人気ブログランキング |
タグ:カンパーニャ ( 37 ) タグの人気記事
イスタンブール旅行記をアメブロに書いていますが、こちらも並行して南イタリア旅行記を少しづつ。
早くアップしないと忘れちゃうのでね~。

今回は、ママ友、ワイン仲間、前回のピエモンテツアーをお断わりした方の救済、、、いろいろ混載ユキキーナツアーを企画いたしました。
総勢11名で南イタリアを盛り盛り体験。
ナポリ→カプリ島→ソレント→ポンペイ→アマルフィ海岸→カラブリアを10日間で駆け抜けます。


まずはイスタンブールの空港でみなさんと合流。
今回の飛行機はターキッシュエアラインで来ていただきました。トルコ航空、いいです!
エコノミーでもアメニティがちゃんとついて、帰りの便はマンダリーナダックのポーチにスリッパや靴下、歯ブラシセットほか、いろいろ入っていました。

で、イスタンブールからみんなで一緒に同じ便でナポリ空港に朝09:40に到着~。
専用車のドライバーさんと合流してホテルに到着後は友人のレジーナと再会してナポリツアーのスタート!
d0041729_23104752.jpg
ヴェスビオ火山、ただいま~♪♪ 

ホテルに到着したのはなんだかんだ、お昼。みんな、お腹すいた~!!!というので、まず一番にナポリピッツァ!!!
スパッカナポリのピッツェリアへ。
d0041729_23073678.jpg



まずは軽いイタリアンなビール、ナストロアズッロで乾杯!
d0041729_23070923.jpg
アランチーニやツェッポレ、フリッタティーネなど、ナポリの揚げ物をつまみます。
d0041729_22494427.jpg
真打登場。ナポリのモチモチ生地のピッツァは水牛のモッツアレッラとピエンノロトマト。

d0041729_23071951.jpg
大きなピッツァフリッタもね~。
中はリコッタとパルミジャーノがたっぷり。

お腹を満たした後は、ヴォメロ地区までケーブルカーで上がり、ナポリの絶景を堪能。
パッサラクアのバールでカッフェを楽しんだら、今度は下町スパッカナポリを練り歩きます。
d0041729_23075219.jpg
ナポリのこのヘンテコでごちゃごちゃな感じ。大好き! やっぱりナポリはいいわ~。

d0041729_23135236.jpg
実はナポリの街の地下にはもう一つ街があります。
最近になって、発見されたり、公開されるようになっています。その中のひとつ、ソッテラーネアへ探検に行ってみました。
d0041729_23133572.jpg
ポンペイ遺跡と同じく、2000年以上前の都市がナポリの地下に広がっているなんて驚きです。
小さな商店が並び、その時代のクリーニグ屋の跡なども見ることが出来ます。
写真のアーチは、すべてのアーチが見えるようにデザインされているもの。
そんな昔に、実用的なだけではなく、見た目の美しさを意識して建設されていたことにも驚きです。

そのほか、プレゼピオを売る通りやスパッカナポリを練り歩き、また小腹がすいてきちゃいました。

ナポリの美味しいジェラートをみんなでつつき(10人もいるとちょっとだけの味見ができて便利!)

ババが美味しいと評判のアウグストゥスにて夕ご飯前に食べるのはばかられるナポリ銘菓のババも、10人で3個を一口大にして味見。

・・・・するとなんと!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ナポリの奇跡が起きました。

ナポリに行くといつも顔を出している料理の師匠、マリーサがアウグストゥスの店内にいるではありませんか!!!!

