人気ブログランキング | 話題のタグを見る
午後はアレッツォへ移動してまずはビステッカのランチ!!!
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナで有名なキアニーナ牛ですが、キアーナの谷はアレッツォの辺りなので、アレッツォが本場!?
ということで。昨年の春に毎日通っていて気になっていたまことちゃんハウス、、じゃなかったPORCA VACCAでビステッカをいただきました。

2024初夏のディプロマコース修学旅行②アレッツォ_d0041729_00561352.jpg
2024初夏のディプロマコース修学旅行②アレッツォ_d0041729_01255733.jpg
こんな牛さんがお出迎えしてくれます。乗っちゃダメかな??乗りたい。

アレッツォに来るとおじいちゃんの食材屋で食べてばかりなのでたまには浮気を。(でも心はおじいちゃんちに早く行きたくてそわそわ)

ボローニャからの到着が遅れて13時半の予約が14時半のラストオーダーに滑りこむ感じになりましたが、お店の人が優しくて、大丈夫だよ~とゆっくりメニューを選んで食事させてくださいました。イタリア人が最近みんな優しいんだよね。(昔よりイタリア愛を伝えられるようになったからかも!?)

2024初夏のディプロマコース修学旅行②アレッツォ_d0041729_01001642.jpg
この3種のキアーナ牛タルタル、それぞれ味が異なって、トリュフ入りも~♪ 美味しかった!!

2024初夏のディプロマコース修学旅行②アレッツォ_d0041729_01272762.jpg
こんな2キロのビステッカを焼いてもらっちゃいますよ~♪ 焼き具合は Al Sangue(レア)でお願いしましたよ。

その間にトリッパ。私はトリッパ苦手ですが、これは美味しかった~。(苦手な食べ物ほとんどないですが唯一内臓系は進んではいただきません)
2024初夏のディプロマコース修学旅行②アレッツォ_d0041729_01334480.jpg
2024初夏のディプロマコース修学旅行②アレッツォ_d0041729_01005775.jpg
キャー美味しそう!

2024初夏のディプロマコース修学旅行②アレッツォ_d0041729_01454856.jpg
フィノッキオや白いんげん豆もお願いして一緒に。
ワインはもちろんキャンティ・アレティーノ

食後のドルチェはアレッツォで一番美味しい(と思っている)ジェラート屋さんへお連れしました。

夜は半年ぶりにおじいちゃんの食材屋へ行くんだ!わくわく
(なんなら都内のお気に入りのお店とかよりずっと行く頻度が高いw)

あ、おじいちゃんちって何?? って方はこちらから⇩
※ユキキーナツアー行きたい!というお申し出が非常に多く、激戦となっております。
現在はディプロマコースのみで催行しております。一般募集はおこなっておりませんご了承ください。

ちなみに、、ディプロマコースは通常レッスンの会員さまのみお進みいただけます←単発レッスン2回のご出席でご入会いただけます。





# by cibiyukiko | 2024-06-15 01:46 | 中部イタリア | Comments(0)
昨年の秋とほぼ同じ旅程で、しかも最近、わりと頻繁にイタリアに行っているので旅行記はさくっと。。
詳しくはfbやインスタ @yukikinam をご覧くださいね。

今回はエミレーツで初のドバイからの旅行スタート!!
2泊ドバイに滞在してからイタリアへ入りました。昨今の世界情勢から仕方なく中東系の飛行機で、、なんて思っていたら、毎回トルコやらドバイやら降りられて楽しい~!!イタリア以外の旅行記はアメブロに書きますね。(https://ameblo.jp/womancbbmaezawa/entry-12856238889.html)

ボローニャ1泊
アレッツォ1泊
シエナ4泊
モデナ2泊
の8泊10日です。今回は教室ディプロマコースの修学旅行です。レッスンで学んだことを実体験で定着させてね!

さくっとツアーだけやって帰って来たので、いろんな人にもう帰ってきたの~???なんて驚かれていますが、働かざるもの食うべからずなので帰りますよ。
といいながら帰国後は2週間、家でぼーっとする時間を作りました。もう老体に鞭うっての労働が厳しいと感じるお年頃。
ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_00310107.jpg


今回はボローニャに到着したら、とりあえずキッチン雑貨のお店へGo!!
お店へゾロゾロ行く途中で、みなさんが、ナニコレ~?と目が留まったのがカッソーニ専門店。
カッソーニとは小麦粉の生地で野菜やチーズを包んだピアディーナのようなストリートフード。
せっかくなので1個買って、みんなで分けましょうか、とお店へ入ったら、たった一個しか買わないのに6等分してくれて、テーブルにも座らせてくれました。
優しい~
ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_01190306.jpg
ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_01344703.jpg
みんなで一口づつ。カチョカバッロとチーマ・ディ・ラパ、スペックが入ったものを注文しました。ポルチーニ入りとか色々ありましたよ。
私が知っているカッソーニは揚げたものでしたが、焼いたバージョンもあるのですね。美味しかったです。ビールは我慢しました。

この後はみなさん、キッチン雑貨屋でキタッラやら、ガルガネッリ用のペッティネやら、パスタカッターやらお買い上げに。
私は近くの日用雑貨店でイタリア藁半紙を大量購入して、お店の人に何に使うの!??と驚かれました。日本には紙がないと思われたかしら??

