人気ブログランキング |
タグ:子連れで海外 ( 108 ) タグの人気記事
わ~、、、すっかり旅行記止まってますが、もう7月! 夏の旅行が控えております。。(←イタリアではない)

プーリア最終日→ローマ→香港まで、ささっと自分の備忘録としてブログ続けます。(最終地:香港はアメブロに書きますね)

間があきすぎましたが、前回は http://yukikina.exblog.jp/24147300/ で途切れておりました。
プーリアの擬似親戚、マキさんのお宅では、野菜たっぷりでヘルシーなお料理を用意していただきました。
マキさんのB&Bでは有機野菜や無農薬野菜ほか、こだわりの食材を使ったお料理を楽しめます。

2週間、イタリアで料理ばかり習って、常にお腹がいっぱいだった私なので、今回はささっと野菜たっぷりの軽めの料理を用意してくださいました。
イタリアの野菜は味が濃くて力強いので、特別なことをせずにシンプルな調理法が一番。

d0041729_19154275.jpg
カルチョフィの赤ワイン蒸し。山盛りのカルチョフィをわしわし食べられる贅沢。日本じゃなかなか味わえません。
大好き~♪


d0041729_19155659.jpg
すっごく肉厚なジャンボマッシュルーム。写真だと分りづらいですが、これ、すごく大きいんです。
シンプルなグリルに。
d0041729_19151998.jpg
BIOのお店でファッロ(古代小麦)の粉を購入。こだわりの粉でオレッキエッテづくり。

d0041729_19161398.jpg
味があって美味しいパスタになりました。

d0041729_19162644.jpg
プーリアの郷土料理、ブラチョーレを煮込んだソースでいただきます。
そのほか、ブッラータや美味しいサラーメ類、近所の美味しいパン屋さんで買って来たフォカッチャ等で出発前ギリギリまでランチ。

食後には、ジュゼッペの妹さんがお土産に美味しいパスティッチェリのドルチェを買ってきてくれました。
d0041729_19164611.jpg
手前の大きなリングはツエッポレ。
右真ん中で半分にカットしたものは、驚くほどふわふわのテッテ・デッレ・モナケ
うわーん、お腹いっぱいだけど、全種類食べたーい!! ってことで、半分にカットしてあれこれいただいて、
最後の最後まで満腹でプーリアを後にします。
最近は乗り換えでしかローマに立ち寄らないのですが、昨年の秋にお酒を飲んでいて飛行機に乗り遅れるという大失態をやらかし、愚かにも大金を支払うという痛い目にあったので、今回は怖いからローマに夕方到着したら、ちょっと1泊して翌朝の飛行機に乗ることにしました~。

7月レッスンのご案内中です。7月26日(水)の日程を追加いたしました。





by cibiyukiko | 2017-07-02 19:25 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
さて、夕ご飯の材料を収穫に行きます。
ちょっとお散歩して酔いも醒まして、お腹もすかせないとね。
プーリアはオリーブオイルの大産地。イタリアで作られるオリーブオイルの半分はプーリアが生産しています。

プーリアらしいオリーブの木が立ち並ぶ道を車で走って野生のアスパラがたくさんはえているVITOさんの農園へ。
春のプーリアの景色、とっても綺麗です。
d0041729_19474996.jpg

d0041729_19491118.jpg

トスカーナでは丘陵地帯に低めのオリーブの木が並ぶイメージがあるのですが、プーリアではどこまでも続く平地に大きな古い木が間隔を空けて自由に並んでいます。ところどころ低い石垣で隣の家の畑と境界線を設けている様子を見ると、他の地方との違いに、ここはプーリアだ~と実感します。こんなに平地が続く土地って山間部が多いイタリアでは珍しいのでは?
樹齢が100年を越えるものは普通にたくさん並び、中には樹齢1000年!なんて古い木も!!