「マリーサー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

d0041729_23233122.jpg
今回は人数が多すぎるのでマリーサには連絡していなかったのです。

マリーサは「ヴォンゴレ作るからみんないらっしゃいよ~!!」なんてありがたいお言葉をかけてくれましたが残念。
夕食をとるお店を予約しているのです。残念ながらヴォンゴレはお断わりいたしましたが、みんなマリーサのことは私から話を聞いて知っているので、紹介できて良かったです。

すごいわ。マリーサの家はこの近くとはいえ、奇跡です。

その後はサンタルチア港のシーフードのお店Transatolanticoへ夕食に。
海のぎりぎりのところまでテーブルが並んでいて、雰囲気がもうTHE NPOLI(綺麗な方のね)なのです。

d0041729_23273730.jpg
貝類の白ワイン蒸し。それ以外にも前菜を何種類も持ってきてもらいましたが、写真撮ってなかった。。
d0041729_23274750.jpg
タコとセロリのサラダ、美味しかった~。

d0041729_23275837.jpg
生牡蠣も、ここは本当に新鮮でお腹をこわす心配なんて無用です。

d0041729_23280991.jpg
d0041729_23281867.jpg
魚介のリゾットにオマール海老のリングイネ、、
d0041729_23282744.jpg
鱸の白ワイン蒸し焼きも綺麗に取り分けてくれて、サービスもばっちり。
d0041729_23283515.jpg
d0041729_23284898.jpg
どれもこれも美味しかった~。
ワインもこの辺りの地葡萄のものをいろいろ。

ツアー初日からみんなナポリを大満喫です。
翌日からはカプリ島、アマルフィとめぐります。



















by cibiyukiko | 2019-10-21 23:34 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
ナポリのマリーサに会わずしてナポリを去るわけにはいきません。
友人も引き連れてマリーサの家で料理レッスン。

まずはマリーサ、バールへ行ってカッフェをご馳走するわ~と言うのが恒例。近くの美味しいバールでカッフェタイムをしてから買い物へ繰り出します。

d0041729_11005159.jpg
なぜかイタリア人のおばちゃんは一緒に歩くときに腕を組んでくることが多い。
前に、なんで腕組むの~?って聞いたら
「このジャッポネーゼはあたしの大事なお友達なのよ~!って見せ付けるためよ~」って言ってました(笑)。



d0041729_11003062.jpg
マリーサは新鮮な野菜と魚介しか絶対に使いません。
それはもう徹底したもの。

d0041729_11004072.jpg
今回も新鮮な魚介がいっぱい。左下には生青海苔もあります。


d0041729_11005970.jpg
ナポリ風のミートボールごろごろラザニアをリクエストしていました。そのほかいろいろ。
いつもあれもこれも作りましょう!と盛りだくさんすぎて、全部作れずに途中で終わること多いマリーサのレッスン。
予定外のものがいっぱい出来上がるかわりに、予定していたものが作れないこともしばしば(笑)。

d0041729_11012811.jpg
d0041729_11010607.jpg
ナポリにマリーサあり。
パワー炸裂、元気いっぱいのマリーサは健在です。
あ~、でも10年前に比べるとだいぶ小さくなっちゃったなあ~。
元気でいてくれる間に何度でも行かなくちゃ。


d0041729_11013694.jpg
娘たちや双子のお孫ちゃんに囲まれていつも賑やかなマリーサの家。
ちょっと元気すぎて面白すぎる(笑)


d0041729_11011693.jpg
巨大なラザニア、15~20人分はありました。なんでもスケールが違うナポリです。






by cibiyukiko | 2018-03-13 11:11 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
カラブリアのチェトラーロから3時間半、ナポリに到着。
ナポリではシエコの中学校のママ友と宿泊するB&Bで待ち合わせ。
そして、ナポリに住む友人、レジーナとも合流して、夕食を一緒に食べに行くことになっていました。

19時にナポリ駅に到着したら地下鉄でトレド駅に向います。
スーツケースを持っていてもエスカレーターやエレベーターがあるので便利です。宿泊するB&Bがトレド駅を出た目の前なのでこれを使わない手はありません。
ローマやパリの地下鉄よりよっぽど綺麗ですよ。

d0041729_00354459.jpg
d0041729_00355272.jpg
トレド駅なんて、天井が宇宙みたいになっちゃってます。

さて、無事にレジーナにもママ友にも合流でき、夕食にむかいます。
どこも予約していなかったのですが、レジーナがおもしろいお店があるよ~と電話をして、奇跡的にとれたのが
NHKの「世界入りにくい居酒屋」で紹介された「Antica Capri」
http://www.nhk.or.jp/nikui/09_napoli/recipe.html

