帰れないかも~、、と言ったら、20時半まで待っててくれるというので必死で漕いでがんばりました。


到着したらお店は閉まっていたけど、ドアに「呼び鈴押してね~」と張り紙がしてあって、呼んだら開けてくれました。お店の二階が住居だった模様。


結論・自転車は天気予報をみて借りましょう。
レンタカー、最後まで借りておけば良かった。。。。ヴァカンスシーズンのガルダ湖は車が渋滞すると聞いていたので車を返したのですが、そうでもなかったのです。車があったらもっとのんびりシルミオーネを散策して、巨大ジェラートも食べて、サウナもゆっくりして、、、古代ローマの温泉遺跡も見て、途中でルガーナのカンティーナに寄って、、、ともっと楽しめたのに!!!
、、、と、さんざん盛り盛りの旅行をしておきながら、まだ盛ろうとしている貪欲さ。

さ、自転車も無事に返せてほっと一安心。おうちでゆっくり夕ご飯にしましょ~。
d0041729_18441594.jpg
夕食の準備していったからすぐに夕ご飯♪
ヴェネトのキアレットも冷やしてあったので疲れたカラダにゴクゴク♪
d0041729_18440837.jpg

午前中、ブッラータを買っておいたのですよ~♪

d0041729_18442937.jpg
野菜が食べたかったからキノコとズッキーニを焼いてマリネに。
またまたみんなが大好きなカチョカバッロと一緒に。
d0041729_18442182.jpg
簡単にトマトソースを作っておいたのでパスタを茹でただけ。この上にブッラータものっけて。

あーよく運動したというか、、疲れた~。
ま、こんな日もあります。


娘には「ママはたくましすぎてついていけない」と怒られる。笑

まあ、数年後に娘の思い出が美化されることを願います。










by cibiyukiko | 2019-08-20 19:25 | 北イタリア | Comments(0)
d0041729_21373481.jpg
鍵を4つ使わないと我が家に到達できません。
住人のほとんどはヴェローナに住む富裕層でヴァカンス用に持っている人が多いらしく、敷地内もプールもよく手入れされて綺麗に保たれています。

この日の夕ご飯は昨日のパスタに使った残りのキノコでキノコのリゾット

d0041729_21381340.jpg
にカチョカバッロのソテーにタリアータ
d0041729_21374977.jpg
d0041729_21374253.jpg

お肉が日本より断然安いのに柔らかくて美味しい~。フライパンで綺麗な色に焼けました。
ワインはこちらで買ったヴァルポリチェッラにノヴァチェッラで買ったラグレインも開けてしまいました。
何本も持って帰れないからどんどん開けて飲んじゃいましょ!

d0041729_00354561.jpg
写真をみたらビールとプロセッコも飲んでました。。夜9時頃まで明るいので夕食はいつも明るい時間にのんびりと。






そのほか、8月29日(木)12時~ クリナップキッチンタウン東京(新宿ショールーム)にて低糖質イタリアンのレッスンを開催いたします。
こちらも募集中です。よろしくお願いいたします。

by cibiyukiko | 2019-08-20 00:37 | 北イタリア | Comments(0)
d0041729_20550272.jpg
ガルダランドとは、イタリアで最も有名な遊園地。子供から大人まで楽しめるテーマパークです。

娘が小さい頃、イタリアのテレビでガルダランドのCMが流れるたびに「行きたい!」と言っていたのですが、なんでイタリアに来てわざわざ遊園地よ~、しかも、私一人で連れていくのはキツイわぁ。と思ってスルーをしていたのですが、

今回はいつも私の料理修行につきあってくれるシエコをガルダランドに連れていきたい!と思ってガルダ湖に滞在してみました。ワインも美味しいエリアだしね♪
行きたがっていたのは小さい頃だけど、大きくなった今でも楽しめるかしら??なんて心配したら、これは大きくなってから行った方が楽しいかも!

