人気ブログランキング |
朝10時半 ヴェネツィアのピアッツァ・ローマからレンタカーを予約していました。
車が入れないヴェネツィアのこと、空港で借りるか、メストレ駅で借りるかの2択しかないと思っていましたが、検索していたらローマ広場にも貸出先がある!
ということで、こちらを予約したのですが、

借りるのが・・・・

えっらい大変でした。
d0041729_12104707.jpg
ここから炎天下の中、ヴェネツィアで車を借りることがどれだけ大変か知らない私たち。まだシエコも元気♪(この後熱中症に)

昔、シエナの町外で友人達と借りた時は予約せずにふらりと行って全く並ばず簡単に借りることが出来たのでなめてました。

10時半すぎにスーツケースを持ってBudgetの事務所に行くと、小さい事務所の前に人だかり! 受付は2名しかいないところに予約客が殺到し、炎天下の中、事務所の外まで並んでいます。
ようやく1時間後、手続きを終えて車の鍵を借りると、車があるのは、電車で二駅先にあるトロンケット・パルケッジョという駐車場だというではありませんか!
イタリア語以前にシステムが全くわからない!! ローマ広場で借りた意味がないじゃーん!

電車の乗り場を口頭で簡単に説明され、スーツケースをゴロゴロ押しながら電車(有料!!)に乗って到着すると目の前に広大な敷地の巨大駐車場が広がっています。
車が入れないヴェネツィアのこと、車が乗り入れ可能なローマ広場とはいえ、確かに大量に車を駐車できるスペースがあるはずないこと、、考えていませんでした。

で、だだっぴろい駐車場に到着すると係員、、ほぼいません。聞く人もいない、、(汗)
壁にレンタカーはこっち、、とか表示ナシ。
13時過ぎにようやく車を出すことが出来ました。(よその土地のレンタカーオフィスなら車を探すのはここまで大変ではないかと思います。ヴェネツィアローマ広場はご覚悟を)


お~、相棒!ここにいたのね~!!!

d0041729_12151757.jpg

※後で調べたところ、車で入れないヴェネツィアはトロンケット島という埋め立ての人口島に巨大な駐車場やバスターミナルを作り、スロベニア行きの長距離バスなどもここから出ているそう。
d0041729_19251098.png

↑ 青〇が憎きトロンケット・パルケッジョ(駐車場)


ローマ広場から私が訳も分からず乗った電車はヴェネツィアピープルムーバーとかいう新交通システムの電車でした
勉強になりました。次回はここでのレンタカーも大丈夫。そしていつかここからバスでクロアチアへ行こう。前向き( ̄^ ̄)ゞ !


さて、気を取り直してコルティナ・ダンペッツォへむかいます。車で2時間強の道のり。オーストリアの国境近くです。(私は運転しませんが)

d0041729_12165681.jpg









# by cibiyukiko | 2019-08-13 12:19 | 北イタリア | Comments(0)
9月レッスンのご案内も開始しております。1つ前の投稿をご覧くださいね。

ヴェネツィアから移動する朝ですが、ホテルの朝食は朝8時から。遅くないですか~?
極東の地から来た私たちは最初の数日、早朝に目が覚めちゃうんですよ。(としのせいではない)

おなかすいた~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そんな時の強い味方。

Bacareto LELE バカレト・レレ 朝6時から営業しています。
ローマ広場から近く、私たちが泊っているカンナレージョ地区からもリ・スカルツィ橋を渡って徒歩10分ほど。
早朝のお散歩兼、朝食にぴったりです。
d0041729_00372646.jpg
d0041729_00382371.jpg
この辺り、観光客がいないので地元価格。ポルケッタやプロシュットのパニーノがすべて1ユーロ
ポルケッタのパニーノとスペックのパニーノをいただきました。

