人気ブログランキング |
<   2020年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
エミリヤロマーニャの名物。イタリアお焼き ティジェッラ_d0041729_23064689.jpg

3月レッスンメニューのティジェッラを久しぶりに焼きました。
自分のレシピでありながら、数年後に作ると、「なんで私、こんな作り方してたんだっけ~?」とだいたい変えたくなります。
以前作っていたレシピとは粉の配合と焼き方を変えてみましたが美味しくなったはず。
熱々の焼き立てティジェッラにモデナ風ペーストを塗って、じゅわ~と溶けていくのをみるのは至福の時。

エミリヤロマーニャの名物。イタリアお焼き ティジェッラ_d0041729_23065510.jpg
この、南部せんべいみたいに、型から少しはみ出した部分がカリカリするのも好き。以前はこの部分が出ないサイズだったけど、はみ出た部分をあえて作ってみました。

エミリヤロマーニャの名物。イタリアお焼き ティジェッラ_d0041729_23070330.jpg
サラミやチーズを一緒に添えて手巻き寿司のようにお好きなものを挟んでいただきますが、レッスンではお野菜も添えましょう。
エミリヤロマーニャの名物。イタリアお焼き ティジェッラ_d0041729_23063862.jpg
これはモルタデッラ入りのミートボール。
イタリア各地の家庭で作られているポルペッティーネ(ミートボール)ですが、北と南でそれぞれ違うのも面白いところ。
お野菜にはモデナのバルサミコでいただくのがやはりエミリヤ・ロマーニャの雰囲気を盛り上げてくれます。

3月レッスンではこのほか、うずら豆のスープパスタに、トルタ・ディ・タリオリーニを作ります。
11:0〜14:30頃
3月9日(火)余裕あり
3月10日(水)キャンセル待ち
3月11日(水)余裕あり
3月12日(木)キャンセル待ち
3月23日(月)余裕あり
3月24日(火)残席1

お申込みお待ちしております。



by cibiyukiko | 2020-02-24 23:17 | 料理写真 | Comments(0)
うちの娘が毎日のように佐藤健カッコイ!!ヤバイ!!と言っていますが、
私だってヤバイ美味しい店行ってきましたよ~。

浜田山のカゼッタさんの「もう無理って言わなければどこまでも続くよ」コースをいただいてきました。
注:そんな名前のコースはメニューにはありません。

リグーリアで修行をされたシェフの穏やかなたたずまいには似合わない、情熱燃える闘魂が注入されたマニアックコースです(笑)。


コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16374146.jpg
ソパコハーダ。お蕎麦もコハダも入っていませんよ。牡蠣がはいっています。
上品な味付けの温かいスープで胃をあたためてからスタート。

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16374979.jpg
蕗の薹のソースがかかったカルパッチョなど、春の苦みのある和食材なども入れつつリグーリア風の前菜。
コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16375562.jpg
と一緒にトレンティーノのほろ苦さが後をひくスプマンテで乾杯

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16380118.jpg
リグーリアの名物といえば、魚介をピラミッド状に積み上げたカッポンマグロですが、こちらのものはテリーヌ状に食べやすく作られています。
シェフが修行していたお店の作り方なのだとか。 写真ではわかりにくいですが、ムール貝とかお魚とかぎっしり入っています。

ちなみに、うちの教室で作っていたカッポンマーグロはスフィンクスもびっくりのピラミッド状です。コチラ↓
あら、もう6年前にやったのね。今年の初夏あたり、そろそろ作っちゃおうかな。


・・・とうちの教室の宣伝を挟みつつ、

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16380787.jpg
リグーリアの魚介にはリグーリアのピガートをあわせれば間違いなし。をお願いして。

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16381473.jpg
ビーツを練り込んだパンソッティ。中からはチーズがとろ~♪

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16382022.jpg
美味しいね~♪といいながらワインもすすみます。

セコンドにはこれまた女子が喜ぶいろいろ盛り。こちらのお店、手間がかかるのにいろんな種類を盛りだくさんに味あわせてくれるのも魅力です。
コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16382734.jpg
パイのようなエンパナーダに、トスカーナ風の黒コショウ煮込み、ペポーゾ。そこにストラッチャテッラがかかってる!!
ハートわしづかみよ💛