絶叫系だらけの遊園地で、足が宙ぶらりんで乗るコースターだらけ。
水に濡れる系は半端なく濡れます。
d0041729_20541533.jpg
ペスキエーラ・デル・ガルダの駅前からガルダランド行の無料シャトルが出ています。時刻表はないので、黙っておとなしく待つしかありません。
※デセンツァーノガルダ駅からもシャトル出てるみたいです。
d0041729_20542511.jpg
ガルダランドに着いてからチケットを買おうと思っていたら、ペスキエーラ駅前にこんな看板が↑ 
通常42ユーロの1日券が、駅のバールで35.50ユーロで売ってらしいので、こちらで購入。3人で20ユーロのお得だわ~♪

シャトルバスに乗って10分弱で到着。

d0041729_20543226.jpg
d0041729_20543943.jpg
ずぶ濡れになると聞いてシエコなんて水着で参戦。

そして最初にいきなり私が連行されたのがコレ。ブルートルネード。これは富士急でいうところの「ええじゃないか」系

足もぶらんぶらんのまま、いきなり頭もブンブン振り回されました~。トルネードだわ〜

そして次がコレ。オブリビオン。富士急の高飛車みたいな感じですかね~。


これが乗ったら楽しくて! 3回乗っちゃいました。 どれも待ち時間が20分くらいなんです。
なぜなら、、、安全確認にかける時間がめっちゃ短いから!(笑) 日本のように丁寧に何度も安全確認してくれません。。(汗)
ま、死亡事故起きてなさそうですから大丈夫なんでしょ。
d0041729_20545420.jpg
激しくカラダを振り回した後はこんなところでちょっと休憩したり。
d0041729_20551197.jpg
d0041729_20551752.jpg
美味しいピッツァを食べたり♪ コルティナのピッツァがひどかったので遊園地のピッツァが非常においしく感じたという。。
パーク内の食べ物もちゃんと美味しいです。

d0041729_20553612.jpg
d0041729_20554391.jpg
なんと、こんな自由なスタイルの荷物置きが。。。イタリアでこんな荷物置き、怖くて置けませーん! 
ちゃんと鍵付きのロッカーもあるし、絶叫コースター系は乗る時に荷物置きの棚がありますけどね。

暑いので、ミストが出てくるエリアもあってあえて濡れに行ってみたりしましたが、

d0041729_20552885.jpg
もっと激しく水がかかるのがコチラ。

d0041729_20555012.jpg
夏だから気持ちいいけど、冬はつらいかも~。

そして、バッシャーンと最後に大きく水をかぶって、もうお終いだ~と油断していると、横から普通の来園者が水で攻撃してくる場所が。
d0041729_20560227.jpg
大きな水でっぽうが設置されていて、水をかけることができます。シエコが嬉しそうに水かけてます。

d0041729_20561958.jpg
Noooooooooooooo!! と絶叫しながらもみんな嬉しそう! 子供や男の人なんかは「もっとかけて~!」ってサインを送ってきましたよ。

夏は夜23時まで営業しています。私たちは19時に退散しましたが、その時間から来る人達がたくさんいました。

私たちは朝から十分満喫したのでおうちに帰ってご飯にしましょう♪
朝、下準備をしてから来たのですぐご飯にできます。






そのほか、8月29日(木)12時~ クリナップキッチンタウン東京(新宿ショールーム)にて低糖質イタリアンのレッスンを開催いたします。
こちらも募集中です。よろしくお願いいたします。
by cibiyukiko | 2019-08-19 21:38 | 北イタリア | Comments(0)
イタリアとはいえ、ドイツ語圏をまわっていたのでちょっとイタリアが足りていませんでした。

ペスキエーラ・デル・ガルダ駅に到着してスーツケースを転がすこと10分。
3泊4日で借りているアパートの大家さんが鍵を渡すために来てくれていましたが、まぁ~よく喋る大家さんジュセッペ!!
調子のいい冗談を言いながら賑やかにアパートの説明をしてくれる姿に、あぁ~!!イタリア来た~!!!!