d0041729_19483057.jpg
樹齢1000年?? 中に人が住めそうな状態になってます。かくれんぼできそう。
d0041729_19492300.jpg
畑の中には古いトウルッリなんかもあります。納屋みたいな感じで使われていました。
アルベロベッロにある白くて可愛いトウルッリが有名ですが、プーリアではその他の場所にも、あんまり可愛くない(笑)トウルッリが点在しています。

d0041729_16383804.jpg
のどかな風景の中をお散歩しながら、野生のアスパラを探します。春といえば、コレ!!
田舎ではニョキニョキはえてますね~。
私は田舎へ行くことが多いので、春の渡伊では野生のアスパラを摘んだり、野草を摘んだりして食べるのが恒例になっています。
アスパラいっぱいとれた~。

d0041729_20125900.jpg
リゾットになりました。
d0041729_20132293.jpg
鶏肉とパプリカの煮込み。これ、家庭料理の定番です。カラブリアでも、そして、先日のtestaduraのランチ会でも出ましたので、1ヶ月以内に3回も出てきました(笑)。

d0041729_20145217.jpg
夜ごはんは、マキさんたちご夫婦も一緒にいただきました。
d0041729_20152871.jpg
マキさんが持ってきてくださった、ススマニエッロのロゼ。
ススマニエッロとは、絶滅の危機に瀕していたプーリアの古代品種。最近になって注目を浴びているワインです。昨年の秋にいただいてから美味しくてすごく気になっていたので、ススマニエッロの地元でまた味わえて嬉しい♪

イタリアの夕ご飯はとっても夜が遅くなるのが常。人が大勢いれば12時はかる~くまわります。
またまた食後のリキュールを飲んですっかり遅くなってしまいました。
ヴィートさん、フランチェスカさんには初対面なのにすっかりお世話になり、ここプーリアでもまたイタリア人のホスピタリティに感激。

d0041729_20260725.jpg
お菓子づくりが好きなシエコのためにハートやツエッポレ、スワン、プチシュー、、いろんなシュークリームを作らせてくれました。ありがとうございました!! 

翌日、プーリアを発つ私のところに、朝、カチョリコッタやオリーブオイルなどのお土産を持って来てくれました。
優しさにジーンとしましたよ。またお邪魔したいです。


by cibiyukiko | 2017-05-04 20:30 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
2日間、プーリア州カロヴィーニョで暮らすマキさんの御宅にお邪魔します。
このおうち、料理も美味しくて、ただの~んびり過ごすのに最適なのです。旅行の最後にリラックスするために立ち寄る場所です。

10年以上前、1歳のシエコをプーリアへ1人で連れて行くため、あまり移動せずに田舎でのんびり料理を習いたいと探していた時にマキさんご夫婦に出会いました。そこで赤ちゃん連れで快く受け入れてくださり、おばあちゃんの料理を習いながら2週間のホームステイ。
おじいちゃんとおばあちゃん、息子とお嫁さん、そして子供達がいる大家族での温かい食卓。
いま思えば、この時にイタリアの田舎料理の本当の良さを知ったような気がします。
それ以来、南へくる際に、少しでも時間が取れそう!と思うと最後に寄らせていただいています。

こちらのメリーナおばあちゃま(マキさんのお義母さま)が本当に料理が上手で、私の中でイタリアマンマのベスト3に入る凄腕です。(どの方にも美味しい料理を教わりましたが、このメリーナマンマのプーリア料理は本当に絶品です)
有名シェフのお料理もいいですが、メリーナさんのお料理は家族のために愛情をこめて作り続けたきたプーリアの温かい郷土料理。まさにイタリア版おふくろの味。とにかく野菜たっぷりで体に優しいのです。

d0041729_20493230.jpg

6歳だったシエキチも思わずにっこり。

残念ながら、昨年、ご主人のピエトロさんが亡くなった後、すっかり元気がなくなり料理も現在は習えなくなってしまいました。(お義母さまからしっかり料理を受け継いだマキさんのお料理もとっても美味しいですよ)
優しかったピエトロおじいちゃんにはシエコもすっかり懐いていたので寂しくなりました。

さて、こちらの可愛いお嬢ちゃま2人、数年おきに再会し、シエコと遊んでくれる姿はまるで従姉妹のようです。
マキさんも私の親戚のお姉さんのような存在です。ということで、この家は勝手に親戚の家だと思っています。