アニータさんの料理レッスンでお腹はまだいっぱいだったのですが、そんなおもしろい店、行かないわけにはいきません。
スペイン人地区にありますが、ケーブルカー駅のすぐ裏なので、まだ夜でも危なくなくさっと行ける場所にあります。
d0041729_00480582.jpg
お店は予約以外の人は入れないように入ったら鍵が閉められて、閉じ込められちゃいます(笑)

おまかせでお願いしたところ、ナポリ名物がどんどん運ばれてきました~。
写真、4人分です。

d0041729_00483551.jpg
水牛のモッツアレッラのボッコンチーニとルッコラがピッツア生地のコルネの中から零れ落ちそうに出てきます。
左下はフィリアリエッリ(ナポリのふゆ野菜)とチーズがたっぷり包まれたロトーロ
右上からトマトのブルスケッタ、旬のシラスのせ、ナポリ風アランチーニにポテトのクロケット
かじきのマリネ


d0041729_00484430.jpg
まだ続く前菜はナポリサラミとプリモサーレのルッコラ入りと唐辛子入り
ナポリ風ポルペッティーネ
ワインはナポリらしくCoda di Volpeとfalanghinaをお願いしました。



d0041729_00485316.jpg
で、ジャーンと登場したのが名物料理のこれ!すっごい大きさなのですよ。大きな鍋にピッツア生地がかぶせられたオーブン焼き。
中は魚介がたっぷりのパスタが入って、香りがパン生地に閉じ込められているのをテーブルの上でナイフで開けてサーブしてくれます。
d0041729_00490169.jpg


お皿の上に切った生地をのせて、その上にパスタをのせてくれるのですが、パン生地が魚介のソースを吸ってまた美味しいの!
さすがにお腹がいっぱいでセコンドのタコのルチアーナ風(食べたかった、、)はパスしてドルチェに。

d0041729_00490989.jpg
ドルチェにはやぱりナポリらしくババ。これ、ちょうど良いミニサイズで美味しくいただきました。

昨年も書いた気がするのですが、ナポリのピッツエリアやトラットリアでは食後のカッフェは出ないことも多いのです。
それは、街中に美味しいカッフェを出すバールがたくさんあるから。
お互いの仕事をリスペクトし、領域を侵さないようにしているんですって。

そんなわけで、ナポリの街が初めての友人にぜひナポリのカッフェを味わってもらいたくて食後は老舗のガンブリヌスで〆。
到着早々、ナポリを満喫した一日でした。

d0041729_00492132.jpg
レジーナ、久しぶり!!美味しいお店を教えてくれてありがとうね!(ガンブリヌスにて)





by cibiyukiko | 2018-03-10 00:56 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
今回、ナポリはカラブリアへ行く途中にちょっと立ち寄っただけ、1泊で移動します。
ナポリ大好きなので、ちょっとピッツアを食べに来たのです。

で、あまり時間もないので出歩かずにホテルでのんびり過ごそうと泊ったホテルはこんな景色♪
d0041729_01172938.jpg
ヴェスビオ火山が正面に!!


d0041729_09531243.jpg
ナポリ湾とヴェスビオ火山を眺めながらテラスで朝食。これが楽しみだったので雨じゃなくて良かった♪
d0041729_09530957.jpg
ドルチェがいっぱい!!今の季節、パスクワのナポリ菓子、パスティエーラもあります。
d0041729_09534777.jpg
パリッパリのスフォリアテッラも!
d0041729_09550272.jpg
朝ごはんの定番、チャンベッラ(4月レッスンでもイチゴ入りのを作りますよ~)甘いものばかりではなく、塩系もありました。
d0041729_09551826.jpg
目玉焼きがぜんぶ一緒に丸く焼かれています(笑)右側はチーズとポテトのフリッタータ
d0041729_09543326.jpg
ナポリらしく、美味しいモッツアレッラ。ほか、トマトやハム、サラミ類もいっぱい置いてありました。
d0041729_09542649.jpg
アマルフィの陶器もカラフル。こうやってソーサーとカップの色を変えるのも可愛いですね。
d0041729_09541775.jpg
d0041729_09515527.jpg
さて、食後は少しお散歩して、カラブリアへ移動します。
この日はタクシーがストライキということで、ホテルに駅まで送迎車を出してもらおうとしたところ、、、、にゃあんと、送迎車が予約がいっぱい!!そうよね。タクシーストとあって、みんなお願いするわね~。
うーん、どうしよう。このホテル、バス停も近くにないし、、と考えていたらホテルの人が知り合いに電話して車を手配してくれました。親切。