その後はボローニャ最古の居酒屋、オステリア・デル・ソーレへ。
満席で予約が取れなかったのですが、17時頃に直接お店に顔出して、19時頃に入れて~と言ったらお席作ってくれました!イタリアあるある。
断られても一度で引き下がらないことです(笑)

ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_00374318.jpg
お店へ行ったらちゃんとテーブルが用意されていましたよ。
ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_01163003.jpg
こちらの居酒屋はお酒しか置いていないので、食べ物は自分で持ち込むシステムですが、お店のまわりはボローニャの食材屋がずらりと並ぶ通りなのです。
Vecchie pescherie通り。古くは魚屋通りだったようですが現在は小径の突き当りに2件の魚やがあるだけ。
お気に入りのキッチン雑貨はその並びにあります。
ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_01170515.jpg
今回は日本から紙皿をカトラリーを持参しました。
この本場の柔らかいモルタデッラを食べないと~

ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_01173147.jpg
パンはこの地方独特のお麩みたいなコッピエ・フェッラレーゼを

ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_01360571.jpg
切り立ての生ハムも忘れずに。パルマ産プロシュットお久しぶりです。

居酒屋「オステリア・デル・ソーレ」の周りにたくさんの食材屋があるのでお食事はいくらでも調達可能ですが、ほとんどの店が19時半頃に閉まってしまうのでご注意くださいね。

翌日は手打ちパスタの美味しいお店へ。
NHKの世界街歩きかなにかの番組で、二人姉妹でやっている手打ちパスタのお店が出てきたので、すぐさま見学させて~とメールを送りました。
すぐに、「朝に来たら作業しているのをみてもらえますよ」と優しいお返事。

ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_00415860.jpg
ボローニャ二日目の朝はまず、こちらのお店へ伺いました。
こちらの手打ちパスタ、包んだばかりのトルテッリーニをはい、って味見させてもらったら、生なのに極上の美味しさ!!!!
今まで私が作っていたものは一体!? これは絶対ラザニアなんかも美味しいに違いない。
500gを購入して、その日に泊まるアレッツォのアパートでいただくことに!(結局お腹いっぱいで食べられず、その翌日のシエナまで2都市を移動)
翌日になっても、、しかも、固形スープを使ってトルテッリーニ・イン・ブロードにしたのに驚くほど美味しいの。
ここのパスタは大ヒットでしたね~。 
次回はボローニャのアパートでここのラザニアとトルテッリーニを夕食にいただくことにしよう。

ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_01141534.jpg
華麗な手さばきでぴゅんぴゅん作っていきますよ~。

ちょっとイタリア行ってました。2024ディプロマコース修学旅行はボローニャから_d0041729_00460098.jpg
花ズッキーニのラザニアもあったのです。絶対美味しい~!!次回はそうしましょ。

その後はBARでイタリアンな朝食をとってから半日フリータイム。午後にはアレッツォへ移動します。
ボローニャの後はド田舎ばっかりで農産物しかお買い物できませんよ~と脅したので皆様それぞれにお買い物を楽しまれたよう。
私はイタリア滞在中に着るワンピースを2枚調達。気に入って毎日着ていたので、なんなら日本から服持ってこなくて良かったかも。。
5月末のイタリアはノースリーブで大丈夫でした。(日本も暑いですけど、出発する時は寒かったので長袖持ってきちゃった)

午後は月一度の骨董市が開かれているアレッツォへお引越しします。
電車でもアクセス悪くないのですが教室ツアーは全て専用車なのでらくちんです。

※ユキキーナツアー行きたい!というお申し出が非常に多く、激戦となっております。
現在はディプロマコースのみでの催行となっておりますのでご了承ください。

ちなみに、、ディプロマコースは通常レッスンの会員さまのみお進みいただけます←通常会員は単発レッスン2回のご出席でご入会いただけます。




# by cibiyukiko | 2024-06-15 01:12 | 北イタリア | Comments(0)
7月レッスンの日程とメニューのご案内です。
夏に美味しいイタリアンが勢ぞろい! 7月にレッスンで学んだら暑い夏を涼しく楽しく乗り切れること間違いなしですよ!


