タグ:食べ歩き ( 59 ) タグの人気記事
オンダリビアの素敵なパラドールで爽やかな朝~を迎えました♪
d0041729_22501201.jpg

部屋の窓からの景色は対岸のフランスです。
夜中まで本当にお腹が苦しくて、もう今日は何も食べられないんじゃないかと思っていたのに、、、。

d0041729_22484378.jpg
なんだかスッキリ!
しっかり朝食とってます♪ あら、右手に持っているのは~

d0041729_22490321.jpg
カヴァ(笑)。お兄さんについでいただいてます。リオハの赤ワインもあったので飲みたかったのだけれど、、
この日も食べる予定がいっぱい詰っているので朝食は控えめにね。


d0041729_22493223.jpg
って言いながら、、、卵料理はエッグベネディクトを作っていただきました。
卵の下に隠れたほうれん草がいい味だしてる~。スモークサーモンとかベーコンとか山盛り添えちゃいましたよ。


d0041729_23121425.jpg
暖かい季節ならパティオ(中庭)で朝食もいいですね。

オンダリビアのいわしのマリネにイベリコ豚の生ハムにサルシチョン、、、朝から盛りだくさんなパラドールの朝食でした。

さて、まずはパラドールの中を探検。

d0041729_22494148.jpg
ロビーはこんな感じ。


d0041729_22502525.jpg


d0041729_22495189.jpg
ここはダイニングルームかな?

フロントの奥は昔の牢獄だったそうです。

d0041729_23083123.jpg
何か出そう?と友人は夜中、ちょっと怖かったそうですが、全然怖くないですよ。素敵なお宿でした。
d0041729_22521385.jpg

d0041729_22522365.jpg
d0041729_22511480.jpg
d0041729_22513144.jpg
外観は堅固な壁!!って感じのパラドール(右側)でした。

さて、13時にオンダリビアの名店「ALAMEDA」を予約しておりましたが、、、朝起きて閃いた!?
アラメダの予約を14時30分に変更して、13時からエルマンダペスカドーレスに魚介のスープを前菜として食べに行くことにしちゃいました。この食への執念、我ながら笑えるのですが、それに付き合ってくれる友人がすごすぎる。。
普通、「またバスクに来なさいってことだよ~」とかなんとか言って私を止める人がほとんどですが、
「なんとかスープの店行けないかね~」って一緒に考えてくれたチャッキーナすごい。

スープだけさくっと食べてお店出ちゃえばいいじゃーん。ネ。

ってことで13時までオンダリビアを散策しましょ。常に「お腹すかせなきゃ」と言いながら歩く私達です。


↓4月のレッスンに4月14日(土)週末開催を追加いたしました!



[PR]
by cibiyukiko | 2018-03-25 23:24 | スペイン | Comments(0)
カラブリアのチェトラーロから3時間半、ナポリに到着。
ナポリではシエコの中学校のママ友と宿泊するB&Bで待ち合わせ。
そして、ナポリに住むレジーナとも合流して、夕食を一緒に食べに行くことになっていました。

19時にナポリ駅に到着したら地下鉄でトレド駅に向います。
スーツケースを持っていてもエスカレーターやエレベーターがあるので便利です。宿泊するB&Bがトレド駅を出た目の前なのでこれを使わない手はありません。
ローマやパリの地下鉄よりよっぽど綺麗ですよ。

d0041729_00354459.jpg
d0041729_00355272.jpg
トレド駅なんて、天井が宇宙みたいになっちゃってます。

さて、無事にレジーナにも友人にも合流でき、夕食にむかいます。
どこも予約していなかったのですが、レジーナがおもしろいお店があるよ~と電話をして、奇跡的にとれたのが
NHKの「世界入りにくい居酒屋」で紹介された「Antica Capri」
http://www.nhk.or.jp/nikui/09_napoli/recipe.html

アニータさんの料理レッスンでお腹はまだいっぱいだったのですが、そんなおもしろい店、行かないわけにはいきません。
スペイン人地区にありますが、ケーブルカー駅のすぐ裏なので、まだ夜でも危なくなくさっと行ける場所にあります。
d0041729_00480582.jpg
お店は予約以外の人は入れないように入ったら鍵が閉められて、閉じ込められちゃいます(笑)