エンリカとアシアが4歳と5歳。シエコが1歳。こんな小さい時からずっと見ているので、だんだん大きくなるのが不思議な感じでもあり、親戚のおばちゃんのように成長が嬉しい。

d0041729_20574730.jpg

2005年

d0041729_21001034.jpg
d0041729_21103696.jpg
いつもシエコと仲良くしてくれて、優しくていい子たちなのです。しかも明るくておもしろい。

こんな3人も、今回はすっかりお年頃。シエコは中学生、2人は高校生のオネエチャンたちです。   
3人で楽しそうに男のコの話しから、韓流スター、アニメの話まで盛り上がったり、一緒に宿題したりしていました。 
次に訪れるとき、3人はどんな感じになっているのか楽しみです。    
d0041729_21150557.jpg
前回訪れた2011年の様子はこちら

美味しいものが大好きなマキさんの御宅のガッリーナ・ロッサファームはこちら
5月からはプーリアの珍しい郷土菓子をめぐるツアーの企画などもされているそうですよ。


by cibiyukiko | 2017-04-21 22:55 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(2)
カラブリア最後の一食はユミちゃんが用意してくれた朝ごはんデス。
d0041729_23491975.jpg
カラフルなひし形のものはジュッジュレーナという、たっぷりのゴマを固めたお菓子。
白いのは、花嫁のお菓子と呼ばれるズッカリッディ。
d0041729_23493704.jpg
大好きなフリッセ。硬い2度焼きしたパンで、カラブリアやプーリアでは夏の間、このパンにトマトなどをのせて頻繁に登場するものですが、これは薄焼きですごく美味しいの。次にプーリアへ行くから荷物になるし、プーリアで買おうと思って買わずに移動してしまって後悔。プーリアではもうちょっと厚焼きのものしか見つけられず。。次にカラブリアに来たら薄焼きのを買い占めてやるっ!!

朝ごはんを食べた後はのんびり荷造りして、、お昼前のバスでプーリアへ移動します。
バスは4時間弱でプーリアの州都Bari(バーリ)に到着します。

d0041729_23495468.jpg
そういえば今回、カラブリアの外の写真をほとんど撮ってないことに気付く。食べ物ばかりだわ。
ということで、世界の車窓から、、、カラブリアの山々を見ながらバス移動。

長距離バスの場合、たいてい途中でドライブイン??的なところに停まるのですが、こういった寂しい感じのところにおろされることが多いです。シエコはいつも降りないの。私だけトイレ行ったり、ちょっとお店ながめたり。。
こんな、まわりに何もない場所で置いていかれたらイヤだな~といつも思うのですが、運転手さん、出発前には必ず人数を数えてます。それに、たいてい、自分が乗っていたバスだけしか停車していないのでバスがわからなくなる心配もナシ(笑)。
d0041729_23501014.jpg

d0041729_23500215.jpg
カラブリア名物のンドウイヤとカチョカバッロを挟んだサンドイッチがBARで売られていたのでバスの中でお昼ご飯に。

バーリに到着したら、駅で1時間ほど時間をつぶして、電車で1時間の目的地OSTUNIを目指します。
バスは駅の裏口の汚いところに到着するのですが、Bari駅の表にまわると、なかなか綺麗!
駅のBARもこじゃれてました。イタリアの大きな駅は近年、どこも綺麗になってきてますね。

d0041729_23502081.jpg


d0041729_23502711.jpg
電車の車体のイタズラがきも芸術的(笑)。ローカル列車でOSUTUNIへむかいます。
バーリからこの電車で、ポリニャーノアマーレやチステルニーノ、私たちが行くOSTUNIなど、プーリアのけっこうな観光地に行けちゃうので、交通もわりと便利です。