リクエストのあった「フリッセッレ」南イタリアのパンを作ります。
これがもうね、夏に大活躍する優れ食材!!! 召し上がったことがある方もない方も、ぜひぜひ家にストックしておいていただきたい乾パンです。

私も娘もこれが大好きすぎるので、南イタリアへ行く度に買いだめし、友人がイタリアから帰国すると言えば、これを買ってきてもらい、、とやっておりましたが、
自分で焼けるようになってからは我が家では夏の間、切らさずに焼いています。
やる気がない時、食欲がない時、美味しいアペリティーボがしたい時、、
つまり、いつでもあったら嬉しいお助けパンなのです!

既にご受講済の方も多くいらっしゃると思いますが、もう習っちゃったよ~という方もぜひぜひランチをするつもりでいらしてくださいね!

<メニュー>
・フリッセッレ(南イタリアの夏にかかせない超絶美味しい乾パン)
・ンドゥイヤのライスコロッケとナスのポルペッテ(カラブリア風)
・手打ちパスタ オレッキエッテのクルダイオーラソース(冷たいソース)
・タコとポテトのプレ
・セミフレッド

<日程&時間>
11時~14時半頃
・7月5日(金)満席
・7月6日(土)満席
・7月8日(月)残4
・7月9日(火)残4
・7月11日(木)残1
・7月12日(金)満席
・7月17日(水)満席
・7月19日(金)残1

<参加費>
対面レッスン 8000円

7月レッスンの日程とメニューのご案内です。_d0041729_15433686.jpg
7月レッスンの日程とメニューのご案内です。_d0041729_15435169.jpg
フリッセッレの上には冷やしたトマトをたっぷりのせていただきます。
ただのブルスケッタにあらず。

その他のメニューも夏に美味しいものがいっぱい!

7月レッスンの日程とメニューのご案内です。_d0041729_13380974.jpg
夏は辛いものが美味しいですね! ンドゥイヤのライスコロッケとナスのポルペッテ
ごめんなさい、写真に花ズッキーニ写ってるけどレッスンには含みません。

7月レッスンの日程とメニューのご案内です。_d0041729_23170876.jpg
手打ちパスタのオレッキエッテを夏らしい火を使わないソースであわせます。

7月レッスンの日程とメニューのご案内です。_d0041729_23290451.jpg
レモン風味のポテトのプレはどこのリストランテですか!?というお味。
7月レッスンの日程とメニューのご案内です。_d0041729_00482209.jpg
ゴロゴロ、ガリッといろんなものが入ったセミフレッドに詰めたいカッフェを注ぎましょう。
おうちでこんなの作れたら家族みんなびっくりよ!


東京駅から直通24分 JR船橋駅のイタリア料理教室CiaoBambina
<お申込み方法>
まずは下記の「友達追加ボタン」から公式LINEへご登録ください。

イタリア料理教室チャオバンビーナ公式LINE

友だち追加

<レッスンお申込みの流れ>
①ご希望のレッスン日程(第一希望、第二希望)、お名前(フルネーム)を公式LINEよりご連絡ください。LINEをお使いでない場合はメール cibiyukiko☆yahoo.co.jp へご連絡ください。(メールアドレスの☆を@に変換してください)

初めての方はご住所、連絡先電話番号も併せてお知らせください
 ⇩
➁お振込み先口座をご案内いたします。初回は指定の銀行口座へお振込みを御願いしております。
 ⇩
お振込み後、教室へのアクセスをお知らせいたします。当日、教室でお待ちしております。















# by cibiyukiko | 2024-05-20 01:03 | レッスンスケジュール | Comments(0)
マリトッツォ、数年前から日本でも流行っていましたね。もう通り過ぎたのかな??
流行りも何も、イタリアではその起源は古代ローマ時代までさかのぼるというのだから、突然日本で流行ってびっくり!!でしょうね。

ですが、今までイタリアへ行ってもローマ以外では売られていることに気が付かなかったのですが、最近はナポリのバールやトスカーナでもたまに見かけるので、もはや逆輸入!?日本で流行ったから他の地方でも売り始めたのでは?なんて思っています。どうなんでしょうね。

マリトッツォを作りました。_d0041729_22222752.jpg
結構大きなイタリア現地サイズに迫るものを作ってしまいました。
これって、バールで朝ごはんに食べるのにちょうど良いけど、お腹がいっぱいになってしまうので食後のデザートにいただくものではありません。そこまで甘くないですし。よく考えたらクリームパンですよね。

レッスンで作る時は半分のサイズにしようっと。今日は午後に2個も食べてしまいました。ふわふわの軽いブリオッシュなのでペロリといけてしまうので危険です。

マリトッツォを作りました。_d0041729_22252544.jpg
我が家は明日の朝ごはんもマリトッツォです。美味しいコーヒーをうちのマリトッツォに入れてもらいたいです。(家事が全く出来ない夫ですが、コーヒーだけは私は淹れ方を知らないことにしています)