おまかせでお願いしたところ、ナポリ名物がどんどん運ばれてきました~。
写真、4人分です。

d0041729_00483551.jpg
水牛のモッツアレッラのボッコンチーニとルッコラがピッツア生地のコルネの中から零れ落ちそうに出てきます。
左下はフィリアリエッリ(ナポリのふゆ野菜)とチーズがたっぷり包まれたロトーロ
右上からトマトのブルスケッタ、旬のシラスのせ、ナポリ風アランチーニにポテトのクロケット
かじきのマリネ


d0041729_00484430.jpg
まだ続く前菜はナポリサラミとプリモサーレのルッコラ入りと唐辛子入り
ナポリ風ポルペッティーネ
ワインはナポリらしくCoda di Volpeとfalanghinaをお願いしました。



d0041729_00485316.jpg
で、ジャーンと登場したのが名物料理のこれ!すっごい大きさなのですよ。大きな鍋にピッツア生地がかぶせられたオーブン焼き。
中は魚介がたっぷりのパスタが入って、香りがパン生地に閉じ込められているのをテーブルの上でナイフで開けてサーブしてくれます。
d0041729_00490169.jpg


お皿の上に切った生地をのせて、その上にパスタをのせてくれるのですが、パン生地が魚介のソースを吸ってまた美味しいの!
さすがにお腹がいっぱいでセコンドのタコのルチアーナ風(食べたかった、、)はパスしてドルチェに。

d0041729_00490989.jpg
ドルチェにはやぱりナポリらしくババ。これ、ちょうど良いミニサイズで美味しくいただきました。

昨年も書いた気がするのですが、ナポリのピッツエリアやトラットリアでは食後のカッフェは出ないことも多いのです。
それは、街中に美味しいカッフェを出すバールがたくさんあるから。
お互いの仕事をリスペクトし、領域を侵さないようにしているんですって。

そんなわけで、ナポリの街が初めての友人にぜひナポリのカッフェを味わってもらいたくて食後は老舗のガンブリヌスで〆。
到着早々、ナポリを満喫した一日でした。

d0041729_00492132.jpg
レジーナ、久しぶり!!美味しいお店を教えてくれてありがとうね!(ガンブリヌスにて)

3月メニューもナポリレッスンです♪ 過去メニューのため16日のみ満席ですが他の日程は余裕がございます。
お待ちしております。




[PR]
by cibiyukiko | 2018-03-10 00:56 | ├カンパーニャ | Comments(0)

ここはヴェネツィアのバーカロ(居酒屋)か?と錯覚するようなお店が銀座のビルの中に♪
ヴェネツイアのバーカロ好きの私にはたまらないお店です。内装も本当に本場ヴェネツイアそのまま!

入り口を入るとすぐ、待ち合わせにぴったりのスタンディングエリアがあります。
お1人で軽く飲んで行かれる紳士とか、待ち合わせのカップルとか、いろいろな方が利用しています。

d0041729_20330984.jpg
d0041729_20315609.jpg
見るだけでも楽しいバンコーネに並んだチケッティ(おつまみ)の数々。100円から好きなものを好きなだけ選べるのも魅力的。ここでプロセッコ片手にちょこっと前菜を食べて奥のテーブルに移動するも良し、ここで何時間もつまみ続けるも良し

d0041729_20383179.jpg
上から左周りにタコの煮込み、ブリのカルパッチョ、バッカラマンテカート、ミートクロケット、キャベツのマリネ、中央はトマトのマリネ。
どれも美味しくてワインが進んじゃいます。少しづついろんなものを選べるって、女子にはたまらないですよね。
本当は片っ端から全部お願い!と注文したいところですが、この後、奥のテーブル席でディナーなので我慢我慢。
d0041729_20325247.jpg
d0041729_20321364.jpg
テキパキと働くスタッフたちが、「これ食べたーい♪」と言うとお皿に盛り付けてくれます。

では、中に入って着席でお料理をいただきます。


d0041729_20332946.jpg
ヴェネトといえば、ビゴリ・イン・サルサにイカスミのリゾット
私がヴェネツイアで必ず注文する組み合わせです。
d0041729_20333777.jpg
歯ごたえもしっかりアルデンテのリゾット。美味しい!!
もう、口が黒くなるとか気にせずいっちゃいましょ。


d0041729_20335399.jpg
アクアパッツアはイケメンイタリア人スタッフのエッレさんが綺麗に取り分けてくれました。

肉料理も切り分けてくれます。↓
d0041729_20342065.jpg
d0041729_20343106.jpg
豚肉の溶岩グリル。炭火焼ともまた違うふっくらとしてジューシーな焼き加減。焼き野菜も甘くて美味しい。