バンコの上に美味しそうなクロスティーニがあったので、これは何?と聞くと、近所のバールの人がここのお客さんように試食を持ってきたそうで、こちらもいただいちゃいました。
d0041729_00375706.jpg
ワインもグラス1杯 0.7ユーロ!(本島の中心部のバーカロでは最低でも 2.5ユーロからです)

d0041729_00374173.jpg
1畳ほどの小さなお店に、朝から出勤前の地元の人たちがあいさつがわりに一杯のんで、「じゃあね、レレ!」とお店の人に声をかけて出ていきます。
それにしても朝、出勤前にワインって、自由でいいですね!
d0041729_00380922.jpg
d0041729_12072106.jpg



d0041729_00383564.jpg
d0041729_00384731.jpg
こんな生活感があふれるヴェネツィアの庶民エリアにありました。

そして、こんなお店も発見!
d0041729_00390084.jpg
TEATRO テアトロって書いてあります。
私は名前の通り、TEATRO=劇場、、だと思っていたのですが、イタリア語がわからず先入観のない夫はこういう時にちゃんと鼻が利きます。
夫「ここ、スーパーじゃない?」
私「え、だってテアトロって書いてあるから劇場でしょ??」

ちょっとのぞくと、
なんと、ここ、1915年創業の古い歴史的な劇場を改装して最近スーパーに生まれ変わったお店でした!
廃業して何年も打ち捨てられていたのを改装したそう。
カンナレージョ地区にあり、中心部へ歩く時に必ず通る場所ですが、前回来た2016年にはまだスーパーではなかった気がします。(どうかな?気づかなかっただけかしら)

中に入ると、そこは世にも美しいスーパーマーケット!

d0041729_00400718.jpg

d0041729_00392635.jpg
d0041729_00592094.jpg
売られているお惣菜も美味しそうです。外食に疲れたらこんなのを買ってお部屋でいただいても楽しいですね。
d0041729_00395266.jpg

d0041729_00404825.jpg
天井の壁画もそのまま。

d0041729_00394136.jpg

d0041729_00402778.jpg
入り口にある劇場の入り口。
地元の人からは評判が悪いらしいのですが、古い建物を取り壊すのではなくお金をかけてこんな風に生き返らせて、世界中の観光客を楽しませるなんて粋ですよね。
中に売られているお水や食品はけして高級ではなく買い物がしやすいお店ですが、入り口付近には雰囲気を保つためか?素敵なパッケージのお菓子やパスタが並んでいます。

以上。2019年、ヴェネツィアでの新たな発見でした。

さて、予約しておいたレンタカーをPiazzale Romaでピックアップして、北上します。










# by cibiyukiko | 2019-08-13 01:01 | 北イタリア | Comments(0)
<9月のCorsoA:地方料理コース>
メニューは特に地方限定でなく秋らしいお気に入りの簡単家庭料理です。
アンティパスト:秋刀魚のトルタサラータ
プリモピアット:バターナッツカボチャのスパゲッティ
セコンド:ポルチーニ風味のクロケッテ 
ドルチェ:ホワイトバーチ・ディ・ダーマ
日程
・9月17日(火)満席
・9月19日(木)残1
・9月20日(金)残3
・9月24日(火)残席1
・9月26日(木)残席1
・9月27日(金)残席2
11時~14時半頃
d0041729_23404851.jpg



お申込みお待ちしております♪


# by cibiyukiko | 2019-08-13 00:26 | レッスンのお知らせ | Comments(0)
お昼寝した後、夜はパドヴァ在住の友人と合流して一緒に夕ご飯。
ヴェネツィアの伝統的なオステリア・アル・マスカロンへ行ってみました。

昼間さんざん歩いて疲れているので、ホテルからヴァポレットに乗ってサンマルコ広場へ。
d0041729_22121843.jpg
夕陽を浴びて金色に輝いているサンマルコ寺院は先ほどの色ともまた違った輝き。

アル・マスカロン
d0041729_22140152.jpg
なんとも怖い店構えですね~。伝統的なオステリアで地元の人に愛されているお店なのだとか。
ヴォンゴレが美味しいと評判なのでお目当てはそれ。