マリトッツォを作りました。_d0041729_01071304.jpg
9月レッスンでマリトッツォ作るかも??? 夏はクリームがだれだれになりそうで、ちょっと作れません。

# by cibiyukiko | 2024-05-18 22:28 | 料理写真 | Comments(0)
ここ数年、日本でも美味しいカルチョフィを作ってくださる農家さんが増えて嬉しい限り。

毎年この時期、カルチョフィを入手できるようになりました。

20年くらい前はね、最寄り駅の百貨店の地下で1個 1600円!?のカルチョーフォをみつけて、1個買ってどないすんねん!!
と思ったものですが、お値段も今はイタリアと同じではないものの、だいぶ買いやすい価格となりました。

まわりの硬い葉をどんどんはぎ取って捨てないと行けないので、可食部は非常に少ないこの野菜。
日本では貴重であった時代、たまに手に入っても、下処理しながら葉をどんどんはぎ取っていくことに非常に罪悪感と恐怖を感じておりましたが、
今はもう大丈夫!一度に20とか買うのでガンガン葉っぱをむしり取って捨てちゃうよ~!
タケノコだと思えば一緒なのです。(でもタケノコも皮を大胆に捨てること、けっこう勇気いりませんか!?)

まあまあ、前置きは良いとして、
とりあえずはシンプルに炒めてたっぷりのミントをちらして味付けはローマ風に。

LOVEカルチョフィ とオンラインレッスン終了のご報告_d0041729_22382594.jpg
う~ん、ほろ苦さから始まって、口の中で甘やかに変化していくグラデーション。

まるでワインのように変化していく余韻の長い後味。

美味しくて至福の時✨

LOVEカルチョフィ とオンラインレッスン終了のご報告_d0041729_22384422.jpg
炒めたカルチョフィをシンプルにアーリオオリーオにして仕上にカラスミ、、なんてのもまた幸せ。

生でもにても焼いても揚げても何にしても美味しいカルチョフィなのです。

ローマ在住が長い友人は、もうこの子たちがいないと生きていけない、、と言わしめるほど。

私はね、昔、ローマの下町でいただいたカルチョフィ・ジュディア(ユダヤ風アーティチョーク)
という中がほくほく、外側がクロッカンテ(カリカリ)に揚がった料理を死ぬ前にもう一回食べたいなぁ。

こんなカルチョフィの甘やかな後味で幸せになりたい方、集まれ~!なんと5月の対面レッスンではオマケでカルチョフィのローマ風炒めをお出ししております。
5月16日(木)11時からの対面レッスンに1名様のみお席がございます。
お問合せください。

そして5月のオンラインレッスンは14日(火)16時~。
なんと、一時期は一世を風靡したオンラインレッスンでしたが、対面が復活してからだいぶ参加者が減り、今回はなんとお申込みが2名さま!!😿
そろそろ潮時かしら。5月のレッスンを最後にオンラインレッスンを終了したいと思います。

コロナ禍が始まった2020年の5月から、皆様にたくさんご受講いただきましてありがとうございました。
3年間、みなさまがオンラインレッスンをご受講くださることで、たくさんのエネルギーをいただきました。
本当に有難かったですし、

困難なことが起こった時に、私はまだ新しいことにチャレンジできるし、アイデアも湧く力が残っていたのだ、と自信になりました。
そして地球の裏側やイタリアからもご受講くださる方がいらしたり、、、皆様と繋がれることでとても励まされました。
オンラインのご受講をきっかけに、遠くから対面にご参加くださるようになった方もいらして新たなご縁も出来ました。
ありがとう。zoomオンライン。

またいつの日かオンラインでお会いしましょ~

オンラインレッスン、今からでもお申込み可能です。
メニュー等、詳しくはこちらからご覧ください。







# by cibiyukiko | 2024-05-11 22:52 | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
わ~い、最初から読んでく..
by cibiyukiko at 21:52
おかえりなさ〜い ..
by pompelmo-24 at 20:45
きゃはは、失礼すぎてイン..
by cibiyukiko at 09:17
フェラガモ氏とのインスタ..
by pompelmo-24 at 21:07
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 13:23
おめでとうございます✨✨..
by pompelmo-24 at 21:25
うんうん、casadel..
by cibiyukiko at 00:10
JOY COLORS ..
by casadelsole at 22:47
ポムちゃんのおかげで良い..
by cibiyukiko at 00:40
わ〜💖ぱ..
by pompelmo-24 at 20:02
*ブログジャンル*
*ファン*