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16383225.jpg
もう、バルベーラ飲んじゃうわよ。

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16384125.jpg
ペポーゾの美味しいソースは最後までこの美味しいフォカッチャでぬぐっていただきます。

ここで普通ならドルチェへ進むところですが、お店の方がお腹の具合を聞いてくれて、、まだまだ行けます!と元気に答えると

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16384729.jpg
とっても美味しい栗粉のパスタがジェノヴェーゼソースをまとって登場。栗粉の甘味が美味しい~♪

そして2月初旬のこの日、

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16385302.jpg
またお祝いしていただいちゃった♪ ありがとうございます♪

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16385904.jpg
グラッパのマグナム!そんなのあるのね~。が出て来ていただき、、

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16391974.jpg
カッフェにはサンブーカを入れていただき、食後酒祭り。

そして最後にまだまだ食後種 デザートワインでてきたぁ。

コースは続くよどこまでも。ダ・カゼッタ(浜田山)_d0041729_16392887.jpg
ミラッツォのパッシート。 十分に堪能させていただきました。

この日、12時にランチをスタートして帰りが25時になるという展開に。このあと、まだまだ3件いっちゃいます。

井の頭線楽しいなあ~。うらやましいわ。


東京駅から直通24分 JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambinaは単発でご受講が可能です。体験レッスンの方もお気軽にお問合せください。









タグ:
by cibiyukiko | 2020-02-20 16:59 | イタリア料理店 | Comments(2)
パスタ エ ファジョーリ_d0041729_22295682.jpg

うずら豆のパスタ。どろ~っと地味な見た目ですが、イタリア中どこの地方の家庭でも愛されているマンマの味。
久しぶりに作りましたが、ほっこり優しい味わいで体があったまる~。
クリーム状になった豆のスープとパスタをあわせて。仕上げにはトスカーナのピリッと辛みのあるオイルがよく合います。

3月レッスンのプリモピアットはこちら。
お申込み受付中です♪





by cibiyukiko | 2020-02-18 22:39 | 料理写真 | Comments(0)
2月の基本コース

アンティパスト:シチリア風アランチーネ:テニスボール大のものを作ります。
プリモピアット:ジャガイモのニョッキ。ふわりと柔らかな優しいニョッキをソラマメと生ハムのソースで。
セコンドピアット:詰め物をしたヤリイカのナポリ風。
ドルチェ:エスプレッソプリン。ちょっと硬めの懐かしい味わいです。
柔らかいフルフルプリンやらクリームプリンが流行ったって私は固めのムチッとした懐かし食感のレトロなプリンが好き
🍮
2月20日11時〜のレッスンに1名さまお席がございます。
体験レッスンや単発でのご参加が可能です。お気軽にお問い合わせくださいね。
お申し込みお待ちしております。
2月の基本コース♪ エスプレッソプリン_d0041729_14150284.jpg
2月の基本コース♪ エスプレッソプリン_d0041729_14154143.jpg
2月の基本コース♪ エスプレッソプリン_d0041729_14173475.jpg
2月の基本コース♪ エスプレッソプリン_d0041729_14180261.jpg
<br>
お待ちしております♪<br>

by cibiyukiko | 2020-02-16 23:52 | Comments(0)
3月のCorsoAはエミリヤロマーニャ料理です。
※CorsoB基本コースは次回は4月となりますが、3月のCorsoAはミートボールなど作りやすいものばかりですのでぜひ地方料理コースにもご参加くださいね。

〇ティジェッラ ペスト・ディ・モデナ(モデナ風ペーストを挟んだモデナ風のスナック)
〇パスタ・エ・ファジョーリ(うずら豆のクリームパスタ)
〇モルタデッラのポルペッティーネ(ミートボール)
〇トルタ・ディ・タリオリーニ(パリパリとした食感がおもしろいパスタがのったタルト)