5人だからいろいろ頼めて嬉しい! 大人はプロセッコで乾杯!
子供にはソフトドリンクは置いていないこだわり。お水でね。
d0041729_22150638.jpg
前菜盛り合わせにはムール貝のパン粉焼きにタコとポテトのインサラータ、イワシのマリネほか野菜がいっぱいで盛沢山。
ワインはボトルでルガーナを。
d0041729_22183095.jpg
しえこにはいつも生ハムメロン。イタリアの黄色いメロンと生ハムがよく合う~♪

d0041729_22192218.jpg
サルデ・イン・サオールとポレンタ ワインはガルガーネガをボトルで追加! 大人3人でよく飲みました。

d0041729_22234875.jpg
噂のヴォンゴレ。なるほど、味が中までよく入ったあの作り方。
d0041729_22240265.jpg
誰も口が黒くなるなんで気にせずわしわしいただいちゃいます! イカがめっちゃくちゃ柔らかくて美味しい♪

d0041729_22241428.jpg
肉好きちゃんがいるのでタリアータも頼みました。

ん~、いっぱい食べた~。どれもヴェネツィアらしさがぎゅっと詰まった美味しさでした。

ホテルまではグロムのジェラート食べながら歩いて帰ります。

アキさん、ヴィオラちゃん、来てくれてありがとうね。
d0041729_22320920.jpg
旅の玄関口、ヴェネツィアに2泊した後、翌日はお山ヴェネトへ移動します。













# by cibiyukiko | 2019-08-12 22:26 | 北イタリア | Comments(0)
太陽が眩しい季節のヴェネツィアは久しぶりです。
日本も猛暑だったようですが、ヴェネツィアもかなり暑い。
暑いですが、バーカロ巡りの後はほろ酔いで観光もしましょう。

観光というか、、魚市場ですね。バーカロエリアのすぐ近くなのでこちらを通って、

d0041729_02025594.jpg
d0041729_02030780.jpg
d0041729_02031848.jpg

リアルト橋で写真を撮ってみたり。
d0041729_01353364.jpg
橋の上は人がいっぱい。橋が落ちないか心配になります。。
d0041729_01362834.jpg
ちょっと裏に行くとのんびりした景色が広がります。
d0041729_01465152.jpg
とりあえず、夕食で行きたいと思っている(というより急に思い立った)アル・マスカロンへ直接予約をしに行きます。
d0041729_01460710.jpg
なんか怖い店がまえですね。美味しいらしいんですが。
で、中に入るとお店のおじ様たち、優しい。夜の20時の予約をお願いしました。

しかし、電話がないと不便だわ~。

で、この後、VodafoneにイタリアのSIMカードを買いに行くと格段に旅行の機動力がアップします!
☆最下段に書いておきますね。

さて、夜の予約もしたことで安心して観光しましょ。ヴェネツィア王国の栄華の結集。金色のモザイクが輝くサンマルコ寺院へ。
d0041729_01503186.jpg
d0041729_01541177.jpg
d0041729_01505005.jpg
d0041729_01504055.jpg

d0041729_01510872.jpg

1720年創業のカフェ・フローリアンでは楽団が演奏中。
d0041729_01505934.jpg
d0041729_00025548.jpg

とまあ、そんなところで午後3時。

いったんホテルに戻って夕食に備えてお昼寝しましょ~。


で、イタリアで便利なSIMについて

まず、TIMへ行ってみたところ、30日のプレパガートSIMは35ユーロ。そしてあまり感じも良くない。
うーん、もっと何かいいプランないかな~とVodafoneへ。
Vodafoneでは30日用のプレパガートのSIMで35Gでイタリア国内通話300時間 そしてなんと21ユーロ! 
日本でスマホをSIMフリーにしてイタリアの携帯会社のSHOPへ持って行けば、お店の人が入れ替えて使えるようにしてくれます。
最初にappleIDの入力が必要ですが、私ったらパスワードが思い出せなくてしばらく泣きました。。

2時間ほど使えない時間を経て開通!
快適~♪ どこでもスマホでGoogle Mapが使えるし、困ったらどこでも電話電話!!
この後、レンタカーを借りてからその有難さを実感。
2週間もWIFI借りていったら高いし、電話はできないですから、SIM購入おすすめです。大都市だと英語でも対応してくれます。







# by cibiyukiko | 2019-08-12 02:08 | 北イタリア | Comments(0)
ヴェネツィア2日目。午前の部。

時差ボケのため朝6時頃から近隣をお散歩。
カンナレーッジョ地区はベネツィア本島の入り口ですが、夫がヴェネツイアだ~と喜ぶので、まだまだ、こんなもんじゃないのよ~と言いながらお散歩
d0041729_20460876.jpg
d0041729_20461829.jpg
朝陽のヴェネツィア、リ・スカルツィ橋からの景色。