と、そこに、、、嬉しいサプライズ!!
d0041729_20344946.jpg
わあい♪バースデイプレート!! 歳はとりたくないけど、お祝いしていただくのは嬉しいですね!ありがとうございます。
d0041729_20350724.jpg
もう酔ってるから何がなんだかわからずに食べるww
どれも美味しかったことは覚えてマス。

食後にはアマーロ

d0041729_20352469.jpg

d0041729_20340717.jpg
美女と一緒で楽しくてついつい飲みすぎちゃいました。ちょっと飲みすぎて実は今日は二日酔い。。。
バラババオ銀座


最初から最後まで、どれもとっても美味しく、使い勝手の良いお店です。ヴェネツィアにすぐに行けなくてもこちらに行けば本場ヴェネツィアの雰囲気が味わえますよ♪
でも、本場のバーカロより実はメニューが豊富な銀座のバラババオでした。もうヴェネツイア行かなくていい???

ヴェネツイアのバーカロへわりと最近のものと、シエコがまだチビコだった頃に行った時のブログはコチラ。






[PR]
by cibiyukiko | 2018-02-06 21:05 | イタリア料理店 | Comments(0)
この9月で結婚20周年を迎えました。
これまで、結婚記念日は家族3人のイベントだから、、という夫の意向で、娘が生まれてからは3人で食事したり旅行をする記念日にしていましたが、今回は14年ぶり!に2人でお祝いしてみました。

結婚式を挙げたひらまつ、私達が挙式をした表参道のメゾン・ド・オペラは現在はなくなりましたが、ちゃんとひらまつ挙式の会員として登録されているので、グループのどこの店へ行っても温かいサービスを受けることが出来ます。
当時は3店舗くらいしかなかったと思うのですが、今ではパリのお店のほか、全国に展開して30店舗あるそう。
20年も経つと生長しますね~。

この日はグループのアルジェントASOへ。
記念日にはやはり繊細なイタリアン、いいですね。素材がよくて本当に美味しく、また細やかな気配りのサービスも素晴らしく、ゆったりと楽しい時間を過ごさせていただきました。

d0041729_20103140.jpg
ガスパチョのジェラートに、北海道産メロンと生ハム。海老のマリネ

d0041729_20104132.jpg
長崎産のカンパチ。美味しすぎる!


d0041729_20105796.jpg
パスタにはサマートリュフが登場。


d0041729_20111214.jpg
いっぱいスライスしてくれましたよ~♪


d0041729_20112287.jpg
天草大王を使ったカサレッチェ、サマートリュフがけ



d0041729_20113407.jpg
アンチョビのフォカッチャと黒オリーブの焼きたてフォカッチャ。
席についてから焼いてくれたもの。

d0041729_20115783.jpg
これ、バターみたいな濃厚な風味にしっかりめの樽香でアメリカのシャルドネみたい。
すごく美味しい。白ワインが好きじゃない夫もこういうのは大好き。


d0041729_20114821.jpg




d0041729_20120451.jpg
魚料理は甘鯛のヴァポーレ。火入れが素晴らしく、美味しすぎました。

d0041729_20121338.jpg
セコンド二皿目は北海道産仔牛のカツレツ。
国産バルサミコがかかっています。

d0041729_20122125.jpg


d0041729_20122967.jpg


d0041729_20123650.jpg
チーズは私はエポワスにカルヴァドスのウオッシュにレーズン風味のクロタン。
夫はひたすらミモレット。


d0041729_20124432.jpg
ここでお店からのプレゼント!!写真だとわかりにくいですが、4人分くらいあるサイズ。
まだこの後、コースのドルチェがあるのでこのケーキはお持ちかえり用に箱に入れいただきました。


d0041729_20125299.jpg

d0041729_20130042.jpg

シエコも大きくなってきたことだし、これからは結婚記念日はひらまつ30店舗を攻めてみるっていうのもいいね、なんて。
パリ店がゴール!? 沖縄にも出来るんですって。どこかにはオーヴェルジュもあったから、旅行とセットじゃないと制覇できません。
30年間で30店舗、制覇できるように2人とも元気にまたがんばります。