車のお迎えが来るまで卵城をお散歩。
d0041729_10004943.jpg


d0041729_10010102.jpg
卵城の上にのぼってみます。誰もいない。。。


d0041729_10011129.jpg
お城の上からの眺め。

d0041729_10013090.jpg
海にも下りてみました。
今回は旧市街はほとんど歩かず、ナポリの綺麗なところだけ散策。

洗濯物がはためくスパッカナポリも好きですけどね~。

d0041729_10100974.jpg


by cibiyukiko | 2017-04-03 09:59 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
2週間ほどイタリアへ行っておりました。今回はナポリ→カラブリア→プーリア→ローマ→最後はなぜか香港

一度も雨が降らず、晴天に恵まれ、習ったお料理もどこも美味しく、今回はシエコと2人でホームステイが多かったので1週間後にはイタリア語もだいぶ記憶が戻ってきて、かなり充実した滞在となりました。

今回の飛行機はキャセイパシフィック。はじめての南回り便です。
しかし、、、香港まで5時間。香港からローマ14時間という長時間。けっこう疲れました~。(やっぱり次回からは北にします、、)

よれよれになって朝の7時にローマに到着。
この日の目的地はナポリ。
ローマの空港からエアポートシャトルで1時間かけてテルミニ駅まで出て、ナポリ行きの電車に乗らなくては、、と思いながら空港を出てスーツケースをガラゴロ転がしながらバス乗り場へ行く途中、、、

ラッキー!!!!!!!!!!!!
なんと、バスの車体に「NAPOLI」と書かれたバスが停まっているではありませんか!!!
運転手のおじちゃんに「ナポリまで行くの!?」ときいたころ、そのバスは違ったのですが、「ナポリ行きはアレだよ~」
と別のバスを教えてくれて、荷物まで運んでくれました。
しかもそのバス、10分後に発車するバス。
ローマの空港からバスでナポリまでいけたら、かなりの時間短縮で、移動もラクラク!!ラッキーな旅のスタートです。
ナポリまで使ったバスは
FIUMICINO EXPRSS.COM フィレンツエ行きのバスも出ているようですよ。2時間半、@25ユーロでした。

いつもひどい目にあっているので(笑)。順調すぎるスタートに逆に不安になりましたが、今回、かな~り最後まで全てがスムーズだったのです~♪

おかげさまで朝からバスの中で爆睡できて10時半にはスッキリしてナポリに到着。

ホテルも早めに部屋に入れてくれました。いつもは旧市街でショッピングに便利なキアイア地区に泊るのですが、今回は買い物しないし、のんびり過ごそうとルンゴマーレ地区で海とヴェスヴィオ火山が見える場所に予約してみました。
まずは海沿いをお散歩してからナポリピッツアを食べに行きます。



d0041729_01154215.jpg
d0041729_01153676.jpg

最近、イタリア各地にこんなのありますね~、恋人同士で鍵をつけるやつ。

さて、イタリア第一食目はナポリピッツア!!
他の地方とはぜんぜん違う、縁がモチモチで中央が薄いシンプルなマルゲリータです。

今回は、ダ・ミケーレより美味しいというソルビッロへ。本店は旧市街にあるのですが、新しくルンゴ・マーレに数年前に出来たということで入ってみました。
d0041729_01160021.jpg
旧市街の本店の方が安くて美味しいとナポリ人たちが言っていましたが、海を眺めながらゆっくり着席するなんて、こちらの店じゃないと出来ません。味だって私からしたら劣りませんよ。