なんでも、日本人のお客さんは我が家が初めてで嬉しかった模様。旅行が好きなので日本に行きたいんだって~。
「日本人はめっちゃ行儀もマナーもいいって聞いてるからさ~」なんてプレッシャーをかけられ(笑)、これはアパートを丁寧に綺麗に使わないと後の日本人感に影響してしまうわっ!とちゃんとした日本人を装いましたわ。

シエコにイタリアの夏らしいヴァカンツァを過ごさせてあげたいと思い、プール付きのアパートを探しました。結局、大忙しで1回しか入れなかったのですが、プールを眺めながらご飯を食べたりできるのは開放感があって良かったです。
d0041729_11243115.jpg
d0041729_11243977.jpg


d0041729_11245273.jpg
d0041729_11455476.jpg
2階の扉が開いているところが我が家の仮住まい。

ちょっとガルダ湖へお散歩に行ってみます。
d0041729_11223985.jpg
d0041729_11224683.jpg
d0041729_11225476.jpg
d0041729_11230162.jpg
湖なので水はあまり綺麗ではないのですが、みーんな湖水浴でにぎわっています。
朝、ボルツァーノでテレビをみていたら、ニュースでちょうど、ヴァカンスシーズンでにぎわっているこのペスキエーラがイモ洗い状態になっている様子が画面に映し出されていました。
d0041729_11461416.jpg
ちょっと山中湖風。笑

ペスキエーラガルダはファミリーリゾートなので近くにテーマパークがいっぱいあるんです。
それを目当てにこちらに宿泊することにしました。

少し湖で足まで入れて遊んだあと、さっそく、夕食の買い出しに。
キッチンになんでも揃っています。


しかし、、、アパートの近くにはリゾートっぽいレストランはいっぱいあるものの、
小さなスーパーどころか、小さなバールやよろず屋すら見つからず、、。

道を尋ねながらスーパーを探すと、徒歩30分、、、炎天下の中を歩いて大きなスーパーへ。
これは簡単には来れないわ~と3日分を買い出しして帰りは電話でタクシーを呼びました。

d0041729_11494027.jpg

おかげでお部屋で楽しい夕ご飯♪
d0041729_11530965.jpg
切り立ての生ハム~☆
d0041729_11562418.jpg
キノコとゴルゴンゾーラのフジッリ
d0041729_11563044.jpg
その他、総菜コーナーのローストチキンを買って。

翌朝はフリッセにたっぷりトマトをのせて。
d0041729_11575580.jpg
夫はお米が食べたいというのでカルナローリ米をお鍋で炊きました。
チキンの残りと出しましたが、このお米だったらチキンと一緒にチャーハンにした方が美味しかったかも。














by cibiyukiko | 2019-08-18 11:59 | 北イタリア | Comments(0)
ボルツァーノ三日目。
レンタカーを返却して昼過ぎには電車でガルダ湖へ移動します。
車を無事に返却したら朝昼兼用のご飯へ! 

ビールはドロミテにいる間中、ずっと飲んでいたけどやっぱり地元ワイン飲んで郷土料理たべたーい!!
この店↓(名前読めないけど:フューゲルっていうのかな?)、昨年入ってお気に入りだったのですが昨日は日曜日で休みで行けず。。

朝8時から営業しているらしいので喜び勇んで駆け込むと
d0041729_00234911.jpg
11時半までは飲み物だけなんだって~。
でも、12時過ぎの電車でこの街を去らないといけないの、、、、と言うと、厨房に聞きに行ってくれて、このメニューなら11時からオーダーしてもいいよ、と親切にいくつかピックアップしてくれました。

で、朝からこんなヘビイなものを(笑)
d0041729_00235572.jpg

グラーシュとカネーデルリ。このお店、やっぱり美味しい~♪
ワインはブラウンフレンキッシュ(ま、ピノノワールなんだけど、この辺りではそう呼ぶ)
d0041729_00240129.jpg
このゴツゴツした感じの素朴なスパイスが効いたパンも五日間も食べているとかなりやみつきに。この辺りの料理と一緒に食べるとこの酸味がよく合います。
このカゴのパンをソースにつけて全部食べちゃいました。(一人でじゃないですよ)
d0041729_00240837.jpg
さて、電車に乗る前に、ソーセージスタンドのホットドッグも家族に食べさせないとね。

d0041729_00242767.jpg
d0041729_00241565.jpg
昨日はまったく人が歩いていなかったのですが月曜日の朝は活気があるボルツァーノでした。