下記の日程にお席がございます。
日程&時間
11時~14時半頃
・3月11日(水)余裕あり
・3月12日(木)残席1
・3月23日(月)余裕あり
・3月24日(火)余裕あり
3月レッスンのメニューと日程のご案内です。_d0041729_22111086.jpg

ティジェッラとはエミリアロマーニャ州、モデナで食べられているスナック。モデナ風ペーストやサラミやチーズを挟んでいただきます。
レッスンではイタリアで購入した型を使って焼き上げますが、型がなくてもフライパンやプレスサンドメーカーなどで焼くも出来ます。

日曜日にマンマが焼いて、各々が好きなものを挟んでいただくその風景は日本の手巻き寿司パーティのような楽しさです。

単発でのご受講が可能です。体験レッスンの方もお気軽にお問合せください。お待ちしております♪




by cibiyukiko | 2020-02-09 22:14 | レッスンのお知らせ | Comments(0)
ピエモンテの郷土菓子 パスタ・ディ・メリガ
とうもろこし粉とバターたっぷりのビスコッティです。

先日いただいた美味しすぎるクッキーの缶がこれまた可愛すぎるので焼き菓子保存缶にしてみました。
2月レッスンのドルチェですが、この前作った時とは粉の配合を変えて口金も大きくして厚めに絞るようにしたら断然美味しくなりました。ほっ。
これで皆さんをお迎えできます。
素朴な焼き菓子は厚めに作ったほうが美味しいみたい。
ピエモンテ州の素朴な焼き菓子。パスタ・ディ・メリガ_d0041729_14442658.jpg
CorsoA ピエモンテ料理
・2月13日(木)
・2月26日(水)
・2月28日(金)
11時~14時半頃
募集中です。

東京駅よりJR総武線で24分 乗り換えなし JR船橋駅近くのイタリア料理教室CiaoBambinaでは随時体験レッスン募集中です。
単発でのご参加が可能な気軽な教室です。お気軽にお問合せください。

cibiyukiko☆yahoo.co.jp  (☆を@に変換してください)
 前澤由希子

by cibiyukiko | 2020-02-08 14:45 | 料理写真 | Comments(0)

ピッツァレッスンは基本コースのメニューに入っているので3年おきに開催しておりますが、昨年6月のPizzaレッスンの日程が合わず参加できなかった方々からリクエストをいただき開催いたしました。

Pizzaって、何を一緒にいただくか迷うところ。
イタリアでピッツェリアなんかに行ったら、一人一枚注文するから他に食べる余裕なんてないし、ピッツァだけで終了ってことが普通。
ナポリで有名な老舗Pizzeria Da Micheleなんかはマルゲリータとマリナーラ、この2種のピッツァしかメニューにないし。

数年前は私もナポリにいったらダ・ミケーレにピッツァのみを食べに行っていたんですが、最近のお気にいりはソルビッロ。こちらだとマカロニ入りのコロッケとかアランチーニとかいろいろあって楽しいんで人数がいればいろんな種類を頼んでビールを飲みながらわしわしいただいちゃいます。
(そういえば、ダ・ミケーレもソルビッロも日本に出来ましたね)

あ、そんなわけで、ピッツァと一緒に何をあわせたかというと、、かなりいい相性のお料理を発見しました!!

イタリア料理ではないんですが、、、


番外編:ロシア料理レッスン付きのピッツァレッスン_d0041729_13374245.jpg
じゃーん。ロシア料理「毛皮のコートを着たニシン」
ニシンのマリネの上にどんどんいろんな野菜をミルフィーユ状にかさねたお料理。ずっしりとした重さです。
数年前に、うちの教室に超絶美人なロシア人が通ってくれていたのです。その麗しいロシア美女に教えていただいた作り方と吉祥寺カフェ・ロシアのイメージをユキキーナ風にアレンジして。