今週はシエコ弁当作ってアメブロにも載せてまーす



[PR]
by cibiyukiko | 2017-09-14 22:19 | イタリア料理店 | Comments(0)
こちらも大好きなイタリアン。広尾にあるプーリア料理のアンティキサポーリ。

前菜が次から次に出てくるプーリアそのままのスタイルが楽しいお店です。
内装も、イタリアから運ばれ、プーリアにあるアンティキサポーリと同じものを使っていて、イタリア感満載です。

ワインの仲間たちで行ってきました。みんなエレガントで美味しいワインはいっぱい飲んでいる友人たちですが、南イタリアのまったり、ぽってりした親しみやすいチャーミングなワインも楽しんでね~。

d0041729_19370650.jpg
まずはプーリアのロゼスパークリング
ほど良い重さのロゼでした。

いつも出される焦がし小麦のフォカッチャ、すいつくようなもっちり感で大好き。

d0041729_19371875.jpg
前菜だけでこんなに!! 
大好きなとろとろチーズ、ストラッチャテッラにはサマートリュフを贅沢にたっぷりかけてくださいました。


d0041729_19394539.jpg
パスタはオレッキエッテにファッロ入り海老のリゾット
パスタにはプーリアの土着品種 ススマニエッロが少しブレンドされたワインを。


d0041729_19402135.jpg
馬肉のフィレとサルシッチャにはしっかりめの赤をデカンタージュしていただきました。

d0041729_19435436.jpg
かなりお腹がいっぱいだけど、美味しいからたべちゃいます。

そしてここから、ドルチェ&リキュール祭り。
ほんと、このお店私好み(笑)

d0041729_19474491.jpg
リキュールだけじゃ飽き足らず、モスカートもいただく私たち。

幸せすぎるランチでした。




[PR]
by cibiyukiko | 2017-07-28 19:49 | イタリア料理店 | Comments(0)
最近、ご飯を食べに行ってもスマホで写真→帰りの電車でfbにアップ
なパターンが多くて、ブログに食べ歩き記事を全く書いておりませんでした。

fbって、過去をさかのぼってみようとすると、えらく大変ですよね。やっぱりブログに載せた方が自分でも振り返りやすいので防備録のためにお気に入りの店、
ささっと載せておきます。

そういえば春だったけど、、
井の頭線沿線ってホント、うらやましい~。
イタリアワインに特化した良いお店がいっぱいあるんです。

まずは、井の頭公園にある「イタリアワインの阿部」さん。
楽しいソムリエの流れるようなトークを聞きながら、笑って美味しく飲める店。
食べ物も、ちょっとした盛り付けのセンスとか、イタリアらしく、何でもないものが(失礼!)ちょっとした工夫ですごく美味しいおつまみになって出されるお店です。
こんなお店が近くにあったら、ワインの勉強という名目で毎日通いますわ。
d0041729_15042581.jpg
そしてそのまま、はしご酒~。阿部さんのお店から富士見が丘に移動するゴールデンライン。
富士見が丘にあるヴェネチアンスタイルの居酒屋「バーカロ・フェッロ」

本場ヴェネツイアに負けずおとらずの素敵なお店です。
こちらも、近くにあったら、、、いや、近くなくて良かった!ママが家にいつもいない!ってことになっちゃうからね。
d0041729_15043264.jpg
店主のマキちゃんこだわりの、本当に素敵なお店。ヴェネツイアらしさはそのままに、さらに進化したお店です。
岩本さんが作る絶品のお菓子も並んで最強ですよ。


行き過ぎて最近ブログに載せていませんが、こちらもちゃんと行ってます。
神田にある「LA TESTA DURA」
私から行きたい!と思わなくても、友人達が、「ユキキーナとテスタドウーラに行きたい」、と声をかけてくれるので、気が付くとやっぱり行っているお店。
よく教室新年会で貸切でお願いしていますが、スミマセン、やっぱり4-6名くらいで行くのが最高に美味しい。
d0041729_15130062.jpg
ランチバージョン
d0041729_15130728.jpg
testadura夜バージョン 仲良しのママ友と2人でがっつり行っちゃいましたよ~。そして船橋ではしご(笑)

そして、こちらも最近よく行く赤坂の「スコリエーラ」さん。
歳のせいか?? 最近、肉より魚が大好きなのです。スコリエーラさんは、八丈島の船長さんがオーナーの、とびきり美味しい魚介が食べられるお店です。

d0041729_15154804.jpg
d0041729_15155930.jpg

d0041729_15171345.jpg
d0041729_15172029.jpg
「いい尾長鯛が入っているんです~、ユキキーナさんが来る日はいつもいいのが入ってて~」
とマダム。魚に私が呼ばれているのか、魚が私に呼ばれてるのか?