さて、ペスキエラ・デル・ガルダまで二時間半の電車の旅。ようやくイタリアらしいイタリアにたどり着く感じです。
d0041729_00324024.jpg
りんご畑が広がっていた電車の車窓は南下するに従って葡萄畑に変わってゆきました。ずーっと葡萄畑が続きます。







by cibiyukiko | 2019-08-17 00:35 | 北イタリア | Comments(0)
旅行中にやってきた日曜日。
見事になんでもお休みです!! いつもは日曜日はどこかのマンマのご飯をおうちで食べているのですっかり忘れていました。
田舎では水も買えません。(実際には開いているバールなどもあるので水も買えるんですが、スーパーの4倍くらいします)

とりあえずメラーノに行きます。
昔からハプスブルク家の温泉保養地ということで栄え、皇妃エリザベートもお気に入りだった可愛らしい街。
前回行った時に「かわいい~!」とパシャパシャ街の写真を撮りまくったので、今回は暑いし写真とる気力もなく。

d0041729_15561188.jpg
日曜日、そして暑い夏の真昼間。誰もいません。
行きたかった素敵なお菓子屋さん、閉まってます。
d0041729_15552248.jpg
みんな、どこ行っちゃったの~??

d0041729_15553398.jpg
と思ったら、みんな河原で遊んでます。
私たちもどこかで涼をとらねば! 


・・・ということでビール!


開いている店が少ないものの、行きたかったお店は開いていました。
逃げ込んだのはforsterbrau

FORSTというメラーノの地ビールがあるのですが、その直営店。
d0041729_16060726.jpg
↑店の入り口に貼ってあった紙を撮ってみた。こんなお店です。


とても広い店で、通りに面した華やかだけど暑そうなテラス席に、冷房が効いた室内、
そして私たちが選んだのは冷房は入ってないけど涼しい中庭などがあります。
d0041729_15560238.jpg
暑いですが、湿気がないので日が当たらないところは涼しい。
d0041729_16154669.jpg
外に人がいないと思ったら、みんなここで飲んでたのね!


d0041729_16153870.jpg

ボルツァーノでもメラーノでも何種ものビールを飲みましたが、Forstoのweihenstephanというのが好き。(←読めない)
ビールに限らず、メニュー名が読めない!!
せっかく心の故郷イタリアに来ているというのにアウェイ感満載!!
d0041729_16304983.jpg

イタリア語は通じるも、メニューがどれみてもわからないので、「ほら、こんくらいの長さでこんくらいの太さのソーセージが食べたいのよ~」
なんて必死で説明してオーダー。
お店のお姉さんも、これ位の長さのやつね~、なんて指で確認(笑)



正しいのが運ばれて来ました(笑)

d0041729_15554267.jpg


ミュンヘン風白ソーセージには甘いソースとプレッツェル付き
d0041729_15555320.jpg

この仔牛のシュニッツェル、美味しかった!
下にはドイツ風の酸味があるポテトサラダがたっぷり。ザワークラウトかどちらかを選ぶようになっていました。

d0041729_16153101.jpg

そのほか、山盛りのポテトとwustel (←カタカナにできない。ビューステルっていうのかな?)
とりあえず、オーダーしたものが出てきて満足。
d0041729_16341966.jpg
身長は同じなのに体重は大きく異なるシエコ。
私だって高校生の時はこんくらいだったんだけどな~。
私のはみ肉をつかんで遊ぶシエコさん、30年後、お気をつけくださいませ。だんだん似てきてますからね。











by cibiyukiko | 2019-08-16 16:38 | 北イタリア | Comments(0)
カンティーナの後は宿のあるボルツァーノへ。
d0041729_00314912.jpg
街の入り口にあるワルター広場。の地下が公共の駐車場になっているのでここに駐車。それ以上は ZTL (Zona Traffico Limitato(車両乗り入れ禁止地区)となっていて車は入れません。
歴史的建造物の多い旧市街ではこのゾーンが決められていることが多く、侵入すると監視カメラで写真を撮られて罰金を請求されるというのでドキドキでしたが、どこも事前に宿に問い合わせをして、どこに停めたら良いかを聞いておくとよいようです。