15㎝の底抜けタイプのケーキ型でどーんと作って切り分けました。(奥に映っているのはプーリア風の揚げピッツァ・パンツェロッティね。)
番外編:ロシア料理レッスン付きのピッツァレッスン_d0041729_13512524.jpg
試作した時は地味だったのですが、レッスンでは可愛らしくミモザ風に卵をちらして、なんちゃってキャビアもちらしてみました。
番外編:ロシア料理レッスン付きのピッツァレッスン_d0041729_13374955.jpg
番外編:ロシア料理レッスン付きのピッツァレッスン_d0041729_13475927.jpg
で、この毛皮を着たおしゃれニシンちゃんを揚げピッツァ、マルゲリータ、チャッチーノルースティコ、生ハムとルッコラのせピッツァの4種のピッツァとあわせたら、すごくいい相性!! ご参加くださったみなさま、おうちでピッツァの時はぜひロシア料理とね(笑)

ちなみにピッツァに合わせるお飲み物は、、、
私が知っているイタリア人は「Pizzaの時はビール!」と思っている人が多いので、私もレッスンでビール(あ、第三のビールだったけど)をお出しして一緒に楽しんじゃいました♪ アルコール飲まないイタリア人は「ピッツアの時はコーラ!」と思っている人が私の知る限りでは多かったです。あくまでも私が知る限りですけどね。



3月にトルコ料理レッスンで遊ぼうと思っておりましたが作りたいトルコ菓子の試作がまだできていないので、ぜひ半年以内の開催を目指します!!(って思ってます)

☆過去にもたま~に番外編、訪れた国で趣味で習った料理をご紹介するレッスンやってます。

以前開催したスペイン料理レッスンにご参加くださったオシャレ女子が素敵なブログcasa del soleで素敵にご紹介くださっていたのを拝借。
国内外を問わず食べ歩きの美味しすぎる情報がいっぱいのブログなのでぜひ♪




ポルトガルレッスンはこんなお料理たちでした。


タイ料理なこともありましたよ~。イタリア以外の国のお料理を作るのは自分にとっても新鮮で楽しい時間です。


by cibiyukiko | 2020-02-07 13:52 | 料理写真 | Comments(2)
ずっと気になっていた恵比寿のオステリア・マジカメンテさんへランチに行ってきました。
手打ちパスタの種類が多く、マニアックなシェフのこだわりイタリアンです。

お店に入る前から焚火の木の良い香りが漂っています。
とってもぬくもりのある店内。寒い雨の中たどり着いたのでほっとする空間。(恵比寿駅からガーデンプレイス左の通りをただ直進するだけですが)

アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10425775.jpg
まずはメニューを選ばないとね。
美しい手打ちパスタたちはどれを選ぶか迷ってしまうのですが、ソースもいろいろあって悩むのも楽しい。

アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10430514.jpg

最近、ランブルスコが伝統的なボウルのような器で出される店が増えたと感じます。
ランブルスコで乾杯♪


新鮮な野菜とプルンとした白子のアンティパストにはカラブリアのンドウイヤソースが添えられています。
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10431231.jpg
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10432106.jpg
コテキーノは苦手ですが、これは今まで食べたなかで一番美味しく、量も適量。
1月だったのでイタリアの縁起物コテキーノが入るところに季節感もあって◎

アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10432905.jpg
ピエモンテのバルベーラで。
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10433907.jpg
マッケローニ・プリエージ 北海道産タコのトマト煮ソース
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10434655.jpg
ザンペ・デ・カットゥは猫の足の意味。丸くて可愛いショートパスタに黒マグロの頭をドーンと煮込んだジェノヴァ風の煮込みソース
どちらのパスタも私好みですっごく美味しい~♪
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10435786.jpg
サルデーニャのヴェルメンティーノで
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10440515.jpg
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10441468.jpg
アルネイスを飲みながらチャルソンス。中にはカカオやミントの風味が香ジャガイモの詰め物。
北イタリアの山を思わせる素敵なお皿にのってでてきました。
このパスタ生地がもっちりしていてすごく美味しいの!!!
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10442112.jpg
しっとりと柔らかく焼かれた豚肉ちゃん

アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10442960.jpg
これも季節柄、パネットーネを使って作られたティラミス。
イタリアおたくにはたまらない要素が満載です。
アンティカオステリア・マジカメンテ(恵比寿)_d0041729_10444218.jpg
素敵な笑顔で見送ってくださいました。温かみのあるイタリア家庭料理ですが、マンマのそれを進化させたとても美しく細工の細かいお料理。
とっても美味しかった♪
またお邪魔しま~す♪