d0041729_15172782.jpg
魚料理だと白をあわせがちですが、スコリエーラさんの力強い魚料理には南イタリアのワインもよくあいます。
最近、アリアニコが好き。このワイン美味しいです。

イタリアン以外のお店はアメブロに綴っています。最近は夏休み中の娘とのデートネタが多く、がっつりハンバーガーをたべに行ったり、スイーツビュッフェに行ったりしています。 ↓ アメブロもよろしくお願いします♪



[PR]
by cibiyukiko | 2017-07-28 15:20 | イタリア料理店 | Comments(2)
プーリアのブリンディシ空港からローマ・フィウミチーノ空港へ約1時間の空の旅~。

イタリアサイドのアリタリアHPでチケットを購入したらプーリア→ローマ間が1人あたり3000円!!
やっす~い♪ と大喜びだったのですが、当日、カウンターに行ったら荷物は別料金のチケットを買っておりまして。。
預け荷物が6000円かかりました。お荷物様、人間の2倍。。。
しかも、その料金を支払いに別にカウンターに行かされ、そちらのPCが途中でフリーズしたりなんかして、やたら待たされました。。。。。アリタリアめっ!!

気を取り直して、ローマまでひとっとび~。
今回は、空港があるフィウミチーノ村に泊ります。イタリアの玄関口であるレオナルド・ダ・ヴィンチ空港は別名ローマ・フィウミチーノ空港と呼ばれています。

空港があるフィウミチーノ村は昔からの漁村で夏は家族連れや近隣の若者で賑わうビーチなんだそう。
魚介が美味しいと聞いて、ローマ市内へは出ず、空港から5分のb&bをネットで予約したところ。。

この家の娘、美少女ミケーラちゃんは日本のアニメ好き!初めて話す同年代の日本人シエコにすっかり興奮状態で仲良しに。一緒に御飯食べに行こう!って盛り、B&Bのすぐ近くにある海沿いのトラットリアに食事に連れていってもらいました。

d0041729_23514369.jpg
前菜盛り合わせを二人分お願いして、3人で一緒にシェア。
初めて会ったイタリア人の女の子が一緒だったので、写真をパシャパシャとるのも気がひけて前菜の写真、これしか撮っていないのですが、プーリアのわんこアンティパストとまではいきませんが、前菜のお皿がこの他に3皿も!
新鮮で美味しくて、しかも、すっごい安いの! なるほど~、フィウミチーノで魚介、いいです!

d0041729_23542827.jpg
シエコとMちゃんは仲良くピッツアをシェア。
イタリア人って、ピッツア1人で一枚食べるよね~と聞くと、仲良しのお友達とは、たまに半分こしたりするよ~とのこと。


私はスカンピのニョッキ。これも美味しかった。
d0041729_23564314.jpg

d0041729_23582083.jpg
最初は私が間に入って通訳していましたがその後は二人で何語か知りませんが楽しそうにミケーラちゃんのお部屋で遊んでました〜♪
シエコは今回は今までよりいろんな人とコミュニケーションが取れて語学の必要性を感じたようです。
この出会いのおかげで、シエコは今回はイタリアから帰ってからイタリア語の勉強を始めていましたが、、、
そういえば最近、やってないなあ。あれ???

翌朝、学校へ行くMちゃんを見送った後はB&Bのマダムに送ってもらって空港へ。


あら!?ローマの空港が綺麗になってる‼︎ ちゃんとした窯焼きナポリピッツァの店が出来てる〜♫
今までローマから帰るときにお世話になっていたモッツアレッラBAR Obikaがなくなって悲しんでいたけれどこれなら最後まで安心。笑


Eゲートのブランドショップの上階がレストランエリアになって、その中のFalinellaというピッツエリアへ。
ピッツア以外にも「ちゃんとした」サラダとか、ドルチェとかあり、各テーブルに充電用差込口までついていました。それ以外も、ちゃんとしたお店ばかりでびっくり!
今まで、とても美食の国とは思えないひどいフードコートでしたが、美食の国の玄関口にふさわしくなりましたよ。

d0041729_00020392.jpg
シエコは最後までナポリピッツアを堪能。若いコはよく食べるな~。
d0041729_00022543.jpg
最後はぐだぐだになったイタリア旅行記2017はとりあえずお終いです。この後、乗り継ぎで香港ディズニーランドってのが待っているんですが、これがキツかった~!。いろんな意味で。。。