この町には昨年の秋、クリスマスマーケットの頃に来たのですが夏は初めて。 昨年秋のクリスマスなボルツァーノ→
夏の方が山を満喫できるかと思ったのですが、先に言っちゃうと、ハイキングとかトレッキングに興味がない方にはクリスマスの頃が街が可愛らしく飾り付けられていて断然おすすめです。

でも夏は夏でビールが美味しいこの街を楽しめましたよ。ビアホールがあちこちにあり、みんな外のテーブルで夏のひとときをビールと一緒に楽しんでいます。
さあ、美味しいビール飲むぞぉ~!!

d0041729_00295573.jpg
d0041729_00304072.jpg
d0041729_00310127.jpg
2ℓのジョッキで飲んじゃう人も!!
d0041729_00315547.jpg
ビールといいつつ、スプリッツから始めてみたり、、


d0041729_00473276.jpg
d0041729_00472413.jpg
しえこはいつも生ハムメロンと水。

d0041729_00471784.jpg

ドイツ語圏なので、ソーセージとポテトがいっぱい。
d0041729_00470197.jpg
夏の夜は多くの人が夕方の散歩を楽しんでいます。

お酒が飲めないシエコはこちらにお連れしました。
昨年の秋に発見して、シエコを連れて行こうと思っていたヨーグルトジェラート屋 Yogorino
ここ、昔シエナに留学していた時にたまに食べていて気に入っていたんです。
実は最近、地元のららぽーとにも入ったのですが、お値段も大きさも全然違います。

d0041729_00473934.jpg
d0041729_00474840.jpg
こちらはカップに自分でフルーツやソースを入れてジェラートを入れてトッピング。

d0041729_00475686.jpg
抹茶じゃないのよ。ピスタチオソースをカップにまわし入れてからジェラートを入れてフルーツいっぱいのせてみました。
これで2.5ユーロ! ららぽーとなら800円はするわ~!!















by cibiyukiko | 2019-08-16 00:52 | 北イタリア | Comments(0)
チーズ工房から30分ほどでブレッサノーネにあるカンティーナ・ABBAZIA DI NOVACELLAに到着。

イタリア最北の生産者であり、9世紀から巡礼者たちを迎えて来た修道院で中世の姿をそのまま残しています。

d0041729_23432768.jpg
d0041729_23431753.jpg


d0041729_23433575.jpg
d0041729_23434422.jpg
d0041729_23435287.jpg
d0041729_23440190.jpg
d0041729_23440918.jpg
d0041729_23441714.jpg
カード式のテイスティングマシーンで片っ端から気兼ねなく試飲。

白はグリューナヴェルトリナーやシルヴァネール、ケルナーのようなオーストリアっぽい品種や北らしくピノグリやソーヴィニヨンブランなど。ゲヴェルツトラミネールやリースリングも美味しいです。
黒葡萄だとピノネロやラグレインなど。

ピノネロと醸造家オブ・ザ・イヤーを獲得したラグレインの2本を購入しました。

山梨の勝沼などへ車で行っても夫は飲めなくて可哀そうでしたが、イタリアでは運転手もかる~く楽しめるのがいいです。





by cibiyukiko | 2019-08-15 20:32 | 北イタリア | Comments(0)
コルティナダンペッツォからボルツァーノまでは車で約1時間半の道のり。

イタリアでは速度制限厳しいから、絶対制限速度を10キロでもオーバーしちゃダメだよ~と友人に言われていたのですが、まったく問題ナシ。
もともとの制限速度が高め設定(笑)
そんなわけでガンガン進みますよ~。

しかし、ドライバーにあまり優しくないのは、高速道路上にサービスエリアが意外と少なく、飛ばしっぱなしの夫が休むことろが出てこない。。

とそこに
「Capriz」caseificio(チーズ工房)と書かれた看板を発見!

d0041729_22105561.jpg


d0041729_22113138.jpg
チーズ工房だ~、、いいな~ 行きたい!!