さあ~て!!
飲むの大好き夫婦は朝からヴェネツィアの居酒屋バーカロ巡り。
お店は朝10:30頃から開いています。まずは一番近い、ヴェドヴァへポルペッテを食べに行きましょう。・・・と思ったら、、
d0041729_20475844.jpg
ん??何か張り紙が。近づいてみると、、
d0041729_20481264.jpg
7月26日から8月24日までお休みだそうです。長いお休みですね~。
ちょうど先週くらいから8月末までお休みになっているお店が結構ありましたがバーカロを三軒回りました。
行くところはいつもと同じなんですが、夫を連れて行きたかったドモーリ→アクアサンタ→ドスパーデ
d0041729_20495768.jpg
老舗のド・モーリへは必ず連れて行かないとね!こちらは他の店より少し割高ですが、食べものも伝統的なチケッティしか並ばないし、歴史を感じさせる雰囲気が素晴らしいです。
d0041729_20515964.jpg
d0041729_20521548.jpg
d0041729_20522506.jpg

d0041729_20500864.jpg
d0041729_20523939.jpg
お次はディアーヴォロ・エ・アックアサンタヘ。こちらも20年前からヴェネツィアへ来るたびに人を連れてくるお店ですが、ずっと変わらず。
d0041729_20580486.jpg
こちらのチケッティは揚げものが多い印象です。
魚介のラザニアのフリットにモッツアレッラ・イン・カロッツァはアランチーニ
そしてヴェネツィアといえばのポルペッテなどなど。

夫はコチラノポルペッティが味が濃くてお気に入り。
でもこの店、ワインがちょっと薄いのよね~。
d0041729_20531141.jpg
d0041729_20532326.jpg
しえこ時差ボケ中。お酒も飲めないのに付き合わせてごめんね~。
d0041729_20551148.jpg
朝からワインでま~ったり。と大人は楽しいですが、しえこのためにジェラート屋を挟んでみたり。
d0041729_20540150.jpg
最近、ジェラートをバラの形に盛り付けるのが流行り?? 上にはマカロンをのせてくれます。
d0041729_20550024.jpg
で、路地をうろうろしながらもう一件バーカロへ。
d0041729_20544867.jpg
カンティーナ・ド・スパーデ
d0041729_20541536.jpg
こちらは魚介のフリットやポレンタがおすすめ。
d0041729_20533818.jpg
しえこゴメン小さいころと違って、もう高校生でしょっ!私より体力あるはずよ~と扱いが雑に。
d0041729_20543870.jpg
以上・朝からバーカロ 3件でした。ちょっと観光でもしましょうかね。


# by cibiyukiko | 2019-08-11 21:05 | 北イタリア | Comments(0)
いつもはアジアンビーチリゾートで夏休みをすごす我が家ですが、今年は夫のリフレッシュ休暇と夏休みをくっつけて特別ヴァージョンの夏休み!
せっかく長くお休みが取れるなら、、と家族でイタリアへ行ってまいりました。

夫はしえこが生まれる前、当時留学していた時にローマ、ナポリ、カプリ、シエナ、フィレンツェ、、と一緒にまわったことがありますが、それ以来置き去りに。
娘が生まれてからはずっと二人で行っておりましたが、初めて家族3人で北イタリア巡り(ヴェネツィア→コルティナ・ダンペッツォ→ブレッサノーネ→ボルツァーノ→ガルダ湖→ヴェローナ)をしてみました。

まずはヴェネツィアの空港からイタリアin
飛行機は初アエロフロート! いろいろな口コミをみてこれまで避けていたのですが、家族で行くには安いので思い切って搭乗。
これが、ほんとに非常に良かったのです。アエロフロートの悪評を払拭するために今後は布教活動をしようと思います!
アリタリアやらエールフランス、キャセイで最近、私はわりとひどい目にあっていたことを考えると、アエロフロート最高!! 旅行記の最後にでも書かせていただきますね。

ロシア美女の笑顔付きの快適なフライトにてヴェネツィア空港に22:30到着。
空港からはエアポートシャトル(@8ユーロ 30分)にてローマ広場へ。そこからはいつもヴェネツィアへ行くと泊まるカンナレッジョ地区へ。
ローマ広場からも駅からも歩いて近いので便利なのです。