12時半の開店と同時にあっという間に満席に。オープン10分前から待ってて良かった。
ピッツアしかないミケーレと違って、アンティパストやワインなども充実。
d0041729_01161009.jpg
で、調子にのって、フリット盛り合わせを頼んだら巨大なコロッケとフリッタティーネ(パスタコロッケ)が。
いや、でも美味しいから食べちゃえ~♪ まずはイタリアビールで。

さて、すごいの来たよ~。
d0041729_01165129.jpg
d0041729_01163836.jpg
やっぱりイタリアでは1人1枚でしょ。
ワインも頼んでゆっくり食べて、満足満足~♪旧市街のピッツア激戦区ではゆっくりのんびり食べることは出来ないので、こっちがいいな~。
食後にカフェをお願いしようと思ったらメニューにありません。聞くと、「カッフェはバールで飲んだほうが美味しいからね」とのこと。すごい!えらい!ナポリはちゃんとお互いの店をリスペクトして、食後はバールへお客を誘導しているのね~。素晴らしいです。ナポリ人のそういうところ、好きだわ~。

さて、食後はノープランです。夜はサンタルチアで魚介が食べたいので歩かないとね。っていいながら、目に入るのは美味しいお店ばかりで目の毒だわ。
d0041729_01165742.jpg
ナポリへ行ったら必ず買って帰るガイオディンのチョコレート。ここのチョコレートのジェラートがまた濃厚でおいしいの。
d0041729_01173499.jpg
ああ、でもこちらのジェラート。ナチュラルで美味しい乳製品を使っているということで、今、ナポリで一番人気の行列必須のジェラート屋もすぐ近くに。。。。ダメダメ。
d0041729_01293859.jpg

ちょっと歩くと、ゼッポラにスフォリアテッラ、ババ、、ナポリの美味しいドルチェの誘惑もあるし、本当に困った街です。

どこかに避難しなくては~!!ということで、料理の師匠、マリーサの家に突撃訪問。

今回も料理を習いたかったのですが、初日に飛行機ついたばかりで料理を習うのはちょっとしんどいので、今回はお願いしていませんでした。でもやっぱり会いたいので突撃(日本人なら迷惑がるよね。でもナポリ人だから多分大丈夫)

アポなしで行きましたが、喜んで迎えてくれました。そして、「なんでお昼食べちゃったのよ~、電話くれれば一緒に何か作ったのに~」という優しいお言葉。
次回は必ずしつこくメールしてから行きます。

双子のお孫ちゃんが一緒に住んでいるマリーサ。もう家中どこもかしこもおもちゃだらけ(笑)。元気な2歳児たちで、もう大騒ぎに。
d0041729_01174294.jpg


d0041729_01343645.jpg

d0041729_01433757.jpg

d0041729_01180950.jpg
次女のルチアーナも元気でしたよ。さっきまで一緒に遊んでいたのに、子供達にめっちゃくちゃ珍しそうに見られている私、、(笑)。長旅で薄汚いからかしら。日本を発ってから顔を1日以上洗ってないからね(苦笑)。

d0041729_01174553.jpg
夕暮れのプレヴィシート広場。やっぱりナポリいいな~。しかし、、まだおなかいっぱい。。。サンタルチアでの魚介は今回は断念。(っていうか、無理して食べようとする私に、シエコが「明日からいっぱい食べるから今日は辞めておいたほうがいい!」と。大きくなったシエコが私のストッパー:笑)
by cibiyukiko | 2017-04-03 01:35 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
イスキア島から船でナポリ・ベヴェレッロ港へ戻りました。お昼にはローマへ電車で戻ります。