こてこて郷土料理を作るイタリア料理教室CiaoBambina 4月レッスン&5月レッスンもご案内中です。教室HPはこちら↓











by cibiyukiko | 2017-04-17 00:19 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
イレアナマンマのレッスンの後は、丘の上にあるサラチェーナという古い町にある、マウリッツイオさんのこだわりカンティーナへ。イタリア語でサラセンというとイスラム教の人たちのことをさしますが、古い時代にイスラムの人たちが作った街のようです。先日はアルバニア人の集落でお料理を習いましたし、元々はこのあたりはマーニャグレーチャ(古代ギリシャの植民地)ですし、カラブリアって昔からいろんな人種が入ってきている土地なんですね~。
d0041729_22214022.jpg
この風貌から、かなりこだわり屋さんな感じがしませんか?カンティーナの中もアンティーク&アーティスティックで素敵なのです。古いもの、先人から受け継いだものを大事に継承している感じが全身から発せられているオーラからもビシビシ伝わってきます(笑)。
d0041729_22215216.jpg
この町の古いお祭りの衣装なども飾られています。そんな彼が作っているワインは、、もちろんBIOワイン。赤ワインなどもテイスティングさせていただきましたが、購入したのはこのワイン。
d0041729_22220146.jpg
カラブリアのサラチェーナに古くから伝わる特徴的な作り方のモスカート。煮詰めた葡萄を混ぜて糖度を上げてから発酵させ、アルコール度を高める製法です。地元の人の間で作られ続けてきたものの、作り手の減少で打ち捨てられていたこのワインが、近年、その価値が見直され、スローフード協会が定めたプレシディオ(守るべき伝統的食材)に認定されています。香り高いモスカートですが、それほど甘くなく、すっきりとエレガントな味わい。何か美味しい焼き菓子がある時に開けようかな。

ワインをテイスティングした後は、ふふふ、カラブリアのカストロヴィッラリといえば、これを食べなければ帰れません。
d0041729_23081299.jpg

赤ワインのパスタ♪教室でも大人気のこのパスタ。オリジナルの味を確認しに再訪。やっぱり美味しいわ~あ。でも私、手前味噌ですが、かなり同じ味に作れていると思います。
お腹いっぱいだったけど、やっぱりこれを食べないとね。(5年前も確かイレアナさんのレッスンを受けたあと、お腹いっぱいではちきれそうだったのに食べにきた覚えが、、、)次回はお腹をすかせてこの店に来て、かたっぱしから食べたいと思います(笑)。

残念ながら、楽しかったカラブリアはこれが最後の夜。。。。名残惜しいわ~。
旅友のYUMIちゃん、ナポリに一緒に旅したり、昨年はバローロへ一緒に行ったりしましたが今回はユミちゃんのHOMEを攻めてみました。本当に素晴らしい滞在になったカラブリア。ユミちゃんとご主人のシモーネのおかげ。いろいろありがとうね。

とっても素敵な体験が出来るカラブリア州。ご興味があるかたはぜひコチラへ↓ 
カストロヴィッラリ在住のYUMIちゃんがカラブリアへの旅行、今回私がお世話になったアニータさんの料理レッスン等もコーディネートもしてくれますよ。


by cibiyukiko | 2017-04-16 23:11 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
今回、ナポリはカラブリアへ行く途中にちょっと立ち寄っただけ、1泊で移動します。
ナポリ大好きなので、ちょっとピッツアを食べに来たのです。

で、あまり時間もないので出歩かずにホテルでのんびり過ごそうと泊ったホテルはこんな景色♪
d0041729_01172938.jpg
ヴェスビオ火山が正面に!!