[PR]
by cibiyukiko | 2017-07-05 00:16 | イタリア旅行記 | Comments(0)
今回、すっごい偶然からカロヴィーニョの料理人、ヴィートさんにお料理を教えていただきました。
d0041729_23415563.jpg
それは、2月のこと。いつも教室の食材をお願いしている業者さんのワイン試飲会へ行った時。
イタリア人スタッフの方と何気ない会話から、彼がプーリア出身だと知り、「来月、プーリアのカロヴィーニョに行くんです~」と言うと、
その彼、なんとカロヴィーニョ出身で、しかもお父さんがリストランテをやっているというではありませんか!!

「わ~!!!お父様に料理教えていただくこと出来ませんか?」
と厚かましく聞いてみると、彼は私が泊めてもらうマキさんご一家と仲良しなことが発覚!なんて世界は小さいんでしょう。

その日のうちにマキさんに連絡が行き、ヴィートさんのお宅で料理を教えていただけることに♪やった~!!

一見、怖そうなおじさまですが、優しくて笑顔が可愛い方です。
朝9時、マキさんの家まで迎えに来てくださり、シエコと2人でヴィートさんの御宅へ。

ヴィートさんと一緒に何件もお店をまわり、材料を買うところからスタートです。
まだ、この時点ではヴィートさんがどんな人かわかっていないので、ちょっとドキドキしながらショッピング(笑)。
(実はと~っても優しいおじさんだったんですけどね)
d0041729_21211083.jpg
とりあえず、置いていかれないように、必死でついて行きます(笑)。

d0041729_23454125.jpg
おうちに到着すると、奥様のフランチェスカさんが迎えてくれました。イタリアのお約束、寡黙な夫とよく喋る妻ペアです(笑)。あ、とっても感じよくて優しい奥様ですよ~。
d0041729_23465157.jpg
d0041729_23504156.jpg
プーリアのターラントは良質のムール貝で有名な土地。ムール貝を使った料理をたくさん教えていただきます。
d0041729_00014330.jpg
d0041729_00020249.jpg
シエコは学校の宿題をしたり、勉強に飽きたら一緒に料理したり。
d0041729_00033075.jpg

さて、お昼ご飯がどんどん出来上がっていきます。
そろそろご飯かな?と思っていると「今からサラダを作るぞ!畑に行くぞ~」

「は、はいっ!!」 野菜の収穫に行きます。ヴィートさんちの3匹のワンコも一緒に。
ここ掘れワンワン的な?
d0041729_23565956.jpg
サラダに入れたい野菜、なんでも好きなの言ってくれ!何でもあるぞ~とヴィートさん。
d0041729_00170290.jpg
チコリエにカルチョフィ、フィノッキオにオレンジ、レモン、ビエトラ、マーシュ、どんどん畑から収穫していきます。
d0041729_00075010.jpg
そこで、ヴィートさんの部下のシェフ、同じ名前のヴィートさんが遊びに来て合流。
なにやら仲がいい2人。

私たちも仲良くなったよ~。

d0041729_00082915.jpg
d0041729_22322079.jpg
d0041729_00113276.jpg
さて、収穫した野菜もプラスして楽しいお昼ご飯です。どれも無農薬で新鮮、採れたて野菜という贅沢!

豪快にレモンを搾ったカルチョフィのカルパッチョ

d0041729_00213731.jpg

d0041729_00123954.jpg
フィノッキオをバリバリ食べるサラダ!! 野菜たっぷりのプーリア、ほんと好き~!!こんなメニュー、北イタリアじゃあ出会えません。

d0041729_00260297.jpg
この後、お約束の自家製リキュール祭りが繰り広げられ、なんだかすっごく大盛り上がり!!(笑)。
弾丸トークの酔っ払い集団、ずーっとおなかを抱えて大笑い。

お酒が入っていないシエコも、「なんなの!?この盛り上がりは~!!??みんな酔ってる~」と大うけ。
ノンアルコールでも一緒にテンションを上げてくれるシエコ。小さい頃からいつもそう。
偉いねえ。付き合ってくれてありがと~。

