人気ブログランキング |
タグ:サルデーニャ ( 13 ) タグの人気記事
今日はサルデーニャ中部にあるオリエナのパーネ・カラサウ工房へお邪魔します。
行く途中、窓の外に目をやると、、、、

カランコロンという鐘の音と、メエエエエエエ・・・・・・・・という声が、、
d0041729_023993.jpg

道路いっぱいに羊が。
こちらが侵入者だったみたいで、「あんた、ナニモノ?」と言っているみたいな羊たち。
d0041729_0255564.jpg
サルデーニャにいる間、しょっちゅうこんな光景に出会います。

さて、パーネカラサウを作っているルチアとアルビーノの家を訪ねました。
d0041729_0295636.jpg

本当はこんな機械で生地を伸ばしていますが、
昔ながらの方法でも伸ばしてみてくれました。
d0041729_031828.jpg

生地を薄くなめらかにしておくと焼いた時に仕上がりが良く、きれいに伸びていないと、釜で焼いた時に穴が開いたり、きれいに膨らまないのだそう。

ベテランのルチアが伸ばしたものは、きれいにプウ~、、、とクッションの様にふくらみます。
d0041729_0345839.jpg


この膨らんだものを釜から取り出して温かいうちに2枚にはがし、それをさらにパリッと仕上げ焼きしたものがパーネ・カラサウとなります。
d0041729_1062680.jpg

この、仕上げ焼き前の、一度焼きで柔らかい状態を食べられるのがカラサウ工房の特権。
クレープのように、サラミやチーズを巻いていただきます。
若い人は、クリームチーズを塗ったり、ヌテッラを塗ったりするのだとか。

私たちも柔らかいホカホカの生地にサラミやチーズを巻いて、食べて、皆でおしゃべりしながら、お手伝いをさせていただきました。
最初は、ママの隣でやり始めたシエキチ、、
この、2枚にはがす作業が楽しかったらしく、、、
d0041729_10165964.jpg

ママを押しのけて、上着も脱いで、腕まくりまでして真剣にはじめちゃった。
無言でもくもくと作業を続けます(笑)
d0041729_1013284.jpg
ルチアとアルビーノにも、うちに働きにこない?ってスカウトされてたよ。
シエキチも、ずっと毎日やりたいって言ってました。
ルチアとアルビーノなら、本当に素敵なパパとママになってくれそうなので、置いていっても安心、、そう思ってしまいました。
パンをはがす作業をした後、こちらでパーネ・カラサウを使ったランチを作っていただきます♪
by cibiyukiko | 2008-12-05 00:35 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(1)
今日の早朝、シラクーサを発ち、カターニャから飛行機でローマ、またまた乗り継いで飛行機でオルビアへとやってきました。
メリディアーナ航空のネットで一番安いチケットを買ったら、ローマでチェックインの時に
「サルデーニャの住民票を見せろ」といわれて汗・・・。そんなもん、アリマセン。

サルデーニャ住民は、州がお金を出していて、チケットが安いんだって。そんなこと知らないから間違えてサルデーニャ住民用のチケット購入していました。。
結局、一旦、チケットをキャンセルして新たにチケットを購入。なぜか、シエキチの分はちゃんと取れていたんだけど、こんなの、10人連れているときだったら、超焦りましたよ~。

本日の宿泊コスタ・ズメラルダにあるポルト・ロトンドに到着。
着いて早々に料理レッスンです。
d0041729_1713226.jpg

こ~んな、迫力ゴージャスマダムから魚介たっぷりのお料理を習います。
手に持っているのはサルデーニャ特産の「ボッタルガ(からすみ)」。

「ワタシ魚卵好きなんデス♪写真撮りたいデス」と言ったら、すぐにミントの葉を飾ってトレイに並べてくれて、手際も良いし、オシャレ!
d0041729_17153790.jpg


オレンジ風味のヒメジのマリネに、カルチョフィをたっぷりのせたタコのカルパッチョに、チーズが丸ごと入った簡単ロールキャベツ
そして、ブリッダというトラザメを使ったサルデーニャの郷土料理などの前菜に続き、
d0041729_17485115.jpg


ボッタルガとカルチョフィのスパゲッティ、、
しっとりした透明感のあるボッタルガを贅沢にフープロで粉砕!う~ん、魚卵好きにはたまりません♪(シエキチが食事前に寝ちゃったので、お弁当も作ってくれたのだけど、夜中にワタシが食べちゃった♪)
d0041729_17455189.jpg

詰め物をしたイカの煮たものにズッキーニのミントマリネ
d0041729_17461492.jpg

ドルチェにはさっぱりしたヨーグルトムース。
すごい品数をささっと作ってしまうのだから驚き。
サルデーニャのテイストを入れたフランカの創作料理だそうですが、美味しかったです。
今日は移動日だったので、お昼を抜いて夕食に備えていて良かった。

夕食の時間には、シニョーラ・フランカのお友達(どうだっ!これまたゴージャスで迫力)
d0041729_17403231.jpg


そのほか、ソムリエをしているご主人などと一緒に食卓を囲み、ベルメンティーノ・ディ・ガッルーラを飲みながら久しぶりにイタリア語のシャワーを浴びました。
もしかしたら、、サルデーニャにいる間に少しイタリア語を思いだせるかな!?
 シチリアツアーではイタリア語は旅行会話と買い物でしか必要なかったので、思い出せないまま楽しく食べて買い物して10日が過ぎちゃいました。。
by cibiyukiko | 2008-12-04 17:17 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(5)
さてさて、皆さんとローマで別れたあと、私とシエキチはサルデーニャへ。
メリディアーナ航空で、ローマ→オルビアへ。
コスタ・ズメラルダのポルト・ロトンドへ1泊
オリスターノに3泊
最後はカリアリ近郊に1泊 の計5泊6日。サルデーニャ島を上から下に縦断します。

はじめて足を踏み入れたサルデーニャの感想はというと、、
ここ、、イタリアじゃない!
まさに、「イタリアというよりサルデーニャ」な世界でした。

涙が出そうになるほどホスピタリティ溢れる人々。
ちょっと人の家をのぞくと、すぐに招き入れて、帰ることが出来ないので予定がくるいまくり。
時間を決めてはいけない国。
明日どころか、今日の予定もわからない。そのとき、そのときで風向きの方へ流れてゆく時間。
人間より羊が多い国、内陸へ入ると、手付かずの自然が広がり、車で道路を走れば、横を豚や牛が走り、見渡す限りぐるりと山に囲まれた場所。

あまりにもゆるやかに流れる時の流れ、心から歓迎してくれる温かい人々、
人間の本当の幸福ってなんだろう、、、
どうしてだか、切ない気持ちになってしまう旅でした。
夢の中にいたような不思議な世界に、今回は時差ボケがいつもよりひどかった~。。。
現実に戻るのに時間がかかりましたよ。

d0041729_22443049.jpg

ナンか用? とこっちを見る羊たち。 
羊さん、お邪魔しました~。
by cibiyukiko | 2008-12-03 22:58 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(2)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きやEU以外の旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ちゃぶ台返しまでして書き..
by cibiyukiko at 18:47
ユキキーナ先生、感激です..
by Showcian at 17:37
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
*ブログジャンル*
*ファン*