d0041729_09531243.jpg
ナポリ湾とヴェスビオ火山を眺めながらテラスで朝食。これが楽しみだったので雨じゃなくて良かった♪
d0041729_09530957.jpg
ドルチェがいっぱい!!今の季節、パスクワのナポリ菓子、パスティエーラもあります。
d0041729_09534777.jpg
パリッパリのスフォリアテッラも!
d0041729_09550272.jpg
朝ごはんの定番、チャンベッラ(4月レッスンでもイチゴ入りのを作りますよ~)甘いものばかりではなく、塩系もありました。
d0041729_09551826.jpg
目玉焼きがぜんぶ一緒に丸く焼かれています(笑)右側はチーズとポテトのフリッタータ
d0041729_09543326.jpg
ナポリらしく、美味しいモッツアレッラ。ほか、トマトやハム、サラミ類もいっぱい置いてありました。
d0041729_09542649.jpg
アマルフィの陶器もカラフル。こうやってソーサーとカップの色を変えるのも可愛いですね。
d0041729_09541775.jpg
d0041729_09515527.jpg
さて、食後は少しお散歩して、カラブリアへ移動します。
この日はタクシーがストライキということで、ホテルに駅まで送迎車を出してもらおうとしたところ、、、、にゃあんと、送迎車が予約がいっぱい!!そうよね。タクシーストとあって、みんなお願いするわね~。
うーん、どうしよう。このホテル、バス停も近くにないし、、と考えていたらホテルの人が知り合いに電話して車を手配してくれました。親切。

車のお迎えが来るまで卵城をお散歩。
d0041729_10004943.jpg


d0041729_10010102.jpg
卵城の上にのぼってみます。誰もいない。。。


d0041729_10011129.jpg
お城の上からの眺め。

d0041729_10013090.jpg
海にも下りてみました。
今回は旧市街はほとんど歩かず、ナポリの綺麗なところだけ散策。

洗濯物がはためくスパッカナポリも好きですけどね~。

d0041729_10100974.jpg


by cibiyukiko | 2017-04-03 09:59 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
2週間ほどイタリアへ行っておりました。今回はナポリ→カラブリア→プーリア→ローマ→最後はなぜか香港

一度も雨が降らず、晴天に恵まれ、習ったお料理もどこも美味しく、今回はシエコと2人でホームステイが多かったので1週間後にはイタリア語もだいぶ記憶が戻ってきて、かなり充実した滞在となりました。

今回の飛行機はキャセイパシフィック。はじめての南回り便です。
しかし、、、香港まで5時間。香港からローマ14時間という長時間。けっこう疲れました~。(やっぱり次回からは北にします、、)

よれよれになって朝の7時にローマに到着。
この日の目的地はナポリ。
ローマの空港からエアポートシャトルで1時間かけてテルミニ駅まで出て、ナポリ行きの電車に乗らなくては、、と思いながら空港を出てスーツケースをガラゴロ転がしながらバス乗り場へ行く途中、、、

ラッキー!!!!!!!!!!!!
なんと、バスの車体に「NAPOLI」と書かれたバスが停まっているではありませんか!!!
運転手のおじちゃんに「ナポリまで行くの!?」ときいたころ、そのバスは違ったのですが、「ナポリ行きはアレだよ~」
と別のバスを教えてくれて、荷物まで運んでくれました。
しかもそのバス、10分後に発車するバス。
ローマの空港からバスでナポリまでいけたら、かなりの時間短縮で、移動もラクラク!!ラッキーな旅のスタートです。
ナポリまで使ったバスは
FIUMICINO EXPRSS.COM フィレンツエ行きのバスも出ているようですよ。2時間半、@25ユーロでした。

いつもひどい目にあっているので(笑)。順調すぎるスタートに逆に不安になりましたが、今回、かな~り最後まで全てがスムーズだったのです~♪

おかげさまで朝からバスの中で爆睡できて10時半にはスッキリしてナポリに到着。

ホテルも早めに部屋に入れてくれました。いつもは旧市街でショッピングに便利なキアイア地区に泊るのですが、今回は買い物しないし、のんびり過ごそうとルンゴマーレ地区で海とヴェスヴィオ火山が見える場所に予約してみました。
まずは海沿いをお散歩してからナポリピッツアを食べに行きます。



d0041729_01154215.jpg
d0041729_01153676.jpg

最近、イタリア各地にこんなのありますね~、恋人同士で鍵をつけるやつ。

さて、イタリア第一食目はナポリピッツア!!
他の地方とはぜんぜん違う、縁がモチモチで中央が薄いシンプルなマルゲリータです。

今回は、ダ・ミケーレより美味しいというソルビッロへ。本店は旧市街にあるのですが、新しくルンゴ・マーレに数年前に出来たということで入ってみました。
d0041729_01160021.jpg
旧市街の本店の方が安くて美味しいとナポリ人たちが言っていましたが、海を眺めながらゆっくり着席するなんて、こちらの店じゃないと出来ません。味だって私からしたら劣りませんよ。