そして、初対面なのに、しかも厚かましく料理教えてくれとおしかけたのに会った初日からこんなに仲良くなれるイタリア人、ほんと好き~(笑)
さて、この後はまた野原に夕食の材料を採りに行きます。・・・後編に続く。
[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-26 00:37 | ├プーリア | Comments(0)
翌朝、プーリア快晴♪♪まずはBARで朝ごはん。前日に喉までいっぱいになるほど夕食を食べたというのにお腹が減るのはなぜ?? イタリアマジック~!!
d0041729_19193770.jpg
シエコはラッテ・エ・カッフェ(カフェラッテの牛乳多いバージョン)と朝からジェラート。
私はコルネットをひとつとカプチーノ。

食後は迷子になりそうな白い街をお散歩。昨日は寒かったけど、お天気の良い日にのんびりお散歩すると気持ちのいい町です。
d0041729_19202882.jpg
ナポリ、カラブリアと食べ続け、プーリア初日の夜も飛ばして食べてしまったので、気休めにこの階段をシエコと2人で10往復してみました。
d0041729_19195598.jpg
OSTUNIの町からはアドリア海が見渡せます。今日のお昼はあの海に雲丹を食べに行きます!!
d0041729_19201386.jpg
さてさて、雲丹を食べに行っちゃいますよ~!!
d0041729_19291737.jpg
海沿いにある魚介が美味しいお店へ。小屋の中でお店の人がせっせと雲丹の殻を開けています。
d0041729_19295390.jpg
d0041729_19300302.jpg
d0041729_19313131.jpg
しえこと2人で雲丹を30個お願いしました♪ 
日本の雲丹と違って身は細いのですが、この殻を積み上げて食べる贅沢さはイタリアならでは。ワインが飲めない未成年のシエコ、オカワイソウ。早くイタリアで一緒に飲みたいわあ。※このボトルワインはハーフボトルですよ~。

d0041729_19303183.jpg
イタリア版ホタルイカのフリット

d0041729_19311597.jpg
そして雲丹のスパゲッティ♪♪

この日はプーリアの擬似親戚、マキさんの御宅に泊ります。マキさんとご主人のジュゼが迎えに来てくれる午後3時過ぎまでゆっくりワインを飲みながら幸せすぎるランチでした。

この後、シエコと従姉妹みたいな可愛い姉妹と久しぶりの対面が待っています。








[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-21 19:46 | ├プーリア | Comments(0)
やってきました~。プーリア州♪♪
イタリア20州の中でも、食べ物が美味しくて、かな~り私がお気に入りの場所です。
しかし、実に6年ぶり。久しぶりでもう、胃が全開に開いちゃいます♪♪ 野菜たっぷりの食事に美味しい海の幸、そしてお肉も美味しい土地です。ワインも私が好きなギリシャ由来の土着葡萄タイプが勢ぞろい♪

白い壁の家が並ぶ丘の上の町、OSTUNIに1泊します。以前に来たことはあるのですが、泊るのは初めて。
d0041729_22195226.jpg
青い空に白い壁が映えますね。
d0041729_22191635.jpg
光と影のコントラストがまた素敵。
d0041729_22192886.jpg
そして、とっても可愛い町なのですよ。自転車が停めてあるだけで絵になっちゃう。
d0041729_22194022.jpg
d0041729_22202293.jpg
しかし、、、、夕方5時過ぎに到着して街を歩くものの、人が少ない。。。。寒い。。。食べるところ開いてない。。。。
(写真にほぼ、人が写っていないでしょ?誰も歩いてないんだもの)
プーリアは南に位置しながらも、風が冷たく夏には避暑地となるようなお土地柄。カラブリアと違って寒い~。
夕ご飯までBARでアペリティーボしてみたり、しばらく放浪します。

この日は移動日だったため、ちゃんとしたお昼を食べていません。お腹すいた~!!!
準備中のオステリアの扉を開けて、何時から??と聞くと、20時からですって。飢え死にしちゃう~!!

「私たち、すっごくお腹すいてるの~」と言ったら、「19時に来ていいよ」ですって。優しい~♪

d0041729_22260679.jpg
シエコと2人でアンティパストの盛り合わせを注文し、、
私はプリモピアットに、ひよこ豆のスープ
肉食シエコはセコンドで牛肉のタリアータ

・・・プーリアがわんこアンティパスト王国ってこと、すっかり忘れてました!!
大変だ大変だ!!