ヴェネツィアのホテルは狭くて高くて湿気っぽいので期待しておりませんが、まあやっぱりね、、、ここの2泊だけは我慢してもらいましょ。

チェックインしたのは23時半頃。すぐに就寝して明日に備えようかと思ったら、「散歩に行きたい!」と家族。
イタリアの夜は意外と早いので開いている店ないかもよ~といいながらカ・ドーロ辺りまでお散歩。

d0041729_00553845.jpg
お店はほぼ閉まっていますが、それでも小さな橋をいくつか渡ってヴェネツィアらしい町並みを感じながら歩きます。

さっそくシエコはジェラートを。
そして開いているBARをみつけてまずはイタリア一杯目の乾杯!!!
d0041729_00554815.jpg
チケッティ(おつまみ)もまだ少し残っていて、ラルドのブルスケッタとゴルゴンゾーラのブルスケッタをつまみにヴェネトらしい白で乾杯♪
d0041729_00560084.jpg
他のお客さんが連れていた犬とたわむれる夫と娘。

初日の夜は1時頃までゆっくり飲んでみました。翌日はノープランなので適当に起きた時間に活動開始。
こんなゆったりした旅もいいね~、なんて思っていたのはこの日だけ。
我が家の旅行、遊ぶ予定が盛り盛りでかなりハードです。みんな、よくついて来た!!
fb 前澤由希子 ですでに簡単に旅行記最後まで書いております。旅行中は友人のみ公開で書いておりましたが、今朝から公開しておりますので良かったらご覧くださいね。





# by cibiyukiko | 2019-08-11 01:04 | 北イタリア | Comments(0)
d0041729_15082556.jpg
8月レッスンのアンティパストは白桃のブルスケッタ。
甘くておいしいこのブルスケッタで夏のひと時を泡と一緒に楽しみたくなります。

ということで、8月レッスンはスプマンテをご用意しております。


プリモピアットにはPaccheri alla amalfitana.アマルフィ風パッケリ
d0041729_15075716.jpg
アマルフィの潮風を感じながら入り江のレストランでいただいたパスタを思い出します。
この一皿で、船橋の海臭い風もアマルフィの風に、、、なる、、かな????

8月レッスンではそのほか、セコンドには牛肉のインヴォルティーニ、ドルチェにはアマルフィのレモンケーキ、Delizia al limoneデリツィア・アル・リモーネ
を作ります。









# by cibiyukiko | 2019-07-27 15:16 | 料理写真 | Comments(0)
二子玉川の「イ・ルンガ」へ料理家仲間とランチに行ってまいりました。堀江シェフお帰りなさ〜い!
六本木のグラディスカ時代、よく美味しいピエモンテ料理をいただきに伺い、教室の新年会等でもお世話になっていたのですが、その後、奈良の東大寺前の素敵な古民家に場所を移してイルンガをオープンされて東京を離れていました。奈良でミシュランの星を獲得されるなどご活躍を嬉しく思いながら、東京ではないため、頻繁に行けないことを残念にも思っておりました。
が!再び東京に戻られたということで早速ランチに伺ってまいりました。二子玉川に新しくオープンした「i-lunga」です。

d0041729_23282344.jpg

鮮魚のカルパッチョ ヒラメのトリッパやフォアグラ入り。上にのった海ぶどうのプチプチ感に爽やかなみょうがやキュウリのアクセントがまた楽しい一皿。
d0041729_23284259.jpg
お料理に合わせたペアリングコースもあり、5種類のワインも堪能させていただきました。乾杯のフランチャコルタの次は、フリウリのマルヴァジアから作られたオレンジワイン。オレンジワインはあまり好きではなかったのですが、このワインはそのイメージを覆す美味しさ!
d0041729_23283171.jpg
エレゾ放牧豚とホワイトマッシュルームのサラダ仕立てあ~、この豚のローストは懐かしいグラディスカの味です。いや、それがもっとグレードアップされているのかな。とろけるように美味しい脂です。上にはトウモロコシのスプラウトが乗っていて、甘さがいつまでも口の中で広がります。リコリスのような甘味も。珍しい食材について料理家4人で、これはなんだろう???とあーでもない、こーでもない、と言いながらいただくのも楽しい。
d0041729_23284996.jpg
次はトレンティーノアルトアディジェのロゼ
よく飲む4人です。前回、このメンバーで楽しすぎて飲みすぎたので今回はみんなで気を付けよう、、といいつつの、、5種のペアリングっていう。。
d0041729_23285733.jpg
下中タマネギのクレーマ、フォアグラと白レバーのパテ
d0041729_23290753.jpg
こちらもトレンティーノ・アルトアディジェのピノネロ
d0041729_23465569.jpg