12時半の開店と同時にあっという間に満席に。オープン10分前から待ってて良かった。
ピッツアしかないミケーレと違って、アンティパストやワインなども充実。
d0041729_01161009.jpg
で、調子にのって、フリット盛り合わせを頼んだら巨大なコロッケとフリッタティーネ(パスタコロッケ)が。
いや、でも美味しいから食べちゃえ~♪ まずはイタリアビールで。

さて、すごいの来たよ~。
d0041729_01165129.jpg
d0041729_01163836.jpg
やっぱりイタリアでは1人1枚でしょ。
ワインも頼んでゆっくり食べて、満足満足~♪旧市街のピッツア激戦区ではゆっくりのんびり食べることは出来ないので、こっちがいいな~。
食後にカフェをお願いしようと思ったらメニューにありません。聞くと、「カッフェはバールで飲んだほうが美味しいからね」とのこと。すごい!えらい!ナポリはちゃんとお互いの店をリスペクトして、食後はバールへお客を誘導しているのね~。素晴らしいです。ナポリ人のそういうところ、好きだわ~。

さて、食後はノープランです。夜はサンタルチアで魚介が食べたいので歩かないとね。っていいながら、目に入るのは美味しいお店ばかりで目の毒だわ。
d0041729_01165742.jpg
ナポリへ行ったら必ず買って帰るガイオディンのチョコレート。ここのチョコレートのジェラートがまた濃厚でおいしいの。
d0041729_01173499.jpg
ああ、でもこちらのジェラート。ナチュラルで美味しい乳製品を使っているということで、今、ナポリで一番人気の行列必須のジェラート屋もすぐ近くに。。。。ダメダメ。
d0041729_01293859.jpg

ちょっと歩くと、ゼッポラにスフォリアテッラ、ババ、、ナポリの美味しいドルチェの誘惑もあるし、本当に困った街です。

どこかに避難しなくては~!!ということで、料理の師匠、マリーサの家に突撃訪問。

今回も料理を習いたかったのですが、初日に飛行機ついたばかりで料理を習うのはちょっとしんどいので、今回はお願いしていませんでした。でもやっぱり会いたいので突撃(日本人なら迷惑がるよね。でもナポリ人だから多分大丈夫)

アポなしで行きましたが、喜んで迎えてくれました。そして、「なんでお昼食べちゃったのよ~、電話くれれば一緒に何か作ったのに~」という優しいお言葉。
次回は必ずしつこくメールしてから行きます。

双子のお孫ちゃんが一緒に住んでいるマリーサ。もう家中どこもかしこもおもちゃだらけ(笑)。元気な2歳児たちで、もう大騒ぎに。
d0041729_01174294.jpg


d0041729_01343645.jpg

d0041729_01433757.jpg

d0041729_01180950.jpg
次女のルチアーナも元気でしたよ。さっきまで一緒に遊んでいたのに、子供達にめっちゃくちゃ珍しそうに見られている私、、(笑)。長旅で薄汚いからかしら。日本を発ってから顔を1日以上洗ってないからね(苦笑)。

d0041729_01174553.jpg
夕暮れのプレヴィシート広場。やっぱりナポリいいな~。しかし、、まだおなかいっぱい。。。サンタルチアでの魚介は今回は断念。(っていうか、無理して食べようとする私に、シエコが「明日からいっぱい食べるから今日は辞めておいたほうがいい!」と。大きくなったシエコが私のストッパー:笑)
by cibiyukiko | 2017-04-03 01:35 | 南イタリアとサルデーニャ | Comments(0)
このままパリに居たら胃がやられて大変なことになりそうなので退散しますっ!!