さあ、かかれ~!!!
d0041729_22382728.jpg
カポコッロと小さなブッラータ、それに名前を忘れたけど白くて柔らかいチーズ
d0041729_22381158.jpg
ソラマメのプレに揚げパンとピーマンが刺してあります。
d0041729_22402323.jpg
ちりめんキャベツのロールキャベツ
d0041729_22410320.jpg
ポルペッティーネ(ミートボール)

ええ、これ、普通のサイズですよ。2人分ですよ。

そして、まだまだ出てくる気配ですよ。
d0041729_22422586.jpg
タマネギのスフォルマート

シエコもがんばって食べてくれています。

d0041729_22433953.jpg
ジャガイモとカルチョフィのソテー。

美味しいけど、どこまで続く?このアンティパスト!!
d0041729_22443872.jpg
どうやらアンティパストは通過した模様。私が注文したひよこ豆のスープが来ました。もちろんたっぷりの量で!
う~ん、、滋味深くて美味しい。体に染みる~。本当にほっこり美味しいスープでした。お腹はいっぱいで苦しいけど、すごく美味しいから食べちゃいます。

d0041729_22471385.jpg

シエコが頼んだ牛肉のタリアータ。今度はたっぷりのジャガイモのプレ付き。そしてチコリエの蒸し煮。
もう無理!と牛肉だけ食べて付け合せ残す。お腹すいてたら絶対に美味しいと思うんだけど。
d0041729_22530849.jpg

食後、外に出ると、やっぱり誰も歩いてない。。。。寒い。。。
d0041729_22531709.jpg
あ、ここに写ってるのはシエコです。夜9時。私たち2人しか本当に歩いてなかった。。。
すごいぞ!OSTUNIの街を2人で貸しきり!!!
OSUTNIは安全な町なので宿までふらふらと歩いて帰ります。

この夜、喉まで食べもの詰ってる~、苦しくて吐きそう、、、、という言葉を久しぶりに口にしました。。。。
プーリアの教訓。「注文するのは前菜の盛り合わせだけにしときましょう」
・・・って、数年後には忘れちゃうんだよね、これが。ま、忘れてまたいっぱい食べちゃおう(笑)。

まあ、プーリアのわんこアンティパスト、これくらいじゃ驚きませんよ。ちょっと忘れてただけです。

過去(2011年)には前菜の盛り合わせをお願いしたらテーブルの上がこんなことになっちゃって、そりゃもう本当に驚いたんですから、

d0041729_23073186.jpg
大人2名+8歳のシエコ の2.5人分の前菜盛り合わせがコレ。皿がテーブルの上に乗り切らず、皿の上にまた皿を乗せていくお店の人。これはなんの宴会ですかっ!?
これで1人、確か14ユーロとかだったかなあ。忘れましたけど。

ちなみに、今回の前菜盛り合わせは1人17ユーロ(約2000円)でした。

苦しいけどお食べ地獄、、ならぬ天国なプーリア大好き♪♪


[PR]
by cibiyukiko | 2017-04-20 23:03 | ├プーリア | Comments(2)



イタリア料理のこと、教室のこと、イタリア旅行記にイタリア料理食べ歩き、イタリアだらけ。
by cibiyukiko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
**
東京都内と千葉県船橋市にてイタリア料理教室を開催しています。その他、掲載誌のご案内など、ユキキーナのHPは こちら

食べ歩きや旅行記などのプライベートブログはこちら http://ameblo.jp/womancbbmaezawa/

人気ブログランキング
こちらもよろしく御願いします♪

サロネーゼが集まるDreamiaサロン

サロンこだわりリレー
*検索*
*最新のコメント*
pomちゃん、サンセバス..
by cibiyukiko at 22:46
すごいすごい!美味しそう..
by pompelmo-24 at 20:39
まいこさま よかったらメ..
by cibiyukiko at 23:53
> りえったさん その..
by cibiyukiko at 21:26
こんにちは。 1食分で..
by りえった at 10:22
> りえったさん はじ..
by cibiyukiko at 11:44
初めましてこんにちは。 ..
by りえった at 05:58
> pompelmo-2..
by cibiyukiko at 20:31
はーい!ありがとうござい..
by pompelmo-24 at 23:11
おかげさまで大盛況の2日..
by cibiyukiko at 19:14
*ファン*
*ブログジャンル*