サービスエリアではありませんが、夫の休憩のためにも一旦、車を止めてチーズ工房でも見学して歩いてリフレッシュしましょ~と立ち寄るとこれが大正解!
d0041729_22112079.jpg
d0041729_22111368.jpg
d0041729_22130631.jpg
いつもイタリアの田舎のもっさいチーズ工房ばかり行くのでなんともスタイリッシュな店内にオーストリアを感じます(イタリアだけどね:笑)。素敵♪
d0041729_22115401.jpg
d0041729_22103619.jpg
どれも美味しそう!! 食べたい!!!
もちろん買って帰ることが出来ますが、、、同じ敷地ないにはこちらのチーズを使ったレストランがありました!!
今日のランチはここに決定!!
d0041729_22114644.jpg

綺麗な空気の中、外のテラスでいただきます。

d0041729_22113836.jpg
もちろん運転中のアルコールも1杯くらい全然オッケー!!自己責任です。

d0041729_22122915.jpg
焼きチーズとサラダのランチにはたっぷりのサラダと、チロル地方独特のスパイス入りのパンが一緒についてきます。
クミンやライ麦などが入った酸味があるパンに、ウオッシュチーズを焼いたものをつけていただきます。
d0041729_22125196.jpg
とろとろだよ~ん♪ フォンデュみたい♪

d0041729_22123717.jpg
d0041729_22125854.jpg
大きなチーズバーガーにはチーズたっぷり♪
バンズもパティもこの土地の素材で作られたこだわりバーガー。ピエモンテのM**bunみたいな感じですかね。

d0041729_22124457.jpg
ポムフリッツには好きなマヨネーズが数種から選べたのでトリュフマヨネーズをチョイス。
d0041729_22121976.jpg
不足気味だった生野菜をわしわしいただいちゃいます!
d0041729_22120807.jpg
食べ終わったら運転で疲れた男性陣はみーんな、デッキチェアでのびています(笑)
d0041729_22120135.jpg

不思議なミルクのオブジェなど子供がチーズづくりを楽しく学べる場所もあります。
こちらのチーズ工房、ビストロ、エノテカ、ショップ、ミュージアムが併設されていてちょっとしたレジャー施設のようなチーズ工房でした。
旅行中こちらが一番美味しかったかも。。この店、めっちゃ気に入った~!!!! もうこの際イタリア郷土料理とかどうでもいい(笑)。Capriz

さあ、あと一息! ブレッサノーネのカンティーナへ向かいます。







by cibiyukiko | 2019-08-14 22:35 | 北イタリア | Comments(0)
d0041729_18063434.jpg

2泊3日でお世話になったHotel Europa
眺めもよくて、部屋も広くて立地もよくて良かったです。ヴェネツィアのホテルが狭いのでそれ以外のところは広いところをがんばって探しました。
d0041729_18064283.jpg
d0041729_18065228.jpg
古い山小屋のような感じです。冬はこんなバーで長い夜を楽しんでもよさそうです。

チェックアウトしたらミズリーナ湖をみてからボルツァーノへ移動します。
d0041729_17570957.jpg
途中、こんなチャリダーがいっぱいいます。
d0041729_18070290.jpg
写真で観て、絶対行きたいと思っていたミズリーナ湖、あらら??ちっちゃ~い。


d0041729_18071375.jpg
なぜか家族が一人増えています。近くにいたイタリア人の子を抱っこしてフェイクファミリー画像。

d0041729_17564707.jpg
尖ったお山はこの辺りでさようなら~。西へ移動すると緑に覆われた山になっていきます。
d0041729_17565519.jpg
牛や馬、山羊さんエリアもありました。

緑に覆われたトレンティーノアルトアディジェに入っていきます。








by cibiyukiko | 2019-08-14 18:14 | 北イタリア | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
*ブログジャンル*
*ファン*