サフラン入りのタリオリーニ、北海道長期飼育牛と熟成蝦夷豚のラグー。シェフ、相変わらず攻めの姿勢の取り合わせ!
d0041729_23470438.jpg
パスタ2皿目は懐かしのアニョロッティ・ダル・プリン。このなめらかさ、繊細さ、堀江シェフのこれは本当に上品で美味しいのです。
d0041729_23471458.jpg
カルミニャーノのIl Sasso
d0041729_23472824.jpg
北海道未経産牛のロースト
d0041729_23473886.jpg
加納岩白桃のコンポート
d0041729_23474611.jpg
クルミーニなど、ピエモンテ銘菓の小菓子たち。
以前と変わらず、いえ、さらに磨きがかかったお料理の数々に終始うなりっぱなしの私たち。
骨太の骨格を持ち力強さを感じさせながら繊細さを併せ持ち、ピエモンテの郷土料理を洗練された形に進化させたブレない堀江シェフワールドを体感させていただきました。
美味しいものをいっぱいいただいてすっかり大満足。あ~、もう夕ご飯なんて作る気にならないわ~という方も安心。お店の隣には美味しい餃子屋さんがあり、(代々木上原では行列だという按田餃子さん)。モチモチの水餃子です。持ち帰り用が売られていました。こちらで家用の夕食を購入して、夜も安心♪娘と地元駅で待ち合わせしてスタバの新作、桃のフラペチーノを飲んで帰りました。
d0041729_00115266.jpg
東京駅から直通24分 JR船橋駅のイタリア郷土料理教室CiaoBambinaは8月レッスンをご案内中です。





# by cibiyukiko | 2019-07-27 00:14 | イタリア料理店 | Comments(0)
d0041729_11151587.jpg
アマルフィのレモンたっぷりの爽やかなレモンケーキDelizia al limone。(デリツィア・アル・リモーネ)
2011年にレッスンで開催しておりますが、その後、ナポリのマリーサから笑っちゃうほど豪快なレシピを教わったのでレシピを変更しております。

こちらのケーキを作る8月のCorsoAですが、他の日程が埋まってきているため、2日ほど開催日を追加いたしました。

8月CorsoA アマルフィレッスン
前菜:桃のブルスケッタ
プリモピアット:アマルフィ風白身魚のパッケリ
セコンドピアット:ブラチョーレ
ドルチェ:デリツィア・アル・リモーネ

・8月19日(月)日程追加 残3
・8月20日(火)残1
・8月21日(水)キャンセル待ち受付中
・8月22日(木)残1
・8月23日(金)キャンセル待ち受付中
・8月26日(月) キャンセル待ち受付中
・8月27日(火)キャンセル待ち受付中
・8月28日(水)日程追加 残2
11時~14時半頃

はじめましての方もぜひお申込みお待ちしております。
ゆる~い教室なのでお料理が苦手な方も心配いりません。また、お一人でご参加の方がほとんどですのでお気軽にお問合せくださいね。

そのほか、8月29日(木)12時~ クリナップキッチンタウン東京(新宿ショールーム)にて低糖質イタリアンのレッスンを開催いたします。
こちらも募集中です。よろしくお願いいたします。
d0041729_11332522.jpg
先日サルヴァトーレからプレゼントされた(←ウソです。エノテカ様からの全員プレゼントでした💦)
IL BORROの白で乾杯♪
アンティパストにサーモンとリコッタのブルスケッタ←今月の基本コースのアンティパスト、リコッタとサーモンのタルタルブルスケッタです!
と新レンコンをシンプルに塩とオレンジオイルで。
新レンコンはややこしい調理せずそのまま皮付きでレンチンして塩と美味しいオイルだけが1番美味しい今だけのお楽しみ。





# by cibiyukiko | 2019-07-20 11:27 | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
*ブログジャンル*
*ファン*