シャルル・ド・ゴールからエールフランス直行便で成田へ。

その前にビジネスラウンジへ。お腹がいっぱいなんだけど、せっかくなので、、実は今回の旅行、シエキチが一番楽しみにしていたのは、このラウンジと帰りの飛行機(それ、イタリアでもフランスでもない:苦笑)。
d0041729_2303688.jpg

泡が私を呼んでいたので、、つい。
d0041729_231929.jpg

フードはもっと重いもの、パスタやポタージュ、リゾットなどいろいろ並んでいたのですが、さすがに無理でした。軽めにしたつもり。

嗚呼。胃が元気だったらコチラもいったのに。。。断念。
d0041729_2323977.jpg

こういうの、自分でカクテル作れたら楽しかったな~。
d0041729_2325168.jpg

いや、カクテルじゃなくても、元気だったら原液で行けただろうに、、、食べ過ぎた自分をただ後悔。。。

でもデザートは食べておこうっと。
d0041729_234021.jpg

ケーキもいろいろありましたが、そちらはスルーして、マカロン積んでみました。

かなりお腹がいっぱいで飛行機に搭乗。
座ったらとりあえずアペリティフ。貧乏性なので、胃が痛いのにジントニックをお願いしました
d0041729_237479.jpg


そして機内食。
d0041729_2310411.jpg

まずは前菜。見た目よりも案外美味しかったのがフォアグラのテリーヌにイチジクのチャツネ。
d0041729_23102336.jpg

チーズはお好みで選べたのでサントモールにブリアサヴァランの2種を。どっちも大好き♪
d0041729_23104936.jpg

メインは4種類から選べましたが、う~ん、お腹いっぱいだったので残しました。シエキチは和食を選んで、まあまあな感じでした。
d0041729_14525023.jpg

で、デザートは、レモンとフランボワーズのソルベ2種にチョコレートムースにフィナンシェ、マカロン、その他いろいろ。動かない機内なのに、1時間以上機内食が続き、ちょっと食べすぎ~。

飛行機が到着する前の軽い朝食はクレープのグラタンでした。
d0041729_21141457.jpg

朝シャンせずにオレンジジュースで。。。。

いつもは機内食抜きダイエットで少々体重を落として帰国するところですが、今回、完全に作戦失敗。
まあ、足を伸ばせてフルフラットで疲れないフライト。いつもは長くて辛い13時間ですが、これだったら20時間くらい乗ってたいわ~。

しかし、今回、胃が疲れていたのが残念。次回、また機会があればラウンジを飲み干したいと思いますっ!!
シエキチ、大人になったらママを連れてって~。

旅行記 完。
by cibiyukiko | 2015-05-13 23:08 | フランス | Comments(0)
食べているだけのイタリア&パリ日記を読んでいただきありがとうございました。
いろんな方が、ブログ楽しかった~、と過去形で言ってくださるのですが、、

まだ終わってませんからっ!!

あ。まだ食べ続けているだけなんですけどね。

最終日。出発2時間前、、朝7時半過ぎににスーツケースを無事に受け取りました(苦笑)。
もういらんっちゅーの。日本に送って欲しかった!!
おかげで、空港までタクシーだわ。

まあ、パリで買い物した荷物を収められるのは良かったので、安心して朝食を買出しに行きました。
この店が目当てでホテルを選んでいるようなものなのです。(その割には今回、2回しか利用せずでしたが)

ホテルの扉を出て30秒の場所にある「ジェラール・ミュロ」。
d0041729_215566.jpg

パンにお惣菜、そしてケーキ、なんでもあって、どれも美味しくて、そして感じの良いお店なのです。
d0041729_2162143.jpg

1人用の小さなものから、22センチくらいの大きなものまで、いろんなキッシュが並んでいます。
d0041729_21114265.jpg

左下のこれって、お弁当風! 羊肉のなんとか、、にお野菜とライスが入ったランチBOX
右はタブレ~♪
d0041729_2172449.jpg

美味しいバゲットにクロワッサンにデニッシュなどから具沢山のサンドイッチまで。いろいろあって悩みます。

朝早く行っても、デザートまで完璧に揃っちゃう。
d0041729_21125586.jpg

d0041729_21131214.jpg


そしてついつい買いすぎます。。
少々胃をやられていたのと、今回は帰りの飛行機がビジネスなので本当は朝食をとらない方が良いのですが、、、。

スーツケースが届いたお祝いだあ!!
スーツケースの中に入っていた、リパリ島から持ち歩いていたプロセッコを開けて朝から乾杯!!
d0041729_21153762.jpg