・・・・とその前に、忘れちゃいけないのがナポリピッツア~! 今回はまだ食べていなかったわ。
ダ・ミケーレは朝10時から開いていました。
いつもは混んで、店の前に人だかりが出来ているミケーレも、朝はさすがにガラガラ。
2番乗りの入店です。
d0041729_1585028.jpg

d0041729_159854.jpg

d0041729_1592961.jpg

生地もソースもやっぱり美味しいわ。メニューはマルゲリータかマリナーラの2種のみという潔さ。
大きさはノルマーレ(普通)とグランデ(大きいの)が選べます。
これで1枚4ユーロ(ノルマーレ)だもの、安いよね。
ナストロアズッロ(イタリアビール)は2ユーロでした。下町はこうでなくちゃ!
お会計時に「チップ」と言われたけど・・・・ちょっとお、ここ、ピッツエリアでしょっ!!払いませんよ。
でも、駅までタクシーを呼んでもらったのでチップ渡してみました(弱)。

d0041729_157191.jpg

ミケーレの近くにあったペットショップでカメちゃん発見。
うちのカメちゃん、元気かしら~?と思い出して、後で夫に「ちゃんと水換えてる?」と電話してみました(笑)。
by cibiyukiko | 2014-04-09 00:13 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
夕方、イスキア島へ到着。
以前、カプリ島へ行くたびに、いろんなイタリア人に、「カプリよりイスキアがいいよ。イスキアに行くべしっ!」とよく熱弁をふるわれたものです。
皆が皆、そう言うなんて、そりゃあもう、天国のような島をイメージしてやってまいりましたよ。

d0041729_22131127.jpg

プロチダ島よりは大きくて立派な港があります。
でもカプリ島よりはだいぶ小さなかわいらしい港。
d0041729_22182872.jpg

そして、華やかなカプリ島と違って、だいぶ庶民的な島です。
道端では水着を売る店やリゾートファッション、ビーチサンダルが並びますが、カプリやポジターノのソレともちいと違う、素朴な感じ、どちらかというと、プーケットか、伊東か熱海か、、といった感じのリゾートです。(プケも伊東も熱海も好きですよ)

ゆ~ったりした海辺のファミリーリゾート感、満載です。
でもまだ寒い時期なの~。島の良さを満喫出来ず。
しまった~!!ここは温泉リゾート。温泉に入れる4月以降に1週間くらい、のんびりと滞在するところでありました。 1泊なんかで来るところじゃなかった! 

せめて夜は美味しいイスキア料理を堪能しようと思っておりましたが、、
歩かせすぎたシエキチがバタンキュー。
(倒れる前にクレープを食べてましたがね)
d0041729_22181057.jpg

ま、ランチを2回してるのでね。大人の夜はシエキチが寝ているのを眺めながら、ターヴォラカルダで買ってきたワインとお惣菜を部屋でつまむ程度にしました。
そして翌朝にはもうナポリへ戻ります。

ちょっと残念。リゾートとして、夏に海に入ったり、温泉に入ったり、とのんびり過ごすのに絶対に良い所だと思います。もっとこの島でのんびりして、堪能したかったわ。ま、下見をしたということで、
今度はオンシーズンに最低3泊、温泉保養&海に来ます~!! と誓って島を後にしました。

しかも、イスキア島の写真、全く撮っていなかった。。。また来いってことね。きっと。
d0041729_12181953.jpg

緑がいっぱいのイスキア島。 今度はのんびり温泉に入りに来るね~。Ciao~。
by cibiyukiko | 2014-04-08 12:19 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
さて、食後は同じ通りにあるジェラート屋でジェラートを食べてから、コリチェッラ地区へ行ってみます。
こちらがね、素晴らしく良かったの!!
坂を上って・・・坂を下りてゆくと、小さな可愛い入り江が目の前に登場!
d0041729_10152831.jpg

d0041729_10162233.jpg

小さなトラットリアが2-3件、この小さな入り江に並んでいました。こういうところに来たかったの!!
d0041729_10274391.jpg


d0041729_10223877.jpg

ここは、映画「イル・ポスティーノ」の食堂だった場所。「イル・ポスティーノ」という名のトラットリアになっていました。お昼を食べたばかりだけど、、こちらでもう1回、ランチしちゃう!?
d0041729_10294728.jpg