JR東京駅から直通24分 船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambina
お申込み受付中です。単発でのご参加が可能です。お気軽にお問合せください。







タグ:
by cibiyukiko | 2020-02-04 21:00 | イタリア料理店 | Comments(0)
ピエモンテの塩味プリン ゆり根とゴルゴンゾーラのソース_d0041729_16170908.jpg
ピエモンテの農民の間で伝統的に食されていた塩味のプリン Tartra' タルタラ
乳製品が多く使われるピエモンテらしく牛乳チーズ、バターでとっても簡単に。

ちょうど今が季節のゆり根とゴルゴンゾーラを使ってソースを作ってみました。
ゆり根のピューレのほっこりと優しい味と花びらのようにちらしたゆり根の食感が良いアクセントになっています。
イタリアでゆり根ってあるのかな??? わからないけど伝統料理のタルタラによく合います♪

普通のお食事でも、ちょっとおもてなしをするにも、冬のほっこりプリンで優しく胃を温めてスタートするのも良いかも。
樽の効いたシャルドネが飲みたくなりました。あーでもあかのバルベーラとかドリアーニも合いそう〜

2月のCoroAピエモンテ料理のアンティパストでご紹介いたしますね。


by cibiyukiko | 2020-02-03 16:30 | 料理写真 | Comments(0)
2月のCorsoA(郷土料理)はピエモンテ州のお料理です。
セコンドにはピエモンテ風ロールキャベツ。オーブンで焼くロールキャベツなので形が崩れる心配もなく簡単です。
パプリカのソースをかけて。

2月のピエモンテ風ロールキャベツとパスタ・ディ・メリガ_d0041729_23224357.jpg
2月のピエモンテ風ロールキャベツとパスタ・ディ・メリガ_d0041729_23225803.jpg

ドルチェにはパスタ・ディ・メリガ
とうもろこしの粉で焼くクッキーです。
2月のピエモンテ風ロールキャベツとパスタ・ディ・メリガ_d0041729_23231558.jpg
もう少し太目のリングにしたほうが多分美味しいので、おおきな口金を買ってきました。
レッスンではそちらを使いますね。

2月のピエモンテ風ロールキャベツとパスタ・ディ・メリガ_d0041729_11353314.jpg
2月のピエモンテ風ロールキャベツとパスタ・ディ・メリガ_d0041729_11360261.jpg
プリモピアットには先にご紹介したline卵黄が多めの手打ちパスタ タヤリンを鴨のラグーで。
クセもなく濃厚で美味しいラグーです。

アンティパストの塩味のプリン Tartraは良いソースを思いついたので明日、作ってみます。
CorsoA ピエモンテ料理
・2月12日(水)
・2月13日(木)
・2月26日(水)
・2月27日(木)
・2月28日(金)
11時~14時半頃
募集中です。

東京駅よりJR総武線で24分 乗り換えなし JR船橋駅近くのイタリア料理教室CiaoBambinaでは随時体験レッスン募集中です。
単発でのご参加が可能な気軽な教室です。お気軽にお問合せください。

cibiyukiko☆yahoo.co.jp  (☆を@に変換してください)
 前澤由希子





by cibiyukiko | 2020-02-02 23:30 | 料理写真 | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
わ~ん、作ったことあるの..
by cibiyukiko at 00:14
やってます、やってます(..
by casadelsole at 23:29
こちらこそ、素敵にご紹介..
by cibiyukiko at 20:48
リンクありがとうございま..
by casadelsole at 19:06
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 12:09
楽しいですよー..
by pompelmo-24 at 13:13
こちらこそ、いつも素敵に..
by cibiyukiko at 22:46
なんて素敵に! ありがと..
by casadelsole at 21:30
ぜひぜひ、みんなのパワー..
by cibiyukiko at 22:25
パワースポット、行かなき..
by casadelsole at 08:05
*ブログジャンル*
*ファン*