d0041729_21155348.jpg


ふう。朝からまた食べ過ぎた。。そして、この後、空港と飛行機で大変なことに。
そこでついた贅肉はGW明けの今もまだ落とせておりませぬ。。
by cibiyukiko | 2015-05-13 00:17 | フランス | Comments(0)
さて、翌朝。もう胃が疲れてボロボロだったのですが、シエキチが「もう1回、シューファルシーが食べたい!」と言ふ。

ママはもう何も食べないよ~、と言いながら、昨日の朝のカフェへ。
d0041729_072858.jpg

カフェ・マロッキーノをすすっていたのですが、、
シエキチのシューファルシーに触発されて・・・
d0041729_087100.jpg

オニオングラタンスープ。いってしまいました。
ま、日本的には朝ごはんにスープ、って間違いじゃないよね。

さて、本日はパリ最終日。
だけど雨。

そんなわけで、朝から買い物に徹しました。
d0041729_010214.jpg

ピンク色に飾られているプランタン。150周年だそう。
館内にすごい行列があって、ナンダロウと思って行列の先まで行くと、シャネルの店舗でした。
並んでいるのは全員、中国人。おお~。。。一昔前、バブル期の日本人のようですね。
どこもブランドのお店は中国の方だらけでした。
d0041729_093277.jpg

まあ、私達が買うのは食べモンとかなんですけどね。
ラデュレとボワシエのマロングラッセを購入し、休憩がてら、私達も1個づつ食べ比べ。

そして2年前に行きそびれた「ル・コントワール」でランチをするため、オデオンへ。
あえて時間をはずして、14時過ぎに到着すると、すぐにお店に入れました。
d0041729_0164817.jpg

d0041729_0171067.jpg

シエキチはパテ・ド・カンパーニュを。
そして私は胃が痛いのでロブスターのヴィスクを。念願のお店へ来たというのに今日は流動食だけです。ううっ。。
d0041729_0182140.jpg

そうしたら、パテ・ド・カンパーニュがすごい量で驚き。テリーヌ型のまま運ばれてきました。
これって、どうするの?一切れだけとって返すの?どうみても4人~6人前。
でも返されても困るよね。と、せっせと2人でいただきました。残しちゃいましたけど。
d0041729_0201696.jpg

胃が痛い私も加勢せねば。と赤ワイン片手にお手伝い。

この後はサンジェルマンデプレ界隈でキッチン雑貨をみたり、ボルディエのバターを買ったり、、やっぱり食べモノ関係のお買い物。

夕食は、私は抜きで。
シエキチはラヴァンコントワールに今日も行きたがり、、
入り口でクレープだけ。
d0041729_0261794.jpg

ここはクレープも有名なのです。
d0041729_027519.jpg

のれんをくぐれば、ラヴァンコントワール。

私はカワイソウな胃を休憩させてあげることに。そして最終日の夜は更けてゆくのでした。
翌朝、日本にむけて出発しますが、紛失中のスーツケース、まだ届いておりませぬ。

パリで買い物した子達をどこに入れましょう。スーツケース買っちゃえば良かった、と思っても、もうお店は空いていないし、、翌朝、フロントで紙袋でももらおうかな~(涙)。
by cibiyukiko | 2015-05-08 07:45 | フランス | Comments(0)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
**
千葉県船橋市や東京都内企業ショールームにてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン
*検索*
*最新のコメント*
ありがとです♪
by cibiyukiko at 22:07
楽しみ♡
by casadelsole at 21:19
ボルツァーノ、かな~り良..
by cibiyukiko at 11:22
わー!ボルツァーノ行きた..
by pompelmo-24 at 12:18
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
*ブログジャンル*
*ファン*