タコのサラダ♪ そうそう、島でのランチにはこの雰囲気を求めていたの~。さっきのお店、ちょっと暗かったのよね。
d0041729_10302184.jpg

鯛のグリル。お店のおじちゃんが取り分けてくれました。シンプルな漁師料理といった感じですが、こういうお店が好きです。
d0041729_10304584.jpg

ゆったりとした時間が流れています。温かい陽射しの元での~んびりランチ。しあわせ~。
プロチダの港より、コリチェッラ地区まで来て食事した方が雰囲気はいいかも~。こちらの方が日当たりも良くて明るいんです。
d0041729_10311741.jpg

d0041729_10324425.jpg

d0041729_1033129.jpg

店内には、映画の撮影で使われた自転車や鞄、そして写真が飾られていました。
DVD借りてもう一度観たくなりました。

d0041729_10275778.jpg


d0041729_2375977.jpg


ここで夕暮れまでのんびりしたいけど、、脳みそ溶けちゃう前に、また船に乗って、今夜のお宿があるイスキア島へ30分の船旅です。
by cibiyukiko | 2014-04-07 10:23 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
シエキチがお腹が空いたとせかすものですから、とりあえず港にあるお店へ。
d0041729_10114325.jpg

d0041729_1095735.jpg

前菜の盛り合わせ。う~ん。メニューに書かれた文字から魚介の盛り合わせをイメージしていたんですが、野菜系にちょっと魚介が乗った程度だったわ。美味しかったんですけどね。
d0041729_1012233.jpg

魚介のフリットに雲丹のパスタに、海老とアーモンドのパスタ。
某イタリア紹介サイトで絶賛お勧めされているお店でしたが、シェフが変わったのかな?
それともメニューの選び方が悪かったのか?
美味しくないわけじゃないんですが、味も雰囲気も期待したほどでもなく、まあまあ。
う~ん・・・セコンドはとりあえず、いいかな。(辛口なコメント、お許しを)
某イタリア案内サイトに載っていた店なのですが、このサイトに載っている店、美味しくない店がけっこうあるってことに今更気付く。

でも、添えられていたプロチダ島のレモンがとっても美味しくて、白い部分までシエキチがモリモリ食べちゃいました。
しかも、船の時間まで1泊分の荷物を置かせていただいたので贅沢言っちゃいけません。親切なお店です。
by cibiyukiko | 2014-04-07 10:22 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
前日の雨とはうって変わって、スコーンと晴れた朝です!
ナポリのホテルにスーツケースを預かってもらって、プロチダ島&イスキア島に1泊しに行きました。
良かった。島へ行くのに天気が悪いんじゃ、寂しすぎます。

d0041729_0561289.jpg
(ヌオーヴォ城を後ろから見た風景)
ホテルから歩いてベヴェレッロ港へ。私たちが乗るプロチダ行きのフェリーは、そこから少し先、カラータ・ディ・マッサ港から出るのですが、ベヴェレッロ港から無料のシャトルバスが出ています。
d0041729_0575335.jpg

右の船でプロチダ島へ行ってきまーす。
d0041729_0595677.jpg

約1時間の船旅。
ヴェスヴィオ火山が見送ってくれます。
しかし、、このフェリーの揺れること。。。きっ気持ち悪いんですけど~。。ううっ。。。
この船、甲板に出られないタイプだったのですが、気持ち悪いから~、、と船員さんに行って、甲板に出してもらったら、なんと、気持ちのいいこと!! 出させてもらって良かった。船室と全然違います。(その後の船はフェリーではなく高速船だったので大丈夫でした)

d0041729_12241.jpg
プロチダ島に無事、到着~。
映画「イル・ポスティーノ」の舞台となった小さくてのどかな島。建物がカラフルで可愛いのです。
島についてすぐに、私は真っ先にテッラ・ムラータ地区へ登って、カラフルな街並みを見下ろしてみたかったのですが、、シエキチがまずご飯!と言うので、、港にあるお店でまずはランチタイムに。
d0041729_195125.jpg

by cibiyukiko | 2014-04-07 08:44 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
*ブログジャンル